近頃腰回しダイエットというのが話題になっていますが、これは美しい腰を作るエクササイズなのです。

腰回しダイエットでは、名前でわかるとおり腰を左右にゆっくり回しながら、骨盤の位置を矯正するのです。骨盤の位置が正しいところに戻ると、内蔵が活発に働くようになり、人が持つ基礎代謝力が向上するといわれています。



それがダイエットに効果的というのが腰回しダイエットなのです。骨盤を矯正してダイエットにつなげようという考え方は昔からあり、そんな本もあったわけですが、今話題の腰回しダイエットほど人気が出たことはありませんでした。これほどまでに腰回しダイエットが話題になっている理由は、テレビや雑誌などのメディアが一斉に取り上げだしたからです。


それがあっという間に広まって、ダイエットに成功したという人も次々に出たということです。腰回しダイエットの発案者は、いろんな本を出版していて、美腰エクササイズの教室は、現在100〜200人待ちにもなっているようです。


この考案者は出産後のダイエットをきっかけに骨盤の重要性を知ることとなり、産じょく体操やストレッチ、整体などの要素も取り入れて作られました。昭和61年からカルチャースクールで教えるようになったオリジナルの美容体操には、骨盤のゆがみを矯正するための呼吸法や体操、リラクゼーションなどが取り入れられています。


考案者が47歳で56センチのウエストを維持しているというのも、人気を集める要素でもあるでしょう。このような人気の腰回しダイエット、試しに一度挑戦してみてはいかがですか。


腰回しダイエットの実践方法


腰回しダイエットは手軽に行えるエクササイズで、基本さえ押さえれば誰にでも出来るダイエット方法です。


正しい姿勢でたって効率よく腰の筋肉を動かす、これこそが腰回しダイエットでの基本的に抑えるべき点です。体に力を入れずにリラックスして、背筋を伸ばして立ち、またヒップを引き締めて、おへその下に力を入れるようにします。


まず腰回しダイエットの準備運動ですが、骨盤の辺りを回しながら腰の筋肉をほぐし、同時にひざも軽く動かします。腰回しダイエットには2パターンがあり、1つ目は、円を描きます。


まず基本姿勢で立ち、大きな円を描くようにして腰をゆっくりと回す法方で、このとき軽くお尻を突き出すようにしましょう。ただ突き出し過ぎない様に気をつけ、腰を回す方向は最初に横、次に前へと繰り返します。

この運動をを左右ワンセットとして10回行います。腰回しダイエットの2つ目は、腰をウェーブさせて振る方法で、基本姿勢の立ち方で1つ目よりは若干、足を大きく開き、両手はお腹の辺りに置きましょう。体の重心を右足に移し、波のように腰を揺らして、わき腹を締めるよう意識を集中させます。


そして移動させた腰を元に戻し、今度は反対側の左へと体重の重心をゆっくり移し、それからはこれを繰り返してリズムに乗って腰回しを行うようにします。このような手軽に誰でもできる腰回しダイエットは、ずっと続けていけばきっとダイエットにつなげることが可能になるでしょう。