健康への扉
健康ウオーキングで健康増進

健康筋肉体操

健康の為に筋トレをしたいがジムに行く暇がない考える方は多くいるようですね。

結論からいってしまえば、ジムに行かなくても、もちろん筋トレはできます。
スクワットや腹筋、腕立て伏せ、縄跳びにランニング、やり方は色々あります。

基礎代謝をあげたいとか、健康の為に筋トレを、なんて場合でしたら、ジムに行かなくても、いくらでもトレーニングできるでしょう。
黙々と一人でトレーニングするのは、ちょっと根気がいりますので、向き不向きはあるかもしれませんが。

ただ、目的によっては、難しい部分がでてくる事も事実です。
ボディービルダーのような、ムキムキの体を作るのには、専用のマシーンがないと厳しいでしょう。
もちろん、専用のマシーンを自宅などに設置すれば、この問題は解決ですが・・・・
しかし、トレーニングメニューは、自分で考えないとなりませんし、無理なく負荷を掛けていく為の知識が必要となります。

一人では続けていく自信のない方は、筋トレしている人同士で、相談したり励まし合ったりするコミュニティーなどもあるようなので、それらを利用してみるのもいいかもしれません。

家族や友人に筋トレをやるぞと宣言すると結構続けられたりするのでぜひ宣言してみませんか!
毎日の成果も公表していけば、それがいつの間にか楽しくなってくるでしょう。




   【送料無料】仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか















健康筋肉体操

  1日10分カラダ引き締め 筋トレ&ストレッチ


冬は、行事がたくさんあって、すごく楽しいですね。
飲み会なども、年末になると多くなり、顔の広い人ほど、わいわいと楽しい時間が増える事でしょう。
ですが、楽しい時間とともに、知らず知らずに余分な贅肉も増えていきます。

お腹周りに厚みがでてきた・・・と困っている方は、この時期にはとても多いです。
冬は、コートやセーターなどで厚着するので多少のごまかしはききますが、春先までには、必要以上の脂肪は落としておきたいものですね。

脂肪を落とすには、筋肉をつけて新陳代謝をあげるのが、一番いいといわれています。
それにはやはり、筋トレですよね。
でも、筋トレの難点は、続けられなかったら余計に太ってしまう可能性があるところです。
慣れるまでは大変なので、何にやかにやと言い訳をみつけては、挫折しやすいのが筋トレの特徴でもあります。

ですので、無理なく続けていけるような、簡単な筋トレからおこなうのがオススメです。
  1日10分カラダ引き締め 筋トレ&ストレッチ

腹筋百回をノルマにして、三日坊主になるくらいなら、毎日軽い運動を続ける方が絶対効果的です。
そして、油分の多いものをあまり摂らないように心掛け、暴飲暴食は避ける事です。

それと間食を減らすように努力する事。
これで、そこまでハードな筋トレをしなくても、健康的に痩せられるでしょう。
重要なのは、ずっと続けていける自信がないようなトレーニングメニューを作らない事です。

無謀な挑戦を張りきって試みる方は本当に多いですが、計画性のないプランは、最悪の結果に繋がりかねませんよ。




筋トレを始める場合、一体いつトレーニングをするのが一番効果があるのでしょうか。

筋肉というものは、体温が高い時に動かすのが一番効果があります。



人間の体温は、午後に高くなります。

基本的には、お昼を食べた2時間後から夕方にかけて、体温が高くなるのです。

ですから、この時間にトレーニングを行うのが最も効果的です。



でも、この時間帯にトレーニングが出来る人は、少ないですよね。

社会人や学生の方は、昼食後から夕方に掛けては働いていたり、学校に行っていたりしますから、この時間帯にトレーニング出来るのは、お休みの日だけという事になると思います。

それに、どうしてもこの時間帯にトレーニングを行わなければならないというわけではありません。



あなたの生活リズムに合わせて、トレーニングを行っても大丈夫です。

朝しか空いた時間が無いという方は朝に行っても良いのです。

しかし、朝にハードなトレーニングを行うと、その後の一日の生活に支障をきたしてしまうこともありますね。

朝は、朝なりのトレーニング内容で行うのが理想です。



その逆に、夕方以降であれば、少しくらいハードなトレーニングを行ってもいいでしょう。

ただし、疲れなどを感じている場合には、無理をせずトレーニングは休むようにします。

もしくは、少し休息して体調を整えてから、トレーニングを行うしてください。

くれぐれも無理は禁物です。



トレーニングする時間を自分で選べる場合は、筋トレに最も効果的な時間帯は夕方頃になります。



筋肉をつけていく為のハードなトレーニングであれば、筋肉を休ませてあげる時間が必要となります。

でも、日々の健康の為に行っている軽めのトレーニングであれば、毎日同じ時間帯に行う方が重要なので、続けやすい時間帯に行うと良いでしょう。







筋肉が衰えると色々と体に不調をきたします。
そこで筋肉をつける為に筋トレを始める。
それが、筋トレを行う理由である方はとても多いですね。

しかし、いざ筋トレを始めるとでてくる悩みが「筋肉痛」です。
筋肉痛は本当につらいですよね。
腹筋が筋肉痛になった場合は、笑うだけでもお腹が痛くなります。
二の腕が筋肉痛になった場合は、手を上げるのもきついですね。
日常生活に支障をきたす事もあります。

南米ペルーのキャッツクローで関節炎や抗炎症を緩和
  【送料無料】シアバター配合キャッツクロープラス 筋肉痛、関節痛、肩こりなどの痛みに!

しかし、当然のことですが筋トレは長期にわたって続けなければ効果がありません。
では、筋肉痛になった時はどうするといいのでしょう。
そもそも、筋肉痛というのは、しっかり体ができていない為に起こります。
筋肉痛を防ぐ注意も必要なのです。

トレーニング後は、筋肉が縮み熱を持っています。
ですから、縮んだ筋肉をストレッチで伸ばして冷やしてあげましょう。
これをするのとしないのとでは大きな違いがでます。
筋肉痛になっている間の筋トレには賛否両論あります。

筋肉痛は筋肉が傷ついている状態なので、筋肉痛が治るまで休憩すべきという方と、ある程度つらくても負担をかけて筋トレを行わなければ効果がないという方がいます。
どちらが正しい、どちらが間違っているという訳ではないようです。

「筋肉痛の程度」をみきわめる必要があるようですね。
動くのも無理なほど痛い場合は体を休め、休んでいる間は必ず適度なストレッチをしましょう。
痛みはあるけど、あまり気にならない場合は、普段よりも軽めに筋トレを続行するのがいいでしょう。

筋肉痛にならないためにもストレッチは必ず実行しましょうね。






健康筋肉体操

多くの日本人の姿勢が悪くなってきているそうですね。
パソコンと一日にらめっこのデスクワークや便利になった分外でも家庭内でも歩くことが少なく筋力が衰えているのです。

   姿勢改善で肩こり・腰痛予防

体のゆがみ
人間が四つ足から立ち上がりニ足歩行により脳の機能が他の動物より
も極端に発達して今日の繁栄を獲得した要因だそうです。

 その反面重力に逆らって背骨にどうしてもムリが生じて、背骨が
ゆがんできて腰痛や膝痛、肩こりとなって現れてきます。
またゆがみにより内臓も圧迫されて内臓にも悪影響を与えます。

人間の背骨は横から見ると真っ直ぐではなくて24個の椎骨が上下に
重なってS字状にカーブして重力の影響を和らげているのです。
また背骨の中には体の各部に情報を伝達する重要な中枢神経が通って
いるのです。

とりわけ現代人は歩くことが少なくなり、背骨を支える筋肉が衰えて
おり、また、机の前で座っている仕事が増えたりで、同じ姿勢を続けて
おる状態が続くと特定の筋肉が硬くなる「コリ」が骨格ゆがんだり、
ズレたりしてしまいます。

背骨が何らかによりゆがんだりすると中枢神経を刺激して痛みを生じ
たり、内臓に不都合が生じたりするわけです。

背骨の椎骨と椎骨の間には椎間板という軟骨が,クッションの役割を
果たしていますが何らかの原因で飛び出すとこの神経を刺激すると
「椎間板ヘルニア」となって耐え難い痛みや手足の痺れを伴うことに
なります。

またギックリ腰も同様です。

  DVD【柔らかい身体になる18のコツ】姿勢改善と前屈系ストレッチ