間が開いてしまいましたが、ようやく沖縄旅行最終日の更新です。

事前の天気予報で、3日間雨だったのですが、2日目までは何とかもったお天気も、とうとう雨模様となりました。
せっかくの沖縄で雨模様はちょっと残念ですが、雨の日用にとっておいた『美ら海水族館』に予定通りGO です。(笑)

今回泊まった『ラグナガーデンホテル』のお部屋から下のプールを眺めたところ。
ラグナネット予約でかなり時期としては格安に泊まれたのですが、サービスやスタッフの方の対応も良かったので大満足です。






難点は、お部屋の外におっきな球場があって、ちょっと沖縄っぽさをそいでしまうところかな。
ラグナの下にある球場








さてさて、いつも朝寝坊の私達ですが、さすがに最終日で帰りの飛行機に乗り遅れてはなりませんので、がんばって早起きし、ホテルの朝食ビュッフェを食べて出発です。
曇り模様の空が続き、しばらくするととうとう雨が降ってきました。
この日は一応暦的には平日だったのですが、さすがちゅら海水族館。
少し前から車がいきなり大渋滞です。
早く出たと思った私達ですが、それでも遅かったようで(ホテルから水族館までが結構距離があったのです)、すでに水族館の駐車場は満杯です。
う〜、どうしよう〜、と思っていたところ、ちょっと先に民営の駐車場が。
しかも、1日停めても500円!
安いっす。
この辺が沖縄っぽいと言うか、私だったら、2千円ぐらいぼったくります。(笑)
とにかく、お安く停めてくれる駐車場の人に感謝して、いよいよ水族館へ!!!

わ〜い、わ〜い、お魚がいっぱいだ〜。
入り口からいろいろとコーナーがあるんですが、私達は一番のお目当ての大水槽(正式には「黒潮の海」というらしい)を目指してまっしぐら!
  
わ〜〜〜、わ〜〜〜、す、す、すごい!!!すごいです〜。
これは、この迫力は、実際に見ないと実感できないかも。
やはり、3匹のジンベイザメ君たちが、この水槽の大きさを際立たせてますね。
美ら海の大水槽マンタとジンベエ








他にもいっぱい魚が泳いでるんだけど、やっぱりジンベイやマンタに目がいってしまう。
フロアの一番前にペタンと座り込み、とにかくず〜っとず〜っと眺めていました。

とにかく、飽きるまで眺め、ようやく最初からコース順に水族館を観て回ります。
コーナーごとにパンフレットが用意してあり、それを全部集めると、ちょっとした図鑑のようになるサービスがうれしかった。
個人的には「深海探検の部屋」が大好物!
もう変な生き物が満載で、大興奮でした。(笑)
グロテスク好きな方は、是非見逃さないようにしてくださいね!

最期に、また大水槽に戻って心ゆくまで眺め、戸惑いながらも、以前私が絵に書いた映像になるように他の観光客の人に写真を撮ってもらうことに。
なかなか明かりの関係で思うようにはいかなかったけれど、何枚もトライしてくださった見知らぬ観光客の方、ありがとうございました。
これが一番、近いかな。
絵に描いた光景








名残惜しいけど、水族館を後にして、帰路に着きます。
しか〜し、最後の最後にとんでもないことが待っていた!

レンタカーを戻しに向かう途中、とんでもない坂道の連続。
メインの道路を走っているときは気づかなかったのですが、ちょっと脇の道に行くと、沖縄は急な坂道だらけなのです。
まさかと思うような急勾配にビックリ。
しかも、その坂道を登っている途中で、ちょうど坂のてっぺんの車が急に動き出したりして。
こんなところで、停まったら、ずり落ちますっていう危険を運転のうまいダンナ様のおかげで何とか切り抜けました。

そんなこんなで何とかレンタカーの事務所に到着。
空港に向かうマイクロバスに乗り込みます。
あ〜、沖縄良かったね〜、また来たいね〜、なんてダンナ様と話しているところにちょうど車のスピーカーから夏川りみの「涙そうそう」が。。。
もう、初めて旅行の帰りに泣きましたよ〜。
ホントに帰りたくない、と思ったもん。
それぐらい、沖縄、良かったんだね。

あれから、一年経ったのかぁ。
ずっと前のことのように思えちゃう。
今回行きたくていけなかったところ、食べたくて食べれなかったもの、まだまだいっぱいあるのだ。
沖縄は、絶対また行くぞ〜〜〜。