懇談会にて落胆すガレキ畑でつかまえて

2009年05月07日

押入れにまつわるエトセトラ

最近 実家の押入れをみんなで片付けています。
ほとんどがゴミだったのでは!?という程、大量の不要物が出ていますが
中には処分に困るものも。

特に くみゴの13〜14年前のスノボウェアの異臭は強烈で、
押入れから出すことには躊躇しましたが
捨てることには一切の迷いもありませんでした。
押入れの床板にも染み付いたその異臭、
一体 何をどうすればあんな臭いになるのでしょうか?
もしハタチの頃に戻れるならば 聞いてみたいものデス。

また どこの家の母も同じかもしれませんが、
くみゴ母も 三姉妹の幼少時代の記録を、丁寧に保管してくれていました。
しかしながら 当時でさえも見たくなかった成績表やテストカードを、
この先 一体いつまで 保管すれば良いのでしょう。
健康手帳や日記の類は、わが子の成長と照らし合わせるなど、
微笑ましい光景が予想されますが、
くみゴの場合 絶対めえの目に触れない場所へ葬ることしか頭に浮かばず、
保管の意義が問われマス。

今回も捨てようとしたところ 実家の家族のすすめもあり(何故?)
とりあえず残しました。
「保管しておいても良い成績表」とは、後で眺めたくなるような
良い成績だけと断言できますネ。

でも 卒業証書は、筒もろとも捨てましたョ。
だって 最終卒業校の卒業証明書は取得が必要な事もありますが、
証書を家から持ち出す機会は ほとんどナイですよね。

以前会社から「卒業証明書」の提出を言われた際、何の疑いもなく
「卒業証書」を筒ごと提出したくみゴ。幸いにも筒を持参した同期が
もう一人いましたが(ただ彼女は長年の海外生活から帰国したばかりだった)、
その時の担当者の笑いをおさえた顔が 未だに忘れられず、
卒業証書はちょっとしたトラウマへと変わりました。

とりあえず くみゴの次なる廃棄目標は 成績表です。

<最近のめえ>

学ランが ジャージと一緒に洗濯カゴへ丸めて放りこまれていました。



kumigorou3113 at 21:28│つぶやきくみゴロウ 
懇談会にて落胆すガレキ畑でつかまえて