2017-10-04-20-20-20
昨夜は全国的に「中秋の名月」だったそうですね。

「中秋の名月とは」でググってみました。

そうしたら「中秋の名月」というのは旧暦8月15日の夕方の月のことのようですね。

旧暦では「7、8、9月」が秋でその真ん中の秋「中秋」の15日の夕方の月が一番美しく見えるのだとか。

で、今年はその「旧暦8月15日」が10月4日に当たるのだとか。

だから満月とは限らないのだそうです。

(実際2日後の6日が満月らしいです) 

2017-10-04-20-07-38
お月見団子を食べながら考えましたね。

なぜこんなにも「中秋の名月」というものは注目度が低いのか。

ハロウィンや節分の恵方巻きやバレンタインデーなんかものすごい大騒ぎするのに。 

「地味」だからだろうか。

確かに団子は地味であった。

2017-10-04-19-03-28
実際「静かに月を愛でる」というものは盛り上がりにくい催しでしょうね。

携帯で月の写真も撮りにくいし。

2017-10-04-19-02-56
ちなみに今日の月の画像は全てデジカメで撮ったものです。

昨年購入したニコンのB700というデジタルカメラ。

本来はお肉の画像を撮るために購入したのですが、携帯の方がキレイだったりするのでもっぱら月とか鳥とかの撮影に使っております。

そう言えばデジカメ業界が不振だというニュースはよく見ますね。

携帯電話のカメラがものすごく便利ですから。

と、ここで閃めいたのです。

この時期に「月の写真がキレイに撮れるデジカメ」ともっとCM流せばデジカメ売れるんじゃないか?

そうすると必然的に「月見団子」が飛ぶように売れて、

渋谷の交差点はススキと団子を持って首からカメラを提げたおじさん達にジャックされる。

テレビのレポーターは「今年もいい写真が撮れましたか?」とインタビューし、

おじさんは「ええ、今年は三脚をGITZOにしたのでまあまあですね。」と得意げに答える。

テレビ「団子は何を?」

おじさん「今年は信玄堂の『栗ごろも』を使いました。ここの店主は最近いい仕事しますね。」

なんてブームが来たら面白いな。

全然お肉には関係ないな。

おしまい。