2013年01月31日

Thunderbird Windows7→Mac(10.8) 移行

Thunderbird Windows7→Mac OS X Mountain Lionへ移行
defautフォルダのコピーだけでは、できませんでした。

thunderbird
まずは、Macにthunderbirdをインストールして、一度、起動して落とす。

1.Windows7のThunderbirdのフォルダをMacへコピー

Windows7
c:\Document and setting\username\Application Data\Thunderbird\Profiles\xxxxxx.default\

Mac OS X Mountain Lion
/ホーム/ライブラリ/thunderbird/Profile/xxxxxx.default\

※ライブラリフォルダは、隠しフォルダになっているので、以下の方法で表示
Finderをアクティブにして、[移動]- (Option キーを押しながら移動メニューをクリック)
非表示のユーザーライブラリフォルダーにアクセスする方法(Mac OS X 10.7 以降)

※profile.iniファイルは、上書きしないように!!

2.MacのThunderbird のプロファイルマネージャを起動する。

 ターミナルを起動して、以下のコマンドで、プロファイルマネージャを起動
 # cd /Applications/Thunderbird.app/Contents/MacOS/
# ./thunderbird-bin -p
※プロファイル(xxxxxx.default)を指定して、Thunderbirdを起動する。
 複数のプロファイルを使用する

defautフォルダコピーだけで、移行が完了すると書かれたサイトが多いが、
Mac OS X Mountain Lionでは、プロファイルマネージャ経由でしかできなかった。
また、profile.iniも手動設定はしていません。

Winからコピーしたファイルと、Macでインストール直後のファイルで、
アクセス権限が異なっていたが、これは、問題ではなかった。



このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ←もし、役立つ情報だったらクリックお願いします。 <<

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kumagai_nori/52294625