早期&定年退職したオヤジの投資Blog

55歳で早期退職、60歳で定年退職をしたおっさんの投資日記です。

特に何か用事が入っていたわけではないが数日間このBlogを書くのをサボってしまった。(苦笑)本日は朝から雨が降っているので、野菜作りは休みにして自宅警護の任に就いている。警護と言えば米国の大統領候補が銃撃されたみたいだが、あんな目立つところからよくも警護隊に見つからずに銃を撃てたものだと思う。そのうち陰謀論でも出てきそうだ。

本日はアマゾンでプライムセールを開催しているので、ちらちらと眺めて見た。1点だけ買いたいものがあったので、いろいろと見てみた。ここ10年間くらい私はお出かけ用と畑へ行くときのスニーカーは同じメーカーの色違いを履いている。

そろそろ履きかえの時期が来ていたので、安く売っているのであれば好都合であった。運よく目玉セールの商品になっていたので2足注文してしまった。他にはあんまり買いたいのはなかった感じだが、明日辺り何か衝動買いしてしまうかもしれない。

投資の方は相変わらず私の持ち株たちは休眠中だ。いつの日か目が覚めてくれる日が来るのだろうか?(笑)私はあと2年で70歳代に突入してしまう。それまでの間に70代以降の暮らし方でもゆっくり考えていけばいいなと考えていたのだが時間の過ぎていくスピードが速すぎのため、今からでももう少し真剣に取り組まないといけなそうだと思い始めてきたところだ。

不定期に日経新聞の広告欄にはシニア向け(高級?)マンションの広告が出てくる。物凄い費用がかかりそうな物件が多いのだが、買う人(買える人)がいるから全面広告を打っているのだろうが、お金持の人は私が考えているよりも多く存在しているのかもしれない。

私がFX投資をしなくなってから数年になるが、それにしても物凄い円安になっているのには驚くばかりだ。円はほぼ全通貨に対して弱くなっている。いい勝負をしているのはトルコリラくらいかもしれない。(笑)

私が現金で保有をしているユーロ/円もついに175円を超えるところまで安くなってしまった。私が欧州赴任をしていた時とはエライ違いだ。当時私が勤めていた会社は赴任時のユーロ/円をベースに赴任先の給与が決まるルールであった。なので円安はユーロでの手取りが少なくなるので非常に困るのだ。今はどうなっているのだろうか?

私が海外赴任していた先は通貨は非ユーロであったので、給与ベースではユーロで支給されるものの、最終的には現地通貨で引き出して使わざるを得なかった。ユーロ/現地通貨ベースでも為替が動くので、最初の頃は気にしていたが最後の方は全く意識をしなくなっていた。

日本への帰国が決まったころにはユーロは/円は120円くらいであったと思う。貯金をしようと考えていたわけではないのだが、いつの間にか結構な額のユーロが銀行口座に貯まってしまっていた。これを日本の銀行にユーロのままで送金をして以来、ずっとユーロ口座に置きっ放しにしていた。

元々ユーロで受け取っていたので損得はないはずなのだが、120円→175円で換算してみると結構な額の含み益が出てしまう。150円になったら25%を170円になったら更に25%を円転しようかなと思っていたのだが、結局50%を定期預金にしてしまった。(笑)今の勢いだと200円になっても不思議ではないので欲をかいてしまおうかと思いつつあるところだ。

しかしまあ、今月に入ってからは私の持ち株たちの成績は下がりっ放しだ。小型銘柄主体の残念ながら元気無しだ。何時もの通りジタバタするつもりはないが、気分の良いものではない。こういう時は株式を保有していることなど忘れてしまうしかない。(笑)

と言う訳で話題をチェンジだ。今年は「スイカ」を3つの区画に分けて10株ほど植えている。第一区画には5株ほど植えているがその内3株は貰い物だ。別の区画を借りているお爺さんに分けてもらったものだ。「小玉スイカ」が2つと「大玉スイカ」が1つらしいがどれがどれやら分からない。
IMG_20240709_091635
現在確認できた限りでは12株ほど受粉に成功しており、成長中だ。元々5株植えているので1株に2個として10個は収穫をしたいところだ。私は育てたことのない大玉もあるらしいので、何とか頑張って大きいスイカにしたいものだ。外側の色が真っ黒なタイプらしい。
IMG_20240709_091642
そしてかなり大きいモノもできてきたのでそろそろ鳥獣対策をしないといけない様だ。カラスにロックオンされているのは間違いないからだ。それとスイカは獣たちにも大人気なのでネット類を張って防御するしかない。
IMG_20240709_091712
第二区画は立体栽培にしている。ここは小玉スイカが2株だ。他にミニカボチャ1株とミニメロンの「コロタン」を2株植えている。現在は小玉スイカ2株に4個の実ができている。ツルに着けたままぶら下げていると強風で落下したり、カラスに突かれてしまうのでネットで覆う予定だ。
IMG_20240709_091820
IMG_20240709_091849
一つの畝に3種類5株植えているのだが、ミニカボチャが一番元気でツルがあちこちに進出しており領空侵犯を犯しまくっている。(笑)もうすぐ収穫できそうなのが2個くらいある。そして「コロタン」は既に10個くらい実をつけている。これは収穫時期と食べ時が難しいらしい。
IMG_20240709_091901

IMG_20240709_091915
本年から新しく借りている第三区画にも3株ほど植えている。この3株は私が種から育てたものだ。なかなか発芽せず諦めかけたところで3株ほど芽を出してくれた貴重品だ。最近人気がある「ピノガール」という品種だ。ここの区画は森に近いので獣類が狙っていそうなので、防御は必須なようだ。
IMG_20240709_092125
IMG_20240709_092209

日曜日と月曜日は猛暑を避けてちょっと涼しいところまで足を延ばしてきた。今回は友人Z氏と一緒であった。最近はやけに一緒に出掛けている気もするが気のせいか。(苦笑)行ってきたのは長野県と山梨県だ。

今回の目玉は奥蓼科温泉郷にある「渋御殿湯」というところだ。過去私は2度宿泊をしているが、10年ぶりくらいの再訪になる。この温泉の目玉は「渋長寿湯」と呼ばれる足元湧出の浴槽だ。絶え間なく浴槽の底からお湯が大きめの湯玉を伴って湧出しているのだ。

ただ「渋長寿湯」の湧出温度は31度とかなり低いので、夏場は最高に気持ちが良いがそれ以外の季節では少々冷たく感じると思う。ただ加温した暖かい浴槽もあるので、交互に入るととても気持ちが良い。そして」足元湧出ではないが「渋御殿湯」という26度の冷泉もある。こっちはかなり冷たい。

今回は宿泊ではなく休憩付きのコースであった。と言うのも目玉商品の「渋長寿湯」の浴室は宿泊か休憩付きにしないと利用できないからだ。日帰り入浴だと「西の湯」という浴室のみになり、足元湧出のお湯を楽しむことはできない。

ここの温泉の利用客のほとんどは登山をする方々だ。なのでいつ行っても温泉は空いているので、温泉目的で訪れる者にはとても都合が良い。今回は10年ぶりという事もあり、2時間くらい「渋長寿湯」に浸かりっ放しであった。温泉の泉質は酸性硫黄泉なので体中に硫黄臭を染み込ませてしまい、今日になっても硫黄臭が感知できるくらいだ。やはり夏は”ぬる湯の温泉”に限る。

このところまた迷惑メールが増えてきた感じだ。最近の流行は銀行だったり、クレジットカード会社だったりと金融機関が多かったのだが、今度は宅急便の不在配達の確認メールが一気に増えてきた。

私は株主優待でたくさんの荷物が宅急便で届くので、普通の人よりは届けられる荷物は多いかもしれない。ヤマト、佐川、日本郵政からは私宛に荷物が届くときは事前に確認のメールが入る(半分くらい)ので、確実に自宅で受け取れそうな日時を返信している。先日は本物とそっくりのメールが来たので、危うく返信をしてしまいそうになった。

迷惑メールはよーく見れば気が付くのだが、巧妙なメールも多くなってきたのでその内うっかり返信をしてしまうかもしれない。返信をしてしまうとその後どうなるのかは不明だが。メールのアカウントが生きていると相手がわかってしまったので、もっと紛らわしいメールが届くようになるのだろうか?

メールに限らずスマホやPCを閲覧していると、しつこく湧いてくるような広告がとても邪魔だ。スマホなどが画面自体が狭いので複数の広告がポップアップしてくると、ほとんど本文が読めなくなってしまい、邪魔する広告主へのネガティブな感情しか残らないのだ。これって逆効果のような気がするのだが。

PCでもしつこく湧いて出てきて閲覧を邪魔をする広告がありとても迷惑だ。特に画面のスクロールをしている時に、画面の下に張り付いたように追いかけてくる広告には頭に来てしまう。あまりにしつこすぎるからだ。

昨日のBlogは最初に書こうと思っていた内容と全然違う内容を書いてしまった。(冷汗)あまりの暑さに頭がやられてしまったのかもしれない。本日は昨日最初に書こうと思っていた内容を書いてみたい。

昨日も本日も暑さがきついため、この間までのように畑での長時間の作業はできなくなってしまった感じだ。風が吹いてくれれば何とかなるのだが太陽がバッチリ出ていて無風、その上持参した飲料が無くなってしまえばもうお手上げだ。倒れる前にとっとと自宅に帰るしかない。

自宅へ帰ってからは冷房を付けてクールダウンするしかない。しかし自宅に引き上げてきたのは良いのだが、今度は草刈り機の音が煩い。1年に数回はある草刈りの週であったらしい。これまでは私が畑に出かけている間に私の家の近くは終わっていることが多く、草刈り機のけたたましい騒音に耐えることはあんまりなかった。

それにしても草刈り機の音は凄まじい。それとペアのブローの機械もうるさい。そう言えば昔草刈り機メーカーの株式を持っていたことがある。どこかのIR説明会で話を聞いて、ひょっとしてこれは行けるのではないかと思ったからだ。

社長が「経済は不況になっても、雑草は必ず生えてくる」という殺し文句を聞いたからだ。当時は万年割安株であったので、お試しで100株ほど買ってみたのだが全然株価が動かなかったので、ほぼ買値で売却をしてしまった。今は結構値上がりをしたみたいだが悔やむほどでもない。(苦笑)

本日は暑かった。いつも通り午前中は借りている畑に”出勤”をしたのだが、午前中は曇り空でやたらと蒸し暑く感じた。風も吹かずに持参したスポーツドリンクと麦茶が無ければ、熱中症になってしまったかもしれない。なので本日は早めに自宅へ帰ることにした。

私が”通勤”している畑と自宅の間にお菓子のチェーン店である「シャトレーゼ」の店舗がある。私はたまに立ち寄って買い物をするのだが、本日も前を通りがかったので棒アイスでも買っていくかと思ったのだが、残念なことに財布を持ってくるのを忘れてしまっていた。残念!

「シャトレーゼ」は山梨県を本拠地とする未上場の会社だ。山梨の未上場のお菓子メーカーだと信玄餅で有名な「桔梗屋」もある。「桔梗屋」のアウトレットは近くまで行ったときは何故か必ず寄ってしまうほどの吸引力がある。(笑)

「桔梗屋」はお菓子専業メーカーだと思われるが「シャトレーゼ」は積極的に多角化を進めているようだ。ホテル運営、ゴルフ場運営、ワイナリー運営にも力を入れてきている。国内にある約800もある店舗はフランチャイズが大半とのことでちょっとびっくりだ。何故か直営店とばかり思っていた。

両社共に上場する気はなさそうだが資金の需要は「シャトレーゼ」の方がありそうだ。「シャトレーゼ」には是非とも欧米に多い宿泊できるワイナリー(オマケで温泉付きも)を作って欲しいなあ。

そう言えば”専業無職”になって一番寂しい思いをするのはボーナスの支給時期だ。サラリーマン時代には6月と12月には金額はともかくとしてボーナスは必ず貰えたので、非サラリーマン化したての時には猛烈に寂しかった記憶がある。

現在ボーナス的なものは確定申告をする事により、配当所得の払い過ぎ分を還付金として受け取るときぐらいだ。大体還付金は3月か4月に入金されるので、この時だけはちょこっとだけ高揚感を感じてしまったりする。ただ今年からは国民健康保険を二人分を支払はないといけなくなったので、残念ながらほとんど消えてしまいそうだ。

現在の私の保有している持ち株たちが毎年増配をしてくれれば、一番ラッキーなのだがそうそう都合よくいかないのが現実だ。とは言え年々受取配当額が増えているのは間違いはないので、現在無配の銘柄を切ってしまうか、新規買い付け用の現金を使って高配当株を買うか少々悩んでいるところだ。

私の保有株で無配なのは幾つかある。いずれも成長期待枠で購入をした銘柄たちだ。今期からいよいよ配当開始か?と思わせながら実現せずに先延ばしになっている。いったん切るべきなのは頭では理解をしているものの、配当を貰うまでは売らないぞ!という変な意地が邪魔をして高配当銘柄に乗り換えられずに来ている。もっとシビアにならないといけないのだがなかなか私には難しい。

明日からはもう7月に投入してしまう。歳をとる度に時間の過ぎていくのが加速度的に早くなっているという事は何度も本Blogで書いてきているが、後期高齢者入りもあっという間に来てしまいそうだ。本Blogの読者層は60歳前後の方が多いのだろうか?

本Blogは今は家庭菜園ネタと株式投資ネタが多くなってきているが、当初は私の早期退職~再就職等々の顛末を詳しく書いた内容であったはずだ。当時はその辺のテーマで書かれたBlogはほとんど存在せず、参考にしたい情報を中々見つけられなかった。

あれから10数年経ったので早期退職関連の情報は私の時よりも格段に入手できるようになったのではないかと思っている。実際に増えているかは調べていないが・・・。多分生成AIにお願いすれば膨大な量の資料が提示されるのではないだろうか?

本Blogで一貫して書き続けているコンテンツは投資関連になると思う。ただ早期退職時に想定していた目標とする金融資産に予想よりも早く達してしまったため、その時点から超保守的な運用に走ってしまうようになった。

なのでここ数年間の投資成績はパッとしない数字が続いてしまっている。現状のスタンスはこれまで私が築いてきた金融資産を減らさないことだ。勿論増えてくれるに越したことはないのだが、大きく資産を減らすことだけはしないようにするのが一番大事な考えになっている。

多分十数年前の私が今の相場に参加をしていたならば、FX投資に大きく資産を振り向けていたと思う。半導体関連銘柄に投資して大損をしていたかもしれない。(笑)2024年の後半も面白みのない投資を続けざるを得ないが、受取配当額の増額ができるように一部銘柄を入れ替えたいと考えている。

本日は強い雨が一日中降っていた。これぐらい大量に雨が降ったのは久しぶりなような気がする。私が借りている畑は水はけがとても良いので野菜たちには被害はないと思われるが、雑草が伸び放題になっているかもしれない。

さて2024年の前半戦が本日で終了してしまった。毎度のことではあるが時間の経つのが早すぎてついて行けない感じだ。あっという間に年末を迎えてしまいそうだ。

さて、6月の株式投資部門の成績だ。前年末比で―1.9%、前月比でー0.9%と相変わらずパッとしない成績に終わってしまった。私の主力銘柄を除く株式ばかりが上がっているのではないかと疑心暗鬼になっているところだ。(笑)最近は、大負けしていないだけで良しとする少々無気力な気持ちになってきてもいる。

総資産の方は前年末比で+0.2%、前月比で―0.6%とかろうじてプラスをキープした。正に円安さまさまで保有通貨のユーロ高のお陰で水面下からほんのちょっぴり顔を出すことができた。1ユーロが172円だからねえ。ちょっと信じられないレベルの円の大幅安が続いている。

ズルズルと先延ばしにしてきたユーロ→円への切り替えだが、未だに悩んでいるところだ。円に替えたところで今のところ使い道を思いつかないからだ。今後海外旅行等に行くときは手持ちのユーロを取り崩すことtぐらいしか思いつかない。

↑このページのトップヘ