7094A9CE-53ED-4F57-865A-94C0461E8C57

米大手小売業者ウォルマートが、独自の仮想通貨(ステーブルコイン)の開発を進めていることが判明した。

法定通貨に準拠する特徴は、フェイスブック主導の仮想通貨リブラに類似すると指摘されている。

米国特許商標局に提出された書類によると、ウォルマートはブロックチェーンを利用するステーブルコインは「米ドル」や、その他の法定通貨にペッグされる可能性があると記載されており、このデジタルカレンシーズの利用は、指定された小売店やパートナーに限定されるという。

つまり、汎用的な仮想通貨ではなく、新たなグローバル通貨を目指すリブラとは理念が異なる。

ウォルマートは、銀行のコストを理由に口座を持たない低所得者が独自のステーブルコインを通して、より大衆的な機関(ウォルマート)で財産を管理することを可能にする方針を示している。また、ウォルマートのステーブルコインは、加盟小売店による費用無料あるいは格安なカストディサービスで保存することができ、金利を得ることもできる仕組みになるという。

さらに書類によれば、独自のネットワークとステーブルコインにより、クレジットカードやデビットカードの利用・必要性がなくなる可能性も示唆されている。

ウォルマートは、ブロックチェーン分野で関連特許を最も多く取得している企業の1つであり、すでにIBMやKPMGなどの大手とサプライチェーンにおけるブロックチェーンの実利用を試している。このように、実行動が多く見られるウォルマートが実際ステーブルコインを発行することも不可能ではないかもしれない。

フェイスブック社のリブラが米規制問題で苦戦する中、先日SECへ提出した決算報告では、リブラ計画が頓挫する可能性もあると明かした。

グローバルに通用する仮想通貨の提供を目論むフェイスブックのリブラと比べ、ウォルマートのステーブルコインは利用範囲が設計上では限られるため、仮に発行に当たる申請を行なった場合、リブラが直面する課題も相応のものになると思われる。

参照元: https://coinpost.jp/amp/?p=99714&p=99714&__twitter_impression=true 
 




オススメ記事 




アルトコインFXなら 
8B14B295-CEF5-4592-986F-E29C872C4C3E
1周年キャンペーン実施中
→レバレッジ最大200倍、追証なし。ビットコインやアルトコインを証拠金に多くの銘柄で取引可能。















記事が気に入ったらポチッとお願いします!

   
このエントリーをはてなブックマークに追加         





おすすめ海外仮想通貨取引所
オススメcryptoGT(クリプトジーティー)
3FBD0582-F8B5-4CCC-87F5-234BEC644196
1周年キャンペーン実施中

→レバレッジ最大200倍、追証なし。ビットコインやアルトコインを証拠金に多くの銘柄で取引可能。

BitMEX(ビットメックス) 
batch_スクリーンショット (1)-crop-crop-down2
→ビットコインFXで世界一の取引量、登録で手数料10%オフ! 
BitMEX口座開設の手順はこちら

CROSS exchange(クロスエクスチェンジ)
→取引マイニングで報酬が得られる話題の取引所。登録で60XEX(1000円相当)ボーナス
CROSSexchange 口座開設の手順はこちら

Bybit(バイビット) 
→レバレッジ100倍、追証なしの新興取引所。最大60ドルボーナスあり!
Bybit 口座開設の手順はこちら
 



コインチェック 
 コインチェック 
リップルやネム・モナコインなど豊富なラインナップ