コイン速報 | 仮想通貨ニュース・暗号資産相場情報・5chまとめ

仮想通貨(暗号資産・暗号通貨)、ビットコイン、リップルの話題を中心に相場情報・速報から5chやTwitterのネタ記事まで幅広くまとめて行きます。

    2017年12月

    5878B3FA-4CF0-45BB-896C-8C2AA91C97FD
    1: みつを ★ 2017/12/30(土) 10:08:37.18 ID:CAP_USER
    https://jp.reuters.com/article/forex-ny-close-1229-idJPKBN1EN1S5

    2017年12月29日 / 23:34 / 2時間前更新
    [ニューヨーク 29日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが対主要6通貨バスケットで約3カ月ぶり安値をつけ、年間の下げでは2003年以来の大きさとなった。

    先週の米税制改革法案成立後、国内景気加速の持続性を疑問視する声が聞かれた。

    エバーバンクのワールド・マーケッツ部門責任者は「ドルに対する逆風が、来年強まるだろう」と予想。「景気刺激のペダルを緩めるのは、米連邦準備理事会(FRB)にとどまらない」とみる。

    欧州中央銀行(ECB)が来年末までに利上げを検討するとの観測が広がり、ユーロを押し上げた。ユーロ/ドルEUR=は年間で14年ぶりの大幅高となる勢いだ。

    ユーロ/ドルは一時、1.2028ドルと3カ月ぶり高値をつけ、年間の上昇率は14.2%となった。直近では0.56%高の1.2008ドル。

    ユーロ急伸が今年、ドルの重しとなった。ドル指数はこの日一時、92.080と、9月22日以来の安値をつけた。年間では9.8%下落した。

    ドルは円JPY=や英ポンドGBP=D4、カナダドルCAD=D4、スウェーデンクローナSEK=、スイスフランCHF=に対して下落した。

    トランプ米大統領の経済政策に対する期待から、ドル指数は今年初め、14年ぶり高値をつけていた。税制改革法案をのぞけば、トランプ氏や議会共和党は法案通過で困難に遭遇した。

    年末は、多くの機関投資家が帳簿を締める。アナリストらによると、ドル売り圧力につながったとみられるという。

    ビットコインBTC=BTSPは、ビットスタンプ取引所の直近の取引で1.18%高の1万4564.76ドル。12日前につけた過去最高値の2万ドル近辺を下回ったが、年間ではなお約1400%上昇する勢いだ。

    ドル/円 NY終値 112.67/112.70

    始値 112.50

    高値 112.71

    安値 112.48

    ユーロ/ドル NY終値 1.1996/1.2000

    始値 1.1990

    高値 1.2028

    安値 1.1984

    【【為替】ドルが年間で2003年以来の大幅安、ビットコイン急伸=NY市場 ドル/円 NY終値 112.67/112.70 】の続きを読む

    1F41C0DF-D3BC-4E83-B6DD-5E76F5CF0651
    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/12/30(土) 15:42:06.242 ID:m95DKLXM0
    辛い

    【数年前お前ら「ビットコイン?よーわからんけど1万円買ってみるか」←これができてれば今頃億万長者だったという現実 】の続きを読む

    009FA841-C98A-4B2A-A116-DAE6B83CB891
    1: 孤高の旅人 ★ 2017/12/30(土) 14:37:28.72 ID:CAP_USER9
    「現金預け仮想通貨取引、連絡取れず」相談続出
    2017年12月30日 10時32分
    http://www.yomiuri.co.jp/national/20171230-OYT1T50010.html

     インターネット上でやりとりされるビットコインなどの「仮想通貨」を巡り、石川県内でもトラブルが相次いでいることが県消費生活支援センターのまとめでわかった。

     相談件数は、2年前から3倍以上に増加した。同センターは、今後も仮想通貨に関する相談が増えるとみて、職員向けの研修会を初めて開くなどして対応を強化することを決めた。
     同センターによると、仮想通貨を巡る相談件数は2015年度は4件だったが、16年度は9件、17年度は12月15日現在で既に13件となった。内容は「セミナーに参加したら1日1%の配当がもらえると聞いたが本当か」「知人に現金を預けて海外サイトで仮想通貨の取引をしたが、出金しようとしたら知人と連絡が取れなくなった」などで、詐欺とみられる相談も多く寄せられている。
     同センターは、仮想通貨の代表格であるビットコインの価値が今年に入って一時約17倍に高騰したことなどから、報道で興味を持ったり、セミナーに参加したりして、仕組みを理解せずに取引をする人が増えていることが背景にあるとみる。
     また、相談を受け付ける職員からも「難しい質問に対応できない」「仕組みを理解したい」などの声が上がっている。同センターは来年2月9日に「日本ブロックチェーン協会」の樋田桂一事務局長を招いて職員向けに仮想通貨の仕組みを学ぶ研修会を初めて開き、職員の仮想通貨に関する理解を深め、個々の相談に適切に対応できるよう態勢を強化する。
     同センターの担当者は「4月の改正資金決済法施行で、仮想通貨の取引所は登録制になった。利用にあたっては取引する業者が登録されているか確認することや、仕組みを理解するなど、細心の注意を払ってほしい」と話している。
     ◆仮想通貨=インターネット上などで取引される架空の「お金」で、買い物や送金などに利用できる。価格は、株式と同様に欲しい人が増えれば上がり、売りたい人が多くなれば下がる。現在1000種類以上あるとされ、「ビットコイン」や「リップル」などが有名。

    【【石川】「現金預け仮想通貨取引、連絡取れず」相談続出 県消費生活支援センター 】の続きを読む

    8354E525-FBF6-4F6D-9913-FF470CD16707
    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/12/30(土) 13:13:49.971 ID:JIOLWIZX0
    な?
    俺が今日の午前9時19分仮想通貨買った途端
    暴落し始めただろ?

    な? これが凶運ってやつよ。

    好調上げ相場すらも引きずり落とす

    【【仮想通貨】貧乏神だけど、な?やっぱり俺が買ったら仮想通貨価格大幅下落しただろ? 】の続きを読む

    0A4E295D-DCEC-49EA-A09F-73C2876A986A
    1: みつを ★ 2017/12/30(土) 10:04:45.68 ID:CAP_USER
    https://jp.reuters.com/article/2018-views-bitcoin-kenneth-rogoff-idJPKBN1EK0IB

    2017年12月28日 / 09:26 / 15時間前更新
    ケネス・ロゴフ ハーバード大学教授

    [東京 28日] - 通貨の長い歴史において、政府は常にイノベーションを規制し、合法的にわが物にしてきたと、ハーバード大学のケネス・ロゴフ教授は指摘する。よって、ビットコインをはじめとする仮想通貨も同じ運命をたどる可能性が高いとみる。

    同氏の見解は以下の通り。

    ビットコインの価値は、仮にその取引の全てをデビットカードやクレジットカードの取引のように当局側で把握できるならば、1万ドルよりもむしろ10ドルに近づくはずだ。

    その意味では、日本の当局(金融庁)が仮想通貨取引所の登録制を導入したことは良いことだ。しかし、ビットコイン取引を合法化したことで、日本が海外の地下取引に対して資金洗浄の場を作り出してしまった可能性はある。また、ビットコインの最近の価格バブルにかなり寄与したのではないかと私は思う。

    日本の当局関係者は、他の国々も日本と同じように対応すれば、合法的にビットコインを使用するためには登録が必要となるので問題はないと言うが、現実には近い将来そうはならないだろう。特に米国が、好まざる政府に対する金融制裁に深く関わっていることを考えればなおさらだ。

    従って、最終的には日本も、他国からの要請で、このほぼ匿名の取引に使われる媒体に対して、より手厳しいスタンスを取らざるを得なくなるのではないかと思う。

    <政府は勝つまでルールを変更できる>

    マネーの過去、現在、未来を論じた自著(「現金の呪い」)で指摘した通り、通貨の長い歴史において、民間セクターがイノベーションを起こしても、やがて政府が規制し、合法的にわが物とすることが何度も繰り返されてきた。確実に同じことが暗号通貨でも起こる。

    リバタリアン(自由至上主義者)たちは、ビットコインが全ての法定通貨を打ち負かすと考えているようだが、彼らは間違っている。通貨については、ルールを決めるのは政府であり、勝つまでルールを変えることができる。

    <中銀がデジタル通貨を発行する可能性>

    中銀版デジタル通貨は必然的な流れだ。実際、中銀の準備預金はすでに電子データであり、一種のデジタル通貨である。残されている疑問は、中銀がどれくらいリテール市場に浸透したいのかという程度の問題だ。

    *本稿は、特集「2018年の視点」に掲載されたものです。筆者の個人的見解に基づいています。

    (編集:麻生祐司)

    【【仮想通貨】ビットコインの「真価」はいくらか、リバタリアンの誤解=ロゴフ氏 】の続きを読む

    このページのトップヘ