2018年04月09日

きたコレ

P_20180409_194005


ふとしたきっかけで,3月にスマホを切り替えました

その影響からか,どっとコムの更新を忘れていて,
さらにログインIDも忘れそうになっていました。
せめて月に一回,月報みたいに更新しないとね。

で,4月12日から16日まで,ソンクラン休みとなります。
この間を利用して,日本人は一時帰国をするのですが,
日本に行ったからって,皆さんは仕事中ですから,
結局グータラな生活をすごしてしまうでしょう。
だったら,タイにいたほうが良いんじゃねーの,と。
よって,5日の休みのうち4日,釣りに行って来ます。
さて,何匹釣れるかな?

では今回の写真について。
先週末,日本に行って報告する必要があったのですが,
この役をタイスタッフに任せることにしました。
結果,行った本人にとっても,よい経験になったと思います。
そのお土産として,目薬をリクエストしておきました。

これで4こ,コンプリート。
このシリーズは,これからも続けて欲しいです。
まずは麦わら一味を出しながら,サブキャラも出していけば,
30種類くらい,いけるでしょうよ。

次回,新製品が出たら,教えて下さいね。
買い置きしてもらっても,よかですよ。  

Posted by kumclaren at 22:37Comments(0)

2018年02月12日

38年振りの歯医者さん

先週あたりから、左の2番目の奥歯に違和感がありました。
痛いわけではないんですが、舌触りが今までと若干、違う感じなのです。
舌先で探っていたら、舌先が切れてしまい、
目で良く見たら、奥歯に小さい穴が空いていることが分かりました。
どうやら、詰め物をしていたものが取れてしまったようです。

で、歯医者さんに予約をした際、心配したのが、
駐在員の保険が使えるのか、と言う点です。
実費請求されるとイヤだな、と思いましたが、虫歯の治療なら保険対象でした。
良かった。

いざ、歯医者さんに行ったのですが、実に小学6年生以来になりますから、
38年振りの歯医者さんです。
座ったままレントゲンが撮れますし、イスも電動でフルリクライニングしました。
やはり38年の歳月は、近代設備に浦島っちゃいました。

担当の先生は、東京医科歯科大学を卒業したタイ人で、日本語ペラっペラ!
全て日本語で話が出来ました。

で、虫歯の詰め物は、金属、セラミック、プラッチックの3タイプから選べるようです。
今日中に治療が完了するのは、プラッチックでしたので、
プラッチックを詰めてもらうことにしました。

古い詰め物を削っていくと、奥歯にポッカリと穴があき、あらたに虫歯が進行していました。
キュイ~ンという音は、背筋が寒くなリますね。

プラッチックの詰め物は、特に熱を感じませんでした。
どうやって詰めたんだろう?

で、無事に治療完了。

image


費用は会社持ちになるため、サインだけです。
治療完了のお祝いに、ご飯を炊きました。

image


やっぱ、歯は大事ですね。
これからも注意したいと思います。  

Posted by kumclaren at 00:37Comments(0)

2018年01月02日

初詣と、ピンクの象さん

image


若干遅ればせながら、初詣に行って来ました。
今年はタイ語の先生から聞いた、未年の人がお詣りに行ったほうが良いとされる、
ワット・ポーソートン
と言うお寺です。
バンコクからはだいたい車で1時間かかりますので、
社用車を使い、運転手もお寺に同伴して、お詣りの作法を教えてもらいました。

image

image


キレイな建物です。朝っぱらから、かなり混雑していました。
とは言え、浅草寺や、寒川神社に比べたら、大したことはないです。

image

image


無事、お詣りを済ませましたよ、の証拠写真です。
半袖です。日本では寒くて無理だよね。

このお寺には、変わった仏像がありました。

image


おヘソに穴があいていて、その中にコインを投げ入れます。

image

image


無事、投げ入れに成功しました。

このお寺は、タイ人にも有名な、本気でお詣りする場所です。
観光客は相手にしてないような感じでした。
タイ人の信仰深さを改めて感じさせる場所でした。

では続きまして、ピンクの象さんで有名な、ワット・サマンです。

image


どうですか、みごとなピンクの象さんでしょ?
どうやらインド系の神様で、タイ語では、
パ・ピ・カネー
と言います。

image

image


中には銅像があり、金箔を買って、銅像に貼っていくようです。
銅像が、金の像になっています。

image

image


その他、観音様かな?キレイな仏像です。

また、キレイな江ノ島もあります。

image


ちょっち、ちぃっちぇ~けどな。
ちゃんと上陸出来るんですよ。

で、お守りを買っておきました。

image


タイでは、お守りの料金を、お布施として寄付するような感じです。
タイ語では、タンブーンと言います。
日本のお寺のような、商売ッケは無く、
ほとんど買ってない、ような気がします。
注意すべき点は、お寺の中で手に入るものが本物で、
いわゆる商店街のような場所はほとんど全て、コピー品です。
商店街では、タンブーンにならないからね。

最後は、銅鑼の一本締めです。

image


ここはタイ人の観光スポットと言う感じでした。
まともな仏像だけでなく、
ドラえもん、アラレちゃん、パーマン、ドラゴンボールの悟空など、
絶対に許可取ってね~だろ!
と言うのもふんだんに取り揃えてあります。
そんなのもひっくるめて、タイは面白い国です。

タイに来た時の観光スポットにしてみたらいかがでしょうか?  

Posted by kumclaren at 15:51Comments(0)

2018年01月01日

迎春酒

image


今年もよろしくお願いします。

新年早々、お酒をかっ喰らいながら、社会人駅伝を観ています。
初詣は、明日、ピンクの象さんが神様のお寺に行って来ます。

駅伝とか、マラソンは、タイ人はやらないんでしょうから、
TV中継は観ないんでしょうよ。
タイ人は、ちょっぴり歩くこともしませんから、
すぐにバイクタクシーを使っています。
マラソンなんか、有り得ないんだろうな。

で、今年の迎春酒は、新潟県長岡市で生産された、久保田の千壽です。
吟醸で、まさに日本酒を呑んでいる感が強く、とても美味しいお酒です。

酒のつまみは、ミックスナッツで。
タイで生産されていますよ。

社会人駅伝では、芸名か?と思ってしまうような選手が走っています。

God's Earth

さすが、良い名前だから、期待大です。
レースコントロールも上手いですな。

マラソンだけに、そうこう(走行)しているうちに、
フィニッシュ地点が近づいて来ました!
優勝は、マラソン兄弟のいる会社でした。イヒ。
おめでとう!ありがとう!

フィニッシュとともに、お酒もフィニッシュです。
続きまして、このお酒です。

image


東京は下町、北区で生産された、吟の舞です。
純米大吟醸ってことで、クイックイ、呑めてしまうような感じです。
720mlなんざ、ペロペロペロ~ん、ですな。
さらに亀田の柿の種が3種類揃っちゃったら、もはや無敵です。
わさび味を筆頭に、梅味でスッパさを感じつつ、
オリジナル味で日本の味を確かめます。
柿の種、これは亀田が1番ンまいね!
なぜなら、柿の種にピーナッツが絶妙な配分で入っているからです。
柿の種だけでは、次第に辛さが増えてしまいますが、
ピーナッツがそれを中和してくれるんです。
これはまだ、タイのコピー商品は見たことが無いです。

さ、酔っ払ってきましたので、今日はこの辺で。
今年もどっとコム、ボソボソと続けていきますので、よろしくちゃん。  

Posted by kumclaren at 13:29Comments(0)