2016年09月25日

Jリーグ 浦和レッズ×サンフレッチェ広島

苦手な広島相手に3得点を奪い快勝!今年こそ年間勝ち点で首位を奪えるのではないか!?
PK
リザルト

■オウンゴールからレッズが先制
布陣連勝中のレッズはホームに苦手とする広島を迎えた。この試合のレッズは李ではなく高木を、ズラタンではなく興梠を起用した。対する広島は怪我人が多く、ベストメンバーは組めなかったが戦前の予想通りのスタメンだった。

試合はミラーゲームが予想させたがそのようにはならなかった。なぜなら広島は青山と丸谷のボランチがまるでトップ下のように積極的に前へ出てきたからだ。それでもレッズは冷静に後ろからボールを回して普段通りのサッカーを見せた。前半15分には興梠のヘッドでの落としを駒井がパスし、最後は高木がシュートするがこれは相手にブロックされてしまった。さらにレッズはその1分後にも、左サイドからの関根のクロスをフリーの興梠がヘッドで狙うが、ボールをミートできず右に外してしまった。

西川レッズペースの展開だったが広島も前半28分にはウタカが抜け出しペナルティエリア右からシュートを放つが、これは右ポストを叩いた。5試合ぶりに先発起用された興梠は前線でボールを収められないでいた。すると前半30分にペナルティエリア右でミキッチと関根が交錯しPKを取られてしまう。レッズにとって絶体絶命のピンチだったが、サポーターの大ブーイングも影響してか、ウタカはゴール上へと外しなんとかピンチを切り抜けた。するとさらに幸運は続き、前半35分にカウンターから右サイドの武藤がグラウンダーのクロスをゴール前に入れると、これを自陣に向かって走っていた千葉がオウンゴールしてレッズが先制したのだ。こうして前半はレッズが1点リードしてハーフタイムを迎える。

■名誉挽回となる高木の1ゴール1アシスト
CK後半になると広島に攻められ、後半4分に右サイドでミキッチが切り返しシュートを放つと西川が足で防ぎ、さらに茶島のシュートはゴールライン手前で那須がブロックし、得点を許さなかった。すると後半5分に柏木のスルーパスから左サイドの高木の折り返しを興梠が合わせてレッズが追加点を奪う。するとレッズベンチは素早く動き、後半6分に駒井に代えて遠藤を投入し、遠藤を左DFに入れ、右WBに関根、左WBに宇賀神を配した。

この得点で気落ちした広島相手にレッズは後半15分に、宇賀神がロングパスを前線に送るとDFと入れ替わった高木が見事なトラップでボールをコントロールしGKとの1対1から冷静にゴールを決めて試合を決めた。高木にとっては昨年の広島戦でのPK失敗の汚名を返上する1ゴール1アシストの大活躍だった。後半20分にはレッズのクリアが小さくこぼれ球を塩谷にミドルシュートを打たれるが、これは西川がファインセーブで阻んだ。レッズは終盤引き気味になり広島に攻め込まれる場面もあったが、西川が次々とファインセーブを見せ、最後まで得点を許さなかった。こうして3−0でレッズが快勝した。

まさに王者にふさわしい完勝で広島を退けたレッズ。残りの4試合もこのままの勢いで勝ち進んでもらいたい。
整列武藤森脇

kumagayarojas at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!浦和レッズ 

2016年09月17日

Jリーグ FC東京×浦和レッズ

なりふり構わず逃げ切りを図った東京に逆転で勝利。この強さは本物だ!
挨拶
リザルト

■レッズをよく研究してきた東京
布陣前節2位3位対決を制したレッズは3万3千人を超える観客が詰めかけた味スタで東京と対戦した。この試合のレッズは槙野が怪我で欠場し、左DFに宇賀神、右WBに駒井、左WBに関根を起用した。対する東京は出場停止の田邉に代えて橋本を起用した以外は前節と同じメンバーだった。

試合は立ち上がりから東京が前からプレスに来てボールを奪ったらDFの裏のスペースを狙っており、レッズをよく研究していると感じた。前半5分には左DFに入った宇賀神の所を狙われ東にシュートを許すが、これはゴール左に外れた。対するレッズは前半13分に西川からの縦パス1本から高木が走るが僅かに長くGKにクリアされた。さらにレッズは前半24分にも西川のキックから1本から武藤が持ち込み強引にシュートを放つがブロックされ、こぼれ球をペナルティエリア右からズラタンがシュートするがこれはサイドネットに外れた。

CK西川のキックからチャンスをつくっていたレッズだったが、逆に前半36分に西川のキックミスが中島に渡り中島にシュートを許すが、これは西川が弾いて得点を許さなかった。この試合をさばいた高山主審はファウル気味の激しいチャージでも流す傾向にあった。前半37分には左サイドの宇賀神のパスから関根がシュートを放つがGKに弾かれてしまった。こうして前半は両チーム譲らず0−0でハーフタイムを迎えた。

■なりふり構わず守る東京相手に逆転勝利
後半のスタートからレッズは高木に代えて李を投入した。開始40秒ほどでゴール前で柏木が倒されるが審判はファウルを取らず東京がカウンターを仕掛けると、ペナルティエリア内で那須が中島と交錯しPKを取られる。するとこのPKを森重に決められて東京に先制を許してしまう。レッズは後半11分に右サイドの駒井に出したパスが予想よりも後ろに来てしまったが駒井はなんとかスライディングで繋ぎ、柏木がボレーシュートを放つがクロスバーを叩いてしまった。先制した東京は後半13分に河野の代えて丸山を投入し5バック気味になり、早くも守備固めを図ってきた。さらに後半21分には中島に代えて高橋を入れ、なりふり構わず1点を守りに来る。後半24分には簡単にレッズDFの裏を突かれGKと1対1のピンチを迎えるが、これは西川がなんとか防いだ。レッズは後半25分に左サイドからの関根のクロスをズラタンが頭で合わせるがこれもクロスバーを叩いて攻めながらゴールを奪えない。

宇賀神東京はレッズのカウンターを防ごうとボールを奪われるとそのまま倒れ込み、まさになりふり構わない姿勢を見せる。それでも後半32分にレッズはゴールを奪ってみせた。左サイドの関根のクロスをズラタンの後ろで李が見事にヘディングで合わせて同点ゴールを決めたのだ。こうなれば試合の流れはレッズに大きく傾いた。後半40分には柏木のロングパスから右サイドに走り込んだズラタンがクロスを送ると、GKの弾いたボールがDFに当たりオウンゴールでレッズが逆転した。さらに戦意を喪失した東京相手に、レッズは後半42分に右サイドの駒井のクロスを興梠が頭で合わせてゴールした。こうしてレッズが逆転し3−1でタイムアップを迎えた。

なりふり構わず守備を固め時間稼ぎをした東京相手に見事逆転勝利し、2ndステージ首位の川崎が敗れたためレッズが首位に浮上した。この強さは本物だ!
終了1終了2

kumagayarojas at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!浦和レッズ 

2016年09月10日

Jリーグ 浦和レッズ×サガン鳥栖

2ndステージ3位と好調の鳥栖相手に危なげなく勝利した。
CK
リザルト

■前半2点を奪ったレッズ
布陣Aマッチデーが終わりリーグが再開した。2位のレッズはホームの埼スタに3位と好調の鳥栖を迎えた。この試合のレッズはA代表にも選出された遠藤ではなく那須を先発で起用した。対する鳥栖は中盤がダイヤモンドの4−4−2のフォーメーションで、2トップには豊田と2ndステージから新加入したカビルがコンビを組んだ。

試合は立ち上がりから両チームとも球際に激しく来ていた。特にレッズの1トップのズラタンに鳥栖DFはファウルも辞さない程だった。レッズは前半8分に左サイドから槙野が鋭いクロスを送るがGKのパンチングに阻まれた。対する鳥栖は鳥栖は前線から積極的にプレスに来ていた。前半11分に縦パスをレッズDFが見送った所を突きペナルティエリア右の角度のない所から豊田がシュートを放つが、これはサイドネットに外れた。

CK前半24分には左サイドの宇賀神のクロスをズラタンが頭で合わせるが、相手につかれておりシュートは僅かに上に外れた。鳥栖の2トップは動のカビルが裏のスペースを狙えば、静の豊田は前線でどっしりとポストとなっていた。それでもレッズは前半41分に右サイドから細かく繋ぎ、ズラタンの落としを宇賀神が右足でコースを狙ったダイレクトシュートを放つと、右ポストに当たって決まり先制点を奪う。対する鳥栖は前半42分に右サイドからのクロスをカビルが飛び込み至近距離からシュートを放つが、これは西川が弾き得点を許さない。すると前半44分に阿部が最終ラインからドリブルで持ち上がり縦パスを出すと関根のスルーパスをペナルティエリア右で受けた武藤が蹴り込みレッズがリードを2点に広げた。こうして前半はレッズが2点をリードしてハーフタイムを迎える。

■レッズが危なげなく勝利!
柏木後半になるとリードしているレッズが鳥栖顔負けのフォアチェックを見せ始める。後半11分には高木が左45度の位置から得意のフェイントからシュートを放つが、これは僅かに右に外れた。さらにレッズは後半13分に縦パスを受けた武藤がペナルティエリア左で飛び出したGKを引き付けてシュートを放つが、飛び出したGKにブロックされてしまった。レッズは積極的な攻撃で鳥栖に反撃の糸口を与えず、後半17分には高木とズラタンに代えて興梠と李を投入した。

後半33分には右サイドからの関根のサイドチェンジを左サイドの宇賀神がダイレクトで折り返すと李がシュートを放つが、ボールをミートできず右に外してしまった。レッズペースの展開が続いていたが、鳥栖は運動量が落ちず最後まで走り続けていた。後半アディショナルタイムには左サイドからのクロスをファーサイドの谷口がヘッドで合わせるが、これは西川が足でファインセーブを見せた。こうして2−0でタイムアップを迎えた。

難敵鳥栖との対戦を危なげなく乗り切ったレッズ。この調子なら2ndステージを制せるはずだ!
整列挨拶

kumagayarojas at 23:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!浦和レッズ 

2016年09月01日

ワールドカップ最終予選 日本×UAE

審判の酷い判定もあるが、アジアカップに続いてUAEに2連敗するとは…。
FK
リザルト

■本田のヘッドで日本が先制するが…
布陣ロシアワールドカップのアジア最終予選がスタートした。日本の初戦はアジアカップで敗れた因縁のUAEだった。この試合の日本は4−2−3−1のフォーメーションで、左SBには怪我の長友に代えて酒井高を起用し、ボランチには怪我で離脱した柏木に代えてA代表デビューとなる大島を起用した。対するUAEは4−4−2のフォーメーションで、アジアカップでも手を焼いた10番のオマルと7番のマブフートには注意が必要だった。

埼スタ試合はアジアカップで課題だった引かれた相手に対する答えとして、日本はボランチの大島が積極的に前に出て攻撃の人数を増やしていた。日本は前半11分に右サイドからの清武のFKをファーサイドでマークを外した本田が頭で合わせてワールドカップ予選7試合連続となるゴールを決めて先制し順調な立ち上がりだった。その後もは日本ペースで、前半18分には縦パスから岡崎がペナルティエリア左に走り込みシュートを放つが、これはゴール上に外してしまった。

すると前半20分にゴール前でUAEにFKを与えると、ハリルの直接FKは西川の延ばした手に当てるが勢いがあって防ぎきれずクロスバーの下に当たって決まってしまった。これで引き分けで構わないUAEは息を吹き返した。引いて守るUAEに対して日本は横パスが多くて縦に速い攻撃が仕掛けられない。前半26分には左からのクロスを本田がヘッドで合わせGKの弾いたボールを香川がつめてシュートを放つが右に外してしまった。前半41分にはロングボールの処理を酒井高がもたつきマブフートにシュートを打たれるが、これは西川が弾いた。対する日本は前半44分に左サイドからのクロスを酒井宏がヘッドで合わせるが、これはGKにキャッチされてしまった。こうして前半は1−1のままハーフタイムを迎える。

■まさかの誤審でUAEに敗れた
CKすると後半まさかの展開を迎える。後半7分に低い位置で長谷部がボールを奪われてピンチを招くと、ペナルティエリア内でアルハンマディを日本選手が囲んでいたが苦し紛れに倒れるとまさかのPKを取られてしまう。するとこのPKをハリルにパネンカで決められてリードを許してしまった。後半12分には酒井高の低く速いクロスに清武が飛び込むが僅かに合わなかった。さらに後半15分にはクロスを岡崎がヘッドで合わせるが、これもGKのファインセーブに阻まれてしまう。

日本は後半17分に清武に代えて宇佐美、後半21分に岡崎に代えて浅野、さらに後半30分には大島に代えて原口を次々と投入し、攻撃を活性化する。しかしカタール人主審の不可解な判定で日本のファウルを取られたり、明らかな時間稼ぎのUAEに注意も与えずイライラの募る展開が続く。そして後半32分に最大の誤審が生まれる。右サイドからの酒井宏のクロスを本田がヘッドで折り返し浅野がシュートすると、GKがゴールイン後に掻き出すが判定はまさかのノーゴールだった。日本の抗議は実らず時間だけが過ぎていく。アディショナルタイムには浅野がスピードで裏に抜け出してシュートを放つが、これもGKに防がれてしまった。こうして1−2でUAEに敗れてしまった。

これまでアジア最終予選で初戦を落としたチームが予選を突破した例はなく早くも崖っぷちに追い込まれたが、まだ予選は始まったばかりだ!日本が歴史を塗り替える覚悟で戦ってもらいたい!!
試合終了1試合終了2

kumagayarojas at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!日本代表 

2016年08月06日

Jリーグ 浦和レッズ×湘南ベルマーレ

ホーム500試合目となる記念の試合でレッズは4点を奪い大勝した。
CK
リザルト

■167cmの関根がGKと競り合いゴール
布陣前日五輪でナイジェリア相手に4−5で敗れ試合を引きずりながらもひさびさに埼スタでレッズ戦を観戦した。オリンピック代表で遠藤と興梠が離脱中だったが、那須と高木がこれまで同様起用された。対する湘南は高卒新人の神谷をボランチに起用し、右MFに俊足の高山を起用した。

試合は立ち上がりにいきなり動く。前半8分にGKの西川のキック1本で一気に裏を突くと、飛び出したGKに競り勝ちなんと関根が頭でゴールを決めたのだ。身長167僂隆愃にとっては五輪落選の悔しさを晴らすゴールとなった。さらにレッズは前半16分に槙野の裏へのパスから左サイドを宇賀神が抜け出しクロスを送ると、武藤がピンポイントで合わせヘディングシュートを放つが、これはゴール左に外してしまった。

CK先制したことでレッズがパスを回し優位に試合を進めていたが、前半29分には大槻が戻して神谷に鋭いミドルシュートを許すが、これは僅かに枠を捉えなかった。すると前半42分に左サイドからの柏木のクロスに李の前でDFがスライディングでボールをカットするが、これが武藤へのパスとなり、武藤がフェイントでGKを倒して余裕のゴールを決めた。前半44分に三竿の縦パスから左サイドの菊池に深い位置まで侵入され西川が出るが折り返され大槻に倒れ込みながら合わせられて失点してしまった。こうして2−1でハーフタイムを迎えた。

■武藤の2得点でレッズが大勝
宇賀神後半、レッズは先制点を決めた関根に代えて梅崎を投入する。レッズは後半も前から積極的にプレスに行き試合の主導権を握っていた。後半10分にはロングボールから相手がかぶった所を武藤が縦に仕掛けシュートを放つがゴール上に外してしまった。後半18分にはレッズのCKにGKが出るもボールに触れず、流れてきたボールを槙野が腿でトラップして素早く蹴り込みリードを広げる。

レッズの一方的な展開となり、後半37分には槙野からの縦パス1本で裏を突いた宇賀神がペナルティエリア左からシュートを放つが右ポストを叩いてしまった。それでも後半44分に右サイドからのマイナスの折り返しを武藤が後ろ向きで受けると、ターンして左足でゴールを決めた。こうして4−1でレッズが大勝した。

五輪のショッキングな敗戦を振り払う気持ちのいい大勝でホーム500試合目を飾った。
終了挨拶

kumagayarojas at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!