こんばんわ(*・ω・)ノ

筍さんです(。・ω・)ノ゙

さてさて、CBRさんにUSB電源を取り付けましたよ(・∀・)

前の愛車から取り外したものですがw

以前にも申した通り、USB電源付けたいけどやり方分からない!って方の為に記事にします。

筍さんが使っているUSB電源はこちら!
51ZCH7IRXZL
電源くん4

USBポート 2.1Aが2つ!

筍さんはシガーは使わない前提なのでUSBタイプにしました( ・Д・)

そしてバッ直(バッテリー直)ではなく、バイクのメインキーオンになっている時だけ通電(使える)パターンでお話していきます。

では、こいつを取り付けて使うにあたって何が必要なのか見てみましょう!

☆USB電源本体
☆ヒューズ電源(交換用)
☆ギボシ端子(オス)
☆ペンチ(電光ペンチなら尚良い)

実際はこんなところでしょうか??

配線の取り回し以外は加工するのはギボシ端子の一度だけですw

★ヒューズ電源(交換用)
046
051
元々バイクのヒューズBOXにあるヒューズを抜いて、こいつに差し替えます。
NC47の場合はこちらの背低ヒューズ7.5Aですが、車種によってヒューズが違うので、NC47以外の方はまず自分のバイクのヒューズBOXを見て確認しましょう!

★ギボシ端子(オス)
051
端子はオスとメスとありますが、今回はオスだけしか使いません。
ホームセンターやバイク用品店でも売っているかと思います。

では実際にどのような配線なのかというと・・・・
060
手書きの汚い絵で申し訳ないですがw
大体こんな感じです。

加工するのは電源くんの場合、本体から出ている黒/白ラインの+の線の先をギボシ端子のオスにするだけです。

エーモンのヒューズ電源は何も加工いらずで元々片側がギボシ端子(メス)になっています。

では次にギボシ端子の加工です。

045
050
白ラインが入っている線の先端の被覆を剥きます。

ワイヤーストリッパーという工具があれば秒殺で終わるのですが、ない場合はニッパーで線を切らない程度に軽く握って引っ張れば外見の被覆だけ剥けるかな??

被覆を剥けたら、ギボシ端子用の透明のスリーブを白ライン線に通しておきます。

次にギボシ端子の圧着です。
052
芯線と被覆の二カ所をかしめます。
053
これも電光ペンチという工具があれば瞬殺なのですが、ない場合はラジペン等で潰せばどうにかなります←
要は手で引っ張って線が端子から抜けなければOKですw
054
芯線をかしめました。
055
被覆も。こんな感じで二カ所かしめて、手で引っ張って抜けなければok!

ここまで出来たらもう加工作業はいらないですv( ̄∇ ̄)v

先に通しておいた透明スリーブを端子のところまでもっていって、、、
056
ヒューズ電源側と接続!!
057

さてこれで下準備(加工)は終わりですので、実際に繋げてみてスマホが準電出来るか試してみます!

新型CBR400Rの場合はメインシートをめくって、六角のネジ2本を外せばバッテリーとご対面できます。
048
049
バッテリーとヒューズBOX!!
051
050
ヒューズBOXの蓋を開けるとヒューズがズラリ!

今回はキーオン状態で通電ということでテールランプのヒューズを使います。
065
テールランプのヒューズ(7.5Aが3つ並んでるところの一番上)を抜き取ります。
抜いたヒューズはスペアもしくは、蓋に斜線が書いてある何も使わないところに差しておきます。

抜いて空きになったテールランプの所にエーモンのヒューズ電源を差します。
066
黒線(マイナス)はバッテリーの-端子(ネジ)へ。
ドライバーでネジを緩めて、カワガタ端子を挟みネジを締めて固定します。

ここまで出来たら、もうキーオンにすればスマホが充電出来るはずです!
068
本体にライトニングケーブルを差して、iphoneに接続、キーをオン!!
067
無事、通電(充電)されましたv( ̄∇ ̄)v

はい。これでテストは終わったので、一旦、マイナス線をバッテリーから外して、ギボシ端子同士も外します。
069
ヒューズBOXの蓋は無理くり閉めました←

あとは本体の取り付け場所と、取り付けた場所から線をいかにバッテリーの所まで持っていくかだけです。
070
ハンドルを左右にフルに切っても何も干渉しない、あとでスマホホルダーを付けた時のことを考えてこの位置がいいかなぁ。

ってことで両面テープで本体をペタリ。

本体からバッテリーまでの取り回しですが、何とかカウルをバラしたりせずに隙間隙間を縫ってバッテリーまで辿りつけましたw
071
072
075
077
バッテリーのところまで持ってこれたら、先ほどのようにギボシ端子同士を接続、マイナス線はバッテリーのマイナス(ネジ)に接続して終了ですw

カウルをバラさずに出来たとは言え、配線が割とエンジンに近いので後日、タイラップ等で出来るだけ、たるまないように固定しようと思います。
079
これにてUSB電源取り付け完了( ´∀`)つ

本体がこの位置だと雨に当たりそうですが、雨の中バイクで走りながらスマホ充電はしないし、本体は一応・・・・キャップが付いているし大丈夫であろう・・・・(゚∇゚ ;)笑