2008年01月17日

DB2 SQLファイルをコマンドラインで読み込んで実行

オプションフラグ
-c SQLステートメントを自動的にコミットする(未指定:ON)
-f ファイル名 SQLステートメントをファイルから読み込む(未指定:OFF)
-r ファイル名 SQLステートメントの結果をファイルに書き込む(未指定:OFF)
-t ;(セミコロン)をステートメント終了文字とする(未指定:OFF)
-tdx x(任意の文字)をステートメント終了文字とする(未指定:OFF)
-v コマンドテキストを標準出力にエコーする(未指定:OFF)
-z ファイル名 全ての出力の宛先をファイルに変更する

例)
1.カレントディレクトリに、実行したいSQL文(test.sql)を置く
2."db2 -tvf test.sql"を実行する

test.sql
insert into tableA values('aaa',100);
insert into tableB values('bbb',200);



このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ←もし、役立つ情報だったらクリックお願いします。 <<

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kumagai_nori/51325064