昨日Amazonからいつものように”お勧めメール”が来ていた。通常ならろくに見ないでゴミ箱行きなのだが、何気なくじっと見てしまった。父の日キャンペーンでプライム会員ならKindle Paperwhiteが大幅に安くなるらしい。

早速AmazonのHPで確認だ。既にこの時点でAmazonのAIを駆使した電脳の甘い罠にからめとられていたようだ・・・。どれどれ、通常価格が14,280円の「Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック」が7,000円引きの7,280円だと!しかも6月18日の注文限定!

今までKindleは気にはなっていたものの私の物欲ベスト5には一度も登場したことがなかった。既に自宅にはタブレットが4台もあるからだ。しかしあまりの安さに気が付いた時にはポチってしまっていた。(冷汗)まさに衝動買いとはこのことだ。

Amazonからいろいろな付属品も”お勧め”されたのだが、さすがにそれらは鉄の意志をもってポチらなかった。(笑)Amazonのポイントが293円分あったのでそれを支払いに充てた結果、最終的には6,987円の支払いとなった。Amazonはホントに商売上手だね。

さて、ハードは買ってしまったがホントにこのタブレットで読書をするのだろうか?ネット上では読書用としては使い勝手が良いということで評判は上々のようだ。実は定年退職後は電車通勤がなくなってしまったこともあり読書をする時間が極端に減ってしまっていたのも事実だ。

10インチのタブレットでdマガジンのコンテンツである広範なジャンルの雑誌類をザクッとは眺めているが、本格的な文章はほとんど読んではいない。読みたい小説や新書はないことなないのでKindleで読めるものなのかどうか確認をしてみたいと思う。

しかしホントに衝動で買ってしまったので使い倒せることができるのか自信はない。少なくとも来月に行く予定の欧州旅行が本格的な出番になりそうだ。