コイン速報 | 仮想通貨ニュース・暗号資産相場情報・NFT・5chまとめ

仮想通貨(暗号資産・暗号通貨)、ビットコイン、リップルの話題を中心に相場情報・速報からNFTアート・5ch(2ch)やTwitterのネタ記事まで幅広くまとめて行きます。

    草コイン

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: コイン速報がお伝えします 2021/12/26(日) 07:07:55.24 ID:CAP_USER9
    12/26(日) 6:03配信
    SmartFLASH

    活動休止中ではあるが…(写真・朝日新聞社)

     9月、体調不良を理由に無期限活動休止を発表した裏で、自身が広告塔を務めた仮想通貨「SPINDLE(スピンドル)」の大暴落に苦情が殺到していたGACKT。本誌は当時、GACKTの仕事仲間であるX氏の “怒りの声” を報じていた。

    「活動休止発表当日、私の知人はGACKT本人と電話で会話できたそうですよ。これで『仮想通貨』の件がうやむやになるとすれば許せません」

     スピンドルは、ブラックスターという運営会社が2017年にスタートさせた仮想通貨。X氏は、スピンドルの代理店関係者だ。X氏は当時こうも語っていた。

    「GACKTやブラックスター社の元社長と、代理店や顧客らが参加するグループLINEがあるのですが、顧客が『どうなっているのか』と運営側を問い詰めるメッセージを書くと、元社長により強制的にグループから退会させられてしまうんです。

     60人の参加者がいたのに次々退会させられ、今は48人だけ。そして今回の休業発表です。復帰したらこの問題に正面から向き合ってほしいです」

     さらに11月には『週刊文春』で人妻との不倫が報じられるなど、踏んだり蹴ったりの様子。だがGACKTの関係者によると、本人はいたって元気だという。

    「電話口ではいつもと変わらない様子でした。友人と食事の約束をするなど、活発に動きまわっていますよ。今もスピンドルの購入者への謝罪行脚は続いているそうです。贖罪のためなのか、自分の知っている儲け話をして『これで補填してくれ』と話しているみたいです」

     さすが一流芸能人。謝罪のやりかたも一味違う。

    no title

    https://news.yahoo.co.jp/articles/4bfd7930ef48bd69e485f52a55cd1c41ad9e4ee7

    【【悲報】GACKTが続ける “仮想通貨トラブル” の謝罪行脚…代わりに「儲け話」提案も【スクープその後】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    619C132D-A7CF-4450-8A45-F87BF85BF189
    1: コイン速報がお伝えします 2021/10/03(日) 22:43:38.29 ID:CAP_USER
    暗号資産(仮想通貨)を巡る税務処理に、国税当局が監視を強めている。関東地方などの個人に大規模な税務調査があり、数十人が計約14億円の申告漏れを指摘されていたことが、関係者への取材で分かった。企業や個人の仮想通貨投資が盛んになり、法的にグレーとみられる「節税策」も広がっている。国税当局は今後も重点的に調査や、適切な税務処理の情報発信に力を入れる。

    仮想通貨「エイダ」巡り調査
    関係者によると、一斉調査...
    https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC265U10W1A820C2000000/

    【【悲報】仮想通貨で一斉税務調査 14億円申告漏れ、グレー節税も 【ADA/エイダ/カルダノ】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2C247553-7A08-47F2-9418-F7CF9CC0CD44
    1: コイン速報がお伝えします 2021/10/07(木) 23:34:45.00 ID:qy534zwT9
    (ブルームバーグ):

    昨年誕生した仮想通貨「シバイヌ(SHIB)」はわずか1週間で約367%値上がりし、時価総額で12番目の仮想通貨となった。
    ライトコインやアバランチのAVAXを抜いた。

    コインゲッコーの価格データによると、SHIBは香港時間7日午前10時55分(日本時間同11時55分)までの24時間で70%余り上昇した。

    電気自動車メーカー、米テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は数日前に、自分の柴犬フロキの写真をツイッターに投稿。
    これが柴犬のミームを使用しているSHIBへの熱狂をあおり、急激な値上がりにつながっている。

    仮想通貨全体も上昇しており、ビットコインは過去7日で約30%値上がりし5万5000ドル付近。イーサも上昇している。
    https://finance.yahoo.co.jp/news/detail/20211007-88763206-bloom_st-bus_all

    【【仮想通貨】「シバイヌ」が1週間で367%値上がり イーロン・マスク氏のツイートをきっかけに急騰【 #SHIB 】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: コイン速報がお伝えします 2021/10/05(火) 11:36:51.94 ID:vvGjvEO20


    no title

    【【朗報】仮想通貨・柴犬コイン、前日比53%増の爆上げwwwwwwww【 SHIB 】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: コイン速報がお伝えします 2021/09/15(水) 23:01:54.93 ID:kMhy1fJC0
    上場前に総額で200億円以上を集めたスピンドル。
    ところが、いざ2018年5月に上場すると、事前の謳い文句とは真逆にその価値は大暴落し、投資家たちに多額の損害を与えた。
    上場前には最高で1スピンドル=200円の価格で販売されていたスピンドルだが、現在、取引所での価格は1円以下の低迷を続けている。
    「GACKTは、広告塔としての報酬や、上場直後に売り抜けたおかげで、約17億円もの利益を得ているそうです。ところが私が集めた顧客は全員損失を出しました」(X氏)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/334986782cf0cbef87b1e137f2b6fe0872e008a0

    【【格付け王】GACKTさん、仮想通貨スピンドル関連で約17億円稼いでいた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    3F51A25E-ECD6-498C-89E6-6BFAFB3D12DE

    1: コイン速報がお伝えします 2021/09/11(土) 13:48:27.32 ID:CAP_USER9
     略

    住む場所が次々変わる

     そこに言及がないのは、GACKTが最近、マレーシアではなく、新たな移住先として南欧のマルタにいたことも関係しているだろうか。

     彼の行動を随時追跡していたわけではないから正確には不明だが、GACKTは今年1月下旬にマルタから帰国した様子を公開。愛犬を友人にあげたことが批判される騒動を挟み、2月に日本を出国した様子を伝えていたが、その行先は再びマルタで、後に現地からの動画配信があった。音楽関係者によると、7月に日本でのバースデイライブがあって6月にはリハーサルなどの準備で帰国していたという。

     その後、7月下旬に地中海の国・キプロスからの動画配信があったが、この流れを見ると海外移住といっても1度の滞在期間は観光ビザでも行けそうなほど短い。

     もしかするとマレーシアからマルタに移ったのは、タレント活動上、マレーシアが不向きということもあるのかもしれない。彼がやっている動画配信の撮影や制作活動は、マレーシアではコロナ禍の影響で長く制限があり、自宅からのひとりリモート出演程度はできても、スタッフが集まることや野外撮影は許可されていなかった。

     また、入国時には14日間の厳しいホテル隔離があることも、定期の動画配信には向かない。最近になってワクチン接種完了者への行動緩和が始まったが、外国人滞在者への接種は6月ごろからで、まだ日本のワクチン接種証明書との連携が完全ではなく、マレーシアで接種していないとなると、なお不自由な場所になってしまう。

    ミステリアスのプロ

     もっとも、彼が出入りしたマレーシア、マルタ、キプロスはいずれもタックス・ヘイブンという共通点があるから、投資収益の扱いで有利ならばどこでも良いということもあるのかもしれない。以前マレーシアでは不動産事業をしていると伝えていたが、中国人客の激減した現地ではいま同種の商売は低迷している。

     そのあたり、いろいろ想像をたくましくしてしまうのは、彼のキャラクターのミステリアスさ、そこから発する怪しげな雰囲気に由来する。

     たとえば最近では、仮想通貨スピンドルを大々的に推薦していたが、違法性の疑いがある売り文句を言い放っていたことが週刊誌で報じられたこともあった。ネット上では「近年、ヒット曲もないのに何が収入源なのだろう」という声もあり、ゴージャスな生活はたしかに謎が多かった。

     ただ、タレントとして見れば、それも彼なりのプロフェッショナルな姿勢であるともいえる。男性と付き合ったことは一度もないと言うアイドルや、悪さばかりしてきたと言うラッパーも一種のセルフプロデュースであるのと同様、GACKTも素が見えにくいミステリアスなところは「キャラ売り」を徹底しているともいえる。豪華なライフスタイル自慢と、華麗なルックスを維持するストイックさはエンターテインメントの登場人物としては優秀だ。

     過去、眼の手術は公表していたGACKTだが、神経系の持病というのも初耳だった。もし人々が疑うようにコロナ感染していたのなら陰性証明書の必要な海外渡航は困難で、近日に海外へ飛んでの治療はできないはず。そもそも深刻な病気を患っているのに、わざわざ感染リスクもある国境を越えた移動を伝えるというのが謎すぎる。

     活動休止という最大の危機にあってもミステリーだらけのGACKT、回復を強く願いながらも、彼らしいエピソードには感心してしまう
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d052932fa98224e4e80c7763146b6f4987b7872c?page=2

    【GACKTの無期限活動休止、発表に到るまでの「謎」「ヒット曲もないのに何が収入源なのだろう 違法性の疑いがある仮想通貨か」の声も】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    8A3519E4-2303-4E7E-ADDA-4239208173EC


      【【驚愕】仮想通貨ADA、プレセールから1000倍達成。当時10万円買っていれば億り人にwwwwwwww【エイダ カルダノ】】の続きを読む

    このページのトップヘ