2009年12月26日

レインブックのボーカル 山本容子さんのミニライブ

pict-SANY2841
レインブックのボーカルで山本容子さんのミニライブが京都であると言うので観て来ました。京都ファミリーの大垣書店は、くまじろうパパの会社の四条通のさらに先〜西に向って4kmほど向こうにあります。奈良ファミリーに比べて貧弱ですが、スイミングスクールがあったりします。その中でも大垣書店は3Fのスペースのカナリノ部分を占める大きな書店+CDショップでした。
 書店の出入り口を塞いで何時もの大垣書店専属白黒弾幕に「山本容子さんのミニライブ」と書かれた前で歌っておられました。曲はオリジナルや童謡をまじえて4〜5曲でしたが、その歌声は流石に“天女”のような歌声と賞賛され続けてきた山本容子さんの生声を初めて聞きましたが、サスガです。この様な場所でも声が伸びて遠くまでも良く通り響きます!澄み切った歌声で日本の心を詩っておられました。
 特に今回は、中日新聞等全国15紙好評連載中の「童謡の風景」「みんなで歌おう」と言う童謡の歌詞とその内容・背景をまとめた本の第2集出版とその連動企画アルバムとして発売されたレインブックのCD「童謡の風景〜みんなで歌おう〜」コラボ企画の発売記念でそのコラボLIVEです。
 童謡のジャンルでは今や第1人者である合田氏の選曲による20曲をレインブックが J-POPとしても楽しめる童謡として音源化!レインブックの前澤ヒデノリさんの編曲により童謡というより歌謡曲として大人も楽しめる楽曲になっています。ちなみにジャケットデザインの切り絵のジャケットデザインは、村下孝蔵のジャケットデザインを担当した村上保さんだそうです。

[収録曲名]
1.おぼろ月夜(作詞:?野辰之/作曲:岡野貞一/編曲:前澤ヒデノリ)
2.浜千鳥〜ちんちん千鳥(作詞:鹿島鳴秋〜北原白秋/作曲:弘田龍太郎〜近衛秀麿/編曲:村上由紀)
3.ペチカ(作詞:北原白秋/作曲:山田耕筰/編曲:宇戸俊秀)
4.埴生の宿(訳詞:里見 義/作曲:HENRY ROWLEY BISHOP/編曲:前澤ヒデノリ)
5.どんぐりころころ(作詞:青木存義/作曲:梁田 貞/編曲:村上由紀)
6.兎のダンス(作詞:野口雨情/作曲:中山晋平/編曲:前澤ヒデノリ)
 
7.みどりのそよ風(作詞:清水かつら/作曲:草川 信/編曲:宇戸俊秀)
8.故郷(作詞:?野辰之/作曲:岡野貞一/編曲:前澤ヒデノリ)
9.旅愁(作詞:犬童球渓/作曲:ORDWAY J P/編曲:前澤ヒデノリ)
10.椰子の実(作詞:島崎藤村/作曲:大中寅二/編曲:宇戸俊秀)
11.仰げば尊し(作詞:作者不詳/作曲:作者不詳/編曲:前澤ヒデノリ)
12.かもめの水兵さん(作詞:武内俊子/作曲:河村光陽/編曲:前澤ヒデノリ)
                            
13.浜辺の歌(作詞:林 古渓/作曲:成田為三/編曲:前澤ヒデノリ)
14.アルプス一万尺(作詞:作者不詳/作曲:アメリカ民謡/編曲:前澤ヒデノリ)
15.雨降りお月(作詞:野口雨情/作曲:中山晋平/編曲:宇戸俊秀)
16.われは海の子(作詞:作者不詳/作曲:作者不詳/編曲:村上由紀)
 
17.砂山(作詞:北原白秋/作曲:中山晋平/編曲:前澤ヒデノリ)
18.赤い靴(作詞:野口雨情/作曲:本居長世/編曲:前澤ヒデノリ)
19.村祭(作詞:作者不詳/作曲:作者不詳/編曲:前澤ヒデノリ)
20.揺籃のうた(作詞:原白秋/作曲:草川 信/編曲:前澤ヒデノリ)
pict-SANY2843 9/23発売のレインブック「童謡の風景〜みんなで歌おう」〜全20曲入りの童謡満載のこのCDは、シンプルな名曲を色んな世界感で作った手作りの1枚になっています。童謡好きな方も、童謡を敬遠していた方にも、お勧めのCDになっています。容子さんは1日5曲もの歌入れを難なくこなし8/21には完成したそうです。誰も止めることのできない勢いで癒してくれるCDであることを保証いたします!
 この中からは、15.「雨降りお月」や5.「どんぐりころころ」と18.「赤い靴」を唄ってもらいました。
 特にこの「雨降りお月」の事では一番と二番のメロディが違うので良く聞いて欲しいとおっしゃってました。本当は、一番は「雨降りお月さん」と言う曲と、二番は「雲の陰」という曲をつなげているそうです。違うきょくだったんですne〜!??だったら似すぎじゃないの?
 「どんぐりころころ」は桂三枝師匠の創作落語で可愛い4番まであることを知りましたが、ここでは2番までです。どじょうさんは雑食だから。。。とこちらでは不気味な話になっています。
 「赤い靴」はナレーションもされて、この詩の背景が語られます。この歌は実在のモデルがある唄だそうです。女の子の名前は岩崎きみちゃん〜孤児院の牧師さんに連れられて異国へ行くお話の詩だったそうですが、重い病気を患い日本で亡くなったそうです(涙)。。。
 童謡といえ日本の愛唱歌集はこうして聞くと素晴らしいものばかりです。桂三枝さんの創作落語「赤とんぼ」や今回の「童謡の風景」を知って深く感じ入りました。
 最後にくまじろうパパも好きな「赤い鳥」の「翼を下さい」を唄ってもらいましたが、今年聞いた本家の山本潤子さんにも負けないほど良かったと思います。
o0320024010353845569
“天女”のような歌声が魅力のシンガー山本容子と
サウンドクリエーター前澤ヒデノリによるユニット。
音楽を大切にする大人のためのゆっくり、
ゆったりなサウンドを奏で、美しく、
澄み切った歌声で日本の心をお届けします。

2000年結成。
ユニット名の由来は雨の日に家で本を読むような歌を伝えたいという思いから名づけられた
2008年3月5日「千本桜」でメジャーデビュー!
「千本桜」はヴォーカル山本容子の生まれ故郷、新潟
小千谷市にある山本山を千本の桜で彩りたいという
植樹の会の人々の思いにふれて生まれた楽曲。
故郷や家族、大切な人への思いや願いを「千本の桜」
に込めて綴られた心温まるナンバーです。

 30分足らずの短いLiveでしたが、伝説の“天女”のような歌声が魅力のシンガー山本容子は本物でした。最後にレインブックのCD「童謡の風景〜みんなで歌おう〜」を2400円で買い、サインと握手をしてもらいました。ありがとうございました。今度はレインブックのオリジナルCDも手に入れたいものです。

ニックネーム:容子
性別:女性
誕生日:1月24日 雪の降る夜
血液型:生粋のO型
出身地:新潟生まれ 東京育ち
飼い犬:元気な元気なダルメシアンの♂
自己紹介:
お茶をしたり、大好きな街をぶらぶらしたり、家でDVDを観まくったり、くつろぐ事が大好きです!



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kumajiroupapa/51766291
 
WEZARDのクリスマス企画 2009!映画 『2012』 (ネタバレ)