2015年06月30日

プロセス指定したメモリ監視シェル サンプルプログラム

プロセス指定したメモリ監視シェル サンプルプログラム

指定したプロセスのメモリ使用量を1秒ごとに表示します。

#!/bin/sh
PROSESS_NAME=httpd
while [ 1 ]
do
ps aux | grep $PROSESS_NAME | grep -v grep |
awk '
BEGIN{ vsz=0;rss=0 } { vsz+=$5;rss+=$6 }
END{ print strftime("%Y/%m/%d %H:%M:%S",systime()) , "RSS="rss ,"KByte" , "VSZ="vsz ,"Kbyte";}'
sleep 1
done

  

Posted by kumagai_nori at 01:02Comments(0)TrackBack(0)clip!

2013年11月19日

Kシェル プロセス排他制御プログラムサンプル

Kシェル プロセス排他制御プログラムサンプル

#!/bin/ksh
PS_RESULT=`ps -ef | grep "test.php" | grep -v "grep" | wc -l`

if (( $PS_RESULT > 0 )); then
echo "プロセスが起動中";
else
/usr/local/bin/test.php >/dev/null 2>&1
fi

コマンドは、以下の順で、コマンドラインで試してみると、
意味が理解できます。
ps -ef | grep "http"
ps -ef | grep "http" | grep -v "grep"
ps -ef | grep "http" | grep -v "grep" | wc -l

  
Posted by kumagai_nori at 16:09Comments(0)TrackBack(0)clip!

2012年05月16日

kshサンプルスクリプト ファイル読み込み

kshサンプルスクリプト ファイル読み込み

********************************************
#!/bin/ksh

#入力ファイル名
INPUTFILE="./input.txt"

#入力ファイルの区切り文字
IFS=",";

#ファイル読み込み
while read line ; do
if [[ "$line" != "" ]]
then
set $line
echo "[$1][$2]"
fi
done < ${INPUTFILE}
********************************************

カンマ区切りファイルを読み込むの場合は、
IFS=",";

カンマまたは、セミコロン、タブ区切りファイルの場合は、
IFS=",; ";
※セミコロンの後に、タブを入力。

  
Posted by kumagai_nori at 17:39Comments(0)TrackBack(0)clip!

2012年04月12日

historyコマンドの設定 HISTFILE HISTSIZE SAVEHIST

historyコマンドの設定 HISTFILE HISTSIZE SAVEHIST

同一ユーザIDを複数ユーザで共有する場合にhistoryが使えなくなります。
そこで、アクセスするクライアントPC毎に、historyを分ける設定をします。
HISTFILE=/tmp/${REMOTEHOST}.history ; export HISTFILE
※デフォルトだと、~/.sh_history

historyの保存コマンド数
HISTSIZE=10000

ターミナルを閉じた際の保存コマンド数
SAVEHIST=10000

[history]コマンドでは、表示コマンド数が10件なので、
[fc -l -20]で、件数を増やしたいので、エイリアスを設定。
alias 'hi=fc -l -20'

.profile
***********************************
HISTFILE=/tmp/${REMOTEHOST}.history ; export HISTFILE
HISTSIZE=10000
SAVEHIST=10000

alias 'hi=fc -l -20'
***********************************


<環境>
RHEL6.2
k-shell  
Posted by kumagai_nori at 18:24Comments(0)TrackBack(0)clip!