早期&定年退職したオヤジの投資Blog

55歳で早期退職、60歳で定年退職をしたおっさんの投資日記です。

私が3年計画で保有をしているトルコリラ円の下落ぶりがすさまじい。30円を切って28円台に突入をしたころに大量購入をしてしまったので大きな含み損が発生してしまった。(涙)買い付けた当時は25円までの下落は想定をしていたが、まさか22円台まで下がるとは夢にも思っていなかった。

今回のトルコリラ円に関しては私はレバレッジ1倍以下で運用しているので証拠金不足になることはないのだが、買値から-20%以上も下落してしまうとやはりショックだ。トルコにも基地外大統領が存在していて、通貨安なのに金利の引き上げに反対しているどころか金利を下げるよう中央銀行を恫喝しているのだというから恐れ入る。

トルコは地政学的に中東情勢の勢いをもろに受けてしまうのと自国の基地外大統領が好き放題に政治を仕切っていることに加えて欧州経済の勢いに陰りが出てきたのも影響しているのかもしれない。当分の間トルコリラ円は浮上することはなさそうだと覚悟は決めている。

問題はどこで下げ止まるかだ。よもや20円を割ることはないと思っているが、これまでの流れを考えるとないとは言いきれないところが辛い。まずは20円台のどこかで下げ止まってくれることを得意の”神頼み作戦”でお祈りするしかなさそうだ。(笑)

尚、明日から数日間、母の入院の件でいろいろとあり本Blogの更新はできないかもしれません。

全然自慢できる話ではないのだが私の株式投資の連敗が本日でようやく止まってくれた。5月7日に今年の最高値を付けた後は毎日毎日下げ続けてしまっていたのだ。実に昨日までで10連敗であった!いやあ、それにしてもよくも毎日下げ続けたものだ。(苦笑)

最高値からの10日連続でのダラダラ下がりだったこともあり、奇跡的?にギリギリでプラスゾーンに踏み止まっている。気分的には大きくマイナスをしている感じだ。月末までプラスをキープできるかは微妙だ。日経平均は好調のようだが、私に関しては「Sell in May」が当てはまってしまったようだ。(涙)

原因は先日も書いた通りはっきりしていて私の持ち株で一番比率の高い「2154トラストテック」が大きく下げてしまったためだ。今月だけで-17%も下がってしまった。そろそろ売り物も枯れてきた感じなので下げ止まってほしいものだ。

一方で好調な銘柄もいてくれるので、ポートフォリオ全体を見直すというところまではいっていない。「3479ティー・ケー・ピー」は今月も調子がよく買値から2.7倍まで上昇してくれた。テンバガーは難しいと思うがファイブバガーくらいまでの上昇は期待しているのだが・・・。

5月30日が株主総会なので出席をして、社長の生きの良い話を聞いてきたいと考えている。シャンシャン総会ではなく、事業計画も説明してくれると期待をしているのだがねえ。

以前から気になっていることの一つに「定年退職したオヤジたちは家事を手伝っているのか?」ということがあげられる。各家庭によって事情は異なるのだろうけど私は極一部しか手伝ってはいない。ほとんどが妻任せだ。(汗)

「早退オヤジ家」は結婚以来妻は専業主婦であったため、わたしは子育て&家事は妻任せであった。しかし数年前から妻が契約職員として半日だけ中学校に働きに出てしまっている。健保や国民年金も自分で支払っており、理屈上は”無職”の私が家事全般を担当しないといけないはずだ。

妻から皮肉や嫌味を言われながらも頑として家事は少ししか行っていない。私が担当しているのはご飯炊き、ゴミ捨て、お風呂掃除、洗濯物の取り込み、買い物くらいでたまに掃除や夕食の準備をするくらいだ。やっぱり1日家にいる人はもっと家事をすべきなのだろうかね?

ただ私にも言い分はある。生活費は毎月現役サラリーマン時代の80%を毎月現金で渡している。それに加えて光熱費、通信費、税金、車等々の支出は全部私が支払っている。一方妻の方は一切稼いだお金を生活費には回していない。全部自分の懐にしまい込んでいるっぽいのだ。

なので私にもあまり強くは出られないのではないかと妄想している。(笑)私ももう少し家事の分担を増やそうかなと思うものの思うだけで実行まではなかなか進まないのが実態だ。退職者の皆さんはいっぱい家事をこなしているのだろうか?大いに気になるところではある。

今年は昨年に比べ個人投資家向けIR説明会への参加が減少している感じだ。話を聞いてみたいと思う会社の説明会が少ないということもあるが、こちらの参加熱意が少し薄れてきているのかもしれない。今回は久々の大和IR主催の説明会であったが、いつもよりは参加者の出足が鈍かった感じだ。

シークス株式会社 (7613) 代表取締役社長  桔梗 芳人 氏
当社は自社ブランドを持たないため、直接皆様が当社の名前を目にされるケースはありませんが、顧客企業のため、世界各国で電子部品の調達から基板実装、完成品組立や金型・成形のサービスなどを提供しています。電子化の広がりと共に当社の顧客企業もあらゆる事業分野へと広がりを見せており、今後も「グローバル」「自動運転」「IoT」等をキーワードに成長を続けて参ります。
シークスという会社は日本では珍しいEMSの会社であるということは知っていたが出自を聞いてびっくりしてしまった。インキ大手のサカタインクスの海外部門が独立してできた会社であるとのことであった。説明を聞いた後でもサカタインクスとEMSがどうしても結びつかない不思議な関係だ。

さて、当社は日本では一番大きいEMSの会社でユーザーの大半は日系企業だそうだ。フォンファイ等の台湾系のメガEMSのように完成品を大量生産するというスタイルとは一線を画している。意識的に付加価値の高い製品を選択受注する方針をとっているため、営業利益率は向上している。

日本でEMSというと下請けというイメージが強くあり一段下に見られてしまうことが多いように思う。基板への実装がメインらしいが部品の調達から完成品まで一貫生産をしている製品も増えてきているとのことだ。近年は車載用の仕事が急増中らしい。

社長の話を聞く限りマネジメントがしっかりしており、下手な完成品メーカーへ投資するよりもこのようなEMSに投資するのもアリかなと思わせるものがあった。大きく下げることがあったら飛びついてしまうかも・・・。

株式会社ティア (2485):代表取締役社長  冨安 徳久 氏
「最期の、ありがとう。」感謝と感動のご葬儀を全国へお届けするため、「サービス」「価格」「利便性」を戦略の基本方針とし、積極的な出店による徹底した差別化戦略を推進。2018年4月末現在、直営・フランチャイズ合計で98店を展開中。
当社はIRにとても熱心で私は少なくとも4回は聞いていると思う。社長の熱弁ぶりは相変わらずだ。投資対象としてはとても面白いのだが、なかなか買い付けるまでにはいっていない。当社のように地方で基盤を築きその後全国制覇に打って出るというストーリーは大好きなんだけどね。

株式会社オプトラン(6235):取締役専務執行役員管理部長 高橋 俊典 氏
当社は、2017年12月に東証一部に上場いたしました。最先端の薄膜成膜技術で世界市場をリードする研究開発型企業として、光学薄膜装置の応用分野拡大に挑戦し続けております。当社の薄膜装置はスマートフォン、監視カメラ、LED、生体認証やIoT分野など広範な製品に利用されております。
2017年にIPOをした時に興味深くウォッチしていた会社だ。大きく下げたら参入しようと考えていたがなかなかそういう展開にはならなかった。今回初めて直接会社の説明を聞く機会を得た。当社は光学薄膜装置のメーカーで、経営陣のほとんどが中国系の人材というのも珍しい。

業績は絶好調で増収増益が続いている。ただ現在はスマートフォン向けが74%、中国での売り上げが90%という極端な構成になっているのをどう判断するかで賛否が分かれると思う。当社が得意とする光学系の成膜技術の成長余地はまだまだあるが新規に参入してくる会社は技術的な困難さからあまりないようだ。

当社のビジネスモデルは製品を売っておしまいというものではなく、導入企業の生産ラインの立ち上げからメインテナンスまでを当社社員が行うというところに優位性があるようだ。キーエンスなんかにも通じるところがあるような感じだ。とても株価が下がるような感じはしないが機会があれば一度買ってみたいと思わせる会社ではあると思う。

西城秀樹が脳梗塞で倒れた後で亡くなったそうだが、私も脳梗塞の家系なのかもしれない。というのも東北の実家近くのグループホームに入所していた91歳になる母が今週脳梗塞で倒れ入院をしてしまったからだ。先週面会に行ったときは、ボケてはいたものの比較的元気に見えていただけに驚いてしまった。症状としては右半身がマヒしており口もきけない状況だ。

入院した病院はグループホームを運営しているので、手続きはスムーズであった。入院は長引きそうだ。実はこの病院の医療レベルはお世辞にも高いとは言えず、放っておくとリハビリはあまりせずに終末医療まっしぐらということになりそうな感じがしないでもない。

この点に関しては兄たちも同意見でリハビリに実績のある病院への転院も考えておいた方がいいのではないかということで評判の良い病院を探しているところだ。せめて特養老人ホームへ移れるくらいのレベルまで回復させたいというのが家族の願いだ。

母は今回が2度目の脳梗塞だ。10年位前に1度脳梗塞で倒れたことがあるがその時は奇跡的にほとんど後遺症は残らなかった。さすがに2度目となるといろいろと後遺症が残ってしまいそうだ。私は来週末にでも会いに行く予定にしているが、あまり悲惨な母の状態は見たくないというのが正直な感想だ。

倒れてすぐに面会に行ってきた兄の話では入院してすぐの状況はかなり悲惨であったらしくとてもショックを受けていた。来月アメリカに旅行を予定していたがキャンセルしたらしい。何とも気の毒だ。私も7月後半から欧州旅行を計画しているが今のところ予定通り決行する予定だ。

「新日鐵住金」から住金が取れて「日本製鉄」になるというニュースを聞いていろいろと複雑な思いが頭をよぎてしまった。というのも「住友金属」は私が初めて株式投資で株を買った銘柄で、しかもそれがテンバガーになるという記念すべき銘柄であったからだ。

もう10数年前になると思うが、私も40代半ばを過ぎ将来に向けての資産運用を考え始めた頃だ。そして定期預金だけの”資産運用”から株式投資と投資信託に踏み出すべく、投資に関連する書籍を買いあさって勉強をしたのを思い出す。株式投資に関しては「バリュー投資」で行くという方針を固め、何故か「住友金属」を選択したのだ。

当時製鉄業界は大不況で「住金」株は50円前後をうろうろしており、倒産するのでは?なんて陰口を叩かれるほど人気がなかった。他の製鉄会社と比較しても「住金」は株価が安値に放置されており、復配さえすれば化けるかも?と考え1万株を50円で買ってしまった。今考えると随分思い切ったものだ。

「住金」購入後は45円くらいまで下げる局面があり、妻の冷たい目に耐えながら生活したのは懐かしい思い出だ。3年くらい耐えた後は鉄鋼の市況も上向き「住金」の業績も改善して株価もぐんぐん上昇を始めた。復配もして結局数年後には株価が500円を超え初めてのテンバガー銘柄となってくれた。

初めて買った銘柄がテンバガーになるなんてことはビギナーズラックにせよ結構レアなケースではないかとちょっと自慢したい気分だ。(笑)リーマンショックの数ヵ月前に私は全保有株式を一旦売却をしたのだが、その時には「住金」株は約600円、配当は25円くらいだったような気がする。あのままずっと保有していたら一体いくらになってたのだろうかねえ?

今月の私の持ち株たちは前半は良かったものの先週からグタグタだ。地味に値を切り上げているモノのもあるのだが、大きく下げてしまう銘柄が必ず存在しているため全体としてはだらだら下がりが続いている感じだ。

足を引っ張っているのが私の主力銘柄の「2154トラストテック」だ。好業績の決算を発表後やたらと売られてしまっている。決算前は勢いよく上げていたのでその反動なのかな?決算の内容は文句のつけようがないと私には思えたのだが。

心配していた「2914JT」も落ち着いてきたようには見えるがどうなのだろうか。大きく上げなくてもいいので3,000円台で安定してほしいのだがねえ。今年になってパッとしなかった「2174GCA」と「1407ウェスト」が復活傾向にあるのが嬉しい。

買い付け候補としては本日ストップ安を記録した「8938LCホールディング」に注目している。売上が大きく期ずれしてしまったので、今期は予想に比べ大幅な減収減益となってしまったためだ。ディールが無くなったわけではないので来期は今期予定していた分が計上されるので大きく増収増益になるハズなのだが何か見落としているかな?

為替は米ドル円が110円台に乗ってきたので含み益ゾーンに突入をした。115円くらいまで行ってほしいなあ。トルコリラ円は中東情勢の不安定化もありまさかの25円を割れてしまった。悪い癖で思わず難平買いをしてしまったのは内緒だ。もう、こーなりゃ10年間で勝負だ!(笑)

本日は偵察のつもりで隣の市にある「緑化センター」なる施設に行ってみた。JAが運営しているのかな?花木が中心でちょこっとだけ、野菜苗や地元の直売野菜を取り扱っているようだ。ここもIR説明会に大量に押し寄せる年代の方でいっぱいだ。

花に比べて野菜の苗の種類はあまり多くはないものの、たくさん販売をしていた。私が知る中では一番苗の育ちがよく元気な苗が取り揃えられているのにはちょっとびっくりだ。しかも値段も安い。苗を買うときはもうホームセンターは止めてJA系の販売所にした方が良さそうだ。

最初は下見だけのつもりであったのだが、小玉スイカの苗(赤と黄色)が売っていたので衝動買いしてしまった。(冷汗)スイカは広い面積を使うので市民農園向きではないのだが、あまーく実ったスイカをイメージしてしまい、どうしても育ててみたくなってしまったのだ。サツマイモの苗も買いたかったが、こちらは断念してしまった。

「緑化センター」でスイカの苗を買った後に真っ直ぐ市民農園に向かった。何度眺めても植える場所がない。仕方がないのでキャベツにどいてもらうことにした。キャベツは4玉ほど生育中だが”強制的”に収穫をしてしまった。

普通に育てると全然耕作面積としては足りないのだが、今年は本で読んだことのある支柱に弦を這わせて立体的に育てる栽培法にチャレンジしてみることにした。キューリみたいに栽培するイメージかな?立体栽培法であればもう少し植えられそうなので、メロンかミニカボチャでも植えてみようかな。いずれにせよ全て初めてチャレンジをするものばかりなので、この夏がちょっと楽しみだ。

私もなんだかんだ言って株主優待制度に文句を言ったりしているものの、実は立派な優待乞食族の一員で、毎期毎期優待品が届くのを待ち焦がれている。やはりタダで物を貰うという行為は有識者からどんなに蔑まれたとしても、止められないものだね。(笑)日本で優待乞食が増殖の一途をたどっているのもわかるような気がする。

さて本日は私の今年の株主優待のラインアップを公開してみたい。2018年から加わったのは「ヒビノ」「マーチャント・バンカーズ」「すかいらーく」「JT」「KDDI」の5銘柄になる。「JT」は優待がオマケで付いてきたようなものだ。優待が改悪となった「ヴィアHD」は速攻で売却してしまった。

私の株主優待の特徴は食品&飲食系に偏重していることかもしれない。クオカードが1銘柄しかないのは優待族としてはかなり珍しいのではないかと思う。「ウェッズ」は高配当銘柄として購入していたがクオカードがオマケで付いてきたにすぎない。

近年の流行としてはECポイントを付与というのが増えてきているようだ。カタログギフトと同じようなものだが、銘柄に関わらず同じECポイント・システムを使っているのが特徴かもしれない。ポイントを共通で使えるようになるという話もあるようだ。そうなると「仮想通貨」ならぬ「優待通貨」になってしまうかも?(笑)

コード 名称 優待内容 金額換算
1780 ヤマウラ 長野県の特産品 3,000
2469 ヒビノ ライブハウスチケット 4,000
2538 JFL&A 取扱い食品 2,000
2914 JT 食品詰め合わせ 12,000
3003 ヒューリック カタログギフト 6,000
3121 マーチャント・バンカーズ ECポイント 20,000
3197 すかいらーく 食事優待券 33,000
3387 クリエイト・レストランツHD 食事優待券 60,000
3633 GMOペパボ ECポイント 3,000
4926 シーボン 化粧品&エステ券 12,000
5343 ニッコー 陶磁器 10,000
6430 ダイコク電機 ECポイント 22,000
6458 新晃工業 カタログギフト 3,000
7271 安永 滋賀県の特産品 3,000
7551 ウェッズ クオカード 10,000
7578 ニチリョク 梅&明太子 5,000
7593 VTホールディングス カタログギフト 5,000
8198 マックスバリュ東海 お茶/食品 5,000
8230 はせがわ ピエトロ製品 1,500
8285 三谷産業 ニッコー製陶磁器 3,000
8591 オリックス 地方名産品 5,000
8877 日本エスリード カタログギフト 3,000
9433 KDDI カタログギフト 3,000
9449 GMOインターネット GMO割引券 5,000
9468 カドカワ カドカワ関連購入権 3,000
9612 ラックランド 宮城県海岸部の特産品 6,000
9759 NSD ECポイント 4,000
9990 サックスバーHD 鞄自社製品 10,000

上記の中では裏優待銘柄の「ニチリョク」が優待を止めてしまう可能性があるのが気がかりだ。こればっかりは実際に優待品が届かないのを確認しない限り判断できないのが辛いところだ。株価的には優待廃止を織り込んでいるようだが。

ネットニュースを徘徊していたら、思わず自分の目を疑ってしまうようなタイトルの記事を見つけてしまった。筆者は自分年金評論家?だそうだ。

 仮想通貨で老後資金を準備するなら積立で購入、数年に分けて現金化がおススメ。

それにしても大事な老後の資金を仮想通貨で運用するなんてことをFPの資格を持っている人が書くとは信じがたい。筆者は仮想通貨も他の投資案件と同列に扱っているのがどうにも私には理解することができないのだ。

仮想通貨何て何の価値の裏付けのない”暗号化されたデータ”の一つに過ぎないと思っている。それの価値の源泉は希少性のみだと理解している。そんないつ価値が無くなってもおかしくない仮想通貨を老後資金に充てるなんて信じがたいことだ。まだチューリップの球根の方が花が咲くだけましだ。

私の頭が固いだけなのかもしれないが、プロのFPが老後資金のポートフォリオに仮想通貨を組み込むのをお勧めしているのには怒りすら感じる。筆者はご丁寧に税金対策まで書いているが、儲かる前提でしか書いていないのが読者を馬鹿にしているとしか思えない。

こういう駄文を読んで仮想通貨に手を出す人はいないと思うが、あまりに無責任な記事を読んでしまい脊髄反射をしてしまった。(苦笑)

このページのトップヘ