CD化されていました。
愛だけあれば/尾崎紀世彦
「愛だけあれば」は1986年の映画『南へ走れ、海の道を!』(松竹富士)の主題歌で
三浦秀美とデュエットしています。

A.愛だけあれば    作詞:高見信吾 作曲:小田裕一郎 編曲:笹路正徳
B.星をながめながら 作詞:JIM&SHOW 作曲:羽場仁志 編曲:笹路正徳

発売元:日本ポリスター  
ポリドール株式会社  D07C−1013

この2曲は未CD化と思っていたのですが「愛だけあれば」が以下のCDに収録されていました。
愛だけあれば/尾崎紀世彦
「奥山和由プロデュース作品サウンドトラックコレクション」 
1995年 VPCD-81094  VAP INC.

映画のサントラLPがシングルレコード発売と同年の1986年にPOLYSTARから出ています。 
南へ走れ、海の道を!/尾崎紀世彦南へ走れ、海の道を!/尾崎紀世彦

南へ走れ、海の道を!/尾崎紀世彦

「愛だけあれば」  フルコーラス
「MAIN TITLE THEME(愛だけあれば)」  曲のみ 25秒くらい
「REIKO'S THEME〜LOVE THEME(愛だけあれば)」  曲のみ
「END TITLE(愛だけあれば)」  ワンコーラス

上記の「愛だけあれば」と「END TITLE(愛だけあれば)」は別テイクで
歌い方も少しずつ違います。
「Oh this one's for real」の「Oh」が顕著です。
そして「愛だけあれば」の前奏はピアノだけですが
「END TITLE(愛だけあれば)」は弦楽器が入っています。

美しいメロディでスケールの大きなこの曲が当時ヒットしなかったのが不思議です。
聴けば聴くほど素晴らしくて、キヨの魅力も存分に表現されています。

歌詞全体の半分が英語ですがロマンチックでトロケそうです。 
1番のスタート「You are my love」
2番のスタート「Look at me now」
ここからしてクラクラしそうですが1番と2番でペアになっている歌詞が好きです。
1 「過ぎた季節にいまSo Long」
2 「めぐる季節のなかMove on」

1 「いつまでもin my life」
2 「どこまでもby your side」

1 「You know I can take
  All the pain」

2 「You know I can take
  All the storm」


とても残念なのが映画の中身で、リンチや殺人の連続でした。アチラの世界のお話です。
あまりの内容に映像を早送りしたのでストーリーをほとんど理解していませんが
「復讐に行った話」のようです(汗&笑)
大量殺人のエンディングにゲッソリしていると
美しい海の風景になり「愛だけあれば」が流れます。
「ゴッドファーザ〜愛のテーマ」も映画の内容と対照的なメロディでしたが
それを意識してのことでしょうか。あまりのギャップに戸惑います。

「MAIN TITLE THEME(愛だけあれば)」と「REIKO'S THEME〜LOVE THEME(愛だけあれば)」が
映画の途中で流れているかもしれませんが丁寧に観ていく気になれません。
どなたかタフな方、よろしくお願いします。

この映画はレンタルビデオ屋さんにありました。
映画の内容を全く知らずに店員のお兄さんに探してもらいました。
見つかった時に飛び上がって喜んだ私は、さぞ変なオバサンと思われたことでしょう。
例の「週刊アサヒ芸能」を買ったり、やくざ映画を観たり多忙な日々です(笑)

(追記)Movie Walkerに映画のストーリーが書いてありました。

(追追記)ビデオのジャケットがありました。やっぱり内容すごいかも。
南へ走れ、海の道を

(追追追記)DVD、ポスター、テレカの画像を掲載します。
DVD
minami南へ走れDVD2

ポスター
南へ走れポスター南へ走れポスター2

テレカ
南へ走れテレカ

(関連記事) カセットテープ「南へ走れ、海の道を!」   DVD「南へ走れ、海の道を!」   テレビ『南へ走れ、海の道を!』