2012年02月22日

kdumpのサービス起動、メモリダンプ採取、そして確認。

kdumpのサービス起動、メモリダンプ採取、そして確認。

■kdumpサービスの設定
# chkconfig kdump on

■kdumpサービスの確認
# chkconfig --list kdump
kdump 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off


■kdumpの動作確認。メモリダンプの採取。
※筐体のNMIボタンを押す。
画面がハングするので、しばらく待つと、再起動が始まる。
(という設定にしています。)


■kdumpの確認。メモリダンプが採取できたか確認。
# mount LABEL=/dump /var/crash
# cd /var/crash
# ls
(ls結果は、ダンプ採取日が記載されているディレクトリ)
で、OK。
#cd
#umount /var/crash


















このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ←もし、役立つ情報だったらクリックお願いします。 <<

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kumagai_nori/52245686