2016年09月23日

玉屋 良子

インフルエンザの特効薬、タミフルってのは効くね~!
薬が効いていると、正常な健康体と変わりませんよ。
しかし、薬が切れると症状が現れ始めますから、まだ安静にしなくちゃです。

で、タイトル名ですが、実はこれです。

image


TAMAYA MEDUSA と言う竿と、
RYOKO QUATTRO と言うリールです。
そう、また買っちゃいました。

誕生日プレゼントで購入した竿は、ミディアムライトの硬さでしたが、
もっと柔らかいものが欲しくなりました。
リールは、軽いオモリを使うと、バックラッシュが多く発生するため、
軽いオモリでも使いやすいものを探していました。

で、たまたまユーチューブでこの竿とリールの紹介動画を見つけて、
こりゃあピッタリだな~、と思ったわけです。
今回は、日本の名前っぽいのですが、タイの製品みたいです。

image

image


竿は2ピース6フィートのウルトラライト、一番柔らかいタイプです。
リールは、スプールが2個付属されてまして、溝の浅いシャロースプールに、
PE1号を80m巻きにしました。

さ、では、試してみるか。

image


なかなか良いです!
この日は、この竿とリールだけ使用して、バラマンディを10匹釣りました。
ジャックマのウデが未熟なため、バックラッシュはしますが、
その回数が激減し、快適な釣りが出来ました。
しばらくはこのタックルを使い倒そうと思います。  

Posted by kumclaren at 15:27Comments(0)TrackBack(0)

2016年09月22日

南国なのに、かかった!

image


まさかの、インフルエンザにかかってしまいました。
インフルってのは、寒いからウイルスが生きていられるんぢゃねぃの?
ま、連日の釣りで、体力が落ちていたのかもね。
インフルエンザは自身初、かも知れません。
薬を飲んだら、関節の痛みも和らぎました。
日曜日まで、お休みです。
皆さん、インフルエンザには注意しましょう。  

Posted by kumclaren at 12:37Comments(0)TrackBack(0)

2016年09月07日

タイの管理釣り場 de ルアー釣り

すでに9月に入ってました。
ここんとこ、ホテルに帰ってきてからは勉強していた為、
ブログをほったらかしてました。
え?何の勉強か、って?
もちろん、ルアー釣りです。
いゃあ~、釣りは奥が深いね。
釣り方が変わると、また覚えなくちゃならないでしょ?
ほんと、釣りは一生の趣味にできますわ。飽きないもん。

で、冷緑さんがタイに来ている間は、土日の両方とも、
釣りをすることにしました。
幸い、タイは台風が来ないですし、地震も有りません。
管理釣り場はホテルから1時間で到着しますから、長い時間、釣が出来ます。
朝6時から夜6時まで、12時間耐久が可能です。
しかし、昼間は日差しが強いため、休憩しながらになりますがね。

で、管理釣り場では何が釣れるか?

まずはこれ、バラマンディです。

image

image


日本のスズキ、シーバスの仲間です。アカメとか言ったかな?
ま、このサイズは小さいほうです。
タイ語で、プラー・ガポンです。

お次は、ジャイアント・スネークヘッドです。

image

image


日本の雷魚の仲間です。
タイ語で、プラー・チャドーと言います。
こいつ、かなりの暴れん坊将軍です。

他には、あんまりルアーでは釣れませんが、
レッドテール・キャットフィッシュがいます。

image

image


この管理釣り場は、エサ撒きの時間が有りまして、
ジャックマはそのドサクサ紛れに便乗してルアーを投入し、
格闘の末、釣り上げました。

その他は、冷緑さんが釣り上げた魚がいまして、
まずはテラピア。

image

image


こいつ、全く抵抗しなかったみたいで、釣り甲斐の無い魚だったようです。

次は、ジャイアント・カープです。

image


でっかいコイですわ。
こんなの日本でも釣れるだろうさ。
わざわざタイに来て釣らなくても、ね。

で、ぷちインチキで、大物を釣ってました。

image

image

image


トレッドフィン、サメみたいに背ビレが有りますが、ナマズです。
たまたま冷緑さんの目に止まる場所に、ペレット状のエサがあったので、
仕方なく使ってみた、らしいよ。
そりゃあ仕方ないよね。
フェラーリが鍵付きのまま、ドアが開いていたら、
誰だって乗るに決まってます。
少なくとも、エンジンかけちゃいます。
そう言うもんです。

で、釣ったサカナは料理してもらえますので、
日本では食えない雷魚、料理してもらいましたよ。

image


雷魚チャーハンです。
雷魚は唐揚げにしてから、チャーハンに入れて、混ぜてありました。
これ、すっげぇ~ンめぇ~!
雷魚は白身で、臭味が無く、淡白な味でした。

そしてトムヤム雷魚です。

image


雷魚、淡白過ぎて味が無い。
タラの身に似ていて、無味無臭なもんだから、スープの味しかしませんでした。
ま、これはこれで有り、ですね。

と言う訳で、今週も釣りに行ってきます。
土曜日はイカダ釣り、
日曜日は管理釣り場です。

いゃあ~、毎日が充実してて、イープンには帰らないと思います。
しょうがないよね。うん。  

Posted by kumclaren at 21:00Comments(0)TrackBack(0)

2016年08月31日

自分へのプレゼント

ついに、40代最後の年をタイで迎えました。
おめでとう!ありがとう!

で、自分へのプレゼントとして、
買っちゃっちゃあ~!

image


え?前回買ったんぢゃねぃの?
いやっ、違うンですよ。
前回は、スピニングリール用のバスロッドでした。
今回は、ベイトリール用のバスロッドと、両軸リールです。

あ、そいや、前回の釣果報告をしていませんでしたね。
まさに、ビギナーズラック。
まずはバラマンディ。日本のシーバスみたいなもんです。

image


魚の引きが良く、ジャンピングします。
いわゆる、エラ洗い、ってやつね。

お次は、ジャイアントスネークヘッド、
日本の雷魚を凶暴にしたやつです。

image

image


魚の引きはバラマンディよりも強く、ジャンピングもさらに激しいです。
更に歯が鋭いため、リーダーを切られてしまうことも有ります。

この2種類が釣りのメインターゲットですが、
餌やりのドサクサ紛れに、レッドテール・キャットフィッシュが釣れます。

image

image


こんなもん、もうサメみたいなもんです。
ドラグは効かないくらい、引張られマクリでした。
これが楽しめるのは、タイならではです。

で、やっぱりスピニングリールも良いけど、
慣れ親しんでいる両軸でも釣りたくなり、
調子に乗って買っちゃっちゃ訳です。

バスロッドは両軸用のもので、
スピニングリール用と竿の硬さが一緒のものにしました。

リールは、巻き心地が良く、ルアーも使えるし、海でも使える、
Abu Garcia Revo ALT
です。
スプールの回転が良すぎて、ルアーを付けて試しにちょっち投げて見たら、
見事にバックラッシュして、道糸が大変な事になりました。
遠心クラッチが付いてはいるものの、効きが悪いみたいです。
やっぱりサミングをした方がいいみたいね。

さ、今週の土曜日に実践投入です。
それまでは、投げてもバックラッシュしないよう、腕を磨いておきます。  

Posted by kumclaren at 00:18Comments(0)TrackBack(0)