オススメ記事 




仮想通貨のFXなら
1
FX、短期売買で利益を得るなら登録必須の取引所
追証なし、最大レバBTC100倍、XRP20倍、日本語対応
下記のから登録すれば
取引手数料が半年間10%割引に
BitMEX登録はこちら

 【レバレッジ100倍で人気】BitMEX(ビットメックス)のスマホから簡単口座開設の手順






マネーロンダリング(資金洗浄)やテロ資金供与対策で指導的役割を果たす政府間会合の金融活動作業部会(FATF=Financial Action Task Force)は、取引所などの仮想通貨サービス提供業者に対してより厳しい内容の基準を6月中にも採択する方針だ。20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議に出席した規制当局者らが9日に明らかにした。

FATFが勧告する内容には、業者間で仮想通貨を移動する際、送信者だけでなく受信者のKYC(本人確認)情報をも求める基準が含まれている。早ければ21日にも採択される。9日に閉会したG20の共同声明文には、改定された仮想通貨や関連業者に対する「FATF基準を適用するというコミットメントを再確認する」の一文が盛り込まれた。

銀行を通じて送金する際には、その資金の送受双方における顧客情報の共有が義務づけられている。仮想通貨取引所や仮想通貨の管理などの関連サービスを行う仮想通貨サービス提供業者(VASP=Virtual Asset Service Provider)は今後、銀行並みの対応が求められそうだ。

一方、FATF基準は業者間の仮想通貨送付と授受が対象であり、規制が厳しくなれば、それを回避するために個人間(P2P)による送受が増えるだろうとする見方が聞かれた。

参照元: https://www.coindeskjapan.com/11597/?utm_source=twitter&utm_medium=ifttt


Twitterの反応













記事が気に入ったらポチッとお願いします!

   
このエントリーをはてなブックマークに追加         



 
おすすめ海外仮想通貨取引所
オススメcryptoGT(クリプトジーティー) 1周年キャンペーン実施中
→レバレッジ最大200倍、アルトコインFXにおすすめ!
BitMEX(ビットメックス)
→ビットコインFXで世界一の取引量、登録で手数料10%オフ!
CROSS exchange(クロスエクスチェンジ)
→取引マイニングで報酬が得られる話題の取引所。登録で60XEX(1000円相当)ボーナス
Bybit(バイビット)
→レバレッジ100倍、追証なしの新興取引所。最大60ドルボーナスあり!
  




当サイトの人気国内取引所

アプリのチャートが見やすく使いやすさNo. 1
【取扱通貨  BTC・BCH・ETH・XRP・LTC】
スマホでFX・短期売買したい方におすすめ。
今なら口座開設で20,000satをプレゼント実施中!
5銘柄がFX可能に、アプリに定評があり外出先でも快適に操作可能。
詳細はこちらから


2位Liquid リキッド (旧QUOINEX)
リップル(XRP)、レバレッジ25倍開始

ドル建てユーロ建てなど13の法定通貨で取引可能

詳細はこちらから