コイン速報 | 仮想通貨ニュース・暗号資産相場情報・5chまとめ

仮想通貨(暗号資産・暗号通貨)、ビットコイン、リップルの話題を中心に相場情報・速報から5chやTwitterのネタ記事まで幅広くまとめて行きます。

    クラウドファンディング

    521EAD4A-2047-4400-A137-207D939A35A7
    1: 承認済みの名無しさん 2018/11/29(木) 23:16:20.33 ID:CAP_USER9
    11月29日、お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣(38)がブログを更新。美術館を立てるために行なっているクラウドファンディングが、目標金額の5000万円を突破したと報告した。

    自身の執筆した絵本『えんとつ町のプペル』の世界を忠実に再現した美術館によって、地元の兵庫県川西市を盛り上げたいとしていた西野。『キンコン西野のクラウドファンディングが5000万円突破』と題したブログを投稿し、「現在挑戦中のクラウドファンディング『えんとつ町のプペル美術館をつくりたい!』が目標金額の5000万円を突破したことをお知らせ致します」と伝えた。

    「そこそこ苦戦するだろうなぁと覚悟していたのですが、どうにかこうにか達成しました」と心境を語った西野。『えんとつ町のプペル美術館』はこの金額で建つ規模ではないと明かし、今後も「えんとつ町のプペル美術館にキッズスペースを作りたい」「えんとつ町のプペル美術館に授乳室を作りたい」といった企画立ち上げを語っている。

    今回のクラウドファンディングのサポーター数は1600人以上。500円から支援が可能となっており、高額な支援額である50万円は55名。最高額の100万円の支援も、ソールドアウトになる盛況ぶり。すでに目標金額の5000万円を突破したが、残りの日数は11日。現在も続行中だ。


    11/29(木) 19:10配信 女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181129-00010014-jisin-ent

    【【芸能】キンコン西野に5千万円支援!美術館建設で1千600人が賛同 】の続きを読む

    1: スタス ★ 2018/06/30(土) 12:05:35.67 ID:CAP_USER9
    打ち上げ時ロケット
    https://i.imgur.com/1lh3VHn.gif






    反応
    no title


    -----------------------------------------
    民間企業のロケット 打ち上げ直後に落下し炎上

    北海道大樹町のベンチャー企業が開発した全長10メートルの小型ロケットが30日午前5時30分ごろ、町内の発射場から打ち上げられましたが、直後に地面に落下し、機体が炎上しました。会社によりますと、発射場は立ち入りが制限されていて、けが人はいないということです。

    北海道大樹町のベンチャー企業「インターステラテクノロジズ」が開発した全長10メートルの小型ロケットは、30日午前5時30分ごろ町内の発射場から打ち上げられました。

    しかし機体は直後に勢いを失って地面に落下し、激しく炎上しました。

    会社や地元消防によりますと、ロケットの発射場は半径600メートルの範囲で人の立ち入りが制限されていて、けが人はいないということです。

    この小型ロケットは、民間企業が単独で開発・製造したものとしては国内で初めて高度100キロの宇宙空間への到達を目指していました。

    去年7月の初めての打ち上げでは、機体に想定以上の力がかかり高度10キロのところで破損したほか、ことし4月には直前に機体のトラブルが見つかり打ち上げは見送られていました。

    国内のロケット開発は、これまでJAXA=宇宙航空研究開発機構が主導して行われていて、今回の民間単独のロケットの打ち上げが成功するかどうか注目が集まっていました。

    ■「MOMO」2号機とは

    炎上した民間ロケットは、「MOMO」2号機と名付けられ、全長は10メートル、直径50センチと電信柱ほどの大きさがあります。

    重さは燃料を入れた状態でおよそ1トン余りあります。

    燃料のエタノールと、燃料を燃えやすくする液体酸素が、それぞれ400から500リットル搭載されていて、燃料をエンジンに送り込む、高圧のヘリウムガスも積まれていました。

    燃料を入れる作業は、発射場から600メートル離れた指令所から遠隔操作で行っていたほか、周囲1500メートルは一般の人の立ち入りが制限されていました。

    また、人工衛星は載せられていませんが、高知工科大学が開発した音波の観測装置が載せられていました。

    ■ロケット1機で数千万円

    ベンチャー企業によりますと、ロケット1機の製造にかかる費用は数千万円だということで、今回、インターネットで出資を募る「クラウドファンディング」を通じて、900人余りからおよそ2800万円を集めたということです

    2018年6月30日 5時47分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180630/k10011502051000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001

    前スレ
    【悲報】ホリエモンロケット、打ち上げ直後に落下し大炎上 見学者呆然(gifあり) クラウドファンディングで約3千万集める
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1530321347/

    【【悲報】ホリエモンロケット打ち上げ直後に墜落、見学者唖然でワロタwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ