コイン速報 | 仮想通貨ニュース・暗号資産相場情報・5chまとめ

仮想通貨(暗号資産・暗号通貨)、ビットコイン、リップルの話題を中心に相場情報・速報から5chやTwitterのネタ記事まで幅広くまとめて行きます。

    マイニング

    2C139142-70E8-4AFF-A41E-32C116FD43B3
    1: 承認済みの名無しさん 2019/04/09(火) 21:31:22.29 ID:CAP_USER
    中国は仮想通貨マイニング(採掘)を禁止する方針を示唆した。価格急落や投資家の関心低下ですでに打撃を受けている仮想通貨コミュニティーにさらなる打撃となりそうだ。

    国家発展改革委員会 (発改委)は今週公表した指針草案の中で、「資源の深刻な無駄遣い」や環境汚染を理由に排除すべき多くの産業の一つとして仮想通貨マイニングを挙げた。

    発改委はこの指針草案について一般から意見を募っており、指針が正式にまとまれば仮想通貨マイニングが直ちに禁止される可能性も示されている。意見の募集は5月7日に終了する。

    かつては中国でビットコイン採掘の約70%、取引の90%が行われていたが、投機バブルや取引詐欺、大量のエネルギー消費などの懸念が広がったことから、中国当局は2年近くにわたり仮想通貨業界の縮小を促してきた。
    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-04-09/PPOOCY6K50XS01

    【「中国、仮想通貨マイニングを禁止する方針」に対する5ch・Twitter反応まとめ】の続きを読む

    2C139142-70E8-4AFF-A41E-32C116FD43B3
    1: 承認済みの名無しさん 2019/01/29(火) 20:22:16.54 ID:CAP_USER
    半導体業界で急成長した米エヌビディアが逆風にさらされている。中国経済の急減速を受けてゲーム用パソコンやデータセンターで使われる画像処理半導体(GPU)が振るわず、2018年11月~19年1月の売上高を2割近く下方修正した。仮想通貨バブルがはじけたあおりも受け、華やかなイメージと裏腹に業績の十分な支え役がいない状況があらわになった。

    エヌビディアはゲーム用GPUの事業を主体にしてきたが、人工知能(AI)の発展の波に乗り急速に成長した。膨大な計算を早くおこなうGPUの特性が、最新のAIである深層学習(ディープラーニング)の計算に合っていたためだ。

    世界の有力IT(情報技術)企業などの需要が高まり、15年8~10月期に13億ドルだった売上高は3年後の18年8~10月期に32億ドルへと拡大した。18年10月に最高値の289ドルを付けた株価はそれまでの3年間で約11倍に膨らんだ。

    そのエヌビディアが今月28日に発表した18年11月~19年1月の売上高見通しは、従来予想より約19%低い22億ドル(約2407億円)だった。「いくつもの異常な変化が起きた大変な四半期だった」。ジェンスン・ファン最高経営責任者(CEO)は業績修正と同時に投資家に書簡を出し、市場の異変を説明した。

    ファン氏は1月上旬、米ラスベガスで開かれた家電・技術見本市「CES」で、18年は中国でゲーム用パソコンがかつてなく売れていると話したばかりだった。パソコンに外付けしたり組み込んだりして映像を滑らかにするGPUは店頭で売れていたが「消費者が購入を控えた」。

    さらに、AIなどで使われるサーバーを置くデータセンターへの投資がしぼんだ。商談はあるが、成約に至らない事例が増えた。同社の中国売上高は全体の約2割を占めてきた。

    米アップルや米キャタピラーなど、中国経済の影響が及ぶ企業は当然他にもある。エヌビディアにとってそれが他社以上に悩ませる理由は、仮想通貨バブルがはじけた影響も受けているからだ。

    18年1月に起きた仮想通貨交換大手、コインチェックによる巨額流出事件の1カ月ほど前、ビットコインは2万ドル近い価格を付けていた。現在の相場は当時の5分の1に落ち込み、取引市場は急速に縮んでいる。

    エヌビディアのGPUは、コンピューターを膨大に活用して仮想通貨を得る「採掘(マイニング)」と呼ぶ作業に使いやすい。一時は需要が急増したものの過剰在庫へ一変しており、同社は在庫一掃のためちょうどGPUの出荷を抑え始めたところだった。

    3つの逆風を受け、28日の株価は138ドルと18年10月の最高値から5割下がった。
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO40626840Z20C19A1TJ2000/

    【【悲報】新星エヌビディアに逆風 仮想通貨バブル崩壊に中国が追い打ち 「自動運転」道半ば 】の続きを読む

    19A94074-A301-428A-898C-8D1F43146B36


    【【驚愕】金貸し本業でマイニングしてる人がタダでビットコインを稼ぐ方法を見つけてしまう・・・【BTC】】の続きを読む

    2C139142-70E8-4AFF-A41E-32C116FD43B3
    1: 承認済みの名無しさん 2019/01/28(月) 12:26:15.50 ID:+ZCmxEO40 BE:422186189-PLT(12015)
    半導体大手AMDによる18年第4四半期決算の発表に先立ち、アナリストたちは同社が「仮想通貨後遺症」を
    原因とする問題に引きずられているとの可能性を述べている。ビジネス・ニュースサイトのマーケットウォッチが
    1月25日に報じた。AMDは来週火曜日の引け後に報告書を発表すると見られている。

    サスケハナ(Susquehanna)のファイナンシャル・アナリスト、クリストファー・ローランド氏は、
    AMDは期待に沿った業績を達成したと述べている。

    しかし、グラフィックス・プロセッシング・ユニット(GPU)の小売価格の下落が問題を生みかねないと指摘する。
    AMDの人気GPU「Radeon RX580」は仮想通貨マイナーによって広く使用されてきたが、
    最近では180ドルで販売されている。18年2月に平均価格が約550ドルのピークを迎えたときから、67パーセントの下落だ。

    コーエン(Cowen)でアナリストを務めるマシュー・ラムゼイ氏はマーケットウォッチに次のように語る:

    https://jp.cointelegraph.com/news/analysts-warn-that-crypto-hangover-could-persist-for-amd

    【【悲報】半導体大手AMDが「仮想通貨後遺症」に・・・】の続きを読む

    3ED31FC5-DDFD-424F-8BC1-6A066AF5AC74

      【【悲報】取調官「お前の両親がコインハイブ使われたらどう思うんだ」】の続きを読む

    2C139142-70E8-4AFF-A41E-32C116FD43B3
    1: 承認済みの名無しさん 2018/12/25(火) 17:29:03.16 ID:CAP_USER
    GMOインターネットは12月25日、2018年第4四半期決算で仮想通貨マイニング事業について約355億円の特別損失を計上すると発表した。仮想通貨価格の下落を受けた需要の減少などにより、収益性が悪化したという。マイニング事業のうち、マイニングマシンの開発・製造・販売事業は継続しない。

    特別損失355億円の内訳は、自社設備によるマイニング事業の減損損失115億円と、マイニングマシン事業の債権譲渡損240億円。

    GMOインターネットは17年12月から、100%子会社のスイス法人GMO-Z.com Switzerland AGで自社設備による北欧地域での仮想通貨マイニングや、マイニング専用マシンの開発を進めてきた。

    しかし、仮想通貨価格の下落や、同社の想定を上回るグローバルハッシュレートの上昇により想定していたハッシュレートシェアを得られず、マイニングの収益性が悪化していた。

    マイニングマシンの開発事業についても、仮想通貨価格の下落でマシンの需要が減少。競合製品の販売価格も下がる中で、マシンの販売により資産を回収することは困難だと判断し、開発や販売の中止を決めた。

    スイス法人は事業を撤退。個別決算では撤退に伴う子会社株式売却損など140億円を計上する。ただし、マイニング設備については収益構造を見直し、GMOインターネットに統括法人を移して継続する。より安価な電力調達が可能な地域への設備移転を検討しているという。
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1812/25/news101.html

    【GMO、仮想通貨マイニング開発中止 特損355億円 「世界トップ性能」うたうも冷え込みに耐えきれず 】の続きを読む

    839EA0A7-EFF2-45EE-A699-5FAE94585FEB
    1: 承認済みの名無しさん 2018/12/12(水) 11:21:15.02 ID:wMiFHoxt0● BE:842343564-2BP(2000)
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    ソフトバンク、エヌビディア株を来年売却する計画-関係者
    12/12(水) 4:28配信


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181212-56536135-bloom_st-bus_all
    ソフトバンクグループは米半導体メーカー、エヌビディアの株価が下落し続けているため、来年の早い時期にも保有する同社株を売却する計画だ。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

    事情が非公開として匿名を条件に語った関係者によると、ソフトバンクはこの取引で約30億ドル(約3400億円)の利益を得る可能性がある。最終決定には至っておらず、ソフトバンクは持ち株を維持するか、売却を一部にとどめることを選択する可能性もあるという。

    ソフトバンクの担当者、およびエヌビディアの担当者はコメントを控えた。

    ソフトバンクはエヌビディア株を保有しているが、投資家が持ち株を積み増しながら株価の下落をヘッジできる、いわゆる「カラー取引」を行っている。

    米中貿易摩擦のほか半導体メーカーの需要や成長見通しの悪化で、エヌビディア株は10月のピークから48%下落している。関係者によれば、株価急落でソフトバンクは持ち株を手放す方向に傾いたという。

    ソフトバンクは2017年前半にエヌビディア株の保有を30億ドルに積み上げ、4位株主となった。持ち株は後にソフトバンクの巨大テクノロジー投資ファンド「ビジョン・ファンド」に移管された。

    【仮想通貨ブーム終了。ソフトバンク、謎の半導体メーカーNVIDIA株式売却か 】の続きを読む

    2C139142-70E8-4AFF-A41E-32C116FD43B3
    1: 承認済みの名無しさん 2018/11/24(土) 04:39:57.99 ID:CAP_USER9
    https://jp.sputniknews.com/business/201811225615393/

    ビットコイン大暴落 中国のマイニング業者がプラントをたたき売り
    経済
    2018年11月22日 19:30
    (アップデート 2018年11月22日 19:49)

    今週ビットコインの起こした5千ドルを切る大暴落は中国のSNS界で激しい論議を呼んでいる。これだけの大暴落はポータル「コインデスク」の発表では過去13カ月で初めて。新浪微博(Weibo)ではハッシュタグ「ビットコイン暴落」の記事が掲載されると閲覧回数は一瞬で9200万回を超えた。

    スプートニク日本

    中国のウエブマーケティングポータル「腾讯新闻(テンセント・ニュース)」によれば、今回の暴落で最も手痛い被害を受けたのは中小のマイニング企業。新疆ウイグル自治区、内モンゴル自治区のマイニング企業は大損害をだし、プラントのたたき売りを開始した。1年前に2万元で購入されたプラントが現在、最高値でも1千元で売却されているか、単に屑鉄として廃棄されている。

    ビットコインの大暴落で最も大きな被害を受けているのは中小のマイニング業者。ビットマインのような大企業は政権によるビットコイン生産禁止令にもかかわらず、繁栄し続けている。中国、アジアの業界動向を報じる「テクノード」によれば、アジアの専門家らの予測ではビットコイン、仮想通貨にはまだ明るい未来があるとされている。

    【【ビットコイン大暴落】中国のマイニング業者がプラントをたたき売り 】の続きを読む

    2C139142-70E8-4AFF-A41E-32C116FD43B3
    1: 承認済みの名無しさん 2018/11/22(木) 21:11:39.32 ID:TIde/naJ0 BE:416336462-PLT(12000)
    sssp://img.5ch.net/premium/6931153.gif
    今週ビットコインの起こした5千ドルを切る大暴落は中国のSNS界で激しい論議を呼んでいる。
    これだけの大暴落はポータル「コインデスク」の発表では過去13カ月で初めて。
    新浪微博(Weibo)ではハッシュタグ「ビットコイン暴落」の記事が掲載されると閲覧回数は一瞬で9200万回を超えた。
    中国のウエブマーケティングポータル「腾讯新闻(テンセント・ニュース)」によれば、今回の暴落で最も手痛い被害を受けたのは中小のマイニング企業。
    新疆ウイグル自治区、内モンゴル自治区のマイニング企業は大損害をだし、プラントのたたき売りを開始した。
    1年前に2万元で購入されたプラントが現在、最高値でも1千元で売却されているか、単に屑鉄として廃棄されている。
    ビットコインの大暴落で最も大きな被害を受けているのは中小のマイニング業者。
    ビットマインのような大企業は政権によるビットコイン生産禁止令にもかかわらず、繁栄し続けている。
    中国、アジアの業界動向を報じる「テクノード」によれば、アジアの専門家らの予測ではビットコイン、仮想通貨にはまだ明るい未来があるとされている。

    https://jp.sputniknews.com/business/201811225615393/

    【ビットコイン暴落でマイニングプラントのたたき売りが始まる。今が買いどきだな。 】の続きを読む

    このページのトップヘ