2008年01月28日

自動車デザイン退行戦

 今さらですが、街を走っていて思うこと。
 中国車とか韓国車のデザインをして、他メーカーのパクリだと指摘するのをよく見聞きするんですが、最近の日本車も五十歩百歩だと思いませんか。

 特にデミオとか、インプレッサとか、ギャランとか。

 いっそのことデザインだけ、プジョーなり、BMWなり、アルファロメオなりへ外注すればいいのに。一時期、現行マーチやキューブが出た頃って、日本車デザインにも見るべきものがあったように思うんですが、最近なんかあったっけかな?

 世界で勝負しようとすると、どうしてもヨーロッパ車のデザインを拝借する傾向にあるので、もはや日本独自規格の軽自動車くらいにしか、日本車から面白いデザインが生まれる土壌ってないような気がするのです。あと商用車。

 というわけで、クルマがもてない三十路男のひがみでした。

 ちなみに今、ガソリンの暫定税率をどうするか騒がれているどさくさに紛れて「ガソリンを値下げすると環境負荷が高くなる」なんていうトンデモ反論が飛び交ってますが、そんなこと言う前にアイドリングストップ機構の取付を義務化するとか、銀座や赤坂で二重駐車している客待ちタクシーを全部デストロイするとか、燃費に応じた自動車税制に変えるとか、いっぱいやりようがあると思うんですよね。一部私怨ですけど。

 みんなアルトバンみたいなのに乗ればいいと思うよ。  

Posted by kumagazine at 22:23Comments(0)TrackBack(0)