Zplus

2014年08月10日

Z+ & フォッケ 完成

WFは買おうと思ってた707テム改造パーツが売り切れで残念。
買ったのもボークスのテムジンやら細々したものばかりなのでレポもなし。






Zplus。
z+15
本体は308/307番・つま先だけ337番のロービジ、関節はランディングギア周りをイメージして316番で塗装。
艦載機風?にしたら定番のトムキャッターズのデカール貼って米国海軍機にしちゃいます。
181+182番のほぼツヤ消しクリアー吹いて、ウォッシングしたら完成。
z+_01
我ながらお気に入りだけど、ガンプラはしばらくいいや…






フォッケウルフも完成してました。
fw_05


太った零戦と痩せたフォッケウルフ?
fw_06


kumander at 19:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年07月14日

Zplusその2 & 1/72零戦ドイツカラー

サフ吹きまで完了。
z+_14
来週から塗装開始予定です。順番守れば。





サークルメンバーの日の丸スツーカ見てからいつかやろうと思ってたネタも出来てます。
f0
使用キットは以前MG誌に付属してきたファインモールドの零戦21型。

これも1/72零戦キットの決定版ですね。
パーツの合いも抜群でコクピットやエンジンはタミヤ同等以上の密度。
機銃口やパネルは細かいサブタイプに合わせて選択式、フラップ等は別パーツ、翼端も選択で折り畳み可、といった辺りはタミヤよりも凝ってるところ。

ただ絶対的な組み易さや入手のこと考えるとタミヤの方選んじゃうかな…

コクピット。
f0_02
116番で塗ってドライブラシしただけ。
うっかり筆の根元当てて飛ばしちゃったパーツあるけど…

ほぼピッタリ合うから組立も楽。
f0_03
胴体と主翼の間に若干隙間出来たからテープで引っ張って半ば無理やり合わせたくらい。

塗装からが本番。フォッケウルフのカラーリングにします。
f0_04
使う色・パターンはハセガワの48を参考に。斑点は濃い目に溶いたので一気に描いちゃう方が楽だった。ボケ足は長いけど。
デカールはタミヤウォーバードコレクションのFW190A5のもの使ってます。
日の丸フォッケもその内。

そして完成。
f0_05
違和感ないな…

kumander at 10:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年07月06日

MG Zplus その1

HGで発売されると聞いて作りたくなったZplus。ただ値段あまり変わらないならMG買った方がお得かな、という訳でMG作ってます。
z+_01
…こんなのだったかな?
昔はよく作ってMG史上最高キット、とかも思ってたはずだけど今見るとなかなか微妙な形。

とりあえずHJ誌参考にいじってみます。
z+_02
定番の膝ロールの追加と手足を関節部分で延ばしてみる。
あとはどうにかして頭を小さく見せたいところ。

膝ロール。
z+_07
ジャンクから保持力強めのポリキャップ詰め込んでます。
腿外装は下側にプラ板貼って2.4弍篦垢靴討襪韻鼻後ろ側のパーツと膝の間に元々それくらい隙間あったから実際に伸びてるかは不明。

足首は接続部で2.4弍篦后
z+_08
軸は元から長めだから保持力も問題なし。

腕は上腕接続部にコトブキヤの円形パーツ挟み込んで2舒漫延長。
z+_09
武装は完全な好み。
戦術機の影響でどうしても両手にサブマシンガンタイプを持たせたくなっちゃってる。
コトブキヤの武器セット使ってます。手首もコトブキヤのカスタムハンド。

頭部はスクラッチなんて出来ないから削り込みで行ける範囲内で小型化。
z+_10
前方に向かって絞り込まれてくようにおでこを削り込んでます。
高さも抑えるようにトサカを削り込み。ほほ当て?も下側で短縮。フェイスは顎なんかを削っただけ。若干縦には短くなってるけど基本的にそのまま。
z+_11
首も延長した影響で襟足がスカスカになるから延ばしてます。

気持ち小さくはなったかな…
z+_12


あとはひたすら表面処理。
z+_04
毎度のことだけどここの合わせ目が面倒くさい。
z+_05
バンダイエッジも。
z+_06
縁という縁が分厚いのも気になるし。
この頃のMG作るなら、関節の強度にさえ気を付ければいいだけ、ボークスのテムジンの方が楽…

ミサイルや増槽積んだり垂直尾翼立てたりするのは趣味です。
z+_03
多分この時代でもアムラームは使われてるんでしょう…サイズも1.5倍くらいまで大型化して…

主翼は左右共通のただの板だし本当にどうしようかと思った。72のトム猫から移植しようかと思ったけど、流石にデカすぎるんですよね…
で、結局縁を削ってモールド掘り直しただけ。気にしないのが一番…

表面処理終了。
z+_13
来週からサフ吹いて、塗装開始予定です。
もちろんロービジ。

kumander at 20:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年06月25日

またもや雨

ライAは延期。来週までノンビリマスキングしてく事にします。
それにしても今年の梅雨はホント梅雨らしいな…


Z+の方は表面処理終了。
ピンボケした・・・










バンダイエッジ処理してモールドほぼ全て彫りなおしてヒケ消して…
…絶対ハセテムの方が楽。


ちなみに表面処理終了時の机。
heya_05






これ位散らかります(^^;





…あと数時間すれば四捨五入すれば30か…

kumander at 21:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年06月18日

Z+

またもや雨だったのでZ+進めてます。

写真では全然分からないのが悲しい。





ただ今羽の筋彫り中。
このちょっとヤスリかけたら消えちゃう位やたらと甘いモールドはどうにかなりません?この1面彫るだけで20分以上、すごい面倒。今回半ば飽きて四角モールド*3は角丸めないでそのまま直角につなげちゃったし。
モールド掘るのが楽しい、という風になればいいんですけど。個人的に一番苦手で嫌いのがこのモールド。これからもその意識はずっと変わらないでしょうね…

ちなみに使ってる道具。GK作るときはデザインナイフも動員するけどプラモでは針だけ。
上は今回から本格的に使い出したハセガワ製のもの。持ちやすくて使い勝手もいいけど彫れる線がすごい細い。いつも通りのVR的、太い線(溝?)をクッキリと、いうのにはちょっと向いてないかも(?)それも深く掘ればいいことだし、以前よりもずっと繊細なモールド、という様にも取れますしね。

下のは今まで使っていたもの。筋彫り以外にもピンバイスの当たり付け、ポリパーツ挟み込む際の調節等にも活躍。上の物よりも太くハッキリしたものが彫れるからこれからは適材適所で?あとは使い慣れてる、というのは大きいかも。





…Joelleは好きだしイイんだけど、やっぱりEDは鬼束じゃないと…

kumander at 19:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年06月04日

サイト移転

完了しました。
ブックマークの変更をお願いしますm(_ _)m


…今週末は久しぶりに雨降らなかったのに今度は自分の体調がイマイチ。
サフ吹きは自粛してまた来週まで延ばしました…


寝てるほどではなかったのでZ+は進める事に。
z+_01










一番のお気に入りキットだった筈のZ+でさえ、ハセテムに慣れちゃった今となっては割と厳しい出来かな…
フェイスのノッペリ感とか胸部ダクトのプラモっぽさが気になっちゃって今回はそこも弄ってます。一番参考にしたのモデグラ06.2月号の巻頭特集。
フェイスはモールド掘りなおして各部別パーツ感が出るように色々と削り込み。首も伸ばしてます。ジョイントのボール部切り離して真鍮線で繋ぎ直しただけだけど(^^;
ダクトは正面のプラ厚が無くなるように薄く削り込み。両サイドの胸部オレンジの装甲の形もどうも微妙でしょうがないけどとりあえず放置中。頭部も角付けたらバンダイエッジのせいで角基部と頭部との間に変な段差出来ちゃってるし。その辺を違和感なくカッコよく仕上げられるセンスも技術もないのは悔しかったりしますね。

とりあえずボディーの表面処理まで終わり。既に手足は終わってるので残るは背中の羽の類だけ。
…でもこのキットで一番面倒くさいのはこの先の羽のモールドの掘り直しなんだけど…

kumander at 21:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)