5A6BCFE7-BB02-4AA2-9524-337B5043669B
コインチェックの不正出金事件はマウントゴックス事件以上に
インパクトも規模もケタ違いでしたね。
今回の事件やバブルの様な高騰からの暴落、海外の規制などで
今後を不安視する方が多くなったのではないでしょうか。
特に現在は出金出来ない状況ですので多くの方が不安にされているかと思います。

今後出金が出来るようになると考えられることは
  • 日本円に戻し現金化
  • 他の取引所に乗り換え
  • ハードウォレットに移し仮想通貨を個人管理にする
  • コインチェックで今後も継続
大きくはこの4点かと思います。

コインチェック継続はちょっと、、、という方は多いのではないでしょうか。
特にコインチェック以外の取引所を現在登録していない方は
出金可能になるまでの間に取引所の登録やハードウォレットの購入を済ませればスムーズです
取引所の登録を事前に済ませておきましょう。
新規の方も参考にしてみて下さい!


 
ウォレットってなに?

仮想通貨を保管する場所のことです。
保管場所には種類があり、ホットウォレットとコールドウォレットの大きく2つに分類されます。
どの様な種類とメリットがあるか簡単に説明します。



【ホットウォレット 】
インターネット上のウォレットのこと

・取引所のウォレット
     ○取引所ごとのセキュリティ  利便性  デバイスの故障、紛失は影響なし
     ×ハッキング  破綻  
・専用ウェブウォレット
     ○開設、設定が簡単
     ×ハッキング  インターネット環境必須
・モバイルウォレット
     ○持ち運びの利便性  PCよりはウィルス感染低い
     ×ハッキング  スマホ紛失 復元パスワード忘れる

 【コールドウォレット】
 インターネット外のウォレットのこと

・ペーパーウォレット
      ○オフライン  ハッキング 
      ×紛失  パスワード忘れる  印刷の手間
・デスクトップウォレット 
      ○取引所の破綻  オフラインでも確認可能
      ×ハッキング  PC古書  インストールしたPCのみしか使用出来ない

・ハードウェアウォレット
      ○取引所の破綻、外部からのハッキング の可能性が一番低い
     ×費用が高い   紛失   セルフGOX


ハッキングで個人のウォレットから奪われたり
コインチェックのように取引所そのものが被害に合うこともあります。
今回の事件であれば、取引所のウォレット以外を使用していれば被害が防げました。

外部の繋がりがあるほどリスクが高いのでハードウォレットが
外的要因によるリスクが低いためハードウォレットで1番人気のある商品を説明します。



Ledger NanoS 暗号通貨ハードウェアウォレット 
 









Ledger Nano S  レジャーナノS

¥15,800円(税込)
→正規サイト下段に出るLineに登録するとさらに、1,000円オフ!!2018年2月23日現在

【対応通貨】 
ビットコイン BTC
ビットコインキャッシュ  BTH
ビットコインゴールド  BTG
イーサリアム ETH
リップル  XRP
ライトコイン  LTC
ネオ  NEO
ドージコイン  DOGE
その他のオルトコイン(アルトコイン)用


株式会社EARTH SHIP
仏Ledger社の正規販売代理店です


リップルやネオに対応していること、海外取引所を使用している人はDOGEがあるのがいいですね!!
残念ながら現在は今回話題なった、XEMネムには対応していないみたいです。


堅牢なセキュリティであなたの暗号通貨資産、デジタルペイメントを守ります。
Chromeアプリケーションが動作する全てのコンピューターにUSB接続可能です。
有機ELディスプレイと物理ボタンの組み合わせで内部の暗号通貨資産、
暗号通貨取引のセキュリティを確実に守ります。
Ledger NanoS 暗号通貨ハードウェアウォレット
ビットコイン、イーサリアム等の多くの仮想通貨に対応。安心の正規代理店。送料無料
 


【注意!!】
現在は品薄になっており、予約販売になっています。
予約をすると2月下旬の予定なので、早めに欲しい方は予約をしましょう。
 
正規店以外の業者の商品で不正にセキリュティを書き換えたものを購入させ、
保存した仮想通貨を盗まれる事件が発生しています。

購入の際は正規店以外で購入をおすすめします。


正規店はこちら
Ledger NanoS 暗号通貨ハードウェアウォレット 
  




ここからは
コインチェックから乗り換えやこれから新規で仮想通貨を始める方に
 
 
不正送金事件でコインチェックは金融庁の登録が済んでいなかったこと
適切な運用が出来ていなかったことが発覚し、が話題になりました。 
なので金融庁の登録が済んでいる取引所をご紹介します。
ただ絶対大丈夫であるかは正直補償出来ませんが、、、
一定の水準を満たしていることは安心感が違いますよね。

【zaif ザイフ】
近畿財務局登録

【取り扱い通貨】
BTC(ビットコイン) 
BCH(ビットコインキャッシュ)
ETH(イーサリアム) 
XEM(ネム)
MONA(モナコイン)

トークン数種類


  • 【特徴】
    テックビューロが運営元、フィスコと事業提携している。
    BTCの取引手数料が-0.01%とマイナス
    売買を多くしたい方、株やFXをやっていた人におすすめ!
    ザイフコイン積立
    登録までに2週間ほどかかるので事前に登録をおすすめします。

    【zaif ザイフ】登録はこちらから


    【bitFlyer ビットフライヤー】
    関東財務局登録
    bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
    【取り扱い通貨】
    BTC(ビットコイン) 
    BCH(ビットコインキャッシュ)
    ETH(イーサリアム)
    ETC(イーサリアムクラシック)
    MONA(モナコイン)
    LTC(ライトコイン)


    【特徴】
    国内取引量、ユーザー数、資本金、3年連続ナンバーワン
    BTCの取引量、世界一
    保証も充実で安心して取引出来ます。
    ビックカメラなど決済対応
    ヨーロッパへ上場や新規銘柄上場の予定が期待できます。

    【bitFlyer ビットフライヤー】登録はこちらから


    QUOINEX
    関東財務局登録

    【取り扱い通貨】
    BTC(ビットコイン) 
    BCH(ビットコインキャッシュ)
    MONA(モナコイン)

    下記は2018年1月に上場予定
    ETH(イーサリアム)
    XEM(ネム)
    XRP(リップル)
    LTC(ライトコイン)


    【特徴】
    日本円以外にも、米ドル、ユーロなど14通貨での取引が可能
    LINEを活用したチャットサポート
    なんといっても2018年1月にネム・リップル・イーサリアム・ライトコインの上場を発表し、
    銘柄が増えたことが魅力的です。


    QUOINEX】登録はこちらから


    【GMOコイン】
       
    【取り扱い通貨】
    BTC(ビットコイン) 
    BCH(ビットコインキャッシュ)
    ETH(イーサリアム)
    XRP(リップル)
    LTC(ライトコイン)

    【特徴】
    東証1部上場のGMOがバックボーンにある。
    スマホアプリが使いやすく、GMOFXを運営しているためFXに強いです。

      GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
    グループ内のオンライン金融サービスでの知見を活かし、
    お客様の安心を最優先にサービス提供をしています。
    専用スマホアプリ『ビットレ君』で、本格チャート、本格取引
    仮想通貨FX専用アプリ『ビットレ君』では、全9種類のテクニカル指標を利用することができます。
    スマホさえあれば、外出先でいつでも本格的な取引が可能です。

    【GMOコイン】 登録はこちらから


    取り扱いの通貨の違いや手数料、使いやすさなどそれぞれ違いがありますね。

    色々と仮想通貨の本を読んでみましたが複数の取引所を登録をおすすめしていました。

    リスクの分散や今後の新規銘柄上場など複数登録することはメリットとしてあります。

    また今回のコインチェックのような事件があった際に1社だけだと即座に入金や出金、乗り換えができません。
    私も複数の取引所を登録し試しています。

    最初に始めたのがzaifだったので使用頻度が高いです。

    何社か取引所を試して自分に合った取引所を選んでみましょう。