72F-14 アイドルマスター三浦あずさ

2010年10月17日

72痛機 & 隼 UP

今度はこっち。
72ita_01s

haya_01s

痛機、ページがほとんど48のと同じで何か哀しい。
あと初号機と同じ設定で写真撮ったんだけど、パープルの色身は大体合ったと思ったら今度は全体的に暗くなっちゃって。紫は難しい…

kumander at 21:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年09月04日

72痛機 完成 & エヴァ初号機 その6

回線工事終わったんで再開。
それほどの進展は無いけど。

72の痛機はあと仕上げるだけだったんで完成してます。
72ita_46
スーパークリアー3でコートしたらスミ入れして残った所塗り分けて塗装終了。今回開状態のエンジンノズルもエナメル使って筆で塗り分けました。結構はみ出しちゃってるけど。

ようやく完成です。
72ita_47







続けてプラモの初号機も塗っちゃいます。
01_20
手直しした所のサフ吹き→下地の白→オレンジ→アゴ等ライトブルー→ケーブルソケット→緑→赤→本体パープル。
1日でここまで終わりました。相変わらず暑いのは参るけどこの作業性の良さはありがたい。残るは背骨のグレーと各部ブラックの2色。明日にも完成しそうです。

色は基本的に前回の序と共通。本体パープルだけはエヴァカラー入手できたのでそのまま使ってます。
01_21
…でも確かに初号機の色そのものなのに何か違う…
ロボ魂とか序のプラモとか見慣れたからかもしれないけど、色身がかなり薄い感じ。もっと濃い紫の方が好きです。今度また初号機作る時は中間色のエヴァパープル(2)の方使ってみようかな?

kumander at 21:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年07月16日

ハセ72F-14 アイドルマスター その13

ようやくデカール終わりました。

白抜きがずれた所は細吹きしてリタッチ。
72ita_38
後はひたすら貼ってくのみ。
72ita_39

残るは最難関の背中のキャラ絵。厄介な事に72だと尾翼付け根が胴体と一体だから、そのままだとやり辛いんですよね。絶対その盛り上がりで変になっちゃう。
72ita_40
だから分割することにします。まずコピーしたもので実験。

それをもとにデカールこの辺で分割します。
72ita_41

本体貼り終わり。
72ita_42
尾翼にかかる所はある程度密着させたらナイフで切り取ります。ちょっと失敗してガタガタになっちゃったけど。

切り離した左右のも貼って、最難関突破。
72ita_43

…と思ったらリブデカールで失敗…
72ita_44
一番外側、密着してなかったようでリブに馴染ませてる時割れました。
でも幸い髪の所だから、ダークブルー系でリタッチすればまだ誤魔化せそうなのが救いかな…


これで痛機もしばらく乾燥させたら、残るはクリアー吹いて仕上げ作業だけ。来週はWFだから無理として、再来週に完成させられたらいいな。

kumander at 22:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年07月04日

72痛機 その12 & エヴァ2号機 その1

本日も雨。さっぱり進まなくて困ります。フィット君も洗ってあげないとドロドロで可哀想過ぎる…
72ita_36
側面・主翼・尾翼まで終わり。残るは上面のみ…なんだけどまた問題発生。
72ita_37
キャラ絵当ててみたらマスキングがずれてた。顔の左側と腰の辺りが2,3mm白字がはみ出しちゃってる。
これだけは直しとかなきゃダメそうですね。また来週末まで放置決定です。






そうこうしてる内にまた新しいのに手をつけます。
02_01
エヴァ2号機。
"MODE EXTRA"さんで通信販売されてるGK。コレジャナイ感満載のプラモと違って、設定画や劇中のイメージそのもの。素晴らしすぎます。fgで見て一目ぼれして速攻申し込みました。欲を言えばもう1つ状況終了!用に欲しい。WFでも買えるといいけど。

そして早速製作開始。
02_02
大体のゲート処理を終えて中性洗剤溶液に浸かってます。WFまでにはある程度の形にしたいな。

…こちらの作品知ったのプラモの発売後。勢い余って2つ買っちゃったのにどうしよう…

kumander at 22:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年06月19日

72痛機 その11 & エヴァ初号機 その4

デカール貼り開始。
72ita_33
48とは微妙に構成変わってますね。主翼裏面のストライプが全面を覆って白ラインはその上からまたデカール貼るように。

折角マスキングして塗り分けたことだし隠ぺい力も不安だからいつも通りそこは切り抜きます。
72ita_34

機体下面は大体貼り終わり。
72ita_35
グローブのストライプも今回は長さピッタリで手間いらず。
厚みがあるから馴染みにくいけど、糊の強さ等作業性は抜群。こういうデカールペタペタ貼ってくのは楽しい。乾燥時間しだいでは思ったよりも早く終るかも?






初号機も順調に進行中。
01_15
長さ詰めたスネのラインをポリパテで繋げたら手を加える所も終わり。

表面処理も終わって後は塗るだけです。
01_16
…どうせ明日も雨だろうけど。

kumander at 21:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年06月13日

72痛機 その10 & EGシビック その2

塗装終了。
72ita_32
・脚収納庫・脚カバー裏を白
・翼端灯をそれっぽい薄黄色
・エンジン付け根をフラットブラック
・エンジンノズル等を焼鉄色
・主翼前縁・ピトー管等を缶シルバー
これであとはデカール貼るだけです。物が小さいだけ48よりかは楽だろうけど、背中のキャラ絵だけは心配。あの尾翼付け根がどうなることやら…






シビックも同時進行。
eg_02
ボディーの塗装終わりました。
コバルトブルー1:メタリックブルー1、というなかなか豪快な調合指定。タミヤの缶スプレーよりも濃い目でフィット君の"ビビッドブルーパール"にはちょうどいい感じ。

ただ、
eg_03
ちょっとメタリック感が強すぎ。この大きさだとパールと言うよりもラメという感じ。粒子が目立っちゃいますね。もう少しきめが細かかったらもう1台フィット作ったんだけどな。

ツヤはこの位。吹きっぱなしだといつもこんなものだったし、これからクリアー厚吹きして磨いてくんでとりあえずOKです。

kumander at 20:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年06月12日

72痛機 その9 & EGシビック その1

塗装開始しました。まずは白で各ラインやキャラ絵の下を塗って、マスキング。
72ita_27
48と同じくデカールをカラーコピーしたものを型紙にテープの切り出し。

切り出したら背中に貼るだけ。
72ita_28
…なんだけど盛大に合わない。72だと垂直尾翼の根元が胴体と一体だから、そこをうまく避けて貼らないといけないからすごい面倒。切り込みいれてどうにか貼ったけど、絶対に曲がってます、これ。頭部の切り欠きも全然合ってないし、デカール本番の時はどうなるんだろ…

尾翼の方は特に問題なし。
72ita_29
キャラ絵のこと忘れててラインの方しか白くなってない、ということ以外は(^^;
でも極端な話顔の部分以外は透けることは無いだろうからどうにかなるハズ。

主翼・水平尾翼も同じくマスキング終わり。
72ita_30

そして本体パープルも塗装終了。
72ita_31

あとはエンジン回り・脚収納庫関係・主翼前縁シルバー、と言った所。明日にも塗り終わる…かな。






白大量に使ったついでにシビックもリベンジ。
eg_01
前回のは塗装中倒しちゃってピラー2本とも破損、リムーバー使いすぎて表面ボロボロ、と修正は無理そう。もう1種類確保してあるキットからとりあえずボディーだけ拝借することにしました。
成型色が白だったからそのまま塗っても良かったかもしれないけど、ヤスリ跡はやっぱり心配。メタリックカラーだし。完全に今回の白地はキズ消しの方が目的ですね。
72痛機のクリアー掛けの時にこれもまとめてやりたい。それまでに終わってるといいけど。

kumander at 21:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年06月05日

エヴァ量産機 その4 & 72痛機 その8

塗装開始。
eva05_09
頭部~胴体が一体だったり口の中が意外と複雑だったりでマスキングが地味に面倒。

それさえ終わっちゃえば下が白だからどんどん進むけど。
eva05_10
装甲隙間の黒い素体ラバースーツ?はすごい入り組んでるからマスキングはまず無理。エナメルでスミ入れ感覚で筆で塗ってくことにします。
だからこれでエアブラシは終わり。

色自体は口・喉・胸部装甲端はエヴァカラー残ってたからそのまま使用。両刃剣と腕のマーキングは300番台のそれっぽいグレー使ってます。
eva05_11
フィルムブックで確認した所、両刃剣外側は弐号機手首と同じ色。でもエヴァカラーは終わっちゃってから適当に337番で代用。
内側と腕の黒は同じ色にも違う色にも見える。大した手間でもないので違う色にしときました。内側が339番、腕が301番。
両刃剣と一体化されてる右手首をしっかりマスキングするのはこれも無理。大雑把にマスキングした後筆で塗り分けました。多少の筆ムラはあるけどツヤ消しクリア吹けば多分分からなくなる筈。

あとはツヤを消して関節等の黒筆塗りすれば終わり。明日にも完成できそうです。






痛機も。
パテの出番はあったけど機首と胴体の接合も完了。
72ita_24

主翼付け根をちょっと削って後退角広げたら組み立て作業も終わり。
72ita_25

量産機塗るついでにキャノピー枠裏側も黒くしたからあとは塗るだけです。
72ita_26


kumander at 21:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年05月30日

ハセ72F-14 アイドルマスター その7

今日も雨。進められる所だけでも進めます。

いつも問題となる機首の接合。でも今回はそのままでほぼピッタリ。
72ita_22
念を入れて補強しといたのに1本桁を軽く入れるだけで済んでくれました。

そして接着。
72ita_23
これならパテのお世話になることも無さそう。来週末の塗装開始、いけそうです。

kumander at 21:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年05月29日

ハセ72F-14 アイドルマスター その6

今日も雨なんでとても塗装なんて無理。でもそのおかげで破をじっくりと観れたけど。シンちゃんが初号機の所へと走ってく辺りからもうすでにヤバイ。人目が気にならないからかラストはボロボロ泣いてましたヨ(^^;

模型関連は特に進展なし。
72ita_19
インテーク外装を黒い瞬着で補強して可変ランプ等接着したら胴体中身終わり。

上下接着します。
72ita_20

グローブベーン、D型になって可動廃止されたといってもパネルラインそのものは残ってるようで。
72ita_21
幅が狭い上にテーパーがきつい。筋彫りがすごいし難い所なので別パーツになってるグローブベーンをガイドにしました。
あとは機首を接合すれば大体組み立て作業終わり。上手くいけば来週にも塗装入れるかも。

kumander at 21:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)