2008年03月25日

週末は東京まで

行く用事あったので当然の如く秋葉原行ってます。

結果。
48f2_01





・ハセ1/48 F-2セット
・エヴァ量産機 GK
・他別売りデカールやらゴチャゴチャと。

F-2といえば何は無くとも対艦ミサイル4発。ウェポンセット値上げになる前に買っておこう、という訳で確保しておきます。
…タミヤの48F-16発売の時には高くない?とか思ってたけど、結局武装込みだとなんら価格変わらないんですよね。最初から揃ってるのと後はご自由に、というの、どちらがいいんだろ?

ウェポンセットにはAAM-4も6本入り。AAM-3はF-2にも入ってるから余る。プラッツのF-2用デカールも以前確保してあるからキットのは使わない。
48トムはD型のキットからB型作ってるからシート等のD型パーツはある。B/D型エンジン用ノズルも開閉1個ずつなら余ってる。中古屋で見つけた格安の48のA型をどうしようか悩んでた。
ここまで条件揃えば日の丸つけた空自仕様のF-14J作るしかないでしょう。妄想はいくらでも膨らみますヨ(^^;


エヴァはかつて海洋堂から発売された谷明氏原型のもの。eva05_01







eva05_02eva05_03





映画本編の作画参考にも使われた、とのコトなので劇中で暴れてた奴そのものです(逆?)。
その後量産機のGKやプラモ等色々出たけど、間違いなくこのキットが一番カッコいい。量産機といえばコレ、という位インパクトが強いものでした。
当時は勿論?入手できなかった。まだ中学生だっただけにGKの価格は簡単には手を出せないものだったし、GKそのものが理解できてなかった筈。
バンダイから発売された初代量産機プラモにはあまりの適当さや似てなさやカッコ悪さに失望して。全身切り刻んでパテまみれにした挙句玉砕。
頭部等大改修された2代目のプラキットも脚部は流用で全然別物。出来た範囲で改造して、そこそこ納得した時点でもう諦めました。
エヴァのプラモはあれだけ作ったのに結局満足できる量産機はなかったんだな…とか当時をすごい懐かしく思い出しちゃいましたヨ(^^;
そんな思い出のキットが何気なくショーウィンドウの中に。しかも定価の半分以下。ほぼ即決でした。
恐るべし、秋葉原。







年末に受けた近視矯正手術の3ヵ月後定期健診が今回の本来の目的。
結果は視力両目とも1.5までの回復を維持、経過も問題なし、という事で無事終了。
夜とか疲れてるとき光が眩しく感じる現象はまだあるけど、それは手術上の宿命だから仕方がない。それにしたって気にすれば気になる、程度だから別に気にならないし。…でも映画見に行った時は煩わしいかな?
仮にまた視力落ちても3年以内なら無料で再手術もしてくれるそうで。実際再手術する人も少なからずいるとか。
いずれにしろ視力低下で悩んでる方にはお勧めですよ。


…とか言いつつ15年以上かけてきた眼鏡が無くなると違和感あったり鼻の辺りが寂しくなることも事実。
伊達眼鏡してる時も多かったりします。
kinsi_03






以前使っていた本物の?眼鏡の再利用も含めて現在5つ所有。
薄型レンズの追加料金がないから5,000円位で作れちゃうものもある。もう完全に遊んでますヨ(^^;
今回の遠征でも手前の2つが増加。

メタルフレーム。
kinsi_04





逆ナイロール…て言うんですか、下半分だけの奴。今回勢いで作ったものその1。

セルフレーム。
kinsi_05





逆ナイロール以上に勢いで作った赤セルフレーム。もうほとんどネタです。


以前は一番薄くなるレンズ使うから眼鏡1本で5万円越え、とか普通だったからとてもこんなこと出来なかった。その時の気分で眼鏡も変えられる、というのもイイですね。

どうでもいいけど基本はダークブラウンのセルフレームで、最近は銀縁率高し。
今度基本に戻って黒のセルフレーム作ろうかな?

kumander at 22:13│Comments(0)TrackBack(0)雑記 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔