2012年10月17日

これが羽村の鼻

羽村これが羽村動物園のニホンカワウソというプレートが付いた剥製の鼻ね。

写真を貼り付けて羽村動物園にメールをしたのだが、なしのつぶてだ。
川田先生から言ってもらおうと、メールしたら「・・・困ったモノですね」との返事。
羽村動物園はとことんシカトを決め込むつもりでいるらしい・・・「ニホンカワウソの剥製があるのは関東の動物園ではここだけ」とか言っちゃって・・・もっとさぁ、プライドとか、方向性とかアイデンティティとかねぇのかね?
世の中は「戦う動物園」とか「21世紀の動物園展示を考える」とか「国立動物園創設を」とか動いているのにねぇ。
これじゃぁ、大きな板に血を付けて「日本一のオオイタチ(大板血)」と騙して客を集めていた江戸時代の見せ物小屋と同じじゃん。

※追記
羽村動物園に直接指摘しても無視されるだけなので、これらの写真を添付したメールを羽村市長に送った。

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kumagai_satoshi219/52042145
この記事へのコメント
知ってます・・・困ったことですね。
「ニホンカワウソ」というプレート、動物園がまさか!?ということでしょうね。
だからこそ、動物園・博物館の教育・普及をしている人たちは「動物園は間違えてはいけないのだ」と肝に銘じながら、俺の観察会に参加したり、自分たちで勉強会を開いたりと努力しているのですがね。

羽村は、園長を民間企業のリタイアオヤジを公募で選んでいるから、動物にはド素人なんですよねぇ・・・。
(俺と加藤由子女史は書類選考で落っこちた)
Posted by くまがい at 2012年10月18日 01:10
ウィキペディアのニホンカワウソの項では、羽村の剥製の写真が使われています。
困った事です。
Posted by あたびし at 2012年10月17日 21:23