コイン速報 | 仮想通貨ニュース・暗号資産相場情報・5chまとめ

仮想通貨(暗号資産・暗号通貨)、ビットコイン、リップルの話題を中心に相場情報・速報から5chやTwitterのネタ記事まで幅広くまとめて行きます。

    サトシナカモト

    6D671113-EADC-41A5-9D9E-EDB791A0C5C3


    【【恐怖】ハッシュウォー再来か!?BCHに「Satoshi Nakamoto」と名乗るマイナーが出現し51%攻撃の可能性、一体何がはじまるんです?】の続きを読む

    6C3B1D7E-2A50-471D-80E5-C24EE00FD48D
    1: 承認済みの名無しさん 2019/04/27(土) 22:02:48.05 ID:CAP_USER
    ソフトウエア業界のパイオニアとして知られるジョン・マカフィー氏は、仮想通貨ビットコインの生みの親とされる「サトシ・ナカモト」と呼ばれている人物と話し合ったことを明らかにし、ナカモト氏の正体を明かす考えを示した。

    マカフィー氏はブルームバーグとの電話インタビューで、当初は「1週間以内」にナカモト氏の身元を公表すると述べていたが、その後、公表のタイミングは未定だとスタンスを変えた。
     
    ナカモト氏が個人でなくグループである可能性も含め、何年にもわたりその正体について議論が交わされている。マカフィー氏は最近、ナカモト氏は米国に住む男性だとコメント。バハマから電話インタビューに答えたマカフィー氏は、ナカモト氏と「話をした。身元を明かすという私の試みについては機嫌良さそうではなかった」と語った。

    マカフィー氏の奇抜な行動がソフトウエアのパイオニアとしての同氏の経歴に影を落としており、同氏がナカモト氏の正体を実際に突き止めているのかどうか断定するのは難しい。そうした試みは多く行われてきたが、いずれも失敗に終わっている。

    マカフィー氏はインタビューで、生涯をハッカー追跡に費やしてきたと述べ、ナカモト氏の正体を突き止めるのに自らが最も適していると主張した。

    マカフィー氏は1987年にマカフィー・アソシエーツを創業。同社の所有者はその後、幾度も代わった。同氏は中米ベリーズで起きた殺人事件で嫌疑を受けたこともあったが、最近は仮想通貨に投資し、その利用を提唱していた。

    ナカモト氏の身元公表を先延ばししたことを知らせるツイートで、マカフィー氏は自身のマリオ・グレー弁護士からの書簡を公開。ナカモト氏の正体を暴露することでマカフィー氏が多くの訴訟の対象となる可能性があると説明。米国に送還されるリスクに触れ、「そうしたリスクを取ることはできない」とし、様子見するとコメントした。
    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-04-24/PQFVYA6S972801

    【【仮想通貨】「サトシ・ナカモト」は米在住の男性、正体明かしたい-マカフィー氏 】の続きを読む

    7CA3CF22-91E2-4D71-987E-447A9FB03E25


      【【画像】ビットコイン生みの親、ナカモトサトシのパスポートが流出かと話題にwwwww【サトシナカモト】】の続きを読む

    F3B3FBB4-5C40-480E-8929-408748F5EB24


      【【困惑】自称サトシナカモト対決始まるwwwww【ナカモトサトシ】】の続きを読む

    4BEF7F76-7961-46CF-9841-DEEAB90A865D


      【【朗報】芥川賞「ニムロッド」が受賞!仮想通貨「ビットコイン」を題材にした物語】の続きを読む

    F3B3FBB4-5C40-480E-8929-408748F5EB24


    【【オカルト】サトシ・ナカモトが7年ぶりに投稿!発言した「nour (光)」はあの人の事ではと話題にwwwwwwwwww】の続きを読む

    1BA253D6-D2D9-4469-8089-C22388F22A04
    1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [SK] 2018/08/13(月) 22:39:27.78 ID:7PkyEouo0 BE:323057825-PLT(12000)
    sssp://img.5ch.net/premium/8114876.gif
    ビットコインの発明者、サトシ・ナカモトが誰なのか。ビットコインを巡る最大のミステリーだ。
    ネット上では誰がサトシ・ナカモトなのかという仮説が数多く存在するが、どれもまだ証明されていない。
    そんな中、サトシを探し出す捜索プロジェクトが立ち上がり、クラウド・ファンディングを行っている。

     ロシアを拠点とするクラウドファンディングサービス、ブームスターターに、サトシを探し出す捜索プロジェクトが掲載された。
    このプロジェクト「#Findssatoshi」は、1500万ルーブル(約2400万円)の資金調達を目指している。
    調達した資金で、日米欧の探偵会社に調査を委託するという。

     ブームスターターのサイトに掲載されたプロジェクトの概要は、サトシを見つけることは好奇心だけでなく、仮想通貨の発展のために必要だと語っている。
    誰がどういう目的でビットコインのプロジェクトを立ち上げたのかを明らかにすることが、仮想通貨がグローバルな詐欺でないことを確実にすることができると主張する。

    「デジタル通貨の理念を忠実に信じている仮想通貨の愛好者たちは、誰が100万個以上のコインを持っているのかを知るべきだ。
    一体誰が一晩で市場をひっくり返し、破壊させてしまうのか。〔…〕新しい経済パラダイムのリスクはあまりにも高すぎる」

    サトシ・ナカモトを探せ、捜索プロジェクトがロシアのクラウドファンディングサイトに
    https://jp.cointelegraph.com/news/finding-satoshi-nakamoto-crowd-funding-project-launched-to-investigate-him
    http://boomstarter.ru/projects/findsatoshi/mezhdunarodnyy_rozysk_sozdatelya_bitkoin_-_satoshi_nakamoto

    【ビットコイン発明者「ナカモト・サトシ」を探せ!大捜索プロジェクト始動! 】の続きを読む

    AB0053FE-F265-4290-9B25-B1633B303752
    1: ばーど ★ 2018/02/27(火) 16:55:38.74 ID:CAP_USER9
    仮想通貨「Bitcoin(ビットコイン)」の生みの親「サトシ・ナカモト」の正体であると主張するクレイグ・ライト(Craig Steven Wright)氏が、1兆円相当支払いを求める訴訟で訴えられました。

    'Satoshi' Craig Wright Is Being Sued for $10 Billion - CoinDesk
    https://www.coindesk.com/satoshi-craig-wright-sued-10-billion/

    仮想通貨ビットコインの発明者は長年不明とされていましたが、2016年5月にオーストラリア人起業家のクレイグ・ライト氏が「自分がビットコイン発明の中心人物である」ということをBBCのインタビューで語りました。

    謎に包まれたビットコイン生みの親「サトシ・ナカモト」の正体がついに判明か、オーストラリア人男性が自身をビットコイン発明者と認める - GIGAZINE
    https://gigazine.net/news/20160502-bitcoin-creater/

    一方で、ビットコインのコミュニティーは、ライト氏がデモンストレーションで示した「発明者である証拠」はいんちきであり、ライト氏が発明の中心人物であったという主張に疑いの目を向けています。しかしライト氏は、「このように答える機会はこれ1回だけです」と、BBCのインタビュー後は他の取材に応じるつもりがないことを語っています。

    開発初期のビットコインにはコンピュータ・フォレンジクスの研究者だったデイブ・クレイマンという人物が携わっていたのですが、デイブ氏は2013年にメチシリン耐性黄色ブドウ球菌との戦いの末に死亡しました。今回訴訟を起こしたのは、デイブ氏の相続人であるアイラ・クレイマン氏です。

    連邦地方裁判所の記録によると、アイラ氏は「ライト氏はデイブ氏の死後すぐに、デイブ氏が会社『W&K Info Defense Research LLC』が所有するビットコイン関連の知的財産と、55万~110万BTCを盗んだ』と主張しています。ライト氏は、デイブ氏の所有していた財産をライト氏やライト氏の会社に移すための契約書を計画の一環として用い、これらの日付を過去にさかのぼらせることで、デイブ氏の署名を有効にしたとのこと。なお、110万BTCは換算すると100億ドル(約1兆700億円)に相当する額です。

    ライト氏は訴訟について、Twitter上に「Greed(強欲だ)」と一言コメントを投稿
    https://twitter.com/ProfFaustus/status/968197704936550400

    2人はビットコインに携わっていることについて家族や友人にも話していなかったため、訴訟においてライト氏が本当にビットコインの発明者であるかどうかには追及されておらず、「デイブ氏とライト氏のいずれかあるいは双方がビットコインを作ったのかは、不明瞭」と記されています。しかし、2人が初期のビットコインに携わっていたことは明らかであり、2009年から2013年にかけてビットコインによって膨大な財産を築いたのは確かとのことです。

    2018年02月27日 11時27分00秒
    GIGAZINE
    http://gigazine.net/news/20180227-bitcoin-sued-for-10-billion/

    【【衝撃】「サトシ・ナカモト」を名乗ったら約1兆円の支払いを求める訴訟で訴えられるwwwwwwwww【クレイグ・ライト】】の続きを読む

    910687EA-9201-42BE-9C9E-670251AE3AD6
    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2018/02/22(木) 13:59:22.34 ID:CAP_USER
     いま、これまでにないほど仮想通貨が注目されている。

     もちろんその最大の原因は、仮想通貨取引所の大手であるコインチェック社から約580億円分の仮想通貨NEM(ネム)が何者かによって盗まれたからだ。

     この史上最大規模の「仮想通貨強奪事件」では、盗まれた通貨がすでにインターネットの地下社会である「ダーク(闇)ウェブ」で他のコインに交換されるなどの動きが報じられている。事件は文字通り“闇”の中といったところだろう。

     仮想通貨については、投機としてもともと関心が高まっていたが、仮想通貨そもそものメカニズムである「ブロックチェーン技術」ももてはやされていた。特に米国では、数年前から今の日本で見られるような盛り上がりが見られた。

     筆者がマサチューセッツ工科大学(MIT)でフェローをしていた際、MITでは、すべての学生に仮想通貨のパイオニアで代表格であるビットコイン、100ドル分が無料で提供されると発表された。2014年当時、このプロジェクトを進めていた卒業生たちは、「インターネットの黎明期に学生にインターネットへのアクセス権を与えるのに近い」と語っていた。

     そんな仮想通貨ビットコインだが、いまだに多くの関係者が注目していることがある。誰がビットコインを最初に発明したのか、である。

     ビットコインに関心のある人なら、ビットコインの根幹をつくったのが「サトシ・ナカモト」という人物であることはご存じだろう。ただこの「サトシ・ナカモト」が何者なのかはいまだに知られていない。個人なのか複数なのかすら、分かっていないのである。

     ここ何年もの間、数々のメディアがナカモトを探しているが、いずれも失敗に終わっている。「自分がナカモトだ」と名乗り出た人たちもいたが、いずれも信ぴょう性に欠けていた。

     しかし最近、ナカモトの正体を知っている人たちがいるとの話がまことしやかにささやかれている。現在、世界でナカモト探しはどんなことになっているのか。また本当にナカモトの正体を知る人は存在するのか。

     正体の話に入る前に、筆者が以前、ナカモトの存在について感じていた疑問について言及したい。なぜナカモトの正体をみんなが知りたがっているのか、ということだ。

     当初はこれから世界を変えるかもしれない新しい技術を開発した当人が、姿をくらましていて、名前だけが一人歩きしている謎を解く要素があった。しかも世界中で誰も当人にたどり着けないのである。

     最近ではそれ以上に、人々がナカモトの“動向”を注視している理由がある。彼の所有するビットコインの量が、仮想通貨の価格に大きな影響を与えるかもしれないからだ。

     ナカモトが突然姿を消したのは11年のことだ。それまで何人ものエンジニアたちと一緒にビットコインを開発していたが、「他のことをやる」というメールを仲間に送って消息を絶った。ただいなくなる前に、ナカモトは100万ビットコインをすでに手にしていたと言われている。これは全ビットコインの5%に値し、1ビットコイン=1万ドルで計算すると、100億ドルになる。

     仮にナカモトが、100億ドルのビットコインを放出すれば、ビットコインは暴落することになる。それほどのパワーをナカモトは持っていて、その“動向”をリスクとして見ている人たちもいるのである。

    >>2 に続きます。

    2018年02月22日 07時34分 公開
    ITmedia ビジネスオンライン
    http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1802/22/news017.html

    【仮想通貨「サトシ・ナカモト」の正体を○○○○は知っていた!!!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ