2011年10月06日

sendmail.cfの設定。リレー先に、LANのメールゲートウェイを設定する。AIX

sendmail.cfの設定。リレー先に、LANのメールゲートウェイを設定する。AIX

<sendmail.cfの場所>
/etc/mail/sendmail.cf

<リレー設定:メールゲートウェイの設定箇所(sendmail.cf)>
# "Smart" relay host (may be null)
# Relay host to forward outgoing mail not in the local domain to.
# To forward ALL mail to this relay host, uncomment the appropriate
# rule in ruleset 0, as indicated by the ruleset's comments.
#DSmailer:relayhostname
DSmailgw.test.jp

※メールゲートウェイ(リレー先):mailgw.test.jp

<sendmailデーモンのPIDの調査>
1.コマンドライン
>ps -ef | grep sendmail
root 3654 8312 0 Mar 29 - 0:55 sendmail: accepting connections

2.ファイル(/etc/mail/sendmail.pid)
3654
/usr/lib/sendmail -bd -q30m

上記により、PID:3654がわかる。

<sendmailデーモンの停止>
kill -9 3654

<sendmailデーモンの起動>
/usr/lib/sendmail -bd -q30m

<sendmailデーモンの確認>
>ps -ef | grep sendmail
root 3662 8312 0 Mar 29 - 0:55 sendmail: accepting connections

LANのサーバに、メールゲートウェイへのリレー設定をしています。
DMZのサーバの場合は、注意が必要!




  

Posted by kumagai_nori at 16:31Comments(0)TrackBack(0)clip!

2011年03月30日

AIXのerrpt 物理ボリュームのエラー ラベル:CMDLVM、LVM_MISSPVADDED

AIXのerrpt 物理ボリュームのエラー ラベル:CMDLVM、LVM_MISSPVADDED

東北地方太平洋沖地震で、揺れの際に、UPSが作動せずにダウンしたサーバを復旧させたところ、物理ボリュームエラーが発生しました。


---------------------------------------------------------------------------
ラベル: CMDLVM
ID: 4523CAA9

インストール上の原因
物理ボリュームがルート・ボリューム・グループにありません
名前がルート・ボリューム・グループに渡されていません

障害の原因
ディスク
物理ボリュームがルート・ボリューム・グループにありません

望ましい処置
詳細データを検討してください

詳細データ
物理ボリューム
hdisk0
---------------------------------------------------------------------------
ラベル: LVM_MISSPVADDED
ID: 26120107

日付/時刻: Tue Mar 29 14:49:16 JST
シーケンス番号: 206368
マシン ID: 0022116A4C00
ノード ID: ism
クラス: S
タイプ: UNKN
リソース名: LIBLVM

説明
定義された物理ボリュームがありません

考えられる原因
電源,ドライブ,アダプタまたはケーブル障害
---------------------------------------------------------------------------


物理ボリュームhdisk0なので、rootvgと予測して、確認。

$ lsvg -p rootvg
rootvg:
PV_NAME PV STATE TOTAL PPs FREE PPs FREE DISTRIBUTION
hdisk0 removed 542 134 00..00..00..57..77
hdisk2 active 542 234 85..00..00..72..77

$ lsvg -n hdisk0
0516-024 : 物理ボリュームをオープンできません。
物理ボリュームが構成されていないか、またはオープン
できませんでした。診断プログラムを実行してください。



これは、冗長化させていた、rootvgの片配が破損している状態で、rootvgなので、OSが起動できなく可能性があるので、早急なディスク交換が必要です。

  
Posted by kumagai_nori at 16:05Comments(0)TrackBack(0)clip!

2010年12月21日

ls/grep/find xargs パラメータ・リストが長すぎます。の対応方法


ls/grep/find xargs パラメータ・リストが長すぎます。の対応方法

***********************************************
$ grep "searchword" ./test/*.txt
ksh: /usr/bin/grep: 0403-027 パラメータ・リストが長すぎます。
***********************************************
こんなエラーがでたら、

***********************************************
$ ls ./test/*.txt | xargs grep "searchword"
***********************************************
これで、結果が得られます。

ディレクトリ構成
./test/001.txt
/002.txt
/003.txt


<解説>
たとえば、xargs を書かなかった場合
***********************************************
$ ls ./test/*.txt | grep "searchword"
***********************************************
これの結果は、
testディレクトリ以下にあるファイルのファイル名に、
"searchword"が含まれていないか?という意味になります。

***************
./test/001.txt
/002.txt
/003.txt
***************
こうゆうテキストファイルをgrepしている感じです。

そして、xargs を書いた場合
***********************************************
$ ls ./test/*.txt | xargs grep "searchword"
***********************************************

xargsは、ls結果をgrepに渡していくので、

$grep "searchword" ./test/001.txt
$grep "searchword" ./test/002.txt
$grep "searchword" ./test/003.txt

を一度にやってもらえます。

lsも同様なエラーメッセージを出力する場合もあります。
***********************************************
$ ls /*/*/*
ksh: /usr/bin/ls: 0403-027 パラメータ・リストが長すぎます。
***********************************************

そんなときは、echoに変えます。
***********************************************
$ echo /*/*/*
***********************************************
***********************************************
$ echo ./test/*.txt | xargs grep "searchword"
***********************************************


findコマンドで、xargsは、利用できます。

AIXで動作確認しています。



  
Posted by kumagai_nori at 17:26Comments(0)TrackBack(0)clip!

2010年12月08日

Kシェルのプロファイル(.profile)設定 k-shell(ケーシェル)/Korn Shell(コーンシェル)入門

Kシェルのプロファイル(.profile)のカスタマイズ設定 k-shell(ケーシェル)/Korn Shell(コーンシェル)入門

.profile(ドットプロファイル)とは、ログインユーザのホームディレクトリにあるユーザ用環境設定ファイルです。

%lsでは、表示されませんが、
%ls -a で表示されます。

これを編集するには、
%vi .profile で開きます。

*****************************
PATH=/usr/bin:/etc:/usr/sbin:/usr/ucb:$HOME/bin:/usr/bin/X11:/sbin:.

export PATH

if [ -s "$MAIL" ] # This is at Shell startup. In normal
then echo "$MAILMSG" # operation, the Shell checks
fi # periodically.
*****************************
これに追記して、開発しやすい環境を整えます。



<エイリアス>※これは、基本として設定おいてほしい。
alias 'ls=ls -F'   →ls結果が見やすくなります。
alias 'rm=rm -i'  →1ファイルずつ確認されます。
alias 'mv=mv -i'  →1ファイルずつ確認されます。
alias 'cp=cp -i'  →1ファイルずつ確認されます。

<プロンプト>※コマンドプロンプト?コマンドを打つときにでてくるやつです。
PS1='[${PWD}]'
PS1="[`whoami`@`hostname`] "

1ホストばかり使うなら、前者だし、
複数のホストにあちこちつなぐ場合は、後者を使用しています。

<VI編集のときのための設定>
EXINIT="set ts=4 nu showmatch"; export EXINIT

set ts=4  4タブに設定。
set nu 行番号を表示
set showmatch 括弧の連携を教えてくれます。
これは、基本だと思います。

<コマンド入力のときのVIモード>
set -o vi
※VIに慣れるためにも、設定してほしいと思います。

<HISTORYを接続クライアント毎に保存するようにする>
HISTFILE=/tmp/${REMOTEHOST}.history ; export HISTFILE
※同一ユーザIDを使って、複数ユーザがアクセスすると、ヒストリーが入り乱れますが、
 これを設定しておくと、接続クライアント毎に分かれます。

***********************************************
PS1='[${PWD}]'

alias 'ls=ls -F'
alias 'rm=rm -i'
alias 'mv=mv -i'
alias 'cp=cp -i'

HISTFILE=/tmp/${REMOTEHOST}.history ; export HISTFILE

set -o vi

EXINIT="set ts=4 nu showmatch"; export EXINIT
***********************************************
こんな感じです。

設定完了後に、プロファイルを再読み込みするには、
%. .profile
(ドット スペース ドットプロファイル)
を入力してください。





  
Posted by kumagai_nori at 16:12Comments(0)TrackBack(0)clip!

シェルの宣言 k-shell(ケーシェル)/Korn Shell(コーンシェル)入門

シェルの宣言 −はじめてのk-shell(ケーシェル)/Korn Shell(コーンシェル)ー

%vi test.sh

☆以下ようなVI編集画面が開かれる
********************
+1
~
~
~
"test.sh"[新規ファイル]
********************

☆[ECS]キーを押す。
☆「:!which ksh」を打つ
☆以下のように、kshのパスが表示される。
********************
/usr/bin/ksh
[継続するにはリターン・キーを押してください]
********************

☆「/usr/bin/ksh」をコピーして、リターンキーを押す。

☆VI編集に戻ったら、入力モードに切り替えて、
一行目にkshのパスを宣言する。
「#!/usr/bin/ksh]

************************
+1 #!/usr/bin/ksh
+2
+3 echo "Hello world"
************************
☆これをセーブする。

☆そして、test.shに実行権を付与する。

%chmod +x test.sh

☆これを実行する。
%./test.sh
Hello world
%
  
Posted by kumagai_nori at 15:46Comments(0)TrackBack(0)clip!

2010年12月01日

AIX errpt ラベル:DISK_ERR2 ID:A668F553 説明:ディスク操作エラー

AIX errpt ラベル:DISK_ERR2 ID:A668F553 説明:ディスク操作エラー

のようなerrptが発生した。リソース名は、「hdisk0」だった。
ある区画の内蔵ディスクのエラーであるが、TSM(TivoliStorageManager)には、
特にエラーが出ていない。

システム管理コマンドで状況を確認
※rootvgは、hdisk0,hdisk2で冗長化している。

ism@root:/>lsvg -l rootvg
rootvg:
LV NAME TYPE LPs PPs PVs LV STATE MOUNT POINT
hd5 boot 1 2 2 closed/syncd N/A
hd6 paging 32 64 2 open/syncd N/A
hd8 jfslog 1 2 2 open/syncd N/A
hd4 jfs 12 24 2 open/syncd /
hd2 jfs 37 74 2 open/syncd /usr
hd9var jfs 9 18 2 open/syncd /var
hd3 jfs 77 154 2 open/syncd /tmp
hd1 jfs 10 20 2 open/syncd /home
hd10opt jfs 2 4 2 open/syncd /opt
※LVSTATSに問題なし。

ism@root:/>lsvg -p rootvg
rootvg:
PV_NAME PV STATE TOTAL PPs FREE PPs FREE DISTRIBUTION
hdisk0 active 542 134 00..00..00..57..77
hdisk2 active 542 234 85..00..00..72..77

hdisk0、hdisk2ともに、正常(active)。


<考察>
TSMで片パスのエラーがでていないのと、
システムコマンドでも特にエラーがでていないので、緊急対応ではないと判断。
ただし、なるべく早く、該当のディスク交換をしようと思う。


errpt -a | more
-------------------------------
ラベル: DISK_ERR2
ID: A668F553

日付/時刻:
シーケンス番号:
マシン ID:
ノード ID:
クラス: H
タイプ: PERM
リソース名: hdisk0
資源クラス: disk
資源タイプ: scsd
ロケーション: 3b-08-00-8,0
VPD:
Manufacturer................IBM
Machine Type and Model......ST336605LC
FRU Number..................
ROS Level and ID............
Serial Number...............
EC Level....................
Part Number.................
Device Specific.(Z0)........000003129F00013E
Device Specific.(Z1)........0211C509
Device Specific.(Z2)........1000
Device Specific.(Z3)........02041
Device Specific.(Z4)........0001
Device Specific.(Z5)........22
Device Specific.(Z6)........162870 C

説明
ディスク操作エラー

考えられる原因
DASD デバイス

障害の原因
ディスク・ドライブ
ディスク・ドライブの電子回路

望ましい処置
問題判別手順を実行してください

  
Posted by kumagai_nori at 22:37Comments(0)TrackBack(0)clip!

2010年05月27日

rmコマンドで"*"は、絶対に使わないで!!

rmコマンドで"*"は、絶対に使わないで!!

カレントディレクトリのファイルを消すつもりが、
rm /*
冷や汗でますね。
rm ./*
が正解ですが、"*"は、使用しないでください。

複数のファイルを一度に消したいときは、
Shellを作成して消すようにしてください。

対象ディレクトリまで、移動して、
ls -1
を指定すると、ファイルが1列に並びます。

それをテキストにコピーして、
#!/bin/ksh
rm -f fail1
rm -f fail2
rm -f fail3
のようなShellを作成して消してください。

Shellのファイル名は、「rm.sh」のようにせずに、
「delete_files.sh」にしてください。

「rm」怖いコマンドですね。
できる限り、rootで「rm」コマンドをたたかないとかの
注意もしたほうがいいですね。

スクリプトを書くときも[*]を避けるロジックを考えたほうがいいですね。
$pass =""
$path = "/test/";
system( 'rm $pass/*' );
↑恐ろしいバグです。

眺めるだけで冷や汗でますね。
  
Posted by kumagai_nori at 17:10Comments(0)TrackBack(0)clip!

tarコマンドでまとめる際の注意点(linux/AIX)

tarコマンドでまとめる際の注意点

tarコマンドでまとめるときは、対象のディレクトリへ移動して、相対パスでまとめること。

cd (対象ディレクトリ)
tar -cvf directory.tar ./directory
※"./"を付けるのがポイント

フルパスでまとめた場合、不注意で展開した場合は、フルパスで展開されてしまう。

展開する際に、データ的な差分を見るために、テストディレクトリに解凍しようとしたら、実際のデータを上書きで解凍しまうというミスがないように。

tarファイルが相対パスか、フルパスかをチェックするには、
tar -tvf directory.tar

フルパスで、まとめられていた場合、以下のサイトで確認。
http://x68000.q-e-d.net/~68user/unix/pickup?tar

特に、他人がtarファイルを展開する可能性があるときは、注意しましょう。

軽い気持ちで展開してみたら、目の前で本番環境を上書きされてる状況がモニターに映し出され、冷や汗かいて、あわてて強制終了してしまい。中途半端に、データが上書きされていた・・・
なんて、辛い経験は、したくないですよね。


  
Posted by kumagai_nori at 16:39Comments(0)TrackBack(0)clip!

2009年10月07日

1ファイルに追記されていくログファイルの整理(行削除) 

1ファイルに追記されていくログファイルの整理(行削除)

サーバメンテナンスをするときに、
システムツールが1ファイルに起動ログを追記していって、
ディスクを圧迫していくケースがある。

そんな、場合のオペレーションコマンド
たとえば、test.logの場合、

1.test.logをコピーする。
#cp test.log test.log.bak

2.test.logの中身を消す。     
#(スペース) > (スペース) test.log  

3.test.log.bakをアーカイブする
#bzip2 -9 test.log.bak
※[bzip2 -9]は、圧縮率が高い。手動圧縮ならお勧め。

<よくやってしまうオペレーション>
1.test.logをリネームする。
#mv test.log test.log.bak

2.test.log.bakをアーカイブする
#bzip2 -9 test.log.bak

3.test.logファイルを作成する
#touch test.log

だめな理由は、
・test.logのファイル名ミス
・権限設定ミス
・所有者/グループ設定ミス
などのリスクが高まるからです。

ミスの要因は、1つでも排除したいですよね。





  
Posted by kumagai_nori at 17:17Comments(0)TrackBack(0)clip!

2009年06月11日

FastT700 ディスクエラー

<現象>
・FastT700のFastコントローラのアラートが鳴る。
・FastT700の1つのディスクがオレンジランプ点灯。
・errptが上がる
************************************
ラベル: FCP_ARRAY_ERR14
ID: 09890235
************************************

・TivoliStorageManager(TSM)にエラーが表示される
*メッセージ*************************
Logical Drive Not On Preferred Path
************************************

<影響範囲>
サービスに影響なし

<対応>
アラートは、FastTコントローラの前面パネルにあるレバーをオフに切り替える。

あとは、ディスクを交換するしかない。  
Posted by kumagai_nori at 18:41Comments(0)TrackBack(0)clip!

2009年06月02日

AIXからSUSE Linuxをautomount設定する(automount)

AIX :NFSクライアント
SUSE:NFSサーバ

マウントポイント
CLServer:/test/aaa_cl (AIX)
SVServer:/test/bbb_sv (SUSE)

<概要>

1.SUSEとAIXのUID/GIDを揃える
2.SUSEとAIXのマウントポイントとなるディレクトリの権限を設定する
3.SUSEからディレクトリをexport設定する
4.AIXからautomount設定する

<詳細>
1.SUSEとAIXのUID/GIDを揃える
・アクセスしたいユーザとグループを揃える

2.SUSEとAIXのmountpointとなるディレクトリの権限を設定する
・ディレクトリの権限設定は、0775

3.SUSEからディレクトリをexport設定する
・/etc/exportsを編集する。

/test/bbb_sv CLServer(rw,insecure,root_squash,sync)

※YaSTから設定すると、デフォルトオプションが(ro,root_squash,sync)となっているが、上記のように変更する。
上記の設定で、読み書きが可能となった。

・export設定を反映させる
 コマンド:exportfs -ra

4.AIXからautomount設定する
・suseのSuSEfirewall2を停止する。
 コマンド:SuSEfirewall2 stop
※firewallの設定でmountが正常動作しないことがある。
・automout設定
 参照:automout設定

※次に、一度、マウントを解除して、ファイヤーウォールを設定して、automountをする。失敗した場合は、次の記事へ


  
Posted by kumagai_nori at 19:21Comments(0)TrackBack(0)clip!

2009年05月25日

sendmail エラー DNSサーバ設定 MXレコード(MailExchangeRecord)

AIXでsendmailエラーが発生した。

■環境
LAN内のAサーバからメールを送信する。
SMTPサーバは、Aサーバ上に構築した。
ゲートウェイのSMTPサーバは、使用していない。

■現象
以下のエラーメールがSMTPサーバ上に残りメールが送信できない。
<エラーメール>
The original message was received at Fri, 22 May 2009 18:46:41 +0900
from test.co.jp [10.61.61.131]

----- The following addresses had permanent fatal errors -----
test@test.co.jp
(reason: 550 Host unknown)

----- Transcript of session follows -----
550 5.1.2 test@test.co.jp
... Host unknown (Name server: test.co.jp: host not found)

■調査
SMPTサーバからコマンドラインでメールを送信する
<SMTPコマンド>
Ares@root:/>telnet ares smtp
試行中...
test.co.jp に接続されました。
エスケープ文字は '^]' です。
220 test.co.jp ESMTP Sendmail AIX5.1/8.11.6p2/8.11.0; Fri, 22 May 2009 18:34:40 +0900
mail from:test@test.co.jp
250 2.1.0 test@test.co.jp... Sender ok
rcpt to:admin@test.co.jp
250 2.1.5 admin@test.co.jp... Recipient ok
data
354 Enter mail, end with "." on a line by itself
subject:testmail(akajii)
TestMail
.

※現象が再現することを確認した。

<DNSサーバの設定確認(nslookup)>
<test.co.jpの調査>
nslookup
> set type=mx
> test.co.jp
サーバ: testcompany.co.jp
アドレス: 10.40.221.1
testcompany.co.jp
オリジン = testcompany.co.jp
メール・アドレス = admin.test.co.jp
シリアル = 468
リフレッシュ = 21600 (6H)
リトライ = 3600 (1H)
期限 = 604800 (1W)
最小 ttl = 600 (10M)

※DNSサーバにMXレコード(MailExchangeRecorde)が設定されていないことを確認。

■対応方法
1.DNSサーバにMXレコードを設定する
2.sendmail.cfのrelay hostにゲートウェイのSMTPサーバアドレスを設定する。
3.メール送信をするアプリケーション上にゲートウェイのSMTPサーバを指定する。

1.DNSサーバにMXレコードを設定する
(DNSサーバは、担当外なので、設定方法は不明)

2.sendmail.cfのrelay hostにゲートウェイのSMTPサーバアドレスを設定する。
<senmail.cfの設定部分>
# "Smart" relay host (may be null)
# Relay host to forward outgoing mail not in the local domain to.
# To forward ALL mail to this relay host, uncomment the appropriate
# rule in ruleset 0, as indicated by the ruleset's comments.
#DSmailer:relayhostname
DS

DStestcompany.co.jp

3.メール送信をするアプリケーション上にゲートウェイのSMTPサーバを指定する。
(各言語仕様に従う)

2,3の対応だと、ゲートウェイのSMTPサーバの設定によって、絵エラーメールが受取れなくなる可能性があるので、メールのfromは、自分の受取れるアドレスにしておく必要がある。
  
Posted by kumagai_nori at 17:03Comments(0)TrackBack(0)clip!

2009年03月05日

DB2 基本SQL文

SQLファイル用
<SELECT文>
select FIEDNAME
,FIELDNAME
from TABLENAME
where FIELDNAME = ''
;

<UPDATE文>
update TABLENAME
set FIELDNAME = ''
, FIELDNAME = ''
, FIELDNAME = ''
where FIELDNAME = ''
;

<INSERT文>
insert into TABLENAME
( FIELDNAME
,FIELDNAME )
value ('','')
;

<CONNECT>
db2 connect to next

<LIST>
db2 list tables

<DESCRIBE>
db2 describe table dc_order;


  
Posted by kumagai_nori at 17:51Comments(0)TrackBack(0)clip!

2009年03月04日

DB2のSQLファイル実行 db2 -tvf ファイル名

db2 -tvf ファイル名

ファイル内ではセミコロン(;)で文を区切って記述。

例)
CONNECT TO SAMPLE USER ユーザ名 USING パスワード ;
SELECT * FROM STAFF;


  
Posted by kumagai_nori at 16:44Comments(0)TrackBack(0)clip!

2009年02月23日

AIX FAStT バッテリー残量低下の警告

AIX FAStT バッテリー残量低下の警告

FAStTを参照している各区画のサーバに以下のerrptが上がる。
********************************************************
ラベル: FCP_ARRAY_ERR16
ID: 8B88700A
説明
キャッシュ・バッテリの充電率が 87.5% を下回っています

考えられる原因
コントローラ・キャッシュ・バッテリ
書き込みキャッシュは使用不可です

障害の原因
コントローラ・キャッシュ・バッテリ

望ましい処置
問題判別手順を実行してください
バッテリ状態をモニタしてください。
********************************************************

TSMでエラーを確認すると、以下の情報が表示されていた。
********************************************************
Details
Storage Subsystem: FAStT02
Battery canister
Enclosure: Controller enclosure

Battery Canister Nearing Expiration

********************************************************

TSMで、バッテリーについて確認すると、
until 90 day(s)と記載されていた。

<調査内容>
・バッテリーの有効期限は、900日となっている。
・バッテリーを交換した際に、TSMのバッテリーカウンターを0にする。
・残り、90日ぐらいから、上記のような警告を発する。
・実際のバッテリー残量を計測しているわけでなく、カウンターの数値によって、警告を発生させているようです。

今後、次回、バッテリーが切れるのは、また、900日後なので、それに合わせて、経費の確保をしといたほうがいいですね。
  
Posted by kumagai_nori at 16:59Comments(0)TrackBack(0)clip!

2008年11月10日

HMCサーバ起動時に、エラー

HMCサーバの起動時に、ディスク読みエラーが発生する。

キーボードの[Ctrl]+[C]を押し、再度、起動してもエラーが解消されない。

一度、
・SANスイッチ
・Fastコントローラー
・外部ディスク
の電源を切断し、再度、電源を入れる。

(十分に時間を空ける)

再度、HMCサーバを起動する。

正常に起動した。

<考察>
HMCサーバの起動に失敗した場合は、すべての電源を一度切断し、
再起動後に、十分時間を取ってから、HMCサーバを起動したほうがよいようです。(根拠は、ありませんが、、、)






  
Posted by kumagai_nori at 19:42Comments(0)TrackBack(0)clip!

P615 リブート時に、NFS Servisエラー

P615をリブートした再に、NFS Servisの設定するフェーズで、フリーズして、起動しない。

ボタンを押して、強制終了。

再度、起動。

モード選択画面で、single user modeを選択する。

single userモードのコンソールが起動する。

errptの確認。
「ラベル:SCAN_ERROR_CHRP」が表示されるが不明。

lsvgの確認。
 2つのLVの内、一つが参照できない。

veryonvgで、vgの再設定。

lsvgで、参照できるようになる。

もう一度、再起動をトライ
shutdown -r now

正しく、起動。

<考察>
・なぜ、この操作で、起動したのかは、理解していないが、
 ハングして、手動で、強制終了よりも、きちんと、
 コマンドラインで、再起動をしたのが、よかったのでは?





  
Posted by kumagai_nori at 19:33Comments(0)TrackBack(0)clip!

2008年07月24日

SAN Switchのエラー、リブート

SAN Switchとは、PServerとStorageサーバの接続ポイントとして使用している。
※SAN(Storage Area Network)

<不具合>
SAN Switchがハングして、異常のオレンジランプが点灯していた。

<対応>
SAN Switchのリブートを行う。

リブート方法は、後ろの2つの電源スイッチを切って、入れるだけ。

そして、影響があったサーバ(区画)をリブートするとストレージが参照できるようになった。

http://(ipアドレス)/でSAN Switchの管理画面へアクセス可能

<参考>
http://www.atmarkit.co.jp/fnetwork/tokusyuu/18santec/01.html

  
Posted by kumagai_nori at 21:20Comments(0)TrackBack(0)clip!

2008年07月23日

AIX システム管理コマンド(ディスク参照エラー時に試すコマンド)

■定義済みのvolume groupの一覧表示
>lsvg
rootvg
testvg

■使用可能なvolume groupの一覧表示
>lsvg -o
rootvg

※"lsvg"と"lsvg -o"に差分がある場合は、不具合のあるvolume groupがあると考えられる

■volume groupのステータス表示
>lsvg testvg
VOLUME GROUP: testvg VG IDENTIFIER: 003fc5cf00004c00000000fbec5d0fdb
VG STATE: active PP SIZE: 64 megabyte(s)

※volume groupに不具合がある場合
>lsvg testvg
0516-010 : ボリューム・グループをオンに構成変更する必要があります。
varyonvg コマンドを使用してください。

■varyon(バリオン)する
>varyonvg testvg

※やっぱりだめなとき
PV Status: hdisk1 0022116af76f0b84 PVNOTFND
0516-013 varyonvg: 記述領域のコピーが不良であるため、
このボリューム・グループをオンに構成変更できません。

■全ての物理ボリュームに関する情報を表示
>lspv

※やっぱりやっぱりだめな場合は、物理ボリュームが表示されない

■スナップを取得する
>snap -cfg
結果ファイル
/tmp/ibmsupt/snap.pax.Z








  
Posted by kumagai_nori at 20:36Comments(0)TrackBack(0)clip!

2008年04月08日

viエディターで文字列置換をする

viで、ファイルを開き、[ESC]キーで参照モードにします。

:(start行),(end行)/(検索文字列)/(置換文字列)/s

※最後のsを指定した場合は、行の全ての文字列を置換します。
 指定しない場合は、行の一つ目に出てきた文字列だけを置換します。

例1)1行目から2行目までをaaaからbbbへ置換する
:1,2/aaa/bbb/s

例2)1行目から最後の行までをaaaからbbbへ置換する
:1,$s/aaa/bbb/s
※$sは、"最後の行まで"を意味します。

例3)1行目から最後の行までを,(カンマ)から\n(改行コード)へ置換する
:1,$s/,/\n/s

  
Posted by kumagai_nori at 15:12Comments(1)TrackBack(0)clip!

2007年11月19日

IBMサイト内リンク

IBM サポート情報検索
IBM インフォメーション・センター
 WAS5.1.x(検索)
 DB2(検索)
 AIX/pSeries メッセージ・センター(検索)


IBM製品関連で、エラーが発生した場合、
・サポート情報検索をして、情報収集をする
・詳細は、インフォメーションセンターで調べる
ということをよくします。

このサイトも見ます。
春夏秋冬 ---- AIX/DB2(個人サイト)

DB2 WIKI ---- DB2 WIKI


  
Posted by kumagai_nori at 21:24Comments(0)TrackBack(0)clip!

2007年11月15日

FAN?電源?障害 AIX

以下のようなワーニングが、プロンプト上に、突然、出現しました。

****************************************************************
Broadcast message from root@Server (tty) at 12:00:00 ...

rc.powerfail:1::WARNING!!! The system is now operating with cooling
problem. This message will be walled every 12 hours. Remove this crontab
entry after the problem is resolved.
****************************************************************

そこで以下の確認をしました。

・クローン確認(crontab -l)
****************************************************************
0 00,12 * * * wall% rc.powerfail:1::WARNING!!! The system is now operating
with cooling problem. This message will be walled every 12 hours.
Remove this crontab entry after the problem is resolved.
****************************************************************
システムによって、上記の設定がされたようです。
※とりあえず、コメントアウトしました。

・errpt確認
****************************************************************
ラベル: EPOW_SUS_CHRP
ID: BE0A03E5

日付/時刻: Mon Nov 12 12:43:42 JST
シーケンス番号: 244

説明
環境の問題

考えられる原因
シャットダウンしないで電源をオフ
電源またはファン構成要素

望ましい処置
システム診断を実行してください
問題判別手順を実行してください

****************************************************************


・サーバ室のエアコンの確認
停止しているエアコンを発見して、起動。

・サーバのFANを確認。
 Faultランプ点灯なし。手をかざしてもすべて、動作していた。


対処としては、エアコンを起動して、クーロンをコメントアウトして、様子見としよと思います。

部屋の温度上昇で、出現したエラーだと、思い込みます。
  
Posted by kumagai_nori at 15:16Comments(0)TrackBack(0)clip!

2007年11月14日

exportfs設定 AIX

exportの設定

エクスポートディレクトリ
AServer:/Adir(クライアント:参照する側)
Bserver:/Bdir(サーバ:参照される側)→物理的にファイル存在

エクスポートファイル--BServer:/etc/exports(exportfsデフォルトファイル)

・エクスポートファイル設定
Bserver:/etc/exports
**************************************************************
/Bdir access=Aserver
**************************************************************

・エクスポート実行
**************************************************************
$ exportfs -a
**************************************************************

・エクスポート確認
**************************************************************
$ exportfs -v
**************************************************************

・エクスポートの解除/変更をする
Bserver:/etc/exportsを記述を消す/変更して、"exportfs -a"を再実行すると、解除されます。"exportfs -v"で確認してください。

※以下のように、コマンドで設定されたexportの解除方法
$mknfsexp -d '/Bdir' -t 'rw' -c 'Aserver' '-N'

$export -u /Bdir





  
Posted by kumagai_nori at 13:16Comments(0)TrackBack(0)clip!

2007年11月08日

automount設定 AIX

automount/exportfs設定 (AIXで検証)

マウントポイント
AServer:/Adir(クライアント:参照する側)
Bserver:/Bdir(サーバ:参照される側)→物理的にファイル存在


マスターファイル--Aserver:/etc/auto_master(automountデフォルトファイル)
マップファイル----Aserver:/etc/auto.Bserver(新規作成ファイル)
エクスポートファイル--BServer:/etc/exports(exportfsデフォルトファイル)

・マスターファイル設定
 マップファイル名を定義します。
Aserver:/etc/auto_master
**************************************************************
/- /etc/auto.BServer
**************************************************************

・マップファイル設定
 マウントポイントをマッピングします。
Aserver:/etc/auto.Bserver
**************************************************************
/Adir -rw,hard,intr,rsize=4096,wsize=4096,timeo=300 Bserver:/Bdir
**************************************************************

・エクスポートファイル設定
 参照される側(Bserver)を参照する側(Aserver)にエクスポートします。
Bserver:/etc/exports
**************************************************************
/Bdir access=Aserver
**************************************************************

・エクスポート実行
**************************************************************
$ exportfs -a
**************************************************************

・automount実行
**************************************************************
$ automount -v
**************************************************************

・automount確認
**************************************************************
$ mount
**************************************************************
 ※Aserver側で確認する

・automount/exportfsの確認
**************************************************************
$ ls Adir
**************************************************************
 ※Aserver側で確認する

・マウント解除
**************************************************************
$ unmount /Adir
**************************************************************
※ファイルIOが発生している場合は、解除できません。

<備考>
automountを設定すると、アクセス時にファイルシステムが自動的にマウントされ、一定期間(デフォルト5分)アクセスがないと、アンマウントされる。ここでは下記の設定を使用して、ファイルシステムの自動マウントを設定する。

通常のNFS接続では、必要な接続をシステムの起動時にすべて接続していなければならない。したがって、NFSサーバをNFSクライアントよりも必ず先に起動し、かつ、必ず後にシャットダウンしなければならない。

automountは、起動の順序、シャットダウンの順序に依存しない。

サーバのboot時には、必ず、unmountを確認する。
サーバ起動時には、自動で、automountされます。


<トラブルシューティング>
ファイル参照ができない
・サーバ側のディレクトリエクスポート(exportfs)をしているか確認
・unmount状態でuid/gidの確認
・unmount状態でディレクトリ権限の確認
・マップファイル/エクスポートファイルに指定してあるホストが、/etc/hostsに指定されいるサーバ名と一致しているか確認
 (新規にhostsに指定した場合、サーバのリブートが必要です。)
・automountをしたディレクトリに、JavaのrenameToメソッドで、リネームするとエラーになる
 →名前を変更しながらコピーして、コピー元ファイルを消すなどのPG変更が必要
 <参考>http://www.atmarkit.co.jp/bbs/phpBB/viewtopic.php?topic=14758&forum=12&8
   
Posted by kumagai_nori at 16:55Comments(0)TrackBack(0)clip!

2007年09月13日

AIX errpt DISK_ERR4

■errptの内容
Command:errpt -a | more

ラベル:DISK_ERR4
タイプ:TEMP
リソース名:hdisk0
説明:ディスク操作エラー

■エラー内容
ラベル:DISK_ERR4 →ディスク自体の障害
タイプ:TEMP →緊急の対応は要しない


■調査内容
・ミラーリングの確認
Command:lsvg -p rootvg
rootvg:
PV_NAME PV STATE TOTAL PPs FREE PPs FREE DISTRIBUTION
hdisk0 active 542 272 106..02..00..87..77
hdisk2 active 542 272 106..02..00..87..77
※hdisk0の"PV STATE"が"active"なので、ミラーリングはOK

・障害が発生しているディスクの詳細
Command:lscfg -vl hdisk0

■対応策
緊急ではないが、ディスクの交換が必要

P・S
何も対応していませんが、2週間ぐらいで、このエラーは、出力されなくなりました。





  
Posted by kumagai_nori at 17:34Comments(0)TrackBack(0)clip!

2007年09月06日

AIX(unix)コマンドメモ

カレント直下のファイル数を表示する
ファイル数 = expr `ls -ld *|wc -l` - `ls -ld */|wc -l`

カレント以下の総合計ファイル数を表示する
ls -laR | grep -c '^-'

カレント直下のディレクトリ数を表示する
ls -ld */ | wc -l

カレント以下の総合計ディレクトリ数を表示する
ls -laR | egrep -c '^d.+[^.]$'

カレント直下のファイル数+ディレクトリ数を表示する
ls -ld * | wc -l

ディレクトリのサイズを表示する
du -sk *

AIXの停止
shutdown -F
※"-F" 即時、高速シャットダウン
※+Timeオプションは、無視される

AIXの再起動(サーバ室へいかなくてもいい)
shutdown -r now
※"-r" で再起動、"now"即時シャットダウン

知ってると便利なvi(view)コマンド
vi +n ファイル名

vi + ファイル名 最後一画面を表示する

vi + /文字列 ファイル名 文字列が存在する行から表示する
→viでファイルを開いてから、「n」で次の"文字列"を検索する

プロセスを停止(KILL)する
ps -axww | grep FileMaker | awk '{ print "kill -9 "$1}' | sh
※OSによって、"-axww"を"-ef"に変更する
※OSによって、"$1"の数値部分を変更する
※|sh 部分を取ってキックすると、killコマンドを表示する






  
Posted by kumagai_nori at 15:51Comments(0)TrackBack(0)clip!