最近比較的多く参加をしている日本証券アナリスト協会主催の3月16日付の個人投資家向け会社説明会だ。最近出席者がやや少なく感じるのは気のせいかな。会場の前の方に座っているのは私も含め大体同じようなメンツなのに最近気が付いてしまった。(苦笑)

トラストホールディングス株式会社(3286):代表取締役社長 喜久田 匡宏 氏
駐車場事業・不動産事業を柱に、不動産小口化事業、水素水事業、メディカルサービス事業等、『医』『食』『住』の環境が整った地域社会の形成を目指して事業を展開しています。
福岡を中心とした駐車場運営を主とした会社だ。ここは福証のQボードに上場をした時から気になっていた会社でもある。上場時から配当がかなり良かったからだ。しかし福証のQボード上場であったので”怪しい”臭いがして投資をするまでには至らなかった。

今回ようやく社長の話を聞く機会があり、やっと会社の実態が垣間見えたような気がする。若い社長はオーナーではないものの創業時からの生え抜きでやる気に満ち溢れており創業社長と言っていい感じな印象を受けた。

とにかく駐車場ビジネスはほぼ確実に儲かるビジネスであるので規模を拡大していけば会社は成長し続けることができる。競合他社に比して規模で劣る当社はその方策として証券化ビジネスに力を入れている。そのパンフレットを見たがやはり”怪しい”感じは払拭できなかったが・・・。

ただ社長のやる気と会社を成長させようという熱い思いは十分に伝わってきた。このところ株価は謎の急騰をしており配当利回りはかなり下がってしまった。以前のレベルに戻るようであれば小規模で買い付けをするのはアリかもしれない。それにしても九州発の若い会社は魅力的なのが多いね。

日本ビューホテル株式会社 (6097):代表取締役社長 遠藤 由明 氏
浅草ビューホテルを旗艦ホテルとする「ホテル事業」を中核として、「施設運営事業」および「遊園地事業」を行っており、全国に直営11ホテル、提携7ホテル、遊園地1施設を展開。
「浅草ビューホテル」等で有名なホテル事業をコアビジネスとする会社だ。最近は自前の物件だけだなく運営だけを行っているホテルもあるとのことだ。会社側から社長を始めおっさんが4人ほど来ていたが見事なほどの金太郎飴集団であった。

社長は叩き上げのホテルマンで腰が物凄く低く言葉遣いも非常に丁寧だ。印象が残ったのはそういう立ち振る舞い的なことばかりで肝心の事業内容はさっぱり記憶には残らなかった。インバウンドの比重が高そうで、成長性という点では?かな。投資対象として私はパスだ。

株式会社プロトコーポレーション(4298):代表取締役社長 神谷 健司 氏
クルマ・ポータルサイト「グーネット」を軸にカーライフに関する情報・サービスを提供。中古車市場に加え、整備市場・新車市場への事業展開を通じて、更なる成長を目指す。
ここはかつて個人のバリュー投資家さんから絶大な人気があった銘柄だ。私も優待目的で100株だけ購入したことがあったが、優待の権利も取らず短期で売却をしてしまった記憶がある。その時は優待内容がしょぼいので他の銘柄に乗り換えてしまったはずだ。

中古車のポータルサイトとしては絶大なるポジションを確保しているもののややその成長に陰りが見られていたので次の成長の施策をどう考えているのか楽しみに社長の話を聞いた。中古車だけでなく新車や整備などへ横展開を図っていけばまだまだ成長できるはずと自信ありげに社長が語っていたのが印象に残った。

基本的にプロトのビジネスモデルは大した資本をかけずに手数料で稼ぐというものなので私が好きなタイプではある。ただ紙媒体からネット媒体へ移行してしまった現在参入障壁が低くなてしまったのが辛いところか。 社長の話では東証1部上場への希望は捨てていないそうなので、もうひと頑張りはしてくれそうだ。優待も以前よりは内容が良くなったようなので、株価がお安くなったら買ってしまうかもしれない。