aamall

2016年05月26日

プレゼントあり、のお知らせ。

来月新たにスタートするMUSHでの新シリーズ2マンLIVE、
「クマガイマコトのここへおいでよ」

◆第一夜目(6月3日)のお客様: 端山龍麿
◆第二夜目(6月12日)のお客様: りぶさん

にご来場のみなさんに、
僕の「NO RAIN, NO RAINBOW」という曲の弾き語り音源をプレゼントいたします。
未リリースの曲ですが、ライヴではほぼ必ず演奏する曲であり、
これまでも皆さんにリリースを強く望まれてきた曲のひとつです。
今回はデモテイクのCD-Rになりますので、品質的にはラフなものであるとご了承ください。
したがって、プレゼントとさせてもらいます。
正式リリースするまでこちらを聴いて待っていてくださいね。

この2マンシリーズ、「マコトの部屋」的な生温かいアプローチで不定期に、かつ実験的に開催していくと思います。
いきなり6月は2回の開催となりました(これにより、マンスリーのMUSHワンマンライヴを6月はお休みします)。
僕が地元の皆さんに紹介したい音楽家だけをお招きしてやりますので是非MUSHの僕の部屋に遊びに来てください。

ね!!


no rain,no rainbow ジャケ - コピー



======

さて、明日、明後日はこちらです。
2マンライヴを二ヵ所でやります。
毎月足繁く片道100km超を通った南魚沼市LEONでのマンスリーライヴは、ひとまず今月(明日)で終了です。
明後日の上越サクラデラノーチェは初めてのお店です。とても楽しみです。

新潟のベテランシンガー舘恭介さんからお誘いを受けて、この度の2DAYSを開催することになりました。
どんなところに着地するのでしょうか?僕にはまったく想像できません。
そんな意味でも楽しみな2日間になると思います。
どうぞご近隣のみなさん、足を運んでみてください。


◆5/27 新潟県南魚沼市「Live Cafe LEON」
        『クマガイマコト LEONライヴ10回目記念
         Special guest〜 舘恭介&トラッド・ソウル』
        19:00 open / 20:00 start
        2,500円(D別オーダー)    
        [予約・問い合わせ]
         南魚沼市浦佐904-1 TEL 025-788-0498


◆5/28 新潟県上越市「新潟珈琲問屋サクラデラノーチェ」
        『らいぶ・デラノーチェ2』
         クマガイマコト× 舘恭介&トラッド・ソウル
        18:00 open / 18:30 start
        2,500円(D別オーダー)
        [予約・問い合わせ]
         上越市本町4丁目4−8(イレブンプラザ内) TEL 025-512-4777



 

kumagaimakoto1972 at 13:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック ライヴ徒然 

2016年05月25日

缶詰め。

ちょっとコーヒーを飲みに出掛けたけど、
あ、ジョギングもしたけど、
それと夜は久しぶりに街に出ようかと考えているけど、
およそ一日自宅に缶詰め作業であった。

防音処置がされていない家で、
真空管アンプにエレクトリックギターを繋ぎ、
ギャオ〜〜〜ン!!とやったら壁が震えて剥がれてきそうだったけど仕方がない。

ご近所の皆さま、大変ご迷惑をお掛けしています。
ほんの束の間、お許しください。
可能な限り短時間で爆音タイムは終わらせます。


我が家のローズマリーが乱雑に伸びてきたので、
ちょこっとだけ摘んでポトフを煮込んだ。
ミネラルいっぱいの天日塩、
ミルしたてのペッパー、
摘んだばかりの新鮮なハーブ。
ポトポト、ポトポト、ポトフ。
でっかい鍋ひとつ、家人たちはあっという間に平らげた。


IMG_4514



IMG_4515



IMG_4532



IMG_4554



IMG_4525



IMG_4499



IMG_4502



カリフラワーは葉っぱもすべて使えます。

IMG_4504



 

kumagaimakoto1972 at 17:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック 音楽徒然 

2016年05月24日

みんな元気。

新しい家人たちの部屋もなんとなく整った。
小次郎(赤・元気)、
ヒカリ(赤・尾ひれフサフサ)、
メーテル(黒出目金・昨日新たにウチにきた)。
だいぶかわいい。


IMG_4466



先輩家人たちは甲羅干し。
亀丸(小さいほう)、亀太郎(大きいほう)。


IMG_4056



ともあれみんな元気。
家主はジョギング。
このあと溜まりに溜まった作業に埋没予定。
自分の仕事は自分で決める。
やりたい時にやりたいだけやる。
やれないことはやらなくてよし。
それくらいの自由がないと自由業なんかやってられない。
でも全部自己責任。

よーし。


IMG_4484



IMG_4481



IMG_4495




訃報。

午前中にこのブログを書いたのだが、
その夕刻、
小次郎が死んだ。

R.I.P
明朝、埋葬の儀式を執り行います。

   
 

kumagaimakoto1972 at 11:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック 日々徒然 

2016年05月23日

代休。

代休っていうのは少し得した気分になるからなんかいい。
(俺の代休じゃないけれど)

代休っていうのは忙しそうな平日の世の中に対する後ろめたさがトキメキを倍増させる。
(俺の代休じゃないけれど)

そんな風に手に入れた尊い代休なのだから、やっぱり夢を叶える日にしたほうがいい。
(俺の代休じゃないけれど)


俺たちは二人で出掛けることにした。夢の一日を送るために。
少し風邪気味な二人のいでたちは強盗にしか見えなかったが、
職務質問は運良くまぬがれたけれどコンビニのお姉さんに爆笑された。


IMG_4284



IMG_4292



俺たちの夢、その一。
午前中から最高の露天風呂を満喫する。


IMG_4307



IMG_4322



IMG_4319



IMG_4337



ランチタイムはあそこに行こう。
人っ子一人いない、俺たちだけの秘境。


IMG_4341



IMG_4398



マイナスイオンが飛び過ぎ。

俺たちの夢、その二。
浮世を離れたこの場所で誰にも邪魔されずお弁当を食べるのが一年越しの俺たちの夢だったのだ。


IMG_4373



IMG_4404



IMG_4419



IMG_4384



IMG_4389



俺たちの夢、その三。
今週いっぱいで閉店してしまう俺たちのオアシスで、
今週は毎日いつものやつを食べる。
子供サイズじゃなくて、大人サイズでな。


IMG_4428



代休とは、かくあるべきだ。


 

kumagaimakoto1972 at 17:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック 日々徒然 

2016年05月22日

小さな京都。

京を模した町で。
新緑深き五月の一日。
穏やかで美しい。
京都より良いところは、彼の地より人の数が少ないところかな。

必然的に、仕事はすべて夜中に持ち越される。


IMG_4078



IMG_4095



IMG_4191



IMG_4204



IMG_4105



IMG_4232



IMG_4247



1000歳。

IMG_4255



IMG_4197



IMG_4169



IMG_4177



IMG_4172



IMG_4179



IMG_4212



IMG_4221



IMG_4142




  

kumagaimakoto1972 at 21:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック 日々徒然 

2016年05月21日

靴語、85。

アイ・アム・スエーダー。
アイ・アム・バック。

ごきげんいかがですが?
僕は元気です。

季節はすっかり暖かくなり、夏の気配さえちらほら見える毎日です。
そんな季節にスエードのブーツを履くにはちょっと躊躇してしまうのが正直なところです(が僕は履いています)。
せめてもう少し雰囲気が軽くなれば、今しばらくはスエーダーのままでいられるかと思い、
スエードのスニーカーをガサゴソと探してみました。

これを読んでいる皆さんには理解できないかもしれませんが、
僕は自宅で靴を出すのにいちいちガサゴソと家探しをしなければいけません。
それでいて目的の靴が見つからないこともしばしばです。
それ以前にその靴がまだ我が家にあるのか、それともとっくに譲ってしまったのかの記憶もありません。
そのようにしてしょっちゅう無駄な時間が費やされます。
なかなか、靴マニアも大変なのですよ。
絶対に真似しないでくださいね。


家探し以来、このスニーカーの頻度高し。
ステージでも着用。

IMG_2013



IMG_2014



このミネトンカのモカシンは、おもにツアー中のドライビングシューズ代わりになってます。

IMG_2007



IMG_2008



IMG_2009



意外と合わせやすいハイカット。

IMG_2004



IMG_2017



IMG_2015



こいつはとっても可愛いの。

IMG_2018



IMG_2021



IMG_2023



これはスエードじゃなくてハラコだけど、なんか今履きたい気分だなということで待機中。
明日履こう、と最初に思ってから2週間経ったがまだ待機。

IMG_3972



IMG_3974




あー、もう時間がないな。
今日はここまで。
これから運動会の午後の部です。
運動会にはお気に入りのニューバランス587で。
ま、応援するだけだけど。
いってきます。


IMG_4014



IMG_4006



  
 

kumagaimakoto1972 at 13:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック 靴を愛してやまない徒然 

2016年05月20日

迷ったら運動、悩んだら運動。

一日1時間の運動。
日によっては加えて1〜2時間のパトロール(運動)、with チビ。

これを続けていても体型も体力も維持すら困難な年齢だ。
鍛えようと思うならもっと負荷をかけていかないと無理。
そこまではしないけど。

何度も書いてきたが、
僕は肉体のためには走らない。
ほぼ完全に精神的に走っている。

心が弱いとか、精神がたるんでいるという自覚がある人は多いと思うが、
(ていうかほとんどの人がそうだと思うが)
おそらく精神を鍛える方法が具体的に分からなくて、
結局何もせずうやむやにしている人がほとんどだと思う。
そういう状態、僕にも分かる。

でもね、実は簡単シンプルなんですよね。
運動すればいいの。それだけ。

健全な精神は、強靭な肉体に宿るのだ。
精神を入れる器である肉体を、強くて頑丈なものに作り替えれば、
勝手に中に入っている精神も強く大きくなるのだ。
ようするに、武道の成り立ちそのものだ。
まず、体を鍛える。

ニワトリが先か卵が先かの議論とは違い、
これは至極簡単な事実である。
肉体の鍛錬が先で間違いない。
何しろ悩む必要がない。


僕もジョガーになって8年くらい経ったが、
こればかりはやめる理由がないというか、
むしろ生きていくための生命線になってしまった。
もちろん、体力も必要だ。
ミュージシャン家業に必要なのは一に二に三に体力だから。

でもそれよりもね、心のデトックス?アーシング?である。

くたくたに疲れ果てて帰宅した時こそ、
夜中のロードに出るべきだ。
もうそんな体力も残っていないといってゴロゴロTVを眺めている時間があったら走ってくればいい。
くたくたになっている時こそジョギングが効く。
体、心ともに軸が戻りバランスが復活する。
一日に溜め込んだ疲労や廃棄物を地べたが吸い取ってくれるのね。
こんなに簡単に場所も選ばず、時間も選ばず、お金も1円も掛からず、人生を上向きに、前向きにしてくれることはない。
ディズニーランドに行くことが心の保養でもいいけど、もっと効果ががあることが毎日の生活の中にある。
ゆえにジョギング中毒者がたくさんいるわけだが(笑)。

自分に勝てない人はやっぱり自分と戦って追い込まないとね。
永遠に堕落した自分に負けたままの敗者を続けることになる。

とにかく走る。
迷ったら走る。
悩んだら走る。
疲れたら走る。
悔しかったら走る。
頭にきてる時は走る。
悲しかったら走る。
淋しい時は走る。
嬉しい時も走る。

もしこんなシンプルなことにもチャレンジして努力して習慣づけられないのだとしたら、
その人はおそらくいつまでも今の自分から抜け出せない人なんだと思う。
それはそれで悪くないと思うが。みんな自由だし。

個人的にはいつも自分と向き合ってもがいているやつが好きだ。
効率ばかり考えて、小手先だけでうまくやることばかり考えているやつとは分かち合いたいことがない。

近道なんてないからね。
今日も運動からスタートだ。
ぼんやりしたい時間を削って。

 

この神社、初めて。いい感じ。

IMG_3957



IMG_3953



午前中の漁港で魚が水揚げされている横を走る。

IMG_3963



IMG_3970



 

kumagaimakoto1972 at 11:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック 日々徒然 | ノージャンル徒然

2016年05月19日

女の子がいっぱい。

僕らの行先は、明るい未来ばかりじゃないからね
へなちょこになって逃げ出しても大丈夫
老いも若きも男の子たち

僕らはツイてる
この地球には女の子がいっぱい
もしもどこかで行き倒れてもすぐ立ち直る
女の子がいるから

秋風に吹かれても、決して色褪せない
甘い匂いの女の子
やわらかい手の女の子
みんな大好き女の子

僕の勢いは午後には萎えて、情けない顔して
へなへな歩く夕暮れ道
さっそうと追い越してゆく女の子たち

空が凋んで、星が消えても、女の子は綺麗
世界のピンチもどこ吹く風
たくましく、美しい女の子

甘えたりしたいな、素直になって
褒められたいな女の子
叱られたいな女の子
ちょっと強すぎ女の子

(女の子がいっぱい 女の子がいっぱい)

僕らはツイてる
この地球には女の子がいっぱい
陽の当たるところへ導いてくれる
女の子の影を踏んで
歩いていこう

秋風に吹かれても、決して色褪せない
甘い匂いの女の子
やわらかい手の女
甘えたりしたいな、素直になって
褒められたいな女の子
叱られたいな女の子
みんな大好き女の子
僕は大好き女の子
 
女の子がいっぱい


 ― 2016 Lyrics by クマガイマコト —
 この曲が世界を救ってくれたら嬉しいな。


20151129-00000001-dramanavi-1-00-view
※写真はイメージです


 

 


kumagaimakoto1972 at 13:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック 音楽徒然 

2016年05月18日

甦れ。

ツアー中はなかなか運動ができない。
ストレッチするのが関の山。
およそ1週間ぶりのジョギングだった。
まるで鈍牛のような走り。体が重い。鉛の足。

徐々に徐々に血流が循環し始め、
筋肉が息を吹き返してくる。

5kmくらい走るとだいぶ体が軽くなってくる。
節々が喜びの合図を送ってくる。

ちょっと甦った。
三日分くらい若返った。

よし、金魚の水草買いに行こう。


IMG_3931



IMG_3922



IMG_3905



IMG_3919



 

kumagaimakoto1972 at 12:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック 日々徒然 

2016年05月17日

来週は南魚沼・上越をツーマンで回ります。

※5/18更新
タイトルで今週って書いてたけど、来週じゃん。
修正しました。
もう本当ボケボケダメダメですみません。
よろしく。

−−−−−−−


毎月通った南魚沼市と、僕にとっては初めての場所上越市を、
新潟のベテランバンド「舘恭介&トラッド・ソウル」さんと一緒に回ります。

さあどんなライヴになるのでしょうか。
どうぞお楽しみに。
それでは週末各地でお会いしましょう。


◆5/27 新潟県南魚沼市「Live Cafe LEON」
        『クマガイマコト LEONライヴ10回目記念
         Special guest〜 舘恭介&トラッド・ソウル』
        19:00 open / 20:00 start
        2,500円(D別オーダー)    
        [予約・問い合わせ]
         南魚沼市浦佐904-1 TEL 025-788-0498


◆5/28 新潟県上越市「新潟珈琲問屋サクラデラノーチェ」
        『らいぶ・デラノーチェ2』
         クマガイマコト× 舘恭介&トラッド・ソウル
        18:00 open / 18:30 start
        2,500円(D別オーダー)
        [予約・問い合わせ]
         上越市本町4丁目4−8(イレブンプラザ内) TEL 025-512-4777


13076540_1783721671857583_1485534302104504359_n



 



kumagaimakoto1972 at 22:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック ライヴ徒然 

2016年05月16日

帰ったぞー。

新緑と陽光に包まれながら帰路を走る。

帰ったぞー。
おう、逢いたかったぜ、チビ。


IMG_3893



たった5日間家を空けているうちに新しい家族が増えたみたいだ。
Welcome to our house !


IMG_3836



IMG_3825



 


kumagaimakoto1972 at 20:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック 日々徒然 

2016年05月15日

磐石のツアー最終日、福島県郡山市HANGOVERにて。

ツアーの最終日がこの店であることは、約束された結末が待っている旅に出るようなものだ。
とりあえずここに辿り着けばもう大丈夫。
ここでは色んな愛が待っていてただ受け止めてくれる。

HANGOVER。
ここはBARなのか?何なのか?
何だろな?って店主が呟いたから、
ここは鍾乳洞だよ!と相変わらず適当に答えたのだけど、
まんざらおかしくもないから今日からそれでいこう。
HANGOVERは郡山にある鍾乳洞、
検索ワードは“洞窟”だよ。

店主山ちゃん(同じ年)はエクストラドライに見えて雫が垂れるほどウェット。
超クールに見えて血管の中を高温の血が流れている。
頭良いくせに不器用、優しいくせに強面、茶化しているようで見抜いている。
僕はこの男が好きだ。
俺のダチだ。


IMG_3754



IMG_3759



IMG_3761



この店は郡山に必要だ。
いや、今という時代のこの国にはこういう店が必要なんだと思う。
ちゃんと止まれる木のような場所。
子供達が大人になった時に世界の中で一人ぼっちで迷ってしまったらこの鍾乳洞に来ればいい。


今夜は大森洋平&柴田拓也(敬称略)との共演。
素晴らしかったな。ぐっと来た。あんなに熱いと思ってなかった。
熱くてエロかった。
僕は観客としても十分に楽しんだ。

満場のお客さんはみんな真剣で誠実だった。
今夜生まれた音楽自身が一番喜んでいると思う。
ありがとう!!


IMG_3768



この日のランチ(ブランチ)はこれまた約束された場所、キッチンおぐろ。
もちろんカレーですよ。
夜更けにおぐろ店主と色々話した。
話して腑に落ちたよ。
だってね、おぐろ店主が向かっている方向、生き方が、そのままおぐろカレーの味なんだよ。
ひたむきで誠実なんだよ。おぐろのカレーの味は色ボケしていないんだよ。
絶対食べに行ってみて。


IMG_3719



そしてライヴ終了後の深夜カレーもおぐろさんが用意してくれた(昼とは別のキーマカレー)。
僕、おかわりしてしまいました。


IMG_3811



そしてHANGOVERふーちゃんが作った豚汁をみんなで花火しながら食べたんだ。
美味いとか何とか、もういちいち書く必要がないよね?


IMG_3772



ツアー最終日、満喫。


IMG_3697



IMG_3707



IMG_3734



IMG_3743



IMG_3801




おまけ。

郡山に来ると必ず改造バイクにまたがった若者達を見るんだ。
今時他所では見かけないな〜。
僕は危険運転で国道を封鎖しながら走る4人の若者に、まるで護衛車の様にぴったりくっついて車を走らせた。
転んだら救急車を呼んであげたいし。
今時の暴走ヤングマンはダウンジャケットにメッセンジャーバックを肩からかけている。
時代は変わったんだな。お洒落だもんな。
それに、赤信号できちんと行儀良く止まるんだよ。
なるほど、たしかに時代は変わったんだ。
なんかさ、妙に愛おしくてね。
つかつか近づいて抱きしめてやりたくなった。

いつか危険運転でも埋められないような心の空虚感を抱いたら言ってくれ。
俺がちゃんと抱きしめてやる。
それかね、あの郡山の鍾乳洞に行くんだよ。
きっと君らと世界を繋ぎとめてくれるから。


IMG_3686



 

kumagaimakoto1972 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック ライヴ徒然 

2016年05月14日

破壊からの再生、福島県相馬市にて。

確かに破壊されたのだ。
人災によって。
5年前に原子力発電所が爆発して廃墟となった町。
かつて人間が住んでいた町を国道6号線が突き抜ける。
今日も自動車が往来するけれど、誰一人降り立つ者はいない。
その町に立ち寄る場所はない。
そこは、かつて人間が住んでいた廃墟の町なのだ。

まるで世紀末を舞台にしたSF映画みたいだ。
でもこれは今日この国に存在する現実の町であり、
僕が住んでいる隣の県の話だ。

5年前は原発は必要だと講じる人達も身の周りには多かった。
その後震災の事故を経て考えを改めざるを得なかった人がずいぶんと増えたと思う。
それでもやっぱり、この国のマジョリティーを形成しているのは、
「他人事だと思っている人」なんだろう。
政府は地震に揺れる九州の原発を止めようとしない。
それどころか報道操作までして国民を目くらまそうとしている。
そして自国での推進が難しくなったと判断するやいなや、
この「安全」な原子力発電を他国に売りまくろうと必死になっている。
売り込むだけでも巨額の税金がバラ撒かれている。
それでも国民の最多層は「他人事でいること」を選び続けている。

そこに住んでいた人は救われたのだろうか?
僕たちは同じ国の民として助け合ったのだろうか?
仮設住宅はそのままで、孤独と未来への絶望で今もお年寄り達が自ら命を絶ち続けている横で、
オリンピックのスタジアムや選手村や都市改造整備に湯水のようなお金が注がれている。

この国は狂っている。
そして狂っている国に対して従順でいることを選ぶ大多数の民によって、
無抵抗のまま狂気が深められていく。

放射能を遮ってくれる境界壁は立っていない。
他市の話でも他県の話でもなく、
僕達は平等に放射能とともに生きている。
フォースだったらいいのにね。
放射能とともにあれ、って。


2016年5月14日午後、福島県双葉町〜南相馬市、国道6号線沿い。


IMG_3584



IMG_3558



IMG_3551



IMG_3562



IMG_3558



IMG_3594



IMG_3616




でもね。
絶望ばかりじゃないんだよ。

かつては田んぼだったうち捨てられた土地には、菜の花がいっぱいに育っていたんだ。
だからこそ僕達はいつでも未来を捨てたりしないし、夢を描き続けるんだよ。


IMG_3613



IMG_3626



そして今夜相馬市で行われたライヴイベントに僕は行ってきて、
生まれ変わった菜の花畑とまったく同じ人間の未来をそこで見たんだよ。
人々は何度でも何度でもやり直せるんだってね。

僕はまた違う形でここへ戻ります。
自分なりの目的を考えてから来ます。


IMG_3656



 

kumagaimakoto1972 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック

2016年05月13日

何かが俺を引き寄せる、茨城県ひたちなか市Cafe ami's styleにて。

ひたちなか市の勝田駅は某大型ロックフェス会場の最寄り駅で、フェス開催中はシャトルバスがピストンして駅周辺は人出が増える。
しかし普段はこじんまりした穏やかな街で、大きな工場や自衛隊の駐屯地などが目立つが、
それ以外にパッと特徴も思い浮かばないような街だ。
それなのになぜか僕は妙に惹かれるのだ。
そして季節に一度、演奏するためにやってくる。

今日も来てよかったと心から思った。
それはこれからも来続けるということを意味する。
この街には愛おしい音楽の店があり、クレイジーな店主や、情熱を燃えたぎらせながら顔色を一切変えないオーガナイザーや、太陽みたいに発光している女の子がいたりする。

説明は以上。
僕たちがここで積み上げようとしていることに是非多くの人が加担してほしい。
それは幸せな経験の積み上げだよ。

今夜も本当に良い夜だった。
ていうか最高だった。
僕は自分の存在のすべてを音楽と目の前で聴いてくれている人達に捧げた。

Cafe ami's styleにて。



勝田駅前。そうそれ、であい。

IMG_3342



勝田駅のまん前にある僕の行きつけ。
自称カレーソムリエの僕のおすすめはレディースセット(男子も注文可)。
お洒落カフェ系の皿に盛り付けられた本場インドカレー。チーズナン美味し。

IMG_3352



プチデザートまでついて、レディースセットなのに腹満杯、満足度特大。

IMG_3355



海が見えてきた瞬間はいつだってときめく。

IMG_3382



僕の個人的ひたちなか観光名所(必訪)。

IMG_3422



さわやかトイレの後ろのビーチ。

IMG_3459



IMG_3460



夏日。さすがに半袖。

IMG_3431



自称温泉ソムリエの僕を悩ませずに引き込む温泉。

IMG_3393



風呂から上がったらTVがついていた。
愛も誠意も敬意も勇気もない人間の会見。
胸が気持ち悪くなってきて途中退散。

IMG_3421



やっぱり田んぼや畑がいいさ。
ひたちなかの一番美しい風景。

IMG_3472



IMG_3502



IMG_3495



何処へ何度訪れても僕が観光名所に疎いのは、
僕が何処へ行ってもこんなところばっかり歩いているから。

IMG_3501



IMG_3505



「おい、そっちは行けねーぞ。毒蛇に食われるぞ。あっち通っていけ。」
と畑仕事をしていたおじちゃんが教えてくれた。
山に入っていく。

奈良時代に作られた横穴古墳。

IMG_3511



穴に入ろうとしたらこれが見えたので入らずに退却。

IMG_3514



すっかり旅を満喫して、さあ歌うぞ(歌ったぞ)。

IMG_3532



サービスショット。
ひたちなか市の太陽。
輝かしい恒星。

IMG_3535



7月2日はストリートのお祭りで演奏、8/21はいつもの様に単独ライヴで、また勝田に戻ってきます。


 

kumagaimakoto1972 at 23:30|PermalinkComments(1)TrackBack(0)mixiチェック ライヴ徒然 

2016年05月12日

雪国にも若葉、山形県米沢市LIVE-ARBにて。

月山を越えて酒田から米沢に向かう。
同じ山形県内といえどもなかなかの距離だ。
大きな山を越えながら160km。
けれど美しい。
つい数か月前まで雪の壁がそびえていた峠道にも若葉が生い茂る。
この国の四季は本当に美しい。

道中、僕が日本で一番好きな温泉に寄る。
山猿と化す。

すこぶる快晴の米沢に入る。
高い空、光る雲。
誰もいない野球場。
乗り越えたフェンス。
公園を吹き抜けるそよ風。
ギターを弾いたり、本を読んだり。
米沢牛カレーを食べたり。
もう無理が利かない体でとても快適にツアーを続けています。


盤石の安心感、米沢LIVE-ARB。
笑っちゃうほどホッとする。
平日木曜日、この街に曜日など関係ない。
今夜もみんな聴きにきてくれてありがとう。
たくさん人達の体温が合わさって、そうそう、これが米沢の夜の温もり。

オープニングで演奏してくれたARB店長ゴロウちゃん、初めましての渡部花織さん。
今宵も再会と新しい出逢い。
ありがとう。
また皆さんから力をもらって旅を続けます。
明日は茨城県ひたちなか市。



天然温泉の沢。


IMG_3207



IMG_3248



IMG_3256



IMG_3266



IMG_3271



IMG_3274



IMG_3284



IMG_3285



IMG_3300



IMG_3296



IMG_3295



IMG_3330


  

kumagaimakoto1972 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック ライヴ徒然 

2016年05月11日

何の変哲もない五月雨の日、山形県酒田市UNION JACK COLLECTORにて。

酒田市の空は曇っていた。
通いなれた街の空はどんどん湿っていき、
夕方には雨が降り出した。
じたばたしない。
今日は温泉もパス。
コーヒーショップに潜り込み読書をして、うたた寝を決め込む。
そんな何の変哲もないような時間を旅先で過ごすのもいい。

会場のUNION JACK COLLECTORにはいつもの体温で酒田のお母さん寺子(男)が待っていてくれた。
それだけでもう十分。
降り出した雨の湿気と、お店いっぱいになったお客さんの吐息で、
今夜の音粒は雨粒のように湿っていった。
そんな夜にはそんな夜の音楽を奏でればいいのだと思った。
だから僕は五月雨の音色を探して静かに演奏した(が、結局最後には羽目を外した)。

いつもの顔との再会、そして今夜も新しい出逢い。
こうして毎月この街で待っていてくれる人たち。
音楽のために尽力してくれる人。
僕の財産。
ありがとう。

もうこの街は旅先ではない。
また来月も帰るからね。


IMG_3120



IMG_3125



酒田のお母さん、寺子。


IMG_3128



寺子、今夜は魚型ハムカツをお客さん全員に振舞う。


IMG_3137



そして母さんのカレーは今宵も絶品。


IMG_3150



毎月通っている酒田のライヴ・フライヤーは、
UNION JACK COLLECTORの回も、Aberdeenの回も、
寺子が作ってくれるのです。
愛に溢れ、そしてしっかりと僕という人間の温度を伝えてくれるフライヤーたち。
これはバックナンバー。


2~5



これが今夜の回。


13103458_1777958039102692_2668893396387455897_n



来月は6月15日、Aberdeenで再会しましょう。


 

kumagaimakoto1972 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック ライヴ徒然 

2016年05月10日

わわわわわ、間に合わねー!って感じ。

明日からまたツアーに出ます。
酒田、米沢、ひたちなか、郡山に行ってきます。
準備が間に合ってません。
旅の準備以外のことが終わらないため準備ができません。
どこが放り投げるタイミングなのかを謀っています。
今夜は夜なべで荷造りだな。

とりあえずこれから「銀河鉄道999」を観ます。
それはそれで大事なのです。
しばらく家を離れるので何か料理でもしようと思い、
珍しくハンバーグを作りました。
ジャンボです。
料理を作るのは音楽を作るのと似ています。
だから好きです。
料理は家事ではなく娯楽です。
味がどうかなんて訊かないでください。
それは野暮というものです。

では明日の夜、酒田市で。


IMG_3088



IMG_3092



でかいよな。


IMG_3086



IMG_3082




◆5/11 山形県酒田市 UNION JACK COLLECTOR
  『クマガイマコト LIVE』
  2,000円(1D付き)
  20:00 start

  月に一度の酒田ライヴ、今月は寺ちゃんの店UNION JACK COLLECTOR !!
  憂いなし、説明不要、引き戸をガラガラ開けて「ただいま〜!」です。
  みんな、新しい曲持って帰るからね〜。

◆5/12 山形県米沢市 LIVE-ARB
  『クマガイマコト LIVE』
   OA:イノウエゴロウ、渡部花織
  2,000円(D別+500円)
  19:00 open / 19:30 start

  こちらもいつの間にやらマンスリーライヴになってしまったARB。
  ほとんど近所に行く気分。いや、近所よりもよく行ってる感覚。
  再会、出逢い、全部が僕のエネルギー源。

◆5/13 茨城県ひたちなか市 Cafe ami's style
  『クマガイマコト LIVE』
  予約2,000円 / 当日2,500円(D別)
  19:00 open / 19:30 start
  【予約】 funaken8@gmail.com

  季節に一度のひたちなかライヴ。
  この街が好き。人が好きでお店が好き。
  頼まれなくても行きます。行くたびに心に何かが通います。

◆5/15 福島県郡山市 HANGOVER
  『大森洋平with柴田拓也 × クマガイマコト』
  3,000円
  19:00 open

  この場所は言葉で説明できないっす。
  僕のDNAが過敏に反応します。
  生理的に好きな店です。
  そして今回は大森洋平さんと&柴田拓也さんとの2マン共演。
  ツアー最終日、心置きなく灰になるまで燃え尽きます。 




kumagaimakoto1972 at 19:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック ライヴ徒然 

2016年05月08日

連休明けは山形・茨城・福島へ行ってまいります。

ふふふ、なんて楽しみな週なんだ。
出不精の拙者をワクワクさせる旅程である。
嬉しい。
あなたの街に行けて嬉しい。
待っていてくれ。
再会を心から楽しみにしているぜよ。
そして新しい出逢いも期待してるぜよ。
最寄りの街へ歌を聴きに来てください。
いずこも素晴らしい店ばかりだよ。


◆5/11 山形県酒田市 UNION JACK COLLECTOR
  『クマガイマコト LIVE』
  2,000円(1D付き)
  20:00 start

  月に一度の酒田ライヴ、今月は寺ちゃんの店UNION JACK COLLECTOR !!
  憂いなし、説明不要、引き戸をガラガラ開けて「ただいま〜!」です。
  みんな、新しい曲持って帰るからね〜。

◆5/12 山形県米沢市 LIVE-ARB
  『クマガイマコト LIVE』
   OA:イノウエゴロウ、渡部花織
  2,000円(D別+500円)
  19:00 open / 19:30 start

  こちらもいつの間にやらマンスリーライヴになってしまったARB。
  ほとんど近所に行く気分。いや、近所よりもよく行ってる感覚。
  再会、出逢い、全部が僕のエネルギー源。

◆5/13 茨城県ひたちなか市 Cafe ami's style
  『クマガイマコト LIVE』
  予約2,000円 / 当日2,500円(D別)
  19:00 open / 19:30 start
  【予約】 funaken8@gmail.com

  季節に一度のひたちなかライヴ。
  この街が好き。人が好きでお店が好き。
  頼まれなくても行きます。行くたびに心に何かが通います。

◆5/15 福島県郡山市 HANGOVER
  『大森洋平with柴田拓也 × クマガイマコト』
  3,000円
  19:00 open

  この場所は言葉で説明できないっす。
  僕のDNAが過敏に反応します。
  生理的に好きな店です。
  そして今回は大森洋平さんと&柴田拓也さんとの2マン共演。
  ツアー最終日、心置きなく灰になるまで燃え尽きます。 



 **

GWというやつの最終日、市のレンタルサイクルを借りてあちこちブラブラ。
MYチャリが破損して粗大ごみに引き取られてからしばらく経つが、
このレンタルサイクルを初めて利用したけどとても良い。
3時間レンタルで100円。
街中にあるステーションのどこにでも乗り捨てOK。
なんかもうわざわざ自分の自転車を買う必要もないかもな。
自宅から徒歩2分の場所にステーションがあるしね。
物が増えなくていいしね。
たぶん放置自転車なんかを市が再利用して始めたプロジェクトなんだろうけど、
はっきり言って素晴らしいの一言だ。
新潟市、やるじゃないか。
使えるものは使う、ゴミは出ない、余計なものは売らない、買わない、捨てない。
僕はツアーに出るようになるまでは自家用車も持たない生活をしていたからね。
必要な時はレンタカー。
とてもシンプルで効率的な生活だった。

これから毎日チャリに乗る季節が来るから、
そのうちMYチャリを買うと思うけど、
それまではこのレンタルサイクルを使おう。


IMG_2667



IMG_2657



IMG_2682



IMG_2654



IMG_2633



IMG_2635



IMG_2639



 

kumagaimakoto1972 at 23:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック ライヴ徒然 

2016年05月07日

伝承する。

あまり公にしてほしくないのだが、僕は忍者である。
忍者というやつは「忍ぶ者」であるからして、他人にその存在を悟られてはいけないものなので、
どうか僕が忍者であることは黙っていてほしい。
プロフィールにも書いたことがない。
忍者の世界は掟が厳しいのだ。
そして僕は忍者の中でもトップクラスというか最高峰というか師範級というかチャンピオンというか、
とにかくもうそりゃあ凄い忍者なのだ。
内緒だぞ。

今日は後継の若い忍者の様子を見に山へ行ってきた。
まあついでだから指導してやった。
忍術の巻物はすべて焼失してしまったがゆえに、現在では口頭伝承である。
それにしても今どきの若い忍者もなかなか活きが良い。
まあ拙者のレベルに到達するにはあと30年はかかるだろうが精々精進するがよい。

では拙者は里に帰り、
また世を忍んで暗躍するでござる。
ドロン。


IMG_2517



懐かしいな。拙者が修行した山だ。


IMG_2499



IMG_2477



IMG_2389



IMG_2391



IMG_2396



IMG_2455



IMG_2450



いいか、吹き矢ってやつはな。


IMG_2509



IMG_2488



IMG_2548



IMG_2543



IMG_2536



IMG_2580



IMG_2608



IMG_2618



IMG_2627



 




kumagaimakoto1972 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック 日々徒然 

2016年05月06日

太陽系からそっと離れた惑星、新潟市BAR 3000Wにて。

たしかにこの店には、この店にしかない時間軸があるのだ。
自転周期6時間くらい。
この店に一旦足を踏み入れると、気が付けば朝になっている。
ご注意ください。
太陽系からそっと離れた光の届かない惑星。
穏やかな時間が流れる美しい星。
ドアの外は古町9番町。

古町まで足を延ばしてこの店にお酒を飲みに来てください。
そしてたまにあるライヴの日に音楽を聴きに来てください。
(他の方は分からないけど)僕の音楽に限って言えば、
ここでしか味わえない響きがします。
その響きが優しくて好きです。
来月は6月18日、是非。

今夜も聴きに来てくれてありがとう。


IMG_2369



IMG_2360



IMG_2355



地元でのライヴの日はしっかりと走って体を整えてから会場に行けるのが嬉しい。


IMG_2343



IMG_2351



 

kumagaimakoto1972 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック ライヴ徒然 

2016年05月05日

空は高く。

僕が子供の頃にくらべたら、
空を泳ぐ鯉のぼりもずいぶんと減ったなぁ。
自分の頭の上からあの橋の向こうへ、そしてもっとずっとその先へ、
空は高くどこまでも続く。
トンビが空を滑る。
五月晴れの日。
強い風にのっかってみよう。
あの俊足な雲を追いかけてみよう。
ま、できないこともないさ。


明日の夜は、新潟市古町9番町BAR 3000W。
20:00開演です。
前回は男祭りだった記憶あり。
女性大歓迎。もちろん男子も。


IMG_2308



IMG_2288



IMG_2330



IMG_2333



IMG_2311



IMG_2324



 

kumagaimakoto1972 at 22:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック 日々徒然 

2016年05月04日

穏やかに。

少し疲れていたみたいだ。
思うようにポテンシャルを発揮できなくなるのは最も望まない状態である。
毎日をやり切るためにも少し休む。
BBQに招いてもらったり、散歩したり、穏やかに過ごす。
良い一日。
明日もう一日延長。


IMG_2237



IMG_2223


 
 




kumagaimakoto1972 at 20:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック 日々徒然 

2016年05月03日

飯と音、新潟県長岡市たつまき堂にて。

たつまき堂でのライヴも6回目となる。
今は二ヵ月に一度のペースで演奏している。
ずっと長岡は足が遠のいていたからね。
近いのにね。
だから今年はちゃんと足を運びます。
たつまき堂店主、猪俣氏とはなんだかもうすっかり長い付き合いになったなぁ。
またこうして頻繁に一緒に何かができることが嬉しい。

今回はGWスペシャル、「飯」と「音」のコラボ企画。
たつまき堂で扱っている「よこさわ原点回帰米(無農薬・無化学肥料こしひかり)」を主食に、
お店であつかう安全でおいしい食材をみんなで食べて、ライヴも楽しもうという欲張り企画。
結果的に「食」っていうのは強くて、店内の奥部屋は大家族の食卓みたいになっていた。
お客さん達が持ち込んだおかずもたくさん並び、なんだか楽しそう。
(僕はその間にサウンドチェックしてました)

店主猪さんは、結局お店提供のご飯やおかずを無料にする大盤振る舞い。
相変わらずの太っ腹。

こういう企画もたまにはいいね。
今回初めてだったから、また少しずつやり方を改良しながら今後が楽しみ。


ライヴは1曲目の途中からギタートラブルで出力できなくなる。
まあまあ、そんな時もある。
それはそれで今夜だけのライヴ。
楽しまなきゃ。
結局、歌とガットギターに対して1本のマイクを中央に立てて、
半生音ライヴでやった。
災い転じて、なかなか良い響き。
たぶん次回は最初からこれでいくかもしれない。

終演後、俺も食う。
あー、腹いっぱい。


IMG_2196



これ、あかね醤油とヘンプオイルだけで和えた蕎麦。
絶品だった!!是非お試しあれ。


IMG_2207



あかね醤油は僕も以前買って使ったことがあるが、
味が尖ってなくてとても美味しいお醤油です。
ちなみにヘンプオイルは現在2ヵ月の入荷待ち。
欲しい方は予約するべし。
俺もこれは欲しい。万能オイルだよ。
たつまき堂ではオーサワジャパンのマクロビオティック食材を始め、
子供にも安全食べさせられる食の提案も常に発信しています。
今夜は結果的にそんな食材の試食もできてよかったな〜。


その他にも持ち込まれた美味しいおかずたち。
あの人の玉子焼きも食べれたし。
それに新潟市のチャッペス食堂のビーツのスープを差し入れてくれた人もあり。
チャッペス食堂店主よっちゃんがこのライヴのために大量に作ってくれたんだそうだ。
ありがとー!
(チャッペス食堂では6/19に夏至のキャンドルナイトLIVEをやりますよ〜!)


チャッペス・スープ、美味い!


IMG_2211



ちょっと変わったドイツのパン。スープによく合う。
たつまき堂で売っています。


IMG_2213



なんだかグルメレポートみたいだが、今夜はそれでよしとする。



IMG_2186



IMG_2166



 


 




kumagaimakoto1972 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック ライヴ徒然 

2016年05月02日

そこにあるのは音楽、新潟市Live Bar Mushにて。

ホーム、Mushにて。
僕が数年前に地元新潟でワンマンライヴをやり始めた時に、
当時から歌っていた某曲のタイトルをそのままシリーズライヴのタイトルにつけた。
今となっては各ライヴに名前をつける必要は特にないのだが、
ここMushで行うライヴだけはそのままシリーズを更新していこうと思うのだ。
なにしろ、これが僕のスタートであり、現在に至っても軸であるから。
「Piano Piano」、「Cafe de Jeane」、「Pan(Mushの前身)」、そして現在は「Mush」。
4つの店を渡って来たシリーズ、
「夜の底で魚になる、第二十四夜」

今夜もたくさんの方達が足を運んでくれた。
ありがとう!!

毎月同じハコでやり続けるというのは、
ミュージシャン本人の強い意志とお店の理解・サポートが不可欠である。
正直、生半可ではできない。
そして、何よりこうして毎月足を運んで聴きに来てくれるお客さんがいる。
常に新しいお客さんもやってきてくれる。
普通のことのようで、全然普通ではない。

僕は新しい自分として毎月歌う、弾く。

先月よりも確実に進化してこのステージに立たなければいけない。
一ヵ月でどこまで先に進んだか?
その挑戦は永遠に続く。
僕がミュージシャンである限り。
つまりは生きている限り。
気が遠くなるけどね。
自分で選んだ道だから。

僕はこの店で、このシリーズで、
最も多くのことを学んできた。
とことん鍛えられてきた。
へこたれても、へこたれても、先へ先へ進んだ。
お店が肩を支え、背中を押してくれた。
お客さんが僕の音楽を常に求めてくれた。
再度、ありがとう。


僕がMushでやる時のライヴは独特だ。
特別といってもよい。
少なくとも他所とは決定的に違う。
僕はその色あいがとても好きだ。

ここではこざかしさは要らない。
というよりも、そんなものは聴衆に求められていない。
お客さんはただ❝音楽を聴きに来る❞。
音楽の持つ効力をもらいに来る。
ただそれ一点のみ。
僕は演奏することだけに集中する。
逆に言うと、ここではそれに集中するだけでよい。
お客さんはそれを聴く。
過度な演出もMCも必要ない。
ただ、その日にしかできないリアルな演奏をすること。
求められるのはそれだけだと思う。
演者も客も真剣勝負。
この感じ、緊張感。好きだな。

盛り上がるライヴとか、ゆるゆるリラックスのライヴとか、
僕の中でも色んなライヴがあるんだけど、
最初から最後までじっと2時間強、
お客さんがここまで音楽に集中して聴き続けてくれる店って他にないような気がする。

それも、お店の音楽に対する向き合い方の表れなんだろうな。
愛情が硬派なのだ。
ここは純然たる音楽のハコだ。
たまに、音楽にのめり込みに来てください。
ここではそれができるよ。
気持ち良いと思うよ。
色んな事に疲れた時って、生の音楽は効くよ。

来月はMushではワンマンお休みして、
ゲストを迎えた2マンライヴを2本やります。
お楽しみに。


IMG_2153



IMG_2146



IMG_2163




ロックスター(誰も笑ってくれないので俺は言い続ける)が、
タッパーに詰めた手作り弁当の写真をブログに上げてはいけない。
それも自ら詰めた弁当なんてもってのほか。
それに、スターが息子の自慢話なんてするのはタブーだし、
その息子は今日が遠足で、
お弁当に詰める唐揚げをどうしても作ってあげたくて、
深夜1時に鶏肉を揚げた話をライヴのMCなんかでしてはいけないし、
詰められた弁当を見て自分も無性に弁当が食べたくなってはいけないし、
当然ながらそれを自ら作ってはいけないし、
海まで行って一人でタッパーの弁当を食べてはいけないし、
その海だって玄関を出て2分の海だし、
日本海岸なんて今や黄砂が吹き荒れるシーズン真っ只中だし、
わざわざそこまでして外で弁当を食べるなんて痛々しいだけだし、
とにかくそれはロックスターのやることではないのだ。
スターであることは、
ロックであることは、
なにかと色々大変なのだよ。


IMG_2132



IMG_2141



ざまあみろだ。
美味かった。
たまにいいな、マイ弁当ごっこ。
ていうか、一人ピクニック。


 


kumagaimakoto1972 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック ライヴ徒然 

2016年05月01日

非連休的。

大型連休の一部を人並みに休日にして過ごそうと決めたわりには、
連休的な喧噪をできるだけ避けて過ごしている。
渋滞、行列、これだけは永遠に断固辞退。
どうでもよい話だ。

結局休むと決めても自宅で作業を進める。
心身が凝ってきたら散歩兼、探検兼、パトロール。

 **

◆5/2  新潟市 Live Bar Mush
       『クマガイマコト 夜の底で魚になる、第二十四夜』
        予約2,500円 / 当日2,800円(ドリンク別※要オーダー)
        19:00 open / 20:00 start
       【問合せ/予約*Live Bar Mush】
        📞 025-201-6364
         ✉ livebarmush@pony.ocn.ne.jp

      明日は復帰。
      ホームMUSHマンスリーライヴ、二十四夜目。
      (ちなみに来月はMUSHでのワンマンライヴはお休みします。)



◆5/3  長岡市 たつまき堂
       『クマガイマコト LIVE 』
        20:00 start

      そして明後日は長岡へ。
      GWのたつまき堂で「飯」と「音」のコラボ。
      よこさわ原点回帰米(無農薬、無化学肥料コシヒカリ)を
      お好きなだけ食べてください。
      おかずの持ち込みは大歓迎。
      連休夜の夕食音楽会でわいわい楽しくやりましょう。

       ———————
       【たつまき堂の夕飯献立◆食べ放題 &飲み放題 1000円】
        *神農三年番茶
          (奈良自然栽培)
        *紀州自然栽培うめ干し
          (店主自家製)
        *原点回帰米
          (無農薬.無化学肥料コシヒカリ)
        *ヘンプオイル.ナッツ
          (オーストラリア産)

        ※その他たつまき堂で取り扱い中の美味しいごはんのおかずを数品用意します。
        ※持ち込み「おかず」も大歓迎!
       【オマケ】
         食後のオーガニックコーヒーも
         飲み放題になります。

 **

俺ジョギング、おまえ自転車。
レッツゴ―。


IMG_2054



西欧風のタイル画も悪くない。


IMG_2058



IMG_2076



IMG_2100



IMG_2108



IMG_2088



町を歩けばお花がとっても綺麗。


IMG_2115




IMG_2116



IMG_2117



IMG_2118



IMG_2121



IMG_2125



 


kumagaimakoto1972 at 18:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック 日々徒然 | ライヴ徒然

2016年04月30日

靴語、84。

ここまできたら自分に命名。
アイアム、「スエーダー」。
スエードの靴ばかり出してくるから。
(※出してくるだけで履かない)

昨日見つけてきた物だが、
色褪せ(色焼け)、斑点シミなどにより、
非常に質の高い靴にも拘らず商品価値は失われ、
恐ろしく低い価格で放出されていた。
まあ仕方ない。この状態ならば。

そして、スエーダーによって救出された次第である。
めでたし、めでたし。

チぺワのワラビーブーツで、靴自体はとても素晴らしい出来だ。
スペインで作られている。
イングランドやアイルランドで作られるオリジナルの物よりマテリアルも作り込みも重厚である。
分厚いし、ごついし、大味だ。
ワラビーもアメリカンブーツのブランドが作るとこういうテイストになるんだなぁ、なんて妙に感心する。
そしてスペイン人はどんな靴でも作る。感心する。


赤みたいなビビッドカラーのスエードは順当に褪色する。
これを防ぐことももちろんこまめな補色手入れである程度可能なわけだが、
でもまあ基本的には色褪せるものだと思って付き合ったほうが自然だと思う。
それもまた味なわけだし、自然に逆らってまでこだわる価値があることなど宇宙には何一つない。
赤いスエードは、色褪せるのです。


IMG_1965



IMG_1964



かなり色が抜けている。斑点もいっぱい。
でもこれは自然な褪色というよりも、ただの日焼け事故である。
おそらく店頭でこうなったんだと思う。
右と左で褪せ具合が違うし、甲部分だけ偏って焼けてムラになっている。
うっかりミスだね。残念。

こんなのは基本治らない。
この靴だけのために赤色のスエード用補色スプレーを買ったりしない(他での使い道がまるでない)。

でも俺はチャレンジする。
なぜならば、
俺はスエーダーだからだ。
ふっふっふ。


ブラシ&消しゴム。片足5分。
たった5分と思うなかれ。
やってみれば分かる。
5分スエードブラシをかけ続けたら腕が死ぬから。


(左)ブラシ前、(右)ブラシ後


IMG_1974



俺の手にかかれば補色せずともこれくらいにはなる。
なぜならば俺は、
ス・・・、ふっ。まあいい。


両方やった。


IMG_1977



IMG_1980



まずまず蘇る。


この油汚れは結構厳しい。


IMG_1966



これくらいでかんべん。


IMG_1981



スエード消しゴムも赤く染まる。
汚れを吸着させるのがこのゴムの役割なのだが、染料も一緒に移った。


IMG_1971



インソールもワークブーツ的なしっかりしたものが入っている。


IMG_1967



いや、本当。いい靴ですよ。
チぺワはやっぱり結構好き。


IMG_1984



IMG_1986



 
さて明後日はホームで歌います。

◆5/2  新潟市 Live Bar Mush
       『クマガイマコト 夜の底で魚になる、第二十四夜』
        予約2,500円 / 当日2,800円(ドリンク別※要オーダー)
        19:00 open / 20:00 start
       【問合せ/予約*Live Bar Mush】
        📞 025-201-6364
         ✉ livebarmush@pony.ocn.ne.jp

 





kumagaimakoto1972 at 20:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック 靴を愛してやまない徒然 

2016年04月29日

GWの始まりに、新潟県南魚沼市Live Cafe LEONにて。

自分が住んでいる街の友人達よりも頻繁に逢っていると思う。
客席の顔を見て沸き上がる強烈な安心感。
先週も別の店に聴きに来てくれたみんなの顔、顔、顔。
そして今夜初めて聴きに来てくれた新しい顔、顔、顔。
みんな本当にいい顔。
客席を見て思う。
この街で出逢った人達は僕の財産だな〜。
それが嬉しい。だから通い続けたのだ。
そして最後はいつもの店に移動して、いつものように笑い転げるのだ。

ありがとう。

往復200km超。
慣れたな、もう。
行きは温泉があるし、帰りはみんなにエネルギーを満タンにしてもらって帰ってくるから余裕。

今夜は新しい曲と、ずっと昔に歌っていた曲を焼き直したものを歌ってみた。
そのために昨夜は明け方まで、起きてから今日の日中も時間を費やした。
間に合わせて、ステージに上げてみた。
まだ全然体に入っていないし馴染んでいないけれど、この街のお客さんに最初に聴いてもらうことができてよかった(そうしたかったから頑張ったのだ)。

そんな夜。
GWスタート。
僕のGWは半分ライヴ、もう半分は僕も世間の波に乗っかって遊ぶつもり。


IMG_1864



IMG_1886



IMG_1891



IMG_1924



 




kumagaimakoto1972 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック ライヴ徒然 

2016年04月28日

雨の木曜日。

とても落ち着いた言葉の響きがする、雨の木曜日。
黙々と、淡々と、サクサクと、作業に没頭する(予定)。
朝7時に起床した後、二度寝する傾向が最近復活してきたが、
それも深夜の作業が復活したせいである。
音楽を作るのは深夜の時間帯が適していると僕も思うのだが、
いかんせん、僕は元来完全な昼型人間であり、
夜更かしが続くと色んな調子が狂いがち。
太陽が昇っている時間に眠ると少し落ち込む。

ああ、もう午後だ。
時はあっという間に過ぎ去る。
でも急がない。
量より質。
時間量は変わらないが、その中で有効な時間を作ることはできる。
急いでやるとか、休まないとか、眠らないとかではない。
無駄なことをしないだけ。
価値がないことに費やす時間は、人生における最大の損失だと思う。

この歳になると本当にそう思う。


明日は南魚沼市へ。
たぶん、9回目のLEON。
ゴールデンウイーク突入の乾杯をしましょう。


IMG_1795



IMG_1830



IMG_1840



 


 

kumagaimakoto1972 at 12:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック 日々徒然 

2016年04月27日

春が来たら。

黄砂がたくさん飛来した朝。
ホースで水をひっぱってじゃぶじゃぶと車を洗い流し、
ついでに玄関のドアも洗い流すと黄色い濁流が土に吸い込まれていった。

世界が洗い流されたのを見届けて、プランターの花に水をやった。

春が来たらやろうと思ってたこと。
春になればできるんじゃないかって思ってたこと。
春にかこつけて怠けていたこと。
春が来たって何一つ変わらないって判っているけど、
春が来たらやり直せるって信じてみる。
それだって日々を乗り切る魔法になるかもよ。

晴天の日。
Tシャツを買ったり、
人に逢いに行ったり、
音楽を届けたり、
新しい歌に取り組んでみた。

春の風が背中から吹いてくるから。


 **
たまにしか歌わない曲ですが、春なので。
 **

『春が来たら』

春が来たら
お気に入りの靴を履いて
あなたの町へ道草摘みに行こう

春が来たら
寒い冬に凍りついた僕の勇気も
ゆっくりと解け出すよ

春が来たら
大嫌いなあいつのこと
ぜんぶ許して話しかけてみようか

春が来たら
昨日までの僕の罪を
ぜんぶ許して どうか許しておくれ

初恋みたいな風が頬をなでるよ
このまま遠くへ旅に出たら素敵だろう

春が来たら
今度こそやり直せるだろう
そうきっと きっとやり直せるさ

初恋みたいな風が頬をなでるよ
このまま遠くへ僕を運んでくれないか

春が来たら ふるさとに手紙を書こう
春が来たら 彼女に花を届けよう
春が来たら 君に正直に話そう
春が来たら 前髪を少し切ろう
春が来たら あの時の約束を果たそう
春が来たら 新しい歌をつくろう
春が来たら 今度こそやり直せるだろう
そうきっと きっとやり直せるさ
きっとやり直せるさ
きっとうまくやれるさ

(Lyrics by クマガイマコト)

 
IMG_1822



IMG_1817



IMG_1809



IMG_1779



 


kumagaimakoto1972 at 17:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック 日々徒然 | 音楽徒然

2016年04月26日

聴く、触発される、作る。

ジョギング以外、珍しく自宅にいる。
ギターを持って色々やっている。

ツアーから戻って以来、音楽をたくさん聴いているような気がする。
プリンスが一番多いけど。

触発されるとギターを持つ。
触発されたイメージと、自分の内側から出てくるヴィジョンを結合させていく。
ソング・ライティング。

今週末から世の中はゴールデン・ウィーク。
黄金週間って、なんかすごいよな。
名前負けしない日々にしよう。


◆4/29  新潟県南魚沼市 Live Cafe LEON
        2,000円(ドリンク別)
        19:30 strat
 
◆5/2  新潟市 Live Bar Mush
        予約2,500円 / 当日2,800円(ドリンク別※要オーダー)
        19:00 open / 20:00 start

◆5/3  新潟県長岡市 たつまき堂
        入場FREE(チップ制)
        20:00 start
        ※無農薬コシヒカリの食事メニュー有り
         飲み放題&食べ放題で1,000円

◆5/6  新潟市 BAR 3000W
        2,500円(1ドリンク付)
        20:00 start


これ、何回も観ている。
ボスの歌は愛と敬意に溢れているし、ニルス・ロフグレンのギターソロはプリンス本人が降霊したかのようだ。




神戸・仙台・熊本を祈りで繋ぐ山口洋。
阿蘇の山にある自分の家がめちゃくちゃで足も運べてないのに、いつだって他者を想い他者のために生きるアニキ。
音楽とかロックとか、結局全部生き方なんだって俺にいつも教えてくれる人。




いろんなものを勝手に受け取って、それを僕は自分の道の上で焚いていこう。



 






kumagaimakoto1972 at 13:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック 音楽徒然 | 日々徒然