とても素敵なディナーショーでした。
いつもよりも、たくさんお話をしてくださって嬉しかったです。
↓チケット
エクシブ琵琶湖/尾崎紀世彦
昼の部のセットリストは次の通りです。
(P)は若宮功三さんのピアノで、その他はカラオケ。

愛する人はひとり
季節風
Blue Christmas(P)
White Christmas(P)
All Of Me(P)
Georgia On My Mind(P)
Ei Nei(P)
慕情(P)
All The Way(P)
Danny Boy(P)
サマー・ラブ
ゴッドファーザー~愛のテーマ
さよならをもう一度
~アンコール~
また逢う日まで
帰り来ぬ青春(P)

特に「慕情」では、自分の心臓が高鳴って血圧が上がるのが判りました。アブナイ、アブナイ。救急車を呼ぶのは避けたいし。

若宮さんのピアノに誘われて即興でワンフレーズ歌ってくださいました。
昼の部では「酒とバラの日々」、夜の部では「ラブ・イズ・オーバー」。
ワンフレーズでも心がトロケますよね。

tammyさんとエスパイさん&みいさんが投稿してくださいましたので、以下に引用させていただきます。

tammyさんのご投稿
『おはようございます。私@彦根ビューホテルロビーです。夜の部、とっても、とっても堪能しましたぁ!!!
コンサートは尾崎さんの歌とそのステージングを楽しみますが、ディナーショウは、それだけではなく、やはりお食事や会場のしつらえ、そこで働く人たちのサービスなど、総合的に楽しみたいものです。エクシブ琵琶湖は、近年、稀に見るお食事がすっごく美味しかったです。また従業員の方たちの「ホスピタリティ」精神に基づいたサービスも心地よかったです。「CS・顧客満足度」の意識が浸透しているのだと感じられました。

尾崎さんは、歌だけでなく茶目っ気のある愉快な会話を随所に挟み、モノマネや小話はありませんでしたが、スッキリとした流れで充分に楽しめました!!!
そして、そしてアンコールで2曲も歌ってくださいました。お馴染みの「また逢う日まで」は予測できましたが、な、な、なんと「帰り来ぬ青春」だったのです。もう、嬉しくて嬉しくてイスから飛び上がりそうになりました(笑) 会場でお会いできたファンの皆様、お目にかかれて嬉しかったです。ありがとうございました。ショウの後、私とユウさんは、イルミネーションの美しい中庭を眺めながらお茶をして、月明かりの下、その庭を散策してからホテルに戻りました。』


エスパイさん&みいさんのご投稿
『少し早いですが、私達にとって最高のクリスマスになりました。
札幌に続き、米原でも極上のキヨのステージを見れて、この上ない幸せです。
セットリストは札幌とは少し違いましたが、その分「帰り来ぬ青春」が入ったり、
個人的には即興で「ラブ・イズ・オーバー」をワンフレーズだけ若宮さんのピアノと共に歌っていただいたのが、すごく新鮮で良かったです。
欲を言ってはきりがありませんが、できれば食事の時間をもう少し短めで、
その分あと2~3曲なんて考えてしまいました・・・それこそ「贅沢言わないの!!」
ですね(笑)
今年もキヨさんにパワーをたくさんいただき、ありがとうございましたの気持ちでいっぱいです。

会場でお会いできたファンのみなさま、ありがとうございました。』


以上です。tammyさん、エスパイさん&みいさん、早速のご投稿、ありがとうございました。
食事のテーブルでは、偶然9人中7人までが顔見知りの方でうれしかったです。
皆さん、とても楽しんでいらっしゃり、目がハート型になっていました(笑)

食事メニュー
エクシブ琵琶湖/尾崎紀世彦

エクシブ琵琶湖/尾崎紀世彦

特に嬉しかったのが、デザートの名前です。ケーキ等の盛り合わせがきれいで美味しかったです。
エクシブ琵琶湖/尾崎紀世彦

会場で進行のアナウンスがあったのですが、その方のブログ「ボイスクリエーション」に記事がありました。
尾崎紀世彦さんのショーが素晴らしかったのはモチロンですが、
エクシブ琵琶湖のゴージャスな建物と宴会場、従業員の方々の素晴らしい接客、とても美味しいお料理に、大変満足しました。
半日セレブを味わうことができました。もしお金持ちだったら会員になりたいところです。

デザートの名前 「また逢う日まで甘い琵琶湖の思い出と共に」
今年のライブが終わりました。
尾崎紀世彦さん、若宮功三さん、皆さん、素敵な時間をありがとうございました。
次のライブが待ち遠しいです。「甘い思い出」なのに、せつないです。

ご投稿は元の記事にお願いします。