ハワイアン・フェスティバル/尾崎紀世彦
RIKOさんから情報を頂き予定表に記載していましたがチラシを見つけました。
10月9日(月・祝) 14時開演
日比谷公会堂
チケット販売/問い合わせ
(株)小林小屋(←主催)   
03−3513−5762
(株)本間プロダクション  
03−5477−2007
ココミュージックスタジオ 
03−3586−3840
ローソンチケット・ドット・コム

S席:10,000円 A席:8,000円

出演
尾崎紀世彦
三島敏夫
佐々木敢一
南かおる
ジョージ松下
渡辺正典
雪村いづみ
ミッキーカーチス
山下敬二郎
ウィ-リー沖山
デニー白川

バンド
アロハスターズ
コニーアイランダース
ハニーアイランダース
白石信とナレオ・ハワイアンズ

フラ
カレイナニ早川・カレイナニシスターズ
マイレ本間・カルアシスターズ
レフアナニ佐竹
クウレイナニ橋本・クウレイナニ・トロピカーナ
カプアウイ村田
スパリゾート・ハワイアン・ダンシングチーム

スペシャルゲスト:立川談志

司会:鈴木治彦

※都合により出演者が一部変更になる場合がありますので、
予めご了承ください。

後援:日本ハワイアン音楽協会、全日本フラ協会
月刊Hawaiian Fan

企画・構成:小林哲也(株式会社小林小屋)

演出:勝田 稔(株式会社ウイニング・ラン)

音響:株式会社フリーウェイ

照明:有限会社大庭照明研究所 

ハワイアン・フェスティバル裏



(追記 06.10.11)
行って来ました日比谷公会堂。
まずはプログラムをアップします。
ハワイアンフェスティバル2/尾崎紀世彦

ハワイアンフェスティバル2/尾崎紀世彦


キヨは第1部でコニーアイランダーズと共演しました。
ステージが暗くなり、前のハニーアイランダーズと交代して演奏が始まったので
当初はキヨがメンバーと一緒に演奏しているのに気付きませんでした。
何気なく見ていたらキヨ様が一番左でギターを弾いているではないですか。
その後に他の歌手が歌った3曲「オンザビーチアットワイキキ」「森の小径」「クウイポイカヘエポエネエ」は記憶にありません(笑)ごめんなさい。
キヨのギターの先に薄い紫色の動物のマスコットが貼り付いていて可愛かったのですが私は何の動物か分からなくて真剣に検討していました(笑)

キヨが歌った曲は「フラオマキ」「サノエ」「プープーヒヌヒヌ」の3曲です。
コニーアイランダーズの演奏もきれいな音色でした。

「フラオマキ」は『BSふれあいホール』でも歌いましたね。
うわあ〜!!!この声、この声、この声、キヨの声!!!
ノリノリの曲でワンフレーズ終わるごとに会場から拍手が。
感動して泣きそうなkumiko。
途中で「はいあ〜」と裏声の掛け声も入っていました。

「サノエ」
会場じゅうに響き渡るキヨの声。まさしくパラダイス。
なんていいお声なのでしょう。しっとりと歌い上げました。
歌い終わったあとに司会の鈴木治彦さんとトーク。
鈴木さん「いい曲ですね。」
キヨ「はい、不倫の歌ですから。」(会場笑)

キヨと鈴木さんの家は昔、茅ヶ崎で隣同士だったそうです。
キヨ 「隣りにトムという犬がいまして、あいつには、よく吠えられましたわ。」(会場笑)
そのトムが垣根にあけた穴から鈴木さんと行き来していたそうです。
鈴木 「うちのおふくろも喜んだもん。『また逢う日まで』でレコード大賞とった時なんか『あの坊やが取ったわよ』って。」
キヨ 「もういいの。とお〜い昔のことだから。」(会場笑)

「プープーヒヌヒヌ」はコニーアイランダースの裏声の岩佐三郎さんとデュエットしました。
キヨが曲を説明して、「子守唄です。おばあちゃんが『貝を耳に当ててごらんなさい。潮騒の音が聞こえるでしょ。だから安心して寝なさい。』という意味の歌です。」
「英語で言うと『おならをしろしろ』という意味です。」(会場笑)
途中で岩佐さんと一緒に声をなが〜く伸ばして観客を喜ばせていました。

キヨは髪を短くカット(ビジネスマンくらい)して真ん中分けしていました。
濃い栗色(?)で、両側の髪は少し後ろに流れていました。
ハワイアンに合わせてカットしたのかもしれませんね。
最近は髪を伸ばしているのかと思っていたら、事も無げにカットするところがキヨらしいと思いました。
伸びるのも速いので自由自在ですが。

アロハシャツは白地に模様が入っていました。
右袖の肩寄り、左袖の肘寄り、左背中あたりに小さな葉をたくさん縁取ったような黒い模様があり、
前身頃には縦に細かい葉のような2色の模様(ターコイズとライトサーモンに近い色彩)。
そしてグリーンの葉の大きなレイを肩に掛けていました。黒いパンツと靴でした。
派手過ぎず地味過ぎず凝ったデザインで、センスいいなぁと思いました。

フィナーレで全員一緒に「アロハオエ」を歌った時には横縞のラガーシャツの襟元に葉のレイを巻き付けて、白いハーフパンツ、横に2本線が入った白いソックスに白いスニーカーというお姿。
平均年齢の高いステージ上で一層若くて爽やかでした。
目立たない一番うしろの左端の壇上に立って、時々隣の方と笑顔で話していました。

14時から始まったショーですが終了したのが、まさかの18時20分。
夕飯の準備もせずに出かけたのでキャベツ(笑)を抱えての駆け込み帰宅でした。
おまけに忙しくて昼食も食べていなかったのでフラフラ。

フラダンスも綺麗で華やかで素敵でした。
錚々たるメンバーが踊りましたので映像として残してほしかったです。

本日11日の朝日新聞朝刊の30ページにコンサートの記事が載っていました。
幅10センチくらいのフイナーレの写真に、立川談志さん、ミッキー・カーチスさん、雪村いずみさん他が写っています。記事には以下のように書いてありました。
『ミュージシャンやフラダンサーら100人以上が集まり、4時間余りにわたって多彩な曲を披露。・・・(途中略)・・・コンサートのきっかけは、6月に81歳で亡くなったスチールギターの名手、大橋節夫さんの通夜。音楽プロデューサーの小林哲也さん(69)が「追悼コンサートをやろう」と言い出した。企画は、灰田勝彦・晴彦兄弟やバッキー白片ら亡くなったスターをしのぶコンサートに発展した。・・・(途中略)・・・企画した小林さんは「最近のフラダンス人気に比べ、音楽のハワイアンは落ち目。これを機会にぜひ再興させたい」と話した。』

(追記 06.10.13)
「両毛ハワイアンクラブ ブログ」 (10月12日)にキヨの写真が3枚ありました〜!!
上から5番目、6番目と一番下です。

2番目の写真はカレイナニ早川さんです。

キヨは白い巻き貝のようなネックレスをしていました。