VF-25

2009年02月15日

VF-25 & S2000 UP

3つまとめて上げちゃいます。
25_01ss2000_01s

kumander at 20:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年02月07日

VF-25完成 & ヴァーチェその3

181番の半ツヤクリアー吹いてウォッシングして、塗装完了。
25_48





組み立てて完成です。脚カバー等スナップフィットだから角度で悩むこともなし。アクセサリーもガンポッド吊り下げるだけだからすごい楽でしたね。
25_4925_50





完成してみたら今度はノーズギアが短すぎたか…機体が前のめりで何か変。これは発艦時、ギアをニーニングしてカタパルトに接続する寸前の状態である、と思い込もう…


クリアーの乾燥時間使ってヴァーチェも進めてます。
va-che_12





マスキングして、
va-che_13





いつものように好き勝手塗ってます。これでメインの2色完了。そう遠くないうちに完成するでしょうね。

kumander at 20:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年01月30日

VF-25ファイター固定 その11

デカール貼りおわりました。
25_4625_47





台紙から離れる速度とか糊の強さは良好。柔軟性がちょっとだけ足りない気もしたけど、作業性はよかったですね。
…でも印刷面では疑問。SMSとか背中のスカルマーク等、網目がしっかり見えちゃってる。まさかこういうデザインじゃないですよね?ここはデカール厚い感じでモールドに馴染みにくいし。
あとはコーションマークの類がほぼ無いからちょっと寂しい。
やっぱりこういう所は経験値足りないんだろうな…

kumander at 20:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年01月26日

VF-25ファイター固定 その10

貼っちゃった(^^;
25_45





VF-0のものが1セット余ってたからつい…
背中のスカルマークも勿論貼ります。それと合わせたらうるさくなっちゃうかな?どちらにしろもう遅いけど。

kumander at 20:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年01月25日

VF-25ファイター固定 その9

再開。
各部塗り分けてくためにマスキングします。
25_4025_41





主翼や背中のラインパターンはカラーコピーから切り出したテープをゲージにして。

尾翼・ベントラルフィン・アンチグレア・機種側面の黒ライン等も。
25_42





その他脚収納庫及びベントラルフィンの白帯も改めて白く塗ります。
これにてマスキング完了。

そして塗装。
25_43





・脚収納庫をGX白→316番
・各部黒ラインや尾翼を339番
・タイヤ・インテークシャッターをタイヤブラック
・ノズルのフレームを焼鉄色
・ノズル外装をガンメタ
・コクピット後方を317番で筆塗り
以上で基本塗装終わり。

軽く組んでみました。
25_44





…我ながらこのカラーリングはイイかも(^^;
あとはデカール貼って仕上げ作業。デカールは数少ないから、上手くいけば来週末にも完成までいけるかもしれませんね。






今度スーパーモデラーズが閉店、セールやってるらしいので昨日秋葉原また行ってました。寒かった…
で、
zaiko_11





戦利品はこんな感じ。さすがにあまりめぼしいもの残ってませんでしたね。工具類も値段通常通りだった模様。カーモデルのボディー塗装用に0.5のエアブラシが最近ちょっと欲しい。安くなってたら買おうかな、と思ってたけどそれも断念。
それでもカーモデル40%オフから。フィットとインテグラ格安で確保できただけでも行った価値はあった…かな。

レベル猫は見事に売り切れ。そうなると欲しくなるのが人情?ハセ48トムよりも高いのにヨドバシで買っちゃいましたヨ(^^;

kumander at 20:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年01月18日

VF-25ファイター固定 その8

塗装始めました。
色自体は現用機風の制空迷彩で。ラインパターンはジョリーロジャース風の黒/黄にしたかったけど既にオズマ機がいるから却下。アルト機の黒/赤も赤が嫌いだから却下。
結局ジョリロジャになった直後のVF-103風に黒/白にする事にしました。

デカールは使えないからラインはマスキング。まずはその準備から。
カラーコピーしたものを切り出してマスキングテープに貼り付けて型紙とします。
25_29






上からセロテープ貼って補強したら一応背中に乗せて確認。
25_30






大丈夫そうなのでゲージにしてテープ切り出します。
25_31





黒/白と白だけの2枚分。

下準備も終わったので白塗ります。
25_32





GXカラーで下塗りしたらいつものように316番。脚柱や脚カバー裏等も一緒に。

白も塗れたので早速ラインパターン、白だけをまずマスキング。
25_33





バトロイド時の足首アーマーにもライン有り。ここも一緒にマスキングしときます。

そして機体下面色の308番塗装。
25_34





相変わらずサフと同じような色だからやり難い…

制空迷彩はトム猫風に308/307/337番の3色で。308と307の塗り分けはトム猫風だと機種の上下幅が狭い上に真ん中に黒ラインが入るから、主張しなそうだし塗るのも面倒くさそう。
なのでホーネット風に上下で直線に塗り分け、レドームは塗り分け無しで308番1色にする事にしました。
25_35






307番塗装完了。
25_36






次は機体上面メインカラーの337番。ここもどこで塗り分けるか考えたけど、頭部の収まってるところからクッキリ分けちゃう事に。
25_37





最初は頭部も307番にするつもりだったけど、そこから生えてる機銃パーツを見事に塗り忘れ。そこだけ色が違うのもイヤなのでずれました。

そして337番も塗装完了。
25_3825_39





ほぼ全体に色が付いて大分飛行機っぽくなってきました。完成も見えてきましたね。
…まだ尾翼とかアンチグレアとかベントラルフィンとか塗るところはたくさん残ってるけど。






2つ目到着。値段が値段だけにホイホイ買えないのはキツイ…
rai_07





これで心置きなく作れます…?

kumander at 20:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年01月17日

VF-25ファイター固定 その7

サーフェイサー吹きました。
25_26





グレー1色になると何か落ち着きますね。主翼は特に手を加えてないのでサフは無し、#1,200まで磨いてそのまま塗る事にしたから白いけど。
エアブラシで吹いたの久しぶりだから、溶き加減とか上手くいかなくなってたのがちょっと悲しい。サフの乗り方が足りない所とか逆に垂れるまで吹いちゃったところまであるし。しばらくやらないとヘタになるものなんですね…

吹いてみるとこれといった傷等も無くて手直しは最小限で済みそう。
25_27





ここのヒケが消えきってなかったので溶きパテ盛ってます。あとはレドームの分割ラインが薄くて今にも消えそうだったからそれを彫り直し。サフが垂れたところを削って、それで手直し終了。
今日削ったところはまた缶サフで直して、そうしたら塗装作業入れますね。


最後に悪あがき。
25_28





ノーズギア、仮組みしてみたらタイヤではなくランチバーで接地してる模様。速攻折れそうなので上げときました。

kumander at 18:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年01月16日

P-51 UP & VF-25その6

p51_01s





やっぱりレシプロ機の方が手間かかりませんね。







VF-25も進行中。
機体上面に塗った時パテ削り落としてモールドを復活させます。
25_20





相変わらず苦手な筋彫りだけど、今回は直線ばっかりだったからまだマシかな…
これにて一応組立作業は終わり。あとは塗るだけです。

…と思ってたのに仮組みしたらキャノピーが閉まらない。どうもアルト姫の腕が引っかかるようです。
25_21





結局腕はもとのSV-51のものに戻しました。これなら脇を閉めるようになってるから収まる。サイドスティックも握ってるし最初からこっち使えばよかったな。
ヘルメットがデカイような気もするけど気にしない(^^;

今度こそ作業終了。改めて仮組みしてみます。
25_2225_23





ノーズギアは小さくして位置もずらしたからキットのままよりも大分マシになったはず。
…でもやっぱりメインギアの位置がおかしい…後ろ過ぎて何か気持ち悪いですよ。出来ることならバトロイド時のヒザアーマーの辺から生やしたいんだけど、自分の上ではそれはとても無理な注文。ここは心残りかな。


ちなみに外装ツライチにしたり、モールドほぼ全てを彫りなおした時点で力尽きたので手抜いてるところも多いです。
25_2425_25





機銃のガス抜きスリットやその前方のサブインテーク?を開口してなかったり、翼端灯をクリア化しないで白プラのままだったり、各部アンテナ作り直さないでキットの分厚いままだったりとか。
この辺もスルーで…

kumander at 20:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年01月11日

VF-25ファイター固定 その5

VF-25進めてます。
側面の機銃付いてるブロックとグローブくっつけて、胴体の接着完了。
25_1625_17





例によって隙間にはプラ板挟み込んで瞬着で固定してます。もちろん丸見えのみっともない変形用のヒンジにも埋め込み。

機銃ブロック削ってく時気付いたけど、ここの段差邪魔。これを生かしつつ隙間を無くす、というのはすごい難しい、というか自分の腕ではまず無理(^^;
25_18





結局削り落として他の面とツライチにしちゃいました。余分な段差とか無い方が飛行機っぽくなるはず、という事にして。
各部のマルイチモールドもあそこから再生するのは面倒なので埋めちゃいました。
関係ないけど、主翼付け根の出っ張り、刺さります。あれほど作業しにくいとは思わなかった…

320で荒削りして、ボコボコしてた機体上面は一応ツライチに。
25_19





…まだこれから溶きパテ塗って細かい傷消して、全滅したモールドを復活させて、とやることたくさん残ってるけど。
相変わらずモールド彫るの下手だからちょっと気が重いかな?

kumander at 20:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年01月10日

P-51完成 & VF-25その4

マスタングは46番のクリアーかけてスミ入れ+細部ウォッシングして塗装作業完了。
p51_21





今回全面ウォッシングは無し。日本機との対比のためにピカピカに仕上げた…というのは建前で外が寒くて長時間の作業に耐えられなかった、というのが真実(^^;

そして完成。
p51_22





脚取付用のダボがきつくて上手くいかなかった、後ハメ加工した排気管が最後入らなくて削りまくる羽目になった、アンテナ折った、とかかなり苦戦したけど。
けど完成するとマスタング、やっぱりイイな。見慣れた日本機とはまた違う魅力ありますね。






作りかけだと何か気持ち悪いからライデンの前にVF-25作っちゃう事にします。
25_1025_11





この前のプラ板やパテは削り終わって隙間埋めの第1弾は終わり。

機首側面も合わせ目消したいからここのモールドで割りました。
25_12






垂直尾翼、最初は真鍮線でポン付けで済ますつもりだったけど、やっぱり隙間が気になる。
25_13





ポリパテ盛る事にしました。外側すごい削り難い…

インテークは適当に。
25_14





リップが二重になってて分厚いので上側切り取って厚みをプラ1枚だけに。メッシュのディティールは復活させてません。どうせ黒く塗っちゃうから分からないはず。
下半分もシャッターで塞いだ状態で。さすがにタービンブレードまでは作れません。

その他ギアへの負担減らすためになるべく軽量化。上腕等外装の保持に関係ない内部フレームは組み込んでません。
25_15






垂直尾翼の処理も終わったからこれからグローブ部を胴体に接合。ようやく飛行機の形になりそうです。

kumander at 19:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)