2006年11月29日

眠いので簡単に。
とにかくラストが美しかった。
そして俳優は本当に訓練されていた。
独特の発声法で、観客にも一種の緊張感と言うか
集中力を強いる公演であったが、楽しめた。
観劇できてよかった。
演出の鈴木忠志氏とお話する機会があったが、
本当に魅力的な方で、67歳とは思えない若々しさと
エネルギーに満ち溢れていた。
明日は蜷川演出の舞台でおなじみの壤晴彦氏が演出の
『鶴八鶴次郎』
早く寝ないとまずい・・・。

kumi1203kumi1203 at 03:19│コメント(1)トラックバック(0)演劇 │

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by トム(snail-house)   2006年12月10日 17:21
おつかれさまです!
遅くなりましたが、「シラノ・ド・ベルジュラック」の感想ブログを集めた記事を作ったので、リンクとトラックバックをさせてもらいました。
いろんな感想が集まっているので、もしよろしければ見てみてくださいね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字