BA8846ED-FA47-410C-A1BA-E9E6E3139F6C

ビットコインの発行済みBTC量がまもなく1800万BTCに達する。最終的な総発行料にあたる2100万BTCまで残り300万BTCで、残り15%ほどを残りの期間をかけて採掘する。

現在の発行済み通貨数とブロックリワードの推移から1800万BTCの到達日計算すると、日本時間20日の日曜日に達する予定だ。

ビットコインは半減期を経て、市場に供給されるBTC量を減少。残り300万BTCを採掘していくこととなる。次回の半減期を経て1ブロックの報酬が6.25BTC(約200日後)に、次が3.125BTC(約5年後)へと1ブロックあたりの発行量が大きく減少する。

年間の発行BTC数量で置き換えると、現発行水準の12.5BTCで年間65万7千BTCものビットコインが発行されており、市場の売り圧力の面でも今後の供給量減少のペースは市場からの注目度は高い。

ビットコインは次回の半減期を約200日後の2020年5月に控えている。

半減期に関する最新の分析では、海外インフレンサーのAlex Melen氏が以下のように半減期(チャート内青ライン)の前後で同様の価格調整と推移をしているとするチャートを紹介している。(次回の半減期は、右側の青の縦ラインに該当)
 

 一方、半減期の価格上昇については、大手マイニング業者BitmainのJihan Wu氏が、BTCの半減期にはサイクルがあり、BTCの弱気市場から強気市場のサイクルは長期化していると考えており、「半減期と弱気・強気のサイクルが必ずしも一致するものではない」との見解も示している。必ずしも価格の上昇が期待できるファンダメンタルズ要素として捉えないほうがいいと言及した。

参照元:https://coinpost.jp/amp/?p=113077&p=113077&__twitter_impression=true

 





オススメ記事 




アルトコインFXなら 
AFFF0D7F-9A83-4A94-B6D3-177D425A7F56
→レバレッジ最大500倍、追証なし。ビットコインやアルトコインを証拠金に多くの銘柄で取引可能。











記事が気に入ったらポチッとお願いします!

   
このエントリーをはてなブックマークに追加         





おすすめ海外仮想通貨取引所
オススメcryptoGT(クリプトジーティー)
AFFF0D7F-9A83-4A94-B6D3-177D425A7F56
→レバレッジ最大500倍、追証なし。ビットコインやアルトコインを証拠金に多くの銘柄で取引可能。

BitMEX(ビットメックス) 
batch_スクリーンショット (1)-crop-crop-down2
→ビットコインFXで世界一の取引量、登録で手数料10%オフ! 
BitMEX口座開設の手順はこちら

CROSS exchange(クロスエクスチェンジ)
→取引マイニングで報酬が得られる話題の取引所。登録で60XEX(1000円相当)ボーナス
CROSSexchange 口座開設の手順はこちら

Bybit(バイビット) 
→レバレッジ100倍、追証なしの新興取引所。最大60ドルボーナスあり!
Bybit 口座開設の手順はこちら
 



コインチェック 
 コインチェック 
リップルやネム・モナコインなど豊富なラインナップ