食べ物のはなし

岐阜県中津川市のお肉屋さんが出会った食べ物の話です

ビール

焼きそばとビール(五十番)

休日の午後に「五十番で一人焼きそばとビールなんていいナ。」なんて思い立って電車で出かけました。
店内のポスターを見ると
IMG_2427
素敵な案内ポスターが。

焼きそばとビールを頼むとまずビールが出てきました。
 FullSizeRender
生ビール(ハートランド)500円。

お新香をつまみながらビールを飲む。

壁のポスターをなんとなく見ていると
IMG_2429
どうやら2杯目400円、3杯目300円と頼めば頼むほどお得になるシステムの様です。
IMG_2430
 焼きそばが到着する前に1杯目は飲み終えてしまった。まあ2杯くらいは飲んでもいいかな。
IMG_2431
焼きそばが到着した時に生ビールをもう一杯追加する。

「ビール5杯飲む人いるのかな。いるだろうな。」

「ビール5杯飲むとエート500円+400円+300円+200円+100円で合計1500円か。」

「夏なら3杯くらいは飲めそうだな。でも無理して飲むものじゃないか。」

「6杯目からはいくらかな。100円かな。それとも500円に戻るのかな。」

相変わらず難しそうな顔をしてくだらない事を考えながらもぐもぐと焼きそばを食べるおじさんなのでした。

ごちそうさまでした。

 

宇都宮で一人ギョーザパーリナイ (みんみん他)

宇都宮で一人ギョーザ。

駅ビルの中の「青源」というお店で生ビール、餃子、小鉢のお手軽セットが880円。
IMG_6342
頼みました。
IMG_6343
続いて同じ建物の3階にある「みんみん」に。
IMG_6352
焼き(280円くらい)と生ビール。

食文化なんでしょうね。満員でした。
IMG_6356
同じフロアにあった「すしざんまい」で締め。

IMG_6357
トロたくというのが美味しかった。

三軒飲み歩いた帰り道、

「階段を登ったり降りたりしたから意外と食べ過ぎでもないんじゃないかな」

「はしご酒というのは本来ハシゴを上下するように店を渡り歩くのが正解なのかもな」

「しかし食べ過ぎたな」

などと反省するおじさんなのでした。

おしまい。








ハンバーガーとクラフトビール (T.Y.HARBOR)

IMG_4982
東京は品川にある「T.Y.HARBOR」というお店でハンバーガーを食べました。

オサレなお店ですね。普段の自分の生活パターンからは絶対近づかないお店ですが(笑)

中津川の有名蕎麦屋のSさんに紹介されて知りました。

東京で修行していたそうでお詳しいんですね。こういう時とても重宝します。

IMG_4981
うっかり黒ビールなんか頼んでしまったらコレが「ぬるい」。

「当店では香りを楽しんで頂くために常温でお出ししています」だそうで。。

「クラフトビール」のお店だったのです。醸造所っていうのかな。

しかし外はうながっぱも出動(東京にはいませんが)する37度とかの酷暑日ですからね。

「香り」よりも「清涼感」とか「うぐうぐプハーッ」とかを楽しみたいのです。

気を取り直して「ペールエールの冷たいやつ飲みたいのですが」と頼んでみたらそれなりの温度で提供されました。ああ良かった。

以前京都の優しいH先輩がブログに書いてた「スパークリングワインが冷えてなかったお話」をちょっとだけ思い出したのでした。

「なかなか東京はスルドイ事になっておるな」

と、無理やり連れ出した仕事関係者を引き連れて次の「更科セレクション」の店に向かうのでした。

つづく、と思う。 

点心 (上海饅頭店)

2017-04-19-19-12-05
東京からの新幹線。小腹満たしに上海饅頭店というとことで点心をちょっとだけ買ってみた。

海老焼売2個、棒餃子、春巻き。
2017-04-19-19-12-14
あとマイセンのカツサンド。

2017-04-19-19-30-28
ま、カツサンドは無しにして焼売をもう2個ほど買えば完璧だったかな。

2017-04-20-10-22-02
これがやりたかっただけだったりして(笑)

でも海老焼売美味しかった(1個100円くらいするけど)

ごちそうさまでした。

串焼きホルモン三種盛り (串蔵)

串カツ屋を後にして向かったのは1フロア降りたところにあったお店
2017-04-17-20-40-39

串蔵というお店でもうちょっと飲もうかと。
2017-04-17-20-27-49

串焼きホルモン三種盛り 570円。

牛小腸、ハラミ、タンが串焼きで食べられるというもの。

image


瓶ビールを一本静かに飲んで店を出る。

「なんや辛気くさいおっさんやな」なんて思われたかな(思われないって!)

美味しかったです。ごちそうさまでした。

蓬莱のシューマイに後ろ髪引かれつつも明日に備えてこの辺で引き揚げるのでした。

串カツ (だるま)

午後8時に新大阪駅に着いて向かったのは駅構内にある串カツの店「だるま」。
2017-04-17-20-08-22

大阪では串カツは牛なんだそうです。(常識?)

左から串カツ、アスパラ、玉ねぎ、うずら卵、紅しょうが

玉ねぎが美味しい。

紅しょうがもおもしろい。

どれも1本120円。他に生キャベツがサービスで出てきた。
image

二度漬け禁止のルールブックを読みながら

「なるほどアスパラが曲がってるのはソースを一度で漬けられるようにだな。」
image

感心しながらひとり静かに生ビール(小)とハイボール。

ひとり静かになんて書くと思慮い人みたいだけど周りがにぎやかなんです。

大阪の人はみんな明るく楽しく大きな声で話しながら飲んでいた。

「なんや辛気くさいおっさんやな」

なんて思われないだろうか(思われてません、たぶん…)

入店から約10分で(店先に行列が出来始めたので)次の店へ向かうおじさんなのでした。

ごちそうさまでした。

シューマイ (551蓬莱)

2015-01-24-10-39-48
京都駅の伊勢丹の地下2階にある「551蓬莱」。

朝からお土産など物色していて小腹が空いたな、というタイミングで入店。

シューマイ2個150円と缶ビール360円。

2015-01-24-18-23-44
これがやりたかっただけだったりして(笑)。 

サラミソーセージ (天狗ハム)

2015-01-07-17-55-10
一人で缶ビール飲みたい時ってありますか?

ありますよね。あると思います。

先日も一人で缶ビール飲んでました。

2015-01-07-17-58-40
電子書籍の漫画「酒のほそ道」とか読みながら。だらーっと。

つまみは天狗ハムのサラミソーセージ。

左手にサラミつまんで右手は缶ビールと時々タブレットをちょいと撫でる。

あーたのし。

 今回発見(大げさ)したんですが、これチビチビかじった方が美味しいですね。

缶ビール1本につきせいぜいサラミ2本まで。

2015-01-07-17-54-39
以上、超極私的な新年会なのでした。

おしまい。 

シウマイ弁当 (崎陽軒)

某団体の先輩のお祝い事で上京しました。

帰りは東京駅から新幹線。

駅弁を求めて大丸の食品街へ。

BlogPaint
大勢の人に圧倒されながらも弁当を吟味する。

「ほー、これが最恐の上司がオススメするミート矢澤のハンバーグ弁当か。」

「おー、これは京都のコワイおじさんが赤ワインとともに召し上がるという叙々苑の焼肉弁当。」

「握り寿司のお店もあるのか。しかし寿司はさっきちょっとつまんだからな。」

さっきまで上野の寿司屋(激安)で一緒だった豊橋のU社長は「妖怪ウォッチのメダルを買わねばなりません」とか言ってどこかへ消えてしまった。

そんなわけで1時間近く店内をうろついてお弁当を買った。

2014-11-08-20-21-04
崎陽軒のシウマイ弁当(800円)

ところで帰りの新幹線の席は3人掛けの一番窓側だったのですが、隣に座ったご婦人二人組が列車が動き出すなりなんと「シウマイチャーハン弁当」を広げているではありませんか。

良かった。最後までシウマイチャーハン弁当と迷った末にこっちを選んでおいて。

しかしたしかそっちの方が100円高かったな。。。

ビールはスーパードライのロング缶か、うーむ。

教科書通りに新横浜を過ぎるまで待って弁当を「使う」。

最近ハマっている「食の軍師」にならってカラシをシウマイ一個一個につける。

カマボコにもつける。

缶ビールも教科書通り「黒ラベル指定」。

「しかしUめちゃん寿司屋で美味しそうにウイスキーとか飲んでたな。」

「家に帰りたくなさそうだったな。妖怪ウォッチのメダル一緒に探してあげれば良かったかな。」

モムモムとシウマイ弁当を「使い」ながらズビビと黒ラベルを啜るおじさんでした。







 

北関東の居酒屋で一人いくらライスの夜だった。

当初は二人で飲む予定であった。

先方がやや遅れそうだというので一人で店に入って先に一杯始めている事にした。

BlogPaint
最初に頼んだ生ビールはやや残念な状態であった。

まあしかしこれくらいなら京都の怖いおじさんも怒らないレベルであろう。

気を取り直して瓶ビールを頼んだらしっかりと冷えたビールが出てきた。

「ようし、これはいいぞ」と名大社の社長みたいなことを心の中で呟きながら一緒に出てきたコップをつかむ。

「熱!」

なんとコップが熱い。

たぶん食器乾燥機から出てきたばかり。これはどこかのおじさんも怒るかもしれない。

しかし不思議な感触でしたねえ。暖かいグラスに注ぐビール。

「うーむ。」

なんて唸りながらメニューを見て他の飲み物を頼むかどうか検討に入る。

待ち人はまだ来ない。

「さしみ 630円」というのと「蛤(はまぐり)680円」それに「いくら 350円」というのを頼んだ。

で、出てきたのがこちらの商品。

2014-08-19-18-23-35
「さしみ630円」はマグロであった。

かなり美味しい。しかも量が多い。

パッと見たところステーキ1枚分ぐらい(200gくらいかな)だろうか。

もぐもぐと食べながらぬるくなってしまったビールを飲む。うーむ・・・

そうこうしていたら蛤が出てきた。

2014-08-19-18-30-47
量が多い。多すぎる。しかしこれが結構美味しかったりする。

数えてみたらきっちり30コ。1個あたり22.7円。

待ち人はまだ来ない。もう来ないんじゃないかな。

イクラもある。しかしこのメニューでビールというのもなんだか妙な気がする。しかもぬるいビール。

そうだ!ご飯を頼んでイクラ丼にしてマグロの刺身なんかも乗っけて食べちゃおう。

この際ビールはもういいや。さっと片付けて次の店で待とう。

なんて思って「ライス150円」を頼んだ。絶対バカみたいにデカい丼で来るぞ!となんだかワクワクしながら待った。

2014-08-19-18-39-51

ご飯はプラスチックのお皿に載って出てきた。しかも拍子抜けするほど普通量のご飯。

なんだか笑えてきて一人ニヤニヤしながらイクラをご飯に載せる。

人生初「いくらライス」。

マグロの刺身をおかずにいくらライス。

故郷から遠く400kmも離れた街の居酒屋で、周りはほとんど団体客のこの店で一人いくらライスをかき込むおじさん。

時々蛤にも箸を伸ばす。えーいもう全部食べちゃえ!

人生初ハマグリ一人で30個食い。

どうにか食べ終わり店を出る。お勘定をすませるとお土産をくれた。

2014-08-19-19-13-24
どうやらみかんの缶詰のようである。入店する時「二人」と言ったせいだろう。2個ある。

「飲み物が残念ではあったが食べ物は大変美味しく、とても面白い店でしたなぁ。」

みかんの缶詰をぶら下げてヨロヨロと次のお店を探すおじさんなのでした。

おしまい。








 
プロフィール

kumatiku

飛騨牛販売指定店の肉のくまざきです。
お肉を中心に食べ物のはなしを書いています。

facebook
月別アーカイブ
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ