熊野筆 メイクブラシの簡単お手入れ方法

                   メイクブラシ-miyao
                      
メイクアドバイザーさんからご質問

”ところで、熊野化粧筆は、高いメイクブラシですが、お手入れの仕方で、何年も、使用できて、長持ちすると聞いておりますが、はたして、実際のところ、どうなのですか?私は、私なりに、おていれしていますが、本当にこれでいいのでしょうか?プロの熊野職人さんに、今度は、お聞きしてみたいですね。”

”では、簡単にご説明致します。”


<化粧筆・メイクブラシのお手入れ方法について>
●お手入れの目安は皮脂や汚れが気になり始めたらとなります。

1.毛先部分をぬるま湯に浸し、中性の石鹸・シャンプーで軽く揉むように洗い、すすぎます。
同様に、リンスかトリートメントをすることを、おすすめ致します。
2.指の腹で、根元から毛先に向け水分を絞り、軽くティッシュ等で拭き取ります。
  (櫛を通し形を整えるとよりよいです。)
3.毛先を下に向けて、風通しのよい日陰で乾燥させて下さい。

”以上、簡単ですが、メイクブラシのお手入れ方法を述べてみました。”

”なるほど、私のメイクブラシのお手入れ方法と、ほぼ同じですね。しかし、櫛を通すと言われましたが、やはり目の細かい櫛が、いいと思いますが、なかなか無いですよね。”

”はい、おっしゃる通りです。ですから、100円均一等で、平櫛を買ってきて、交互に櫛の目を落として、メイクブラシのお手入れに使用すれば、目の細かい櫛でなくても、十分に、お手入れが出来ます。”

”なるほど、解りました。ところで、洗顔ブラシは、毛の部分が天然毛では、ないので、お手入れ方法も違ってくると思いますが。”

”はい、その通りです。洗顔ブラシは、次のようにして下さい。”

<洗顔ブラシのお手入れ方法と使用の後について>
●洗顔ブラシも、メイクブラシと同様ですが、特に 火とか熱に大変弱いので、十分注意して下さい
●洗顔ブラシの使用後は、毛先を軽く濯ぎ、毛先を整える感じで、水分を軽く絞りとり、毛先を下にして、吊るして下さい。
●洗顔ブラシは、毛先に抗菌剤を、練りこまして有りますので、カビ等は、着きにくいですが、気を付けて下さい。
 毎日のように、使用されていますと、大丈夫です。
●洗顔ブラシは、ナイロン100%ですので、直接、お肌に使用されても、大丈夫です。
●洗顔ブラシは、何の石鹸でもいいですが、固形石鹸の上でブラシを回転させて泡立てるほうが、より泡立ちます。
 そのまま、ブラシを、お肌に直接使用して下さったほうが、お勧めです。

”詳しい、説明をありがとうございました。”

”結局、熊野筆ではないメイクブラシを買っても、 結構早く痛みやすですし、メイクも道具(ブラシ)がよくないと、いくら良いお化粧粉を購入しても、うまく、メイクできませんよね。”

”はい、色々と熊野化粧筆のおほめの言葉を有難う御座います。”

”また、癒しの熊野化粧筆を購入された方は、出来るだけメイクブラシのお手入れを弊社の方で致します。もし、御用命がありましたら、是非にお声をお掛け下さい。”


今回のブログ通信は、

<化粧筆・メイクブラシのお手入れ方法について>

<洗顔ブラシのお手入れ方法と使用の後について>
簡単に説明致しました。

        メイクブラシのお手入れ方法
            
          メイクブラシのお手入れ方法
 
    皆様の参考になればと思います。 熊野筆 通信

b41ad5fc[1]makeup88_31_lightred_1[1]