2007年11月03日

荷担

 先日、実家のおかんから「知り合いからのお願いなんだけど、こっちは売り切ればかりで手に入らないから、東京で2冊買って」と頼まれていた雑誌『Tarzan』497号。マガジンハウスの在庫にナシ、Amazonのマーケットプレイスでも3000円近く高騰、となぜかプレミアが付いている。為末大が表紙で、特集一覧を見ても、なぜこの号だけが売り切れるのかよくわからない。

 ともかくそんな入手しにくいものを、東京にいるからとはいえ、この多忙極まるジェットセッター(最後に飛行機乗ったのいつ?)に探させる神経が許せなくて、放置してました。
 が、その話を聞いた心ある方が神保町の本屋を何軒もまわって、中古本を探し当ててきてくれたのでした。

 したらなんのこたねえ。
 知人というのは嘘で、うちの兄貴。で、この号にはアムウェイのタイアップかなんかが載っているらしく、こぞってディストリビューターが買いあさっていただけの話でした。

 買ってきてくれた人に、本当に申し訳が立たない。自分も、自分が嫌いな企業の活動に知らず荷担したかと思うとやるせない。

 ところで雑誌は1クォーターに1回くらいアムウェイ特集組むと、絶対売り切れ間違いなしじゃない? 学会映画みたいですな。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kumagazine/51109532