コイン速報 | 仮想通貨ニュース・暗号資産相場情報・NFT・5chまとめ

仮想通貨(暗号資産・暗号通貨)、ビットコイン、リップルの話題を中心に相場情報・速報からNFTアート・5ch(2ch)やTwitterのネタ記事まで幅広くまとめて行きます。

    バイナンス Binance

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    IMG_2999
    253: コイン速報がお伝えします 2022/11/30(水) 17:28:15.78 ID:QG9R8pyU0
    【速報】バイナンス、サクラエクスチェンジビットコインを買収し日本市場参入

    11月30日8時(UTC)をもって本家バイナンスは日本ユーザーの新規登録が不可能に(既存ユーザーは今のところ使用可能)

    https://sebc.co.jp/22113002_notice/

    【【仮想通貨】バイナンス、サクラエクスチェンジビットコインを買収し日本市場参入【binance】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    D08B65E5-3252-41FD-B1FB-6D5FC66E7179
    参照元:https://sekai-kabuka.com/bitcoin.html
    1: コイン速報がお伝えします 2022/11/10(木) 09:18:08.29 ● BE:323057825-PLT(13000)
    暗号資産(仮想通貨)交換業者FTXのサム・バンクマンフリード最高経営責任者(CEO)は9日、同社が追加資金の投入を必要としており、
    さもなければ破産法の適用を申請せざるを得なくなるだろうと投資家らに警告した。事情を直接知る関係者1人が明らかにした。

      協議の非公開を理由に関係者が匿名を条件に語ったところでは、同業のバイナンス・ホールディングスがFTX買収の撤回を発表する前の段階で、
    共同創業者のバンクマンフリードCEOは、同社が最大80億ドル(約1兆1700億円)の資金不足に直面していると投資家に伝えた。

      関係者によれば、FTXはエクイティーファイナンスかデットファイナンス、あるいは二つを組み合わせる形で救済資金の調達を試みている。
    FTXの担当者はコメントを控えた。

    FTX追加資金なければ破産法申請と警告、1.1兆円不足-関係者
    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2022-11-09/RL3PJ4DWX2PU01

    【【速報】FTX倒産か、ビットコインなど仮想通貨大暴落中】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    IMG_2999



    【【速報】バイナンスはFTXの財務状況を見て買収撤退を検討中・・・【Binance】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    CEBF7404-E353-4F4B-8C6B-902D3F7E4F44
    1: コイン速報がお伝えします 2022/11/09(水) 04:09:39.49 ● BE:323057825-PLT(13000)
    簡単にまとめると、

    FTXの親会社Alameda Reserchの財務状況に懸念があることがメディアで報じられる

    Binanceが、所有するFTXトークンFTTの売却を公表

    LUNA暴落の再来を懸念した投資家らがFTTを大量売却

    FTXで出金取り付け騒ぎ

    仮想通貨全般が暴落

    BinanceのCEOがFTX買収に基本合意を発表←今ココ

    間違っていたらスマン

    バイナンスが$FTTの大量売却を発表 | 騒動の一連の流れを解説
    https://crypto-times.jp/binance-sell-ftt/

    Binance (バイナンス)がFTXを完全買収か | 基本合意に署名
    https://crypto-times.jp/binance-buy-ftx/

    【仮想通貨大手取引所FTXで取り付け騒ぎ 仮想通貨が軒並み暴落 最大手BinanceがFTX買収へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    IMG_2999


    【【緊急】バイナンスのBNBが800億円超の大規模ハッキングでBSCチェーンを緊急停止】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    IMG_2999
    1: コイン速報がお伝えします 2022/09/26(月) 13:42:02.57 ID:CAP_USER
    世界最大の暗号資産(仮想通貨)取引所を運営するバイナンスが、日本市場への参入に向けて金融庁が認める暗号資産交換業者への登録の申請を検討していることが分かった。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

    関係者によると、日本政府は暗号資産に対して比較的柔軟な姿勢を示しており、登録が認められれば、取り扱う仮想通貨の種類が多いバイナンスは国内で利用者数を大幅に獲得することができるとみている。

    バイナンスの広報担当者はブルームバーグの取材に対し、「規制当局とのやりとりについてコメントするのは不適切」とした上で、「規制当局や政策立案者と協力し、消費者を保護し、イノベーションを進め、業界を前進させることに尽力している」と述べた。金融庁の担当者はコメントを控えた。

    岸田文雄首相が掲げる「新しい資本主義」の実現に向けた実行計画では、暗号資産やブロックチェーン技術を活用する「Web3(ウェブ3)」推進を目指すと明記。5月の英国ロンドンの金融街シティーでの講演では、成長戦略の柱として環境整備を進めると表明した。

    金融庁は2023年度の税制改正要望で、ブロックチェーン技術を活用した起業や事業開発の阻害要因になっていた企業保有の暗号資産に対する課税方法の見直しを提案していた。

    日本の動きは、いわゆる「仮想通貨の冬」で昨年11月以降、デジタル通貨から2兆ドル(約287兆円)の市場価値が失われたのを背景に、各国で規制や監督強化が見られることとは対照的だ。

    バイナンスに対しては、金融庁が18年にインターネットを通じて無登録で日本居住者向けにサービスを提供しているとして警告。趙長鵬最高経営責任者(CEO)は、当時目指していた日本国内での拠点設置を断念していた。

    20年にはバイナンス側が日本居住者の取引に段階的に制限を加えると発表していたものの、取引可能な状態が続いており、21年6月には2度目の警告が行われていた。

    現在、バイナンスはアジア太平洋地域ではオーストラリア、マレーシア、フィリピンで暗号資産の交換業者として登録されている。一方、中国やインドネシア、タイ、ベトナムでは事業者として承認されていない。

    バイナンスを巡っては、米国で司法省、証券取引委員会(SEC)、商品先物取引委員会(CFTC)をはじめとした金融規制当局による調査の対象となっている。
    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2022-09-26/RINK91T0G1L101

    【【緊急】仮想通貨大手取引所バイナンスが日本参入か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    IMG_2999


    【【重要】バイナンスがUSDCなどのステーブルコイン取り扱い停止、BUSDに変換する事を発表】の続きを読む

    このページのトップヘ