1999年08月25日

歩いて本州最北端26〜大間崎まで。そして

 とうとう完結ですね。当時の日記だけだと言葉足らずだったりするので(失礼な表現もままあるし)「4年後の追記」を地道に更新するつもりです。
 目的地である大間崎まで無事辿り着けたわけですが、旅じたいはもう少し続きます。その残りの数日も、時期を見てアップします。

1999082526日目
 バスの待合室最高。もう大間崎までちょっとだと思っていたら、けっこうある。途中でコンブ漁の人がアクエリアスくれる。なんとか9時ぐらいに大間崎到着。大雨注意報が出てるはずだが、津軽海峡は晴れわたり、北海道がよく見える。大間崎でみんなに手紙を書くが、多くて大変。途中で自転車の青木君と話し込んで14時をまわる。急いで港に向かうが、けっこう遠い。コンビニでごはんを食べ、郵便局でお金を下ろしていたら、出発ジャスト。1時間ちょいゆられて函館。函館港からバスで駅まで。特急に乗って室蘭。室蘭から港に行ってフェリーに乗る。風間浦村→大間村→函館市→室蘭市→?  

Posted by kumagazine at 23:45Comments(0)TrackBack(0)

1999年08月24日

歩いて本州最北端25〜風間浦村まで

1999082425日目
 いつもより遅く起きる。ちょっときつい朝ごはんを食べて、小雨の中を佐々木さんの奥さんに、昨日のお風呂まで送ってもらう。なかなか歩けない。町外れのサークルKでさっそくパンを食べる。バスの待合室ごとに休憩する。雨足が強くなる。本州最北端の駅おおはたで函館のサイクリストと話し込む。雨の中、木野部峠を越える。下風呂温泉まではとにかく歩いて入浴。さっぱりするが、出たら嵐。その中とにかくスパーまで歩いて夕食。さらに寝るところを探してひたすら嵐の真っ暗な海岸線を、波の音を聞きながら歩く。桑畑のバス待合室でひといき。いよいよ明日は大間崎か。むつ市→大畑町→風間浦村  
Posted by kumagazine at 23:40Comments(0)TrackBack(0)

1999年08月23日

歩いて本州最北端24〜むつ市まで

1999082324日目
 泊中でも眠れない。朝早く物見峠を越え白糖地区へ。東通村入り。NTT DoCoMoのアンテナで仮眠して、冷水峠へ進路変更。むつ市の湯〜とぴあ苫生で消防職員の佐々木さんと知りあい、家に泊めてもらう。六ヶ所村→東通村→むつ市  
Posted by kumagazine at 23:39Comments(0)TrackBack(0)

1999年08月22日

歩いて本州最北端23〜六ヶ所村まで

1999082223日目
 昨日昼寝しすぎたかあまり眠れない。三沢市北部を歩く。防砂林や原野の中を続く道が多くなる。朝からお金がないのでお菓子しか食べられず、今日も暑く辛い。六ヶ所村入り。途中で道を間違え痛い。手紙投函。たまたま日曜も下ろせる郵便局があったのでお金を下ろすがストアがない。いよいよ大間崎まで100kmを切る。六ヶ所村の泊を目指すがけっこう遠い。それでも頑張って暗くなるまで歩いて辿り着く。泊中学近くの料理屋でうに丼1500円を食べる。高い。中学校で寝る。三沢市→六ヶ所村  
Posted by kumagazine at 23:37Comments(0)TrackBack(0)

1999年08月21日

歩いて本州最北端22〜三沢市まで

1999082122日目
 寝不足。とりあえずフェリー埠頭は離れたが、眠いので八戸港内の立派なバス停で寝る。単調な工場地帯を抜けると、クーラーのような風。海が近い。百石町の工業団地の先の海岸でまた寝る。今日は特に進まない。海側の防砂林を抜ける道は、交通量も少なく気分がいい。三沢市鹿中の公園でまた寝る。結局淋代海岸でもまたのんびりし、六川目小学校で寝る。お金がない。八戸市→百石町→三沢市  
Posted by kumagazine at 23:35Comments(0)TrackBack(0)

1999年08月20日

歩いて本州最北端21〜八戸市まで

1999082021日目
 トラックの音がうるさくて眠れない。だらだら起きて、だらだら歩く。すぐに青森県入り。道の駅さんのへで道南バイカーの人と話し込む。南部町で手紙出す。暑くてしんだくて全然進めない。名川町、福池村と休み休み抜ける。福池村で入道雲があまりに素敵だったのでビールを飲んだら、いきおいでラーメン屋に入ってしまった。いよいよ八戸市に入る。銭湯を探してたらすぐあったので入浴。5日ぶり。コインランドリーを探しつつフェリーのりばに向かう。けっこうしんだい。4度目のごはんを食べる。すぐコインタンドリーがみつかる。そこからフェリーのりばが遠く、しかも若者のたまり場。寝る。二戸市→青森県三戸町→名川町→福池村→八戸市  
Posted by kumagazine at 23:34Comments(0)TrackBack(0)

1999年08月19日

歩いて本州最北端20〜二戸市まで

1999081920日目
 4時台に起きて出発する。休み休みながらも順調に進む。十三本木峠がR4の最高所らしいが500mくらいで拍子抜け。ごはんも食べずに(というか店がない)どんどこ進んで小繁で朝食。笹目トンネル入口でいったん午睡。小鳥谷を抜け、一戸の子守辺りでまた昼寝。ペースが早い。夕方とうとう二戸市入りする。親切な戸来道雄さんにいろいろ頂くが、重いので捨てたりあげたりする。とんでもない奴。とにかく青森入りしたかったが、かかとのマメが予想以上に痛く、暗くなるまで歩いてあと2km手前でダウン。電車の橋の下で寝る。岩手町→一戸町→二戸市  
Posted by kumagazine at 23:04Comments(0)TrackBack(0)

1999年08月18日

歩いて本州最北端19〜岩手町まで

1999081819日目
 やはりなれない場所での野宿は緊張してよく眠れない。早朝から通勤ラッシュにかけて盛岡市内中心部を歩く。岩手山が綺麗だが噴火のおそれもあるのだそう。晴れると遠くの山なみが綺麗。滝沢村に入ると農場や牧場が広がっていた。冷たいものをバカスカ飲む。盛岡市内で手紙出す。あまり晴れていすぎてもペースが落ちる。玉山村は石川啄木が生誕の地らしいが興味ナッシング。休み休み。なんとか岩手町に入る。寝床を探すまで歩き続けるがなかなか見つからない。沼宮内を通り越し珍珍珍で高い夕食。川原木のバス停に落ちつくが、かなりうるさい。盛岡市→滝沢村→玉山村→岩手町川原木  
Posted by kumagazine at 23:03Comments(0)TrackBack(0)

1999年08月17日

歩いて本州最北端18〜盛岡市まで

1999081718日目
 あまり眠れていない。花巻市入り。宮沢賢治の碑を無視。空港の駐車場トイレで洗顔。手紙投函。石鳥谷町の八幡小学校で洗濯&昼寝。変な子供につきまとわれる。暑くて前に進めない。紫波町から矢巾町へ。コーラ2リットル飲む。盛岡入りしてすぐのプレハブ展示場で寝る。北上市→花巻市→石鳥谷町→紫波町→矢巾町→盛岡市  
Posted by kumagazine at 23:01Comments(0)TrackBack(0)

1999年08月16日

歩いて本州最北端17〜北上市まで

1999081617日前
 神社は快適。でも疲労限界で前に進めない。水沢市へ入る。朝食抜きのまま胆沢城跡に行き手紙を書いて昼寝。郵便局でお金を下ろしてやっとごはん(おにぎり落とす)。あんまり歩けない。手紙を書く。北上市のわが川大橋でアヒルちゃん発見。いすゞの営業所で寝る。前沢町→水沢市→金ヶ崎町→北上市  
Posted by kumagazine at 23:00Comments(0)TrackBack(0)