2006年03月21日

全日本スキー技術選手権観戦

06技選1


平成18年3月18-19日 苗場スキー場




3月18日(土)準決勝 4種目、
  19日(日)決勝  2種目
準決勝から佐藤久哉と片山秀斗のマッチレースに
本選初日に転倒した丸山貴雄の猛追。
1種目終了するたびに首位が入れ替わる展開で、
手に汗握る大会となりました。
女子は5連覇を目指す嶺村は準決勝終了時点で
独走状態でした。


06技選2




準決勝ナイター



最終種目の総合滑降(総合斜面)ナチュラルで、
久哉は280点の高得点!
片山が278点を出せば逆転優勝でしたが、
276点で逆転ならず・・・
佐藤久哉の2連覇となりました。

06技選3


優勝した佐藤久哉




映像では伝わらないスピード感、迫力、そして点数の差
を感じました。1度生で観戦することをお薦めします。  

Posted by kumagaya_schiheil at 10:43Comments(1)TrackBack(0)

2006年03月07日

指導員検定(朝里川温泉会場)

正指1_1
平成18年2月24-26日 朝里川温泉スキー場







第一会場 北海道朝里川温泉スキー場で1名が
指導員検定を受検し、見事合格しました。
昨年より検定が一週遅れた事もあり、
雪質がイマイチとの事でたが
そこは北海道、本州とはレベルが違います。

正指1_2


今回のトップ&テール不整地小回りの
バーンは少々手ごわかったそうです。
(写真はテールコントロールのバーン)
毎年検定会場になっていますが、
バーン設定はその年によって変わるのかな?



正指1_3


(合格者は左)




最終日にはキロロスキー場まで遠征、
夜は小樽の街で食とお酒を堪能したそうです。
第3会場(野沢温泉会場に続く)

  
Posted by kumagaya_schiheil at 22:37Comments(0)TrackBack(0)