平永和久のページ(その2)

子供の頃からペンネームは「平永和久(ひらながかずひさ)」と決めていた。 少し、時間にゆとりができてきたので、日頃の思いを日記に書いていきたい。 ペンネームは「永久平和」の4文字を入れ替えただけのシンプルなものである。 (その1)は http://blog.livedoor.jp/kunikumiyu/ をご覧ください。

忘年会二つ

11月29日(水)

北千住にある社会福祉法人事務局の忘年会。

午後6時半〜9時。

二次会がカラオケ、

若いひとばかりで、歌うのがミスチル、EXILE。

こちらはすぎもとまさと、小田純平。

去年11時過ぎまで歌って、有楽町線の終電に間に合わなかった。

今年は自重して1時間で退散。



12月5日(火)
高校のクラス会会場だが、今まで10年ほど、有楽町電気ビルの「外国人特派員協会」の宴会場で行ってきた。
来年この協会が引っ越すとのことで、予約ができないことから、他の場所を探すことになった。

みんな後期高齢者になり、幹事の引き受け手もなく、会の存続も難しくなってきたので、
昨年、今年の幹事+来年以降の会場候補地を提案してくれた級友他6名で幹事グループを結成し、今後この中の数名が持ち回りで幹事をやってはどうか、ということになった。
そして、会場候補の下見に新宿三井ビルへ。
新宿三井クラブを借りることに決め、その後、地下の中華料理店で忘年会。
DSC_0779
写真は新宿三井ビルひろば。

後5時〜7時半でお開き。
この辺りがいいのです。


●忘年会やるまでもなく忘れてる
●呑み会は何度あってもいいという


酒を呑まない私、上手い句ができない、と不出来を酒のせいにする。

平和



チャリティパーティ

11月26日(日)

【うらやす はっぴーくらぶ】主催のチャリティパーティへ。

会場は東京ベイ舞浜ホテル。

ホテルはもうX’mas’モード一色。
           _20171126_190417
外国人、家族連れ、若いグループで賑わう。

障害のある人も老人も共に楽しいひと時を過ごす催し。
毎年年末に開催されている。

かつて一緒にボラ活動をしていた【Udgwaさん】が立ち上げたクラブ。




桜PCの【Ymuchiさん】【Medaさん】、城南の【Mrtaさん】、横浜の【Tkhshiさん】、田園のKwmraさん】、浦安の【Oshmaさん】【Shmdaさん】、、、見知った顔、顔、顔。

美味しいフレンチを頂きながら、懐かしいひと時を楽しむ会でもある。


今回、カラオケにもエントリーしていた。

会場に入ると【The Third Coast Jazz Orchestra】(地元のボランティア楽団)
の演奏がにぎやかに始まっていた。
_20171126_190329

瞬間、このバンドをバックに唄うのかと思ってドキッとした。
しかし、そんなことはあり得ないと思い、「バカな妄想」と恥じた。
同じテーブルにいた【Medaさん】に話したら大笑いされた。

そりゃそうだ。

「吾亦紅」を唄ったが、キーが2つ高くて高音がでなかった。
事前に「−2」とお願してあったが通じてなかったようだ。

歌のご褒美、BINGOの賞品、参加者全員に贈られた「シクラメンの鉢」を持って帰宅。

舞浜の駅は「ディズニーワールド」から帰る客でごった返していた。


●一年中Xmasモードの街もある


平和








蟹と鰻の旅(2日目)

二日目は自由行動。

我々は京都の「わらじや」⇒https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260304/26000406/
で鰻(う)雑炊を食べて帰るつもりだった。

そもそもこの店も、数年前の天橋立旅行の帰り、赤鬼こと【Nshjma女史】の案内で来た店。

創業400年という老舗で超人気の店。

【Ichkwa君】も行きたいと言い出し、二人の女史も賛同、全員で行くことになった。


芦原温泉⇒米原⇒京都駅へ

タクシー乗場が長蛇の列だったので歩くことにしたが、とても昼の予約時間に間に合いそうもない。

急きょ道路を渡って【Nshjma女史】がタクシーを拾い、【Izmi隊長】が電話で必ず行くからと連絡。

旅慣れた二人のお陰で美味しい「う雑炊」にありつけた。

鰻のぶつ切りの澄まし汁と雑炊、この味が忘れられなくて再訪したのだが、来た甲斐があった。


PhotoGrid_1511336820262 


食事のあと、女史二人は近くの京都国立博物館の開館120周年記念、特別展覧会へ。

長蛇の列を敬遠した残り3人はぶらぶら歩き。

東へ500m、京都女子小中高校、大学の横の道を女子学生とすれ違いながら坂道を登る。


着いたところが「新日吉(いまひえ)神宮」

京都市内のどこもが混みこみなのにここは森閑としていて殆ど人がいない。

しかも、ここ一か所で「新日吉神宮」のほかに「樹下社(このもとのやしろ)」「境内社」「豊国神社」「飛梅天満宮」と五つの社、宮に参拝できるのだ。



境内では紅葉も観られお得感がある。


新日吉社の再建は、実は「豊国神社の復活」ではなかったかとの見方もある。このような説が生まれる背景には、秀吉の元姓が「木下」(樹下に通ずる)、また幼名が「日吉丸」(日吉社に通ずる)と符合する点がある。(Wikimediaより)

徳川の世になっても秀吉の人気は衰えず、密かに参拝する人たちもいたようだ。

狛犬ならぬ狛猿が神社を守っているのもいかにも秀吉らしい。

連れは持参した御朱印帳に5つ署名押印を貰った。
select_temp


タクシーを拾い京都駅でお茶⇒新幹線で帰路へ。


昨日の蟹の話の続き、
無口になるというのは本当でした。
いつも大変賑やかなお二人の静かなこと静かな事(笑)

そしてモモタロコ一座は「猿かに合戦」の如くになったのです。


●食べ歩くだけの旅ならまだ行ける


平和



蟹と鰻の旅行

11月21〜22日一泊旅行。

例の角館仲間、今回は5人が参加。
桃太郎一座と命名されている。

隊長は【Iizmi女史】、犬は【Ichkwa氏】、猿は私、鳥は連れ、【Sito氏】が青鬼、【Nshjma女史】が赤鬼。

当初、50代前半でバリバリ現役の隊長、退職後世界中を飛びまわっている赤鬼さんを私のペースにつきあわせるのは気の毒なので、今後の旅行を辞退したいと言った。

しかし「福井県芦原温泉で蟹」に食指が動いた。

しかも、どこへも出かけない、2日目は自由行動、そのままUターンでも構わないというゆるゆるの企画。

我々への配慮をありがたく甘受することにした。



今回は雨男の【Sito氏】が不参加でったので、快晴の二日間だあった。
【Sito氏】に感謝。


新幹線、確か、三島過ぎだったと思うが、【Ichkwa氏】の写真を借用。


私の富士は、ちょっとなア。
             DSC_0684
   

米原で乗り換え芦原温泉駅まで1時間ちょっと。
        DSC_0699
   さびれた駅でした。

旅館の送迎バスで10分。

「べにや旅館」⇒http://awara.co.jp/


東京駅を11時過ぎに出発して午後3時前には旅館に到着。

温泉に入る前に近くを散策。

確か、最近火事があったはずと思っていたら、旅館から200mのところに火事の現場があった。
  
(写真はタロコ隊長から)
火事現場をしげしげと見ることはなかったがその凄まじさに圧倒された。

検索してみたら、10月27日深夜から28日未明までに起きた火事で6軒が類焼とのこと。

近くには旅館が立ち並んでいて、宿泊客はそうとうパニックったようだ。


夕飯が始まった。

まさに蟹づくし。
        PhotoGrid_1511307861814
蟹の刺身、焼き蟹、茹でた蟹、蟹みそ・・・・。



皇帝蟹と言って、最高級なのだそうだ。(写真提供:タロコ隊長)

「うみゃーてかんわ」

思わず名古屋弁になってしまう。

今回の旅、参加して良かった、とつくづく思った次第。



次回は高知、四万十川の鰻、という案が出ている。

来年も参加しようかな?

●あの世まで一緒に行くか旅の友


(続く)

平和









OB会

11月18日(土)大手町のサンケイプラザで元勤務していた会社の部門OB会。

データセンターというソフトウエア技術者の部門だった。


入社1971以前のOBが集う。

2年に1回の会で、10年ほど前からほぼ毎回出席している。

今回は110名が参加、この部門の'71年以前入社はおよそ千名だった。
2〜3割は既に亡くなっていると思われるので、15%ほどが参加していることになる。

同年代が同じテーブルに着席。

’66年同期入社は26名、そのうち8名参加予定、
なのだが、一人【Ymshta君】がドタキャン。彼は以前同期会をやったときも忘れていた前科があるから、今回もすっぽかしと思われる。

もう一人の【Gmi君】が1時間遅れ。開始時間を勘違いしていたとのこと。
〆の挨拶を指名されていた。
彼がこなかったら代わりにやらされる【Hyshi君】やきもき。

乾杯が終り、しばらくは食事をしながら歓談。

そのうち、あちこちで席を立って先輩、後輩と「やあやあ」とか「ようよう」など、声を掛け握手し、暫くは昔話や近況などをお互いに披露して、また、他のOBに挨拶。

そのうち、誰に挨拶したか忘れ、また同じ人に「やあやあ」などとやっている見かけたの。

「まっ、いいか」

【Gmi君】の〆の挨拶も無事終わり、お開き。

前回まではその後同期で「カラオケ」だったが、今回はそれも無し。


2年後の再会を約し解散。

次回幹事は65年入社の先輩たち、ということは4年後の幹事は我々ということになる。
80歳でこれだけのパーティを仕切るのはちょっと無理じゃないかなあ。


10年前、80歳代だった先輩と60歳代だった後輩が、ほとんど年齢差を感じさせなくなっていることに気づく。

90歳代で会に来られる人は若く元気な人、70歳代はそれなりに歳を取っているからかな?


★やあやあやあ気付いてみれば同じ人



平和



11月の川柳会


課題は【楽】、【斜め】、【眩しい】、【蜘蛛】


【楽】 川柳先生選

★楽なことばかりじゃなかった妻笑う(前抜)


★楽しみは後(うしろ)に取っておくタイプ(前抜)


★湯煙の中に極楽うっう〜む(没)

 

 


【斜め】 ヨシ江選

★斜め読みして約束を取り違え


★被写体は斜め45度がいい


★丁寧は口先だけと斜に構え


(全没、「丁寧は口先だけ・・・・」、いいと思ったんだけどね)



 

【眩しい】 あさじ選

★君眩し白内障を疑われ(前抜)


★何もかも眩しく見えた入社式(人)


★眩しいと言われたこともあったよな(前抜)

久々に三才(天地人)を得た。

選者は80歳過ぎの男性、相性がよいらしく、何時も選んでもらえる。





【蜘蛛】 互選(1句吐)

★見たことがない蜘蛛の子の散る姿

蜘蛛の糸登る気力()もない私


どちらにしようか、迷ったが、「蜘蛛の糸」にした。

カンダタの後について蜘蛛の糸を登ろうとしたが、その気力もないほど衰えてしまった自分を嘆く川柳。

 
◎(2点)一人、〇(1点)二人、計4点獲得、順位としては13句中4番目。



今月は先ず先ずのできだった。


平和

文化の日 谷中散歩

好天に誘われて散歩に。

文化の日はやっぱり【特異日】だ。

昨夜の予報とは違って終日快晴でぽかぽか陽気。


バスを降りて、谷中の墓地方向に歩く。
歩道に突き出るような看板、何だ、これは?
    _20171103_131638

道路から玄関までの細い道の両側に、鉄道グッズが所狭しと並べてある。
         PhotoGrid_1509713706809

鉄ちゃんの家だな。

「何鉄」っていうんだろう?



今日の目的は谷中の「乃池」http://www.sushi-noike.com/、 

穴子寿司が旨いと評判の店。

ひと月前にランチタイムに並んだが、時間切れ。再チャレンジだ。

20分ほど待って店に入れた。

待つ間、ショウウインドウの人形をぱちり。

これが面白い、鮨屋の親方とマイウの石塚さんらしい二人。
_20171103_132006 
他にもいくつか。
_20171103_131434 _20171103_131400

谷根千の店にはこういうのがあちこちにあるから、これを見るだけでも楽しい。



カウンターが8席、2人掛け、4人掛けのテーブルが各々一つだけ。

2階には座敷があるらしく、人声がした。

ほどなく、期待の「穴子寿司」登場。

      _20171103_135739

うむ、美味い、日本一だという人がいるほど。

待つ時間より食べる時間の方が短いのは鰻屋と同じ。





谷中の墓地の方へ坂を上っていくと左側に「全生庵」⇒https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%A8%E7%94%9F%E5%BA%B5

三遊亭圓朝の墓がある。

    _20171103_135522


山岡鉄舟の墓もあった。

幕末の三舟、誰だったか?「勝海舟」もう一人の名前が出てこない。

ググったら「高橋泥舟」、よく知らない人だった。


何時の間にか、金ぴかの観音様が建立されていた。
身の丈5mはありそうだ。

      _20171103_135609


ぶらり谷中の旅。

夕暮れまで好天だった。



●美味いとしか言いようのない穴子寿司



平和


同期の集い

神楽坂の「梵」⇒https://r.gnavi.co.jp/a313102/で飲み会。


大学の同じ学科には50名弱が在籍していた。

その中の8名がおよそ20年ほど前から毎年「勝手に集まる会」と称し飲み会を開いている。

当初8名だったが今は11名がメンバー。

オリジナルメンバーのうち一人が欠けたがその後4人が新たに加わった。


毎年、8名〜10名が集まるのだが、今年はなんと5名しか集まらなかった。

会費は1万円だが、おおよそ8千円で済んでいる。

数年前から残金を溜めていて、最後に遺った一人が全額総取りするという取り決めになっていた。

しかし、今年の幹事【Frkwa君】から、来年は会費を「ただ」にしたらどうか、という提案があった。
そうすれば集まる人数が増える筈とのこと。

提案は全員一致で採用された。

原資はこの剰余金、11名が参加しても十分にお釣りがくる。



皆それぞれ健康問題を抱えていることがわかった。

前立腺癌の手術をしたけど、後遺症で尿漏れ問題で悩む【Tktka君】、緑内障と歯のインプラント治療を1年以上続けている【Uyma君】、膝の痛みと狭心症に悩まされている【Ymmto君】、元気なのは幹事の【Frkwa君】今日も昼間ゴルフだったとのこと。

私の耳が不自由になことなど、大したことはないと思えてくる。

様子見の前立腺癌は絶対に手術はしない、と決めた。


来年はもっと早い時間から始めようという提案もあった。

なにも夜やる必要はないのだ。


店の都合もあるが、この店は【Frkwa君】の子息の店、何とかなるんじゃないか?



後日、大秀才だった【Ymmto君】から、始まったのは1999年で、来年が20周年になる、それを記念して「参加費たたの会」にしては、とのこと。Good Ideaだ。


しかし、この会、何時まで続くのかな。


もう一つ、取り決めたことがある。

「年賀状はお互いにもう止めよう」という私の提案も全員賛成。

みな、年賀状どうしようか、迷っていたようだ。



●また少し断捨離進む同期会



平和


大正大学と新庄市

 27日(土) 

都営地下鉄三田線、西巣鴨近くにある大正大学で新庄祭りが行われていた。


    DSC_0626   DSC_0625

どのような経緯でこうなったのか分からないが、新庄市から山車3台が運ばれ、何やら賑やかだ。

地元の若い衆の説明があったが、よく聴き取れない。

DSC_0629

DSC_0634
 
DSC_0627 DSC_0631 
随分と立派な山車だ。

遠いところから大変だったことだろう。

雨がポツポツ降ってきたので、早々に退散。

校舎の裏に回ると「すがも鴨台(おうだい)観音堂」があった。
      DSC_0636

しおりによれば、平成25年完成した仏教文化施設。

堂内の回廊は往路と復路が交わらない二重螺旋構造。

巻貝のサザエ(栄螺)に例えて「鴨台さざえ堂」とも呼ぶらしい。


階段は60段、昇る途中で息が切れた。

階段を昇る時、自然に数えてしまう癖がある。


栄螺堂の横に縦横50cmほど、真っ赤なタコが鎮座。

      DSC_0635
  説明書きがあったが、雨が酷くなり読み飛ばしてしまった。


●たこさざえ祭り囃子に踊りだす
(そんなことはないな)


・10月19日(木)小学校のクラス会。

・21日、川中美幸の歌謡コンサート

アップする気力がなく、パス。


平和














76回目の誕生日


 今日は、76回目の誕生日。

思えば長くいきたもんだ♪

そんな歌があったような?

違った、

海援隊 思えば遠くへ来たもんだ


先週
、娘に、市販されていない漢方薬の「便秘薬」をネット通販で買ってもらった。

誕生日前だったので「誕生日祝いだ」と笑っていた。

しかし、流石にちょっと気が引けたのか、昨日、鰻を馳走してくれた。

池袋西武デパート内の「伊勢定 - 池袋/うなぎ 」

やっぱり旨いな。

先日、土曜出勤で出張したときの代休を取得してのサービスらしい。

娘も成長したもんだ、って、46歳だけどね。


この四月から、孫二人は我々の見守りを必要としなくなった。

それまで平日のほとんど、午後4時〜6時半頃まで、見守りに行っていたのだが。


月曜日の夕方、【Yuyu】がテニスクラブに行くときだけ、【Ayaya】が一人になってしまうので、見守りに行く程度。


だから私のブログに、孫の記事はほとんどアップされることはなくなった。

小6と小3、二人も成長したもんだ。

娘も孫も成長して、どうやら我々の役割も店じまいのときが近づいているようだ。


●孫育ち役割終わる時近し
(ペーソスだな)


平和







livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
QRコード
QRコード
Recent Comments
Archives
  • ライブドアブログ