PEACEFUL,EASY FEELING

クマガイマコト(Singer / Songwriter)のOfficial Blog。

ツアーや音楽制作における徒然、日々の徒然、
たまに靴や洋服やギターについてマニアックに語ったりする極めて個人的な徒然日記。

しばらく仕事(音楽)の話も日常の話もお休みして、 趣味の話でブログ連投しようかなと思っています。 靴や服の記事が続くかもしれません。 分かんないけど。  *** 日本未入荷のアディダスです。 Gore-Tex Infiniumのスーパーコート。 ごつい。 ダッドスニーカーの雰 ...

交差点で信号待ちしながら午前9時の空を見上げて、 幽霊牛と幽霊カウボーイが空を駆け抜けていくの待っていた。 やっぱりなかなか出てこないもんだね。 最高だ。 ***ライヴ・スケジュール*** NEW ! 10月のライヴスケジュールを更新しました <10 ...

朝、息子から問題を出された。 メソポタミア文明の川を二つ答えなさい。 ユーフラテス川は即答できたのだけれど、もう1本の川の名前がどうしても出てこない。 結局3時間かかってやっと思い出した。 チグリス川! どうしてインダス文明みたいに川の名前をそのまま文明の名前 ...

10月のスケジュールを更新しています。 ライヴは2本の予定です。 チェックよろしくお願いします!  *** 相変わらず(個人的に)落ち着いた日々ですが、 今年の残りもあと3ヵ月少々という衝撃の事実に打ちひしがれ、 年内に何をやり終えておくべきなのか真摯に考えてい ...

毎年新潟市北区で開催されてきた「ノーフェス」。 今年はこの通りの世の中の状況により、大規模な開催および北区での開催も見送られ、 その代わりとして中央区に場所を変えてLIVE BAR MUSHで「外伝」としてライヴを開催する運びとなった。 もちろん何もしないで開催を見送る ...

本日のマーク・トウェイン If you tell the truth, you don’t have to remember anything. 真実を話すなら、何も覚えておかなくていい。 本当、そう思います。 かんたんに忘れてしまうことは、そもそも不要だったんだと諦められるようになりました。 だからこそ、真実で ...

A.J.クィネルの傭兵クリーシィーのシリーズが大好きで、 久しぶりに第一弾の「燃える男」から読み返している。 今時こういう汗くさい屈強タイプの男には誰も憧れないんだろうなぁ。 女子ウケも悪いんだろうなぁ。 俺は好きだなぁ。 「強い者などいない。  鍛えたか、鍛え ...

ウルフルケイスケさんと1年ぶりの再会。 今年もこうして一緒に演奏する機会が作れた。 ケイスケさんと出会って気づけば今年で10年目、あっという間の歳月。 秋になると合流して、毎年何本かのライヴを一緒にやって、 それをずっと続けてきたのだけれど、 さすがに今年は状況 ...

曲を選ぶ。 ギターを選び、シャツを選ぶ。 時間をかける。 ライヴだ。 そうか。 俺、明日、55日ぶりのライヴなのか。 2ヵ月弱も我慢していたのか。 自分の意志で挑戦したつもりだ。 何もしないことだって、時には挑戦なのだ。 僕にとっては停滞こそが一番の苦痛だし。 そ ...

台風を考慮して順延になった体育祭。 代わりの予定が何も無かったので息子を付き合わせて百貨店に行く。 ほんの些細な、でもずっと後回しにしていた用事。 終わらせてすっきり。 地方都市とはいえ、日本を代表する老舗百貨店、サービスも技術力もやはり高い。 だから面倒な思 ...

台風がやってくるという。 通り道に住んでいる方達はどうかお気をつけください。 僕がいる街でも風が強まるのだろうか? 明日予定されていた息子の体育祭は大事をとって一日順延された。 それにしても週末になると天気が崩れる。 秋の心地良い屋外でひっそり肉を焼いて、人 ...

丸3日間、誰とも会っていない。 ああ、最寄りのコンビニに行ったか。 スタジオにいる。 完全な隔離施設だ。 感染症には罹らないが、鬱病に気を付けなければいけない。 今日は少しだけ外出した。 車で10分の温泉。 稲穂に少しずつ色がついてきた。 秋だ。 どうやらまた旅に ...

本日の宣伝  こちら、来週9/23開催の「ノーフェス2021」のオリジナルTシャツだそうです。 ライヴ前に発売して、当日みんなで着よう!というアイディアということですので、 ご来場いただける方も、来場が難しい方も、ポチッ、ポチッと是非どうぞ! ライヴのチケットも引き ...

茄子がたくさんある。 めちゃくちゃ美味い。 いくらでも食べれるから、いくらでも取りに行く。 実家の父親が引退後に始めた菜園で収穫した無農薬の茄子だ。 収穫されると電話がかかってくるので、隙を見て実家へ取りに行く。 昨日も茄子三昧だった。 俺にまかせとけ。 ここ ...

はじめにお知らせがあります。 今月3つの会場で予定していたウルフルケイスケさんとのライヴですが、 9月21日の山形酒田の公演を感染症の拡大状況を鑑みて見送ることにしました。 残念なお知らせになってしまいましたが、それぞれの町ごとにコロナに関する状況が違いますの ...

ずっとスタジオにいたけど家に帰ってきた。 この週末は夏を思い出しながら年内最後のビーチキャンプをするつもりでいたのに、 息子のやつが骨折君なものだからあきらめるしかなかった。 代わりに今年初のベランダ(サンルーム)キャンプにした。 宅キャンプだよ。 けっこう ...

ギターは女だよ、50。(古いSTRATOCASTER 〜 Part.1) ギターは女だよ、51。(古いSTRATOCASTER 〜 Part.2) 本日最終回Part.3です。  *** 昨日記述した「Squire by Fender SST-30 JVシリアル」の仕上げのモディファイについて書きます。 僕がこのギターを入手した時 ...

ギターは女だよ、50。(古いSTRATOCASTER 〜 Part.1) (Part.1からの続き) 今日はPart.2です。  *** 僕がこれまで所有して(は手離して)きたストラトキャスターで一番多かったのはフェンダーJAPANの製品だ。 あとはフジゲンとか(そもそもフェンダーJAPANを作って ...

久しぶりのギター自慢、シリーズ記念すべき50回目。 3回に分けてストラトキャスターについて頑張って書きます。 今日がPart.1。  *** ストラトキャスターという世界の歴史上最もスタンダードなエレキギターを、 本家フェンダー社のものから他社のストラトタイプのもの ...

分かっているんだけど心が動かない時は、何もしないほうがいい。 心が入らなければ何をやっても結局徒労に終わる。 疲弊が無駄に重なるだけだ。 何か別のことに脱線しながら心の成り行きを待つほうがよほど有益だ。 ***ライヴ・スケジュール*** NEW ! 9 ...

恵まれている人に向かってそれを感謝しなさいと言っても、 恵まれている時にはなかなか本物の感謝の念を抱くことは難しいんじゃないかと思う。 やっぱり、ある程度常に人間には飢えが必要だと思う。 全てを手に入れてはいけないし、望んではいけないと思って生きている。 あ ...

The man who is a pessimist before 48 knows too much, if he is an optimist after it he knows too little. 48歳より前に悲観主義者になる者は物事を知りすぎ、 48歳を越えてもなお楽観主義者である者は物事を知らなさすぎる。 〜 Mark Twain (マーク・トウェイン)〜 ...

THE TWO MOST IMPORTANT DAYS IN YOUR LIFE ARE THE DAY YOU ARE BORN AND THE DAY YOU FIND OUT WHY. 人生で一番大切な日は二日ある。 生まれた日と、生まれた理由が分かった日だ。 〜 マーク・トゥエイン 〜 さて、生まれた理由を一応分かったふりをして生きているが ...

本日、個人的記録を更新した。 僕の存命記録だ。 生まれてからこんなに長く生きたことはない。 ありがとう。ありがと。ありがとう。 この新記録を世界に捧げます。 さて。 昨日生まれて初めて酢豚を作った。 よくよく思い返しても、酢豚という料理を一度も作った記憶がない ...

めずらしく一日二度目の投稿。 一昨年のこと、僕は北九州市の小倉にいた。 駅前のアーケードをぶらぶら歩き、少し腹が減ったので老舗の看板を掲げていたカレー屋に入った。 昼過ぎだったと思う。 残念なことに、そのカレー屋さんのカレーの味をまるで覚えていない。 漠然と ...

本日の名画  やばい。 めっちゃ泣いた。 山田洋次監督、89歳。 いつまでこうして新作が観れるのだろう。 大切に、大切に、観た。 志村けんさんだったらどうなったんだろうな? とか、やっぱり何回か思っちゃたりもしたんだけど、 ジュリーは完璧なハマリ役だった。 代 ...

先日日常使い用のラップトップを買い替えてデータの引っ越しを済ませたばかりなんだけど、 実はそのコンピューターのほうがレコーディング用で使ってきたコンピューターよりもスペックが高いことに気が付いたので、 ものすごく分厚い真っ黒な面倒臭さの暗雲が垂れこめてきて ...

どうにも心と体の動きが鈍いので(動かさなければいいのだけれど)、散髪に行ってきた。 ここ最近は髪型に頓着するのも面倒くさくなっていたので、放っておいてもどうとでもなるアシンメトリーのツーブロックにしていたのだけれど、 今日はアシンメトリーの比率をもっと大き ...

息子、人生5度目の骨折。 しかも海で、どうやったら折れるんだろう?っていうところを軽く超えてくる天才。 にしてもよぉ、その歳で5回ってよぉ。 昨日の救急外来、 今日朝イチの整形外科、 そのまま紹介状を持って大病院へ、 3軒のはしご。 最後の大病院では月曜日の新患外 ...

3時間10分の長い作品である上に、 ストーリーの大きな起伏もなく、 終始淡々と同じトーンとテンションで話が進んでいく。 言ってみればこの上なく地味な作品だったにも関わらず、 最初から最後まで緊張と集中力が切れずに、あっという間にエンドロールを迎えた。 びっくりす ...

↑このページのトップヘ