コイン速報 | 仮想通貨ニュース・暗号資産相場情報・5chまとめ

仮想通貨(暗号資産・暗号通貨)、ビットコイン、リップルの話題を中心に相場情報・速報から5ch(2ch)やTwitterのネタ記事まで幅広くまとめて行きます。

    ネム NEM/XEM

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1B509318-A59C-4510-9360-6DB23045DC48
    455: 承認済み名無しさん 2020/07/19(日) 08:23:02.84 ID:3UdwWld3
    よくわからない上昇だけど仮想通貨ってそんなもんだったわ

    【【朗報】仮想通貨ネム、最大20%の暴騰wwwwwwww【NEM/XEM】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    78E23991-CA1F-40CE-AFCA-0AE955C96E77
    参照元: https://sekai-kabuka.com/bitcoin.html

      【【朗報】仮想通貨ネム5円台に復活! 主要アルトコインの中でダントツの伸び率を見せるwwwwwwww【NEM/XEM】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1381F68D-4C2C-4CD3-8FFA-DE4543DB471C
    754: 承認済みの名無しさん 2020/02/12(水) 03:00:56.16 ID:5mupuW1V
    CCでみたら8円越えてた

    【【朗報】仮想通貨ネム、久しぶりに8円超えキタ━━━(゚∀゚)━━━!!【NEM/XEM】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 承認済みの名無しさん 2019/12/21(土) 10:26:03.40 ID:8MLzKj2E9
    no title


    暗号資産(仮想通貨)交換業者のコインチェック(東京)が昨年1月、何者かによるハッキングを受け、約580億円分の暗号資産NEMが盗まれた事件で、別の暗号資産への交換に応じた男らの関係先を、警視庁が組織犯罪処罰法違反(犯罪収益の収受)の疑いで家宅捜索していたことが、捜査関係者への取材でわかった。

     同庁は押収した資料を分析してさらに調べ、男らを立件する方針。資金洗浄(マネーロンダリング)の実態解明を進め、ハッカーの特定を目指す。

     事件は昨年1月26日未明に発生。コインチェックが顧客の暗号資産を保管する口座の「暗号鍵」の情報を盗まれた。ハッカーは流出したNEMをすぐにウェブ上で約150の口座に分けて入金した。

    12/21(土) 5:00配信
    朝日新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191221-00000004-asahi-soci

    【【驚愕】コインチェック事件、巨額のNEM交換した男らを立件かwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    CC65517F-3376-4427-A1ED-C1063EE4D688

    仮想通貨NEM(XEM)に関連した新たなブロックチェーン「Catapult」と新通貨CATトークン(仮)について、取引所の対応や新規上場に係る新たな提案内容をマイグレーション委員会が提出した。

    提案書の内容では、委員会が進めているプログラムとして、「カタパルト」がローンチする初日に、6つ以上の中〜大規模の取引所が対応、新通貨を上場する方向で検討することがわかった。対応が決定すれば、これらの取引所が新チェーンへの対応を行うことになる。

    新通貨の付与方式に関して、委員会は通貨受取の申請が必要な「オプトイン」を支持していることが判明しており、多くのユーザーが個人資産の預け入れを行う取引所の対応は極めて重要だ。

    オプトイン方式が最終的に採択された場合、新トークンの付与に伴い、通貨受け取りに関わる対応をユーザー自身が行う必要性が生じるが、取引所に預けられる資産の対応は取引所に委ねられるためだ。

    取引所が対応することで、ユーザー側の負担は軽減されることになる。対応を表明する取引所へ預け入れることで、その取引所の言語下で対応が行えることや、ユーザーへのアナウンスを行うことができる。



     国内取引所では、Zaifがカタパルトへの対応を発表したほか、コインチェックもカタパルトの移行への対応を検討することを明かしている。新規銘柄の上場については、現時点でわかっていないが、19年に入り国内市場でも新規銘柄の追加事例が確認されており、新規銘柄上場へのハードルは過去に比べると下がっている。

    また、「トークンの価値が上昇することは、エコシステムにとってポジティブなことである」との記述が提案内容で確認されており、トークン価格の重要性について言及されている。これらの内容も注目ポイントにあがる。

    カタパルトのメインネットローンチ予定日は前回発表された通り、2020年2〜3月の間と予定する。

     参照元:https://coinpost.jp/amp/?p=121800&p=121800&__twitter_impression=true
    【【朗報】仮想通貨ネムの「カタパルト」で発生する新トークンを主要取引所が上場を検討かwwwwwwwww【NEM/XEM】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    4BEF7F76-7961-46CF-9841-DEEAB90A865D




    【【朗報】GMOコインにネム(NEM/XEM)とステラルーメン(XLM)が上場wwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    00ADF839-9A9E-4042-939A-1C34E83CA5E4
    1: 承認済みの名無しさん 2019/10/19(土) 20:43:21.715 ID:c7ESHi1c0
    (´・ω・`)

    【仮想通貨がピークだったときのネムに500万円ぶっ込んだ人は今10万円か(´・ω・`) 】の続きを読む

    このページのトップヘ