2013年02月03日

節分!

みやび
「今日は節分だよ!」

くま
「そうですね」

みやび
「なんでそんなにテンション低いの? 今日は年に一回の節分だっていうのに」

くま
「いや、節分はテンションを上げる日ではないと思うのですが……」

みやび
「人に合法的にものをぶつけられる日なんだよ!」

くま
「節分を『ものを人にぶつけていい日』と理解してるのは、みやびちゃんだけだと思いますよ」

みやび
「あ、人じゃなくて鬼か。いや、鬼の格好をした人か。やっぱり人じゃん」

くま
「いや、そういうことではなく……。というか、そもそも節分が『年に一回』というのもおかしいですよ」

みやび
「え?」

くま
「節分とは本来、『季節を分ける日』であり、立春、立夏、立秋、立冬の前日はすべて節分です」

みやび
「それじゃ、年に四回も人を蜂の巣にできるってこと?」

くま
「いや、豆をまくのは2月の節分だけですよ。あと、豆で蜂の巣にはできないと思います」

みやび
「それは鍛え方次第じゃないかな」

くま
「その努力は違う方向にむいてほしいですね。ところで、中国から伝わってきた豆まきですが、どうしてまくのが豆なのか分かりますか?」

みやび
「そう言われれば、あんまり考えたことなかったなぁ。確かに、攻撃力でいえばドリアンのほうが高そうだよね」

くま
「実際、ご主人はドリアンで手を怪我したことありますからね……。ちなみに、正解はまめの発音が『魔滅』につながるからといわれています」

みやび
「ダジャレかよ」

くま
「ダジャレです。というか、日本の伝統ってそういうのが多いですよ。さらに、陰陽五行説で『金』属性の鬼に対して『火』が有効とされるからともいわれますね」

みやび
「属性って……今度は中二病かよ」

くま
「昔から人間はそういうのが大好きなのです。人類みな中二秒です」

みやび
「それじゃ、そろそろ豆を食べようよ。年の数だけ食べていいんだよね」

くま
「そうです。ですから、ご主人は21ですね!」

みやび
「それもそろそろ苦しくなってきたね」

kumatomiyabi at 20:26│