コイン速報 | 仮想通貨ニュース・暗号資産相場情報・NFT・5chまとめ

仮想通貨(暗号資産・暗号通貨)、ビットコイン、リップルの話題を中心に相場情報・速報からNFTアート・5ch(2ch)やTwitterのネタ記事まで幅広くまとめて行きます。

    税金・確定申告

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    94ED48C4-2F7C-4E5C-92CD-0B7154C34B52
    1: コイン速報がお伝えします 2022/11/29(火) 15:08:38.97 ID:yURmo7rlaNIKU
    もう国内の取引所経由して日本の銀行にいれちまった

    【仮想通貨の税金って払わんかったらヤバイかな?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    CF23A641-FCE2-46A1-8E42-38DCA0FF7134
    1: コイン速報がお伝えします 2022/11/23(水) 15:31:05.567 ID:wr78dfuo0
    30万くらいだったらバレないよね?

    【仮想通貨の確定申告した事有る奴きてくれ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    IMG_2637
    1: コイン速報がお伝えします 2022/11/13(日) 18:46:03.54 ID:UQroV9uZ0
    ええんか・・・

    【「やった!仮想通貨で1億円稼いだぞ!」 国「はい税金4500万ね」役所「はい住民税1000万ね」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    5EA8F057-51B2-40B4-8675-5AB2EBC8D78B
    1: コイン速報がお伝えします 2022/09/09(金) 23:28:13.21 ● BE:323057825-PLT(13000)
    仮想通貨課税規則は国によって大きく異なり、一部の国は居住者のために非常に厳しい課税政策を打ち出している。

    仮想通貨分析会社Coincubの新しい研究では、ベルギーが居住者のための仮想通貨課税の面で世界最悪の国として言及されている。
    これは、仮想通貨での収入やキャピタルゲインに対する税金などの課税面から算出したものだ。

    ベルギーは、仮想通貨取引のキャピタルゲインに33%の税金を課すことで知られており、また、仮想通貨取引の専門家の収入から最大50%の税金を徴収している。
    ベルギーは2017年に厳格な仮想通貨課税規則を採用した。

    8日に発表されたCoincubの税金ランキングでは、アイスランド、イスラエル、フィリピン、日本などの国も、仮想通貨投資家に不利な場所として取り上げられている。

    アイスランドでは、7,000ドルまでの仮想通貨による利益は40%以下の税金の対象となり、それ以上の利益は46%になる。
    イスラエルの税制では、仮想通貨の売却は通常キャピタルゲイン税の対象となり、最大で33%。
    一方、仮想通貨取引に事業所得税がかかる場合、50%まで上がる可能性がある。

    フィリピンでは、4,500ドル以下の仮想通貨収入には税金がかからないが、それ以降の収入には最大で35%の税金が課せられる。
    同国政府は2024年までに新たな税金を課すことも議論しており、フィリピンがインドに続いてすべての仮想通貨収入に30%の一律税を課すかもしれないという懸念が高まっている。

    日本は、Coincubの課税ランキングでワースト5位。
    雑所得とみなされる所得に対して累進課税の税率制度を採用している。
    税率は、所得額に応じて5%から45%まで変化する。

    仮想通貨税が不利な国はどこ?日本を含むトップ5がリストアップ
    https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/cointelegraph/business/cointelegraph-20220909102415328

    【【悲報】仮想通貨取引に最悪な国、日本はワースト5位wwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: コイン速報がお伝えします 2022/08/24(水) 22:40:16.01 ID:oWiXqB6f0● BE:323057825-PLT(13000)
     金融庁と経済産業省はスタートアップ(新興企業)の育成に向け、企業が資金調達のために発行する暗号資産(仮想通貨)のうち、
    自社で保有する分にかかる法人税の課税方法を見直す方針を固めた。
    創業まもない企業にとって負担が少ない形に改め、有望なスタートアップが海外に流出するのを防ぐ狙いだ。2023年度税制改正で議論する。

     多くのスタートアップは資金調達や事業展開を目的に、独自に「トークン」と呼ばれる暗号資産を発行する。
    トークンは投資家らに売買するほか、議決権を確保するため自社で一定程度保有する場合が多い。

     現在の税制では、自社保有分が期末の時価をもとに課税されるため、含み益に税金がかかる仕組みとなっている。
    創業まもない新興企業にとって資金繰り面で負担が大きいとの指摘が相次ぎ、規制の少ないシンガポールなどに拠点を移す例も出ていた。

     金融庁などが検討する新たな仕組みでは、発行した企業が自ら保有する暗号資産については期末の時価評価の対象から外し、
    売却などで利益が生じた時点で初めて課税する形とする方向だ。
    スタートアップの成長を阻害しないよう配慮し、海外流出を防ぐ。

     4月に開かれた政府のデジタル社会構想会議では楽天グループの三木谷浩史会長兼社長が
    「日本で起業するのはバカくさいからシンガポールに行くというのがほとんど」と述べ、税制見直しの必要性を訴えていた。

    「暗号資産」課税見直しへ…新興企業の成長に配慮、海外流出防ぐ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/f9953b51060ea778d190df98bde2cefb5a58eff7

    【【速報】仮想通貨の課税見直しへ 海外流出防ぐ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    IMG_2637
    1: コイン速報がお伝えします 2022/06/05(日) 19:07:56.02 ID:kMnO5mVj0
    ・競馬好きのじゃいさん、過去に何度も大当たり

    ・ハズレ馬券を経費として申告しても認められず、馬券が当たった分に対し追徴課税(マンションを買えるほど)
     を受けて破産

    ・弁護士を雇って争おうとしたが、費用は高額なため断念

    ・税務署と交渉した際に、担当者の親が危篤で実家に帰ったため、年末出るはずだった結果が 
     3ヶ月先延ばしになり、その期間の利息も払えと要求される

    ・じゃいさん、法律がおかしいので変えてほしいと訴える

    【【悲報】競馬で6400万円当てたインスタントジョンソンのじゃい、税金で6400万円もっていかれる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    00F824CD-6EB5-4CF1-B2AB-FE7C55121D39


      【【朗報】税金を学べるゲーム「確定申告を頑張るRPG」が話題にwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ