2012年01月18日

RHEL6.2ネットワークの設定

RHEL6.2ネットワークの設定

<調査>
LAN内にあるWindowsPCで設定するIPを取得する。
LANのIP設定[デフォルトゲートウェイ/DNSサーバアドレス/サブネットマスク/]を知る(ipconfig)

<設定>
1./etc/sysconfig/networkの設定
2./etc/hostsの設定
3.NICの設定(/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-ethx)
4.DNSサーバの指定設定(/etc/resolv.conf)

service network restart

<確認>
■nslookupコマンドでDNSが参照できているか確認。
■LAN内の別のマシンから、自サーバへpingコマンドで見えているか確認。
■自サーバから別のマシンで、pingコマンドで見えているか確認。
※いずれも、サーバ名で失敗した場合は、IPアドレスで試してみる。
 IPアドレスで成功した場合は、DNSサーバの設定が間違っている。

失敗例)
ifconfig -a コマンドで確認して、eth0/eth1の2つのデバイスが同じ設定になっていると、
DNSサーバが見えない状態になってしまったので注意。
仮想化(ブリッジ)して、br0/br1が同じ設定になってしまっていても同様。



このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ←もし、役立つ情報だったらクリックお願いします。 <<

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kumagai_nori/52239287