くまぐす音楽館2

ディーリアス:組曲《フロリダ》

 

フロリダ。スペイン語で「花の饗宴」を意味するアメリカ最南端のこの土地に、ディーリアスが故郷のイギリスからやってきたのは1884年、彼が22歳の時だった。父親の命令で、イギリスから農場経営の勉強でフロリダにやってきたディーリアスであったが、肝心の勉強はそっちのけで、近くの町の音楽教師の影響もあって音楽三昧の生活を送り始める。たまに農場に帰ってきたかと思うと、農場労働者の黒人達が歌うのをずっと聴いていたりで、まったく役に立たなかった。あきらめた父親は、今度は彼をドイツのライプツィヒにやり、音楽の勉強をさせることにした。こうして18866月、ディーリアスはアメリカを離れることとなった。

 この作品は、アメリカを去り、ドイツ・ライプツィヒに着いたディーリアスが、かつて暮らしたフロリダの印象を音にしたもので、初演はライプツィヒの地下のビアホール。聴衆は、友人の作曲家グリーグとディーリアスの二人だけであった。オーケストラへの支払は、お金ではなくビールだったという。陽光降り注ぐフロリダを描いたこの作品の初演が、バッハゆかりの厳粛な雰囲気漂うドイツの大学町、ライプツィヒというのもなんとなく歴史の織り成す綾を感じさせる。

 組曲は、4つの曲で構成されており、それぞれ「朝」、「昼」、「夕方」、そして「夜」というようにフロリダの1日を描いている。以下、それぞれの曲を点描風に追ってみたい。

 

第1曲:夜明け~踊り

 朝もやを思わせる弦楽器のトレモロと夜明けを告げるオーボエのメロディーによってこの組曲は始まる。あたりは次第に明るさをまし、やがて南国の太陽が昇ってくる。早起きの小鳥たちがさえずりを始め、あちこちで生命のいとなみが輝き始める。そして、「踊り」(これはいのちの踊りであろうか)と題された、より生き生きとした音楽が続く。フロリダの一日が始まる。

第2曲:河畔にて

 作曲者は、ゆるやかな河の流れを見つめながら何を想っていたのだろうか。ゆっくりとたゆとう最初の主題が去ったあと、ヴィオラで奏でられる郷愁に満ちた主題は、一度聴いたら二度と忘れられない美しい旋律であり、その旋律が少しずつ楽器を重ねながら広がっていくさまもまた深く印象に残る。ディーリアスが遺した数々の美しい旋律の中でもひときわ輝く一項である。

第3曲:夕暮れ~農場のそばで

 夕暮れを表す翳りをおびたチェロの旋律は、次第にその輪郭をあいまいにして、南国の夕方のけだるい気分を表出する。しばらくすると、一日の仕事を終えた農場の労働者たちが、焚火を囲んで静かに踊り始める。踊りは次第に激しさを増し、ついには熱狂的なクライマックスを迎える。そして踊りの終わった後の農園には再び静寂が訪れ、漆黒の闇に包まれる。

第4曲:夜に

 再び、静寂が訪れた夜。第1曲冒頭のオーボエの旋律が帰ってくる。ホルンの吹奏に導かれて、あたりに夜の気配がたちこめる。そして第2曲の美しい旋律が奏され、今日一日の出来事が、まるで夢のようであったかのように、すべてが夜のしじまの中に溶け込んでいく。こうして南国の平和な一日がまるでおとぎ話の本を閉じるようなハープのアルペジオで終わる。

芦屋交響楽団第90回定期演奏会

2018114日(日)

会場:ザ・シンフォニーホール

指揮:松尾 葉子

曲目:

   コダーイ : ハンガリー民謡「孔雀」による変奏曲

   バルトーク : 舞踏組曲

   ラフマニノフ : 交響曲第3 イ短調 作品44

 

 

データをみると約4年振りの芦屋交響楽団演奏会。

西宮のホールは、遠いんですよ。久しぶりにこのオケの

パワーを感じました。迷いの無い打楽器、安定した管楽器。

バリバリ弾く弦楽器。そして、瞬時のギアチェンジで

トップスピードに持っていくトルク。どんな曲でも出来そうです。

勿論、個々のメンバーは、裏で大変な努力をされているのでしょうけどね。

ラフマニノフの3番は、私自身以前に弾いた事があるのですが、

芦響で改めて聴いて、「こんなに難しい曲だったか」と改めて思いました。

ちゃんと弾いてたんだろうか、私。

 

そうそう、前プロで、コンミスさんの横で弾いていた小柄な女性。

メインのラフ3では、何故か欠場。???と思っていたら、

なんと最後に花束嬢として登場。うーん、判らん。。

 

アンコールは、パガニーニ・ラプソディーの第18変奏。

でも、ピアノが端っこにあって、変なバランス。

個人的にはヴォカリーズかなあと思っていましたが、

流石に芦響。最後まで油断なりません。次回は、

また西宮に帰るみたいです。早く、シンフォニーに

戻ってきて下さい。

 

レコード芸術の11月号の読者投稿欄で、レコード芸術のバックナンバーのピアニスランキングでアシュケナージのランクがかなり下だったのを憤慨されている記事を読んで、同じ事を思っている人もいるものだと我が意を得たりという気持ちで一杯になった。最近は、指揮者としての活動が目立つアシュケナージなので、ピアニストというイメージからは少し遠ざかってしまっているが、それでも、音盤に刻んだピアニストとしての実績は、歴代の名ピアニストの中でも際立っている。ショパンのピアノ作品全集、ベートーヴェンのソナタと協奏曲全集、モーツァルトのピアノ協奏曲全集、シューマンのピアノ曲全集、その他にもピアノ曲の名曲では、素晴らしい実績を残している彼が40数位という下位に沈んでいる。選者の皆さん、何を考えてるんでしょうか?

 

一方で、ある選者は、名前も聞いたことのない邦人ピアニストをベスト10に入れている。勿論、素晴らしいピアニストなのだろうけど、レコード芸術なんだから、読者がCDで検証できる状況になければ、選者の独りよがりになってしまう。もう少し、そこらへんの創造力を働かせて欲しいものだ。音楽評論家なら、それくらいの創造力、働きませんか?

 

という訳で、私自身も非常に腹立たしい思いをしたピアニストセレクション特集なのでした。

このページのトップヘ