2017年04月26日

おめでとうN寺!

1-4!26!2017 NkidLから上ずった声で電話・・・N寺に親子がいたという!?

確かに巣箱からなかなか出ないメスがいたから、おそらく産後の2週間立てこもりだろうとは思っていた。
樹洞木が伐られ、樹洞が塞がれ・・・巣箱を掛けて2年、ようやく繁殖してくれた。
巣箱を掛ける保全の正しさが、また証明された!


例年12月交尾の場合、子供が外に出るのは5月の初めなのだが、おそらく12月初旬に交尾したのだろう。
毛色が真っ黒の元気なチビだ。(写真 L提供)
自分たちの掛けた巣箱で子供が生まれると「孫」みたいな気分になってうれしい。

巣箱を掛けることにナンノカンノと反対する奴もいる・・・でもこれは自分が「行動したくない」言い訳だ。
だから、「いいよ、掛けられるやつが行動すればいいのだから・・・」と言うと、自分のナマケが表に出たみたいで面白くないのだろう、だから足を引っ張ってやらせないようにすれば、自分が安心なのだ・・・「護送船団方式」ってやつだな。

巣箱を掛けると楽しいよ!奴らも助かってるようだし、いいことばっかりだ!
  
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


Posted by kumagai_satoshi219 at 23:22Comments(0)TrackBack(0)ムササビ 

2017年04月25日

神魚

1-P1070480たった今、福島から帰ってきた。
 世界初、インドネシアとアフリカ(コモロ諸島)のシーラカンス標本が、同時に展示してあるというのだから行くしかあるまい。
外見的な違いは、今のところ無いと言われているのだが、個体差と性差(アフリカがオス・インドネシアがメス)が大きいようだね。


インドネシアのは先日俺が解剖に立ち合わせてもらった個体だ。
これが実にいい状態の標本で、8月までしか展示しないのだそうだ・・・。


2-P1070481世界初の展示と言うことで、マスコミも取材に来ていた。
真ん中で頭だけ見えているのが、グリーンアイプロジェクトリーダーの岩田君。
今回、50センチフィギアと、ワークショップ用フィギアの監修もしてもらいに行ったのだ。
シーラカンスは・・・つくづくかっこいい。
  
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


Posted by kumagai_satoshi219 at 17:37Comments(0)TrackBack(0)その他 

2017年04月23日

にらまれた

BlogPaint日没後30分以内には出てくるはずなのに、8時過ぎても出てこない。
明け方はと言えば、4時半過ぎても戻ってこないと思ったら、3時には戻っていたりと・・・イレギュラーだわ!

5月に観察会を予定しているのだが、これじゃぁ難しいかな?
昨年は5月4日の段階で、7時15分には出巣していたのだが・・・・今年はど〜だろ〜かなぁ??
そ〜〜っとAMSカメラを突っ込んだら、元ネジが緩み、ゴツンッと入り口にぶつかってしまった・・・。
それがこの写真、思いっきりにらまれてしまった。
ブースカは、ま〜だチビの顔を見せてくれない。  
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


Posted by kumagai_satoshi219 at 02:48Comments(3)TrackBack(0)ムササビ 

2017年04月17日

「学芸員はガン」発言

アワード陳謝して撤回はしたけれど、山本地方創生相「の学芸員はガン」発言・・・要するに「観光センス」がないので、学芸員をやめさせろという内容だった。

さて俺たちは、観察会を主催している身であるので学芸員とは違うけれど、専門的な主眼で、地元の自然や生き物の魅力、文化を伝えているという意味では同じだと思う。
最近、飯能のエコツアーが「エコ」ではなくなっていることに疑念を感じていた。
観察会の後にピザを焼いて食おうとか、ともかくエサで釣るツアーが増えていたからだ。

 更に拍車をかけるように、昨年からこのようなアワード形式になり、優れた主催者は表彰されるようになった・・・しかし、見事に全て「エサ付きツアー」だ。
まぁエコツアーの親玉が、ちょっと前の「お・も・て・な・し」を信条にしているからねぇ。


自然は「人間のもてなしのためにある」のではないんだけど・・・・ねぇ?。

選考方法にも問題があり、参加者からのアンケートのみを元にしている。
「市長賞」とか言ってるのなら、市長が参加したのか?ということだ。
5団体程度まではアンケート主体で選考するのはいいが、後はそれぞれ選考委員が参加して決めるべきだろう。
大きな団体の場合、身内(会員)が参加することも多く、アンケートが偏ると思う。
もちろん選ばれたからと言って、何もメリットはない。
2年連続でノミネートはされたようだが、受賞することになっても、受賞拒否をもって、断固抗議するつもり!  
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


Posted by kumagai_satoshi219 at 18:19Comments(0)TrackBack(0)フィールドニュース 

2017年04月16日

スマホホルダー

3-IMG_20170416_165020アマゾンからスマホホルダーが届いたので(ホントに翌日に届いた・・・ここまで早いのは望んでいないのだが・・・)、どの程度使えるかと試しに行った。
デジカメが入らない狭い穴でも使えると思ったのだ。


で、いないはずの1号巣箱で練習・・・いたっ!?(多分娘だろう)




号巣箱を覗いたら・・・あらららコケばっかり!
おそらくアオゲラに占領されているのだろう。
2-IMG_20170416_164723



最後にブースカの様子を。
1-IMG_20170416_164317チビスケの尻尾の近くに見える「キバ」みたいなのは何だ?!
  
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


Posted by kumagai_satoshi219 at 19:00Comments(0)TrackBack(0)ムササビ 

2017年04月15日

安藤先生の観察会

1-P1050067今夜は安藤先生主催のムササビ観察会。
その時間を作るために、昨日は16時間仕事をした。
俺にまだ、こんな集中力があったのか?!と自画自賛。

俺のブログを読んでいてくれる人は知っているだろう、安藤先生は「権威なのに全く偉ぶらない」先生なのだ。
カワウソとムササビで、何年も前からお世話になっている。
フットワークも軽く、143メートル滑空するモモンガも見に来たし、カワウソ国際シンポにも喜んで講演してくださった。
何よりもOBも含め、ゼミの学生たちが、礼儀や先人を立ててくれるので、「何でも教えてあげるね!」という気分にさせるのは、安藤先生の人徳だと思う。

先月の岡崎先生の観察会に続いて、高尾山で本当にムササビのことを最優先に考えている人の観察会だ。
何を学べるだろう・・・もう、その気持ちだけでワクワク。
参加者の大部分が若い学生諸君だから、平均年齢40代くらいかな?
安藤先生は72年から高尾山に入ってるので、「高尾山ムササビ観察45周年」だ。
・・・・事前ガイダンスと締めはさすがだなぁ!、否応無しに「メモ・・・メモ」という気持ちにさせる。
「見られて良かったね!」だけではない。
この人の言葉は、一言でも聞き漏らすまいという話し方を学ばねば・・・・。
当然、寺務所には申し込んでおり、現地で改めて顔出しもしていた。
ここだぁ、大事なのは・・・・井の頭動物園の教育普及・・・学べ。

 岡崎先生の観察会とは、また別の「高尾山のムササビ観察会」を心の底から楽しんだ。
これらが普及・浸透していってほしい。
頼むよ次世代!  
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


Posted by kumagai_satoshi219 at 02:41Comments(0)TrackBack(0)ムササビ 

2017年04月14日

ブースカの勝ちっ!

1-P1140293フクロウさんのコメントに勇気付けられ、3時に行ってみましたよ。

いたね!・・・ブースカ、昨日よりも隠すの下手っ!ってぇか、子供が動いたのかもしれないけどな。
いやはや、昨日は落ち込んだり自分を責めたり・・・すっかり騙されてしまった。





1-P1140289これは昨日の写真ね。
拡大したり、コントラストを調整したりしてさんざん見たのだが、隠れてるのはわからなかったネェ・・・お見事!
ブースカ、おまえの勝ちっ!
フクロウさん、よく見破ったね・・・さ〜すがっ!
でも、あらためて見ると、コメントのように、確かに中央から右下に黒っぽい部分がある。
これは「だまし絵」と同じだな・・・一度わかると、もうそれしか見えない。
ほとんど「擬態」だもんなぁ。
  
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


Posted by kumagai_satoshi219 at 03:56Comments(2)TrackBack(0)ムササビ 

2017年04月13日

留守!?

1-P1140289今朝、3時に行ってみたが・・・留守!?
昨日の朝はいたし、昨夜は6時から7時半まで観察していたからそれ以降ということになるが、昨夜は覗かなかったなぁ。
・・・家に帰ったら、カミさんと子供が出てった!?みてぇな気分。
周囲に掛けてある他の巣箱もチェックしたが留守。
留守のうちに温度計を直して、いつ戻ってきてもいいようにしておこう。


・・・俺がウザくて引越ししたんならいいんだけどネェ・・・あまり覗かないように慎重に観察していたのだが・・・。
昨夜は今朝まで雨だった・・・雨の中を子供をくわえて出て行ったわけで・・・何も無ければいいのだけれど。
母子ともに無事でいてほしい。
あ〜〜あ、昨年のように子供の成長が楽しめると思ったのになぁ・・・。


P1140292まだ未練たらしく・・・ひょっとして巣材の下に子供を隠しているのではないのか?って思えるんだよ。
これが通常の留守の巣床ね、それと比べると今朝のはフワフワ感が違うだろう?
  
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


Posted by kumagai_satoshi219 at 05:20Comments(5)TrackBack(0)ムササビ 

2017年04月12日

尻尾が見えた!?

1-P1140287※4月12日 追記しました
先日は4時過ぎでもう戻っていたので、3時に行ってみたのだが、もう戻っていたネェ・・・子育て中は長い時間外出しないのだろう。
あるいは短い外出を何回かやっているのかもしれない・・・(仕掛けカメラには何も写っていないのだが、カメラのコンディションだろう)。
 覗いてみると、チビスケの尻尾が写っていた。
今年は1頭しか産まなかったのだろうか?!
(昨年は2頭産んだが、1頭しか育たなかった)

(追記)
夕方に行ってみたが、19時半まで待つも出ず。
まだまだ正常な生活には戻っていないのかもなぁ。  
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


Posted by kumagai_satoshi219 at 15:09Comments(0)TrackBack(0)ムササビ 

2017年04月11日

ブ〜お疲れさま

1-DSC_0402今朝、温度計だけをチェックしに、4時半に行った。
「おおっ、丁度ブースカが戻ってきている!?」・・・ようやく生活が正常に戻ったようだね。

2-DSC_0403まるで石油怪獣ぺスターのような特徴的な耳、間違いなくブースカだ・・・・「母親は娘に樹洞(巣箱)を譲る」という俺の考えを、見事に覆してくれやがった。
何はともあれ出産大変だったね、お疲れさま。
・・・で、レスキューに来た娘はと言えば・・・



1-P1140284昨日の昼間1号巣箱に入っていたので、覗いたらこんな感じ。
今朝も戻りを待ってみたが、雨が降ってきたので撤収。
まぁ戻ろうが戻るまいが元気ならいい!





今夜は、6月の「環境フェスタ」の第一回打ち合わせ。
俺は今年もミニ講演をすることになっている。(今年の会場は市役所)
青梅の森でのムササビ2年連続繁殖確認、ようやく準備が整った、6月なら子供も顔を出すだろうし。
そこで関連イベントに「ムササビ観察会」を入れてもらおうと考えていたのだが・・・広報などの関係で間に合わないとのこと。
俺の隣にいた主催者である(市がイベントを丸投げしている)環境市民会議が「昼間ですか!?」って・・・わかってねぇ。
こいつら声が小せぇから、近くにいネェと聞こえネェのだ。
俺は、環境問題をやってる(伝えたいことがある)のに声が小せぇ奴は、環境を語る資格がないと思ってるからね。
「・・・市のHPで呼びかけたら?」とのこと・・・そういうことじゃねぇんだよなぁ。
あげくは「では皆さん(勝手に)、行って見てください」。
俺は「勝手に行かれちゃ困るから、市のイベントにしてくれって言ってるんだけど!?」
やっぱり、先はまだまだ長ぇや!

でも、解散後、会場に来ていた若いおばさん?が、個人的に観察会をお願いできますか?とのこと。
こ〜ゆ〜申し出はうれしい。
「子供の友達に呼びかければ20人くらいになりますが・・・」。
ガイダンスの場を設定しよう、こ〜ゆ〜時のために活動拠点を使いたい(市役所の連中は残業したくネェだろうが)、青梅生まれの青梅っ子のムササビを、青梅っ子に見せることに意味があるのだからね。

  
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


Posted by kumagai_satoshi219 at 05:32Comments(0)TrackBack(0)ムササビ 

2017年04月06日

サクラ満開

3-P1140275
智光山はサクラが満開!新園長の様子を見に行ってきた。
今までのようには自由に園内の虫を見たり出来なくなってしまったようで、ホタルの幼虫の発光日を気にしていた彼が、入園者数を気にするようになっていた・・・責任が重くなるとなかなか大変みたいだなぁ。
「疲れがとれる入浴剤」をお祝いにプレゼント。



2-P1140271N寺の巣箱にもブースカ同様、立てこもりがいる・・・もし子供がいるとしたら、ここでは2年ぶりの繁殖ということになり、巣箱の有効性(繁殖を助けるという意味で)が証明されることになる。
 タダ巣箱の足元にキツネの石膏糞が。





1-P1140269立てこもり10日目のブースカ・・・娘のレスキューはどうだったのだのだろうか?!
近くにアオダイショウを発見・・・巣木の下に、ヘビ返しをつけようかね。
  
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


Posted by kumagai_satoshi219 at 21:28Comments(0)TrackBack(0)ムササビ 

2017年04月05日

あぁ!あなた(自然)は、ただただ偉大だっ!!

1-P1140265いいかね?俺のフィールド(エリア1)で、スゲェ事が起きている・・・・聞きたかったら焚き火の回りにお集まり。

ブースカは飲まず食わずで8日目・・・とりあえず何日目に出るのかを知りたくてセンサーカメラを仕掛けていたが・・・・なんと!、今朝の4時半、ブースカの巣箱の屋根に消失していたはずの(おそらく死んだのだろうな?と思って諦めていた)昨年の娘が写っていたのだ!?(心霊写真ではないよ)
 今日、ブースカの温度計を直しに行った時、オウメイトのMさんから「近くの巣箱(1号巣箱)の差は2度くらいだから空っぽかな?」とメールをもらっていたこともあり、覗いてみると・・・ブースカの娘だっ!?
(写真ね、ブースカなら覗いたくらいでは起きないし、鼻の頭のホクロ?が特徴だったのだ)
すごくね?母親の緊急時に、娘がヘルパーのために向かい側の巣箱(子別れしたときに、彼女は何日か使っていた)に戻ってきている!?これは、ほとんどレスキューだろう?。
こいつらって、ど〜やって連絡を取ったのだろうか?

この娘はおそらく、へとへとになっている母親に代わって妹や弟を暖めるのだろう・・・。
(今夜も見に行ったが・・・それを証明する出来事ばかりで、崇高すぎて、これ以上は書けない・・・目の前で起きていたことがま〜だ信じられないのだ、生物として当たり前なことでも、人間として考えると美談だったり、ありえねぇ!思い込みだろう?という話しばっかりだから・・・しばし俺だけ浸る)

一緒に見ていたLは、帰りの車の中で放心状態、ただただ「スゲェなぁ・・・・」を連発!  
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


Posted by kumagai_satoshi219 at 22:02Comments(0)TrackBack(0)ムササビ 

英世くん

2-DSC_0399いろいろと知りたいことがあって、朝、4時にN寺到着!








1-DSC_0392墓場巣箱は温度差無し、ってことは、まだ戻ってきていないのだ。
しかもここの住人は、昨夜の欠損個体と思われる奴だから、それを確認するのが今回の目的のひとつだ。
4時48分に戻ってきた。日の出が5時22分だから・・・ま、そんなものか。
やはり、左手の指が3本欠けている、こいつぁ個体識別に使えるな。
でも、見た感じ、生活に不自由な様子はないので安心した。

1-DSC_0395この写真を見る限り、オスだと思われる。
だから名前は「英世くん」。





それよりももっと知りたかったのは、駐車場巣箱だ・・・・着いてすぐにチェック。
6度も差があるので、4時に入ってるってことはぁ、昨晩出なかったのだろうか?それとも、早々戻ってきたのかな?なっ?


  
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


Posted by kumagai_satoshi219 at 06:07Comments(0)TrackBack(0)ムササビ 

ヘルパーの重要性

1-DSC_0391ブースカは一安心できたので、ひとまずは3〜4日は近づかないことにして、今夜はN寺へ。
 お墓の巣箱の個体が出巣したら覗いてみようと思ったからだ。
幸いに近くで花見をしていた、さいたまzooのFちゃんたちも合流、山頂のムサを観察していたというIさんもいたので、お墓の巣箱はLたちに任せて、俺は一人で駐車場の巣箱前で張り込むことにした。
温度計の差は3〜4度・・・いる・・・温度計の蓋を閉める時にガタついてしまった(起こしてしまったか?)・・・いたっ!

 元々ここの個体は、メスなら放浪メスかオスだろうと読んでいたので、出は早いだろう・・・と思ったが、7時過ぎても出てこない。
お墓の個体はとっくに出巣して、駐車場まで(俺の目の前まで)飛んできた。
そのときに撮ったのがこの写真・・・アングルのせいなのだろうか?ど〜も欠損個体(左手先)に見えるのだが?欠損個体は個体を識別しやすいのでフィールドで助かるのだが、長生きはしない。
 巣箱の中には子供の姿は無かったとのこと。
むしろ駐車場個体の方が出てこないので、母親の可能性がありそう。
出てこないほうが「うれしい(何かあったな?ワクワク)」と思うのはブースカのおかげだ。

それにしても2週間・・・・gakuさんのHPにも産後2週間という記述はあるのだが「2週間、子供をがっちりガード」という表現なので、まさか外にも出ないとは思っていなかった。
トヨタの森のマロンは、出産直後から出巣していたというから、個体によって違いがあるんだなぁ。
そう考えると、Mさんとこの「ヘルパーを使う」ってのは、ますます重要性を感じる。
ヘルパーがいれば、二週間も飲まず食わずではなく、代わる代わるに子供を暖めることが出来るではないか?!

 S神社の樹洞の入り口に巣材が詰まっていた時期をLに聞いたら、やはりこの時期だったとのこと。
あれは母親が子供を隠すために入り口を巣材で塞いでいたのだな・・・写真すら撮っていなかったのが悔やまれるわぃ。
それに確か子供もいたから、ヘルパーだったのか、更に年2回出産したメスなのか?!

  
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


Posted by kumagai_satoshi219 at 01:25Comments(2)TrackBack(0)ムササビ 

2017年04月04日

一安心

ブースカのことを心配してくれている友人が、こんな記載をネットで見つけて送ってくれた。

 実は、ほぼ間違いなくムササビが出産し、出巣時間の変化を逆算すると、どうやら3月14日が出産日と推定されます。産後二週間、母親は出巣せず、いったいだれがエサを運んでいたのか不思議でしたが、3月28日の昨日より、日の入り後30分以内に出巣し、久々の滑空を見せてくれました。
 きょうも、母親は出巣直前まで一生懸命に子どもの世話をし、午後6時33分に出巣の際は、外敵から子どもを守るためか、ウロの入り口をしっかり巣材で塞ぎ、出巣、滑空していきました。エサを確保するためには、どうしても子どもに留守番させなくてはならない時期のようです。母性のきめ細かさに圧倒されています。


山梨県の例だそうだが、まずは一安心。

そういえば以前、S神社で、入り口が巣材で盛り上がっている(塞がっている)樹洞を見たことがある。
時期はいつだったか記憶に無いけれど、出産後の母親が入り口を塞いでいたのかもしれないなぁ。  
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


Posted by kumagai_satoshi219 at 16:16Comments(0)TrackBack(0)ムササビ 

自分のフィールドは楽しいな!

1-P1140263ブースカは昨夜も出ていない・・・・・これで7日目。(写真)
出産した母親は、ここまでシビアな生活を強いられるのだなぁ・・・・。
ますます、「ヘルパーの存在」と「フン食」を確信している。

今日は、飯能のN寺へ・・・3月中はお墓の巣箱を使っていたとのことなので、以前見ていたメスが使っていれば、子供がいる可能性がある・・・・。
現場に着いたら、巣箱を掛けてくれた造園師のおじさんが遠くから手を振ってくれる。
「お墓にニホンミツバチがいるけれど、墓参りの人たちが迷惑しているから・・・(殺虫剤を撒くしかない)」とのこと、はい、こ〜ゆ〜時のために養蜂(昼はミツバチ、夜はムササビ)をしているMさんがいるのだよ!
早速電話すると、5分でやってきた!??明日の朝からナントカしてくれるそうだ。

お墓の巣箱を覗いたら起こしてしまったので、子供の有無はわからずじまい。
なんと!駐車場の巣箱にも入っていた(こっちも起こしてしまったが)。
このエリアに4個巣箱を掛けているけれど、2個に入っていたのは初めて・・・やはり巣箱は有効だ。

山頂の様子を見に登ったら、しばらくぶりなので息が切れてしまい、東屋周辺をフィールドワーク・・・・サクラの冬芽を食った枝が見つかる。
タバコを吸って休んでいると・・・山頂から下りて来る顔なじみのカンちゃんっ!
彼は、「猛禽好きの牧師」で、Lの幼馴染なのだ。
朝からサシバを見ていたのだそうで、猛禽の渡りは10月だと思っていたけれど、日本に来る時期は今なのだ!?当たり前のことに感心・・・餅は餅屋だね。
俺らが散々ムササビの食痕を拾っていた場所で、「・・・フクロウの胸の羽だ・・・」と。
俺らは全然気が付いていなかった・・・。
「見えているモノが違うんだね」と彼・・・その通り!

夜は、ヤマアカの取材をしている編集者のHさんと、オウメイトのアキさんと一緒に青梅の森の案内。
Hさんは卵塊の頃も来ており、おたまじゃくしの様子を見に来たのだ。
ブースカが1週間も出ていないことを心配してくれて、巣箱の屋根に葉っぱのついた枝を置いてやろうか?などと話し合う。
おそらく今夜も出ないだろうということで、TK神社へ。
早い時間なのに、スダジイの樹洞からムササビが顔を出していた。
7時まで待つも(樹洞から顔は出すものの)、出巣はしなかった。
その後は馴染みの「おでん屋」で一杯!

愉快な1日だった。

  
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


Posted by kumagai_satoshi219 at 02:39Comments(0)TrackBack(0)フィールドニュース 

2017年04月02日

アッパレ!

アッパレ今夜もブースカの様子を見に行った。
6時15分に、仕事終わりのLが合流、AMSとGO-PROを駆使しようとしたが、自分の耳が一番確かだとばかりに(奴は特殊な聴力をしているので)、最前線へ。
その健気さにアッパレ!なんで、こいつここまでムササビに思い込んでいるのだろL?とおもしろくて撮った写真だ・・・・ムササビってすげぇな(カワウソもそうだけど)、ここまで人を夢中にさせる。
ムササビが警戒するのはライトではない、人数だということもわかった。
だから、この時期に観察会をするなんてのはもっての他だと思う・・・はいはい年度末予算消化ね、某動物園・・・・?。

もう今日で、6日間も出巣していない・・・・ひょっとしてだけど、自分のフンを食っているのではないだろうか?とさえ思える。(ありえる)
だからこそ、ヘルパーを使う意味もわかった。
ヘルパーがいれば、代わる代わるに赤ん坊を暖めることが出来るからね。

どの本にも、出産直後のメスについては何の記述もない・・・そこを突き止めるのが俺らの役目だ。
  
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


Posted by kumagai_satoshi219 at 23:56Comments(0)TrackBack(0)ムササビ 

ど〜したぶ〜?その2

1-P1140257センサーカメラには、昨晩の俺のAMSしか写っていなかったからカメラは正常に作動しているわけで・・・ってことは昨晩も出なかったということになる。
覗いてみると、昨日とは違う寝相なので、生きてはいるようだ。

しばらくぶりの暖かい日曜日・・・朝からシルバーマークと障害者マークの両方をつけた軽自動車が、何台も止まっている・・・なんなのだ?
どうやら、猟友会による大々的な有害鳥獣駆除があるようだ・・・稲荷口や黒沢口にも何台も車が止まっており、青梅の森は猟友会にすっかり包囲されていた。

今日は親子連れの観察会の予定も入っているのだがネェ。
こ〜ゆ〜ことって調整しねぇのだろうかね?・・・爺さまたちは、ウィークデーの昼間だっていいわけでね、何もこんな暖かい日曜日でなくてもいいんでね?イノシシだってシカだって、日曜日でねぇと出てコネェってわけでもあるまいに。
確かに今の現状では猟友会に駆除を頼むしかネェのだろうし、奴らも社会のために役立っているという気持ちなのだろう・・・しかし、あのオレンジ色のベストを見ると「イヤ〜な」気持ちになる。
  
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


Posted by kumagai_satoshi219 at 12:57Comments(0)TrackBack(0)ムササビ 

2017年04月01日

ど〜したブ〜??

1-P1140250さすがに今夜は出てくるだろうと行ってみるも、やはり出ず・・・。
さすがに心配になってきた。
ちょっとでも離れたら、子供の体温が下がっちまうのだろうか?
まぁ確かにここ2〜3日は寒いけれど、それにしても葉っぱの3〜4枚は食いに出れば?と思う。
でも、出ることで、もし自分が何かあったら?とか考えているのだろうかね?
葉っぱのついた一枝を、お弁当に巣箱に入れておくとか・・・貯食はしねぇのかね?

18時15分に現場に着くと、カメラのモニターが光っていた、T君かな?と思ったら、初めて会う人で、日本橋の人形町から電車で来たという。
俺の本を持っているし、ブログも読んでくれているそうだ。
津久井にも終電で行き、1時間半歩いて(バスが無いので)帰巣のムササビを撮影してるという。

いるんだね〜・・・まぁ千葉から来ているのもいるからねぇ。
駅まで乗せていこうか?と言ったら、もう少しねばってみますとのこと。
5時から来てたというから2時間もねばってるわけだ・・・たいしたもんだね。
ともかく、こうしてムササビネットワークが広がるのはうれしいな、ということで。
  
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


Posted by kumagai_satoshi219 at 19:45Comments(11)TrackBack(0)ムササビ 

4月は動くね!

伊東ちゃん智光山動物園の園長が伊東ちゃんだっ!(写真は智光山のHPから)
数年前、河辺駅前西友のボッパルトホールで、俺の「さとやまの動物たち」という個展に、富山市FPの石原君と一緒に来た時に初めて会った。
(石原君は富山市FPの園長になった・・・山本の兄ちゃんは名誉園長)
伊東ちゃんは、その後、俺の観察会に若い連中を、何人も連れてきてくれた。

「・・・動物園で野生動物に興味があるのは2%です(・・・ゼロではないのだから、増やす努力をしましょう)」との名言を言った人でもある。

 そしてトドメは智光山の前園長の日橋さんが井の頭の園長になったぜ!
日橋さんは、ペンギンヒルズを作り、テンジクネズミの雛壇を継承し、F君をホタル担当に抜擢し、伊東ちゃんを自分の移動と一緒に智光山に引っ張り、次の園長にした・・・いい仕事してるジャン!
井の頭に韓国カワウソが入るかも知れネェな!

信念を持って、動物を中心に考えている人が園長になっている・・・・動物なんてどうでもいいと考えている連中・・・そろそろ天誅が始まったかなぁ。
  
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村


Posted by kumagai_satoshi219 at 15:59Comments(0)TrackBack(0)その他